中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:経済 ( 7 ) タグの人気記事


2018年 06月 17日

モスクワ タクシー事情 闇の世界を垣間見る

d0018375_18402633.jpg

初めてのモスクワ。ホテルについたの午後6時を回っていた。日の入りは9時過ぎだというのでちょっと散歩に出かけることにした。レセプションでもらった地図を開くと赤の広場までそう遠くない。初めての街でタクシーはなるべく乗りたくない。周りをじっくり観察しながら歩きたいのだ。モスクワ中心部は歩くには不便な道だった。道路の幅がやたらと広い。共産国家の名残りかな。歩行者用信号がほとんどない。横断するのにひと苦労。立体交差だったり、地下道入ったりでやっとこさ1時間かけて到着した。

なんと広場は封鎖中。ワールドカップイベントの設営か資材が積み上がってました。広場周りの赤い建物は深く鈍く光る。ともかく何枚か写真を撮り、あわただしく帰途に着く。食事の予定があるからだ。歩いてでは間に合わないのでUberを呼ぶ。現地の会社Yandexに買収されたようだがUberアプリは使えた。しかし配車はしたものの結局は幅広の道路で落ち合うことができずに、やむをえずキャンセル。キャンセルフィーはしっかり取られた。

最後の選択はタクシー。並んでいるタクシーのひとつに声をかけた。「ホテルまでお願い」「メーターでいいね。料金はこちらに」と細かい字が並ぶボードを見せられた。VISA、Masterの文字だけやたらとでかい。

「カードで払える?」
「キャッシュオンリー」

iPadに表示されるメーターをゼロにセットしてスタート。画面にはたくさん数字が表示され、どれが料金かわからない。とりあえず出発。

ドライバーは太った不精ひげのお兄さん。ダッシュボードに招き猫がいる。なぜか中国で買ったそうな。イスラエルから来たという彼は英語はそこそこできる。これはちょっとした安心ポイント。ロシアは英語がまったく通じない。というかみんな話す気がない。英語に媚びてない。彼はジョージア(グルジア=ソ連邦)で生まれ育ち、両親とイスラエルに渡った。金を稼ぎにモスクワに。「ロシアはいいよ。他人の宗教に関心はないからね。テルアビブはそうじゃない」
「テルアビブね。首都だね」
「首都はエルサレムだよ」
だよね。 ちょっと聞きたかっただけ。

彼は本業はエコノミストでドライバーはセカンドジョブだという。

「お金持ってたこともあるけど全部カジノですっちゃったよ。2ミリオン負けて祖父のマンション3つ売ったんだ。Stupidだったよ」と嘆く。

なんかあやしい展開。金をせびられないかしら。まあともかく、世界に広がったジューイッシュの話なんかしながらフレンドリーな雰囲気でホテルに到着。

ホテル前に着くとゲートに入らずに、料金を伝えてきた。12,000ルーブル。ん?高すぎる。しかもホテルのゲートを入らないのが怪しい。とっさにスマホで計算。200USドル弱。来たあ〜!久しぶりにはまった!

渋滞があったが乗車時間は20分程度でしかない。直線距離で4キロ。

「高すぎる!払わない!」
「なに⁈オレはボード見せて説明したぞ、ユーはアグリーしただろ!」
”No, I don’t pay! It’s too expensive! Ridiculous!”
“I know it’s expensive but you agreed. It is VIP taxi. You see?“

と言いつつ再度乗車時のボードを見せるおっさん。確かにVIPの文字。小さな文字でちょこっとね。でも書いてあろうがなかろうがただの古い日産車じゃないの。ともかく払わないと再度宣言。

車から出ようとレバーに手をかけるとロックがかかって中から開かない。やばい。これはマジもんだ。閉じ込められた。さてどうする?

「ともかく高すぎる」
「じゃあいくらなら払うんだ?」とドライバー。
「10ドル」
相場ならこんなもんだ。
「ふざけるな!じゃあこれからポリスに連れてってやる!」おいおいまてよ。ぼったくりタクシーが開き直って警察かよ。おっとまじか。やつは再度車を出発させた。

車はぐんぐん進んでゆく。
だんだんびびってくる。
解決策が浮かばない。
どんどんホテルから遠ざかる。

「ヘイ、ノーティボーイ、車を止めろ。いくらなんでも高すぎる。オレは時間ないんだ。約束がある」

「ダメだ。こっちは時間はいくらでもある。この料金は会社の規定だからオレは会社に払わないといけない。オレにも生活がある。おまえがボスと直接話せ」

するとやつはスマホからどこかへかけ、ロシア語で何か話した。低い声のオヤジがスピーカーホンに出てきた。マフィアの口調だぞ。英語がやたらうまい。旅行者からたんまりふんだくってんなこいつら。これは脅しのパターンに違いない。

「おい、おまえ、10ドルしか払わないと言ってるらしいな。そんなのは許させないぞ。警察に突き出してやる」

やるならやれよ。でも警察もグルかもしれないな。もしかしたらニセ警官ってことだってある。ここは刺激しちゃいけない。電話のオヤジには無言作戦を取ろう。

「.........」


電話の向こうのボスはまくし立てて脅してくる


「...........」


「なんで話さないんだ?早くしゃべれ!」とドライバー
「ノー、オレは知らない奴と話さない..........」

無言を貫くと電話は切れた。

ドライバーが言う「いくらなら払うんだ?」
「10ドルだ。キャッシュ持ってないし」
「USドルでもいい。ユーロでも、円でもいいぞ」
「じゃあワンサウザンド円なら払う」
「そんなのラビッシュじゃねえか。ロシアじゃ交換したら5ドルだぞ!」と言いつつ財布から各国紙幣を取り出す。何枚も溜まってる。円のお札も入ってる。

「オーケー、10,000ルーブル(160ドル)に負けてやる。これがファイナルだ!おまえが料金にアグリーしたことは車載カメラに全部映ってる。警察行ったら負けるぞ」

「オレはアグリーしてない。そんな馬鹿げた金額払わない。ユーのIDカード見せなさい。スマホに撮ってフレンドに送るから」

「オーケーID見せてやる。撮るなら撮れ悪いのはおまえだ」と財布を探る。

結局IDは出さない。

するとやつは車を路肩に止め、もう一度電話をかけた。今度はスピーカーホンにせずにロシア語で何か報告している。そしてUターンさせてホテルへの道を戻り始めた。どうやら最後のヤマが来たようだ。

「5,000ルーブルにしてやる。これが最後だ。オレにも生活がある。モスクワはワールドカップで物価が上がって大変なんだ」

勝負はついたかもしれない。交渉ごとで連続2回譲歩しちゃいけない。妥結への焦りが見える。しかも生活の苦しさを訴えるとは、高額請求の根拠が弱いことの証拠だといえる。

「ダメだ。10ドルしか払わない」
ここは意地の張りどころ。
「.......」

しばらく走りホテル前で再度Uターンしてゲートの外で止まった。

「5,000ルーブル払え」
「ノー」
「じゃあいくらなら払うんだ?」
「2,000ルーブル」決めどきがきた。

「じゃあまず2,000払え」
お!ゴールが見えたか?

「まず2,000渡せ、そしたらドア開けてやる」
そうきたか。渡したら次の請求くるんだろ。

「ドアが先だ」
「ダメだ。金が先だ」
「ノー、信じられない」
「じゃあ助手席に2,000ルーブル置け」

とりあえず財布から1000ルーブル札を二枚取り出す。財布があるのを見せるのはリスクだが仕方ない。

「2,000出せ」

とりあえず1,000ルーブル札を助手席に投げた。

「もう一枚はドアを開けてからだ」

とうとうやつは運転席ドアを開けて外に出た。バックシートに周りドアに手をかける。開かない。どうやらさっき私が出ようとして何度も試行していた時、逆にロックしてしまったようだ。彼は助手席席から後部席に手を伸ばし、ついにロックは外された。私は外に出て残りの1,000ルーブルを手渡した。紙幣をもぎ取った彼は運転席へと進んだ。しかしすぐきびすを返してこちらに戻ってきた。私も身構える。まだなんかあんのか?

なんのことはない。私が後部ドアを閉めてなかったのだ。日本なら自動で扉は閉まるからね。彼は走り去っていった。スマホでナンバープレート撮るのはやめておいた。相場の2倍以上だが、こっちにも落ち度はあった。やむなし。

相当険しい表情をしてたのだろう。道にいたこれまたイカツイ金髪角刈りお兄さんに話しかけられた。

「たくさん払ったのか?」
「イエス。ずいぶん値切ったけどね」
「モスクワのタクシーは気をつけろ。マフィアだからな。赤の広場からきたんだろ?あそこのタクシーはみんなおんなじだ」

あとでこの顛末を現地に住むヨーロッパ人に話した。彼の知人も同じ目にあったという。その時は胸ポケから拳銃出してダッシュボードに置いたそうだ。被害者は大通りの真ん中でドアから飛び出して逃げた。ロックされてなかったらしい。

ホテルでタクシー事情について再度検索してみた。
やっぱり書いてある。出発前に一応は調べたんだ。
「モスクワのタクシーは今やみんなメーター式で明朗会計です」

明朗と言えなくもないけどね。正しくはぼったくりという。

あいつはいいやつだと思ったんだけどな、やらされてただけなのかな?どこからが嘘か教えてくれよ。借金のかたにされてさ。 ワールドカップ時期なんかは掻き入れどきだからノルマとかあるんあろうな。

以上


[PR]

by zhuangyuan | 2018-06-17 18:38 | 時事 | Comments(0)
2017年 12月 03日

戦うのは何のため?

d0018375_08134501.jpg
フランス映画千本ノック
deux jours, une nuit (一泊二日)

 きつい映画でした。資本主義が行き詰まりが世界のあちこちにひずみを生む。弱いところにシワがよる。

二人の母 サンドラは休職明けに復帰すると解雇を伝えられる。休んでいる間にサンドラ抜きでも仕事が回ることがわかった。経営者は残りの従業員に多数決をせまり、サンドラの復職か、退職時に浮いたお金で残りの従業員への1000ユーロボーナスかを選択させた。サンドラが戻るとボーナスは支払えない。結果として退職が決まっていた。復帰そうそう打ちのめされて安定剤に頼るサンドラ。

多数決とは言いながら社長の意を受けた、もしくは忖度した主任が従業員に圧力をかけてボーナスに投票するようにしかけた。これを知ったサンドラは再選挙を要請する。結局中途半端でええカッコしいの社長は再選挙を認める。

ここからサンドラの一泊二日の戦いがはじまる。サンドラの週末の原題はdeux jours, une nuit 一泊二日。同僚ひとりひとりに自分の復職に投票してもらうべくお願いにまわるのだ。

そもそもこうした社長が判断すべき経営課題を従業員の投票にゆだねるという逃げの姿勢が許しがたい。投票という一見すると公平な方法をカモフラージュにして自分のさもしい心をかくす。しかも裏で主任に圧力をかけ解雇を企図する。

社長はサンドラと直接対話を避けつつも、偶然会ってしまうと自社の苦境を言い訳にする。太陽光パネル製造でアジアからの輸入品との熾烈な競争を人員削減の理由としてあげる。流行りの環境ビジネスにとびつくのを見ると、利にーにさといが大局観がない経営手腕が想像できる。

サンドラが訪ねる同僚たちはそれぞれの苦しい立場を説明する。妻の失業、子供の学費、リフォーム費用....。彼らは、サンドラの復帰前の第一回投票において自分のボーナスを選びサンドラの退社に投票している。それぞれ後ろめたさを打ち消すだけの大きな言い訳をしなくてはならない。

一度見えてきたボーナスが消えるかもしれない。当然彼らの家族も反対する。何も悪いことをしていない従業員たちが社長の企んだ投票のために良心をさいなまれる。友情とカネを天秤にかけなければならない。さらに主任は投票結果によりサンドラの復職が決まれば別の誰かが解雇されるとほのめかす。ボーナスだけでなく自分の職もかけなければならない同僚たち。

グローバル経済、雇用の流動化、人件費の変動費化、女性の雇用、移民問題、人種、宗教...

女性の社会進出、ダイバーシティ、民主主義、合理的経営、標語としては響きのいい言葉を杓子定規に表面をなぞるように実践すると個人の心を引き裂いてゆく。でもね、人間は強いんですよ。行動すればね。

95分の短い映画でここまで描くとはこの監督は天才だな。なんども観たらもっと発見がありそう。

あ、フランス語の学習だった。
サンドラと訪問をうけた同僚が繰り返す
<Au revoir >くらいしかわかりません。
Au revoir またね。
つらい「またね」が繰り返される。

ではまた。


以上

[PR]

by zhuangyuan | 2017-12-03 08:13 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2017年 04月 20日

狂気の芽は自分自身にも

「葛城事件」鑑賞。
d0018375_15033328.jpg


ずっと観るチャンスをうかがっていましたが、重苦しい内容だとわかっていますので躊躇します。ブルーに耐えるのは体力が要りますのでこれまでタイミングが合いませんでした。名画座でたまたま時間があったので疲れは横に置いて夜の最終回を観てきました。

案の定はじめから終わりまで沈鬱なムードで貫かれ救いがない。しかも全員が暗い。三浦友和演じる最低な親父も怖いが、ちょっとネジが外れた系の妻役南果歩のカラ回りした明るさがもっと怖い。

凶悪殺人を犯した次男はどう育ったのか?家庭が崩壊したのはなぜか?父親はいつから傍若無人なふるまいをするようになったのか?

さして大きな転換点があるわけではない。どこかでボタンを掛け違えたままジワジワと深々と軋轢の起点に重しが積み重なっていく。

登場人物は皆、それぞれ描いていた未来と違う自分に気づき、それでいてそこに正面から向き合わず誰か他人や社会そのものに理由を求め、自らの不作為に対しても細かい言い訳を繰り返す。その言い訳は外部に対して行っていたはずであるが知らぬうちに自らもそれを信じ込み、というか信じざるを得ず、それに固執してしまう。正義と思い込もうとすればするほどに後に引けなくなる。

父親の人格を形成してきた成り行きを想像すると、学歴はないながらも親の店を継ぎ、時代の勢いか、それなりに成功し、家庭も持ちマイホームを立てる。ある一つの到達点。ここからは幼い子を育てあげる責務が加わる。

十数年後にはこれまた時代のせいか仕事はうまくいかず、マイホームはくすんだ色合いとなり、家には無職の次男が無気力にこもっている。妻が甘やかしすぎた。学歴は大事だと当てほど言い続けたのに。俺のせいではない。でもどう考えても父親の血を多く引くのは次男のほう。父親のように世を憂う言動を繰り返す次男。いつか一発逆転してやると唱えつつ悶々と過ごす。父親も何かをなすことなく子供に自分を仮託しつつも上手くいかないことは自分以外に安易な口実を見つけののしり、時に暴力に訴える。

長男の嫁の実家と中華テーブルを囲む場面がヒリヒリして痛ましい。20年家族で使っている店に招待したまでは良かった。麻婆豆腐が辛すぎる。店長呼んでこいと怒鳴りつける。ホストたる自らのメンツを立てることに必死で客はそっちのけ。それでいて自分の選択があっていたことを相手に執拗に合意させるべく、水餃子がうまいと言い続ける。1人よがり独り相撲。なんのコンプレックスがそれをさせるのか?自分のあるべき姿との違い、周りとの違い、時代のずれ、浮いている自分がわかっているのに認められない。

家族をとりまく人々も含めすべての人々が大小、濃淡はあれど不如意な自分への言い訳を続ける。これは時代性のせいなんだろう。大きく背伸びして膨らんだバブルとそれに続く長期停滞。一度上を知りながら下にいる理不尽感を大多数が持っている。オレのせいじゃないんだ。オレはやってきた。それなのに..

観ているあいだ終始ざわざわさせられっぱなしでした。その夜寝てる間もざわついていたような。

これほどの破綻はないというほどの家族崩壊が起こるんですが、それほど特別に追い込まれる環境がなくとも、もっと言えば自分自身でもいつの間にかこうした破綻に近づく可能性を想像させられるキツイシンドイ映画でありました。みんなと語りあいたいけどもオススメするにはむごすぎる。

以上

[PR]

by zhuangyuan | 2017-04-20 14:58 | 映画 | Comments(0)
2016年 11月 16日

トランプ当選に立ち会って 改めてトランプ人気にびっくり



[PR]

by zhuangyuan | 2016-11-16 07:31 | 時事 | Comments(0)
2016年 11月 12日

旅とメキシコとトランプ大勝利


出張でメキシコに来きました。
初めて来たのは1990年大学2年の夏休みです。スペイン語が好きだったので使ってみたかったのです。ロスからバスに乗り国境の町ティファナに入ると雰囲気が一変しそこはソンブレロとブーツのメキシコ世界でした。そこには人間が後から引いた線があるだけなのに突然世界が変わるんです。でも当時はその線が生み出した越えられない住民たちの人生の格差なんかには考えは及びませんでした。今まさにに話題になってるトランプが作ろうっていう壁が何故に必要だ言われるのか?そんなことはつゆ知らず何の気なしに国境を越えたんです。ジャパニーズパスポートでイージーに。

その時びっくりしたのは国境を越えると英語がぜんぜん通じないこと。そこから40日間カタコトスペイン語ひとり旅をしたんです。3日目にチワワについた時には日本語が恋しくて恋しくて宿に日本人がいると聞いて会いに行っちゃいましたよ。チワワの治安の事なんてまったく気にせず旅してました。

バスを乗り継ぎ、メキシコシティを越えて数都市周り、最後はグアテマラまで行きました。メキシコってアメリカの下にあるので小さく見えますが国土は日本の5倍です。広い言葉が満足にできないひとり旅ってほんと孤独なんですよ。バスで縦断してグアテマラパナハッチェル湖に着いた時は、ほんと遠くまで来ちゃったと思いました。でもこの時は数日後に荷物を全て失うことはまだ知りません。この顛末はずいぶん前に書きました。

この旅でもっとも印象に残った街はSan Cristbal de Las Casasです。カテドラルを中心としたコロニアル風の小ぶりな街に様々な民族衣装をきたインディオが闊歩しているのです。当時のわたしは旅をしてもあまり写真を撮りませんでした。カメラを頭から下げた姿がティピカルジャパニーズと揶揄されるのが嫌だったのです。ただの自意識過剰。今ではiPhoneで撮りまくりです。世界のスタンダードですから。そんなわたしもその街ではキレイな衣装に魅せられてカメラを向けたくなりました。郊外の村々をめぐると村ごとに衣装が異なり民族が違うことがわかります。記録に残したい。でも写真は撮るなとアドバイスされました。カメラを向けると魂を抜き取られるとう迷信があるといいます。彼らの私に向ける目が冷たいというか暗いというか受け入れない意思を感じました。日常を送る人々に観光にきた外国人が好奇心からカメラを向けるのはいい迷惑でしょうからカメラは諦めました。でもその迷信と言われるものの根拠がもっと深いところにあると知るのは帰国後数年たった時でした。

1994年1月1日そのサン・クリストバル・デ・ラス・カサスで多くの観光客が犠牲となる先住民勢力の武装蜂起が起きたのです。サパティスタ民族解放軍。メキシコ革命の英雄サパタから名をとった農民たちのゲリラ組織です。
d0018375_07005177.jpg

その日がNAFTA北米自由貿易協定の発効日でした。カナダ、アメリカ、メキシコの関税を撤廃しグローバル経済に備えて北米の競争力を高める狙いがありました。人件費があがり競争力を失ったアメリカ製造業はメキシコに安い労働力を求めて移って行くのです。一方農業を生活の糧にしていた先住民族たちは生産性の高い米国農産物の輸入と競争を余儀なくさせられるもです。NAFTAは農民への「死刑宣告」だとして、農業を壊されアメリカの下請けになることに反対した武装蜂起でした。ただ当時学生だった私はそんな構図に気づいていませんでした。この街の名前の由来はラス・カサスという宣教師からとっている。彼はコンキスタドールたちの暴虐非道な征服を本国政府に報告した人です。
d0018375_07005129.jpg



https://note.mu/yuezhuangyuan/n/nc0fdcd3baa6a

初めての旅から26年。今年初めて仕事でメキシコ来れました。メキシコはNAFTAのおかげで経済成長しここ数年アメリカ市場への製造業供給基地として経済成長し続けました。私もその繁栄にあやかり物を売りに来たのです。

数多くのグローバル企業がメキシコ製造拠点を設けアメリカ市場に大量の製品を送り込んでいます。国境近くのマキナドーラ呼ばれる工業団地ではメキシコ人労働者が安い賃金で大量生産を続けています。国家経済は成長した。企業も利益をあげた。賃金も上昇した。でも自分たちは豊かになったのか?国境の向こうにはどんな生活があるんだ?俺たちが作った製品を大量に消費するアメリカ。近いけど遠い国。そうだ国境を越えよう。ここから先はブルース・スプリングスティーンの歌の世界です。
http://zhuangyuan.exblog.jp/23145084/

国境を越えた。仕事についた。メキシコより給料は高い。でも生活できない。物価が高い。いい仕事がある。麻薬だ。そして犯罪に巻き込まれる。一方米国工場で働いていた労働者は職を失い、街は活力を失い、周りには不法移民があふれてる。移民にさらに職を奪われる。ゆえにトランプがメキシコ国境に壁を作るとうそぶくと彼らは熱狂するのです。
d0018375_07005278.jpg

こうなったのは移民のせいではない。アメリカ政府が選択した道だから。企業優先、金優先。その戦略が矛盾を生み出した。トランプは既存政党にありながら過去を全否定してついには大統領になる。既存政党のバックアップを受けて実行する政策はどうなるのでしょうね?NAFTAも解消するのか?メキシコ後に訪問したロサンゼルスでは意外にトランプ支持が多かった。アメリカビジネスのためにいい政策を期待している。規制撤廃と減税。プラス保護貿易。しかしそれでプアホワイトと言われる労働者の不満は解消されるのか?同床異夢。

メキシコの経営者は言った。「トランプ大統領になったらどうなるか想像できない。ブリックレイヤー(レンガ積み職人)にでもなろうかな。国境の長い壁作るのに労働需要が続くからね」

メキシコの輸出の80%はアメリカ向けだという。
アメリカに翻弄される運命。
日本もね。

以上



[PR]

by zhuangyuan | 2016-11-12 06:50 | 時事 | Comments(0)
2016年 05月 05日

「カルテル・ランド」正義の変質 その時ゲバラならどうする?

d0018375_21360438.jpg



「カルテル・ランド」試写会にて鑑賞。

メキシコ ミチョアカアンで麻薬カルテルが跋扈し警察も手がでない。さもなくば警察も彼らに抱き込まれてる。子供たちまで巻き込んだ殺戮の繰り返しに対し、街を守るのは自ら銃を持って立ち上がるしかないと自警団が立ち上がる。中心になったのはミレレス医師。長身痩躯にカーボーイハット。優しい面立ちにも鋭い眼光が光り、演説すれば民衆を惹きつける。街の支持を得た自警団は徐々に勢力を拡大しカルテルから街を取り戻してゆく。

勢力が拡大すると警察権力が抑えにかかる。ヘリでやってきて武装解除を迫る。民衆がおびえていると。しかし民の支持をバックに武装した警察隊から武器を取り戻す。街の安全のため。正義の武装がなし崩し的に認められる。

カルテルアジトを急襲する場面もカメラが回る。思わぬ方向から銃声がなり画面が揺れる。ドキュメンタリーならではのヒリヒリとした緊張感。カルテルの幹部を連行する。自警団メンバーは幹部を殴る。次から次へとやってきて押さえつけられた幹部を殴る。憎しみの過剰。

正義を掲げた小さな抵抗から、勝利を重ねるごとに勢力を増し、大きな力を得ると惰性がつき、正義があやふやになる。驕りも加わり過剰へと進む。そして中から変質してゆく。リーダーミラレスは嘆く自警団はカルテル化していると。警察組織からの再三の懐柔工作を受け、ついには迎合の時を迎える。

ミラレス医師は身の危険を察し、組織を離れて街を出て行く。

試写会にはスペシャルゲストとして「ゆきゆきて神軍」の原一男監督のトークがありました。

4回観たといいドキュメンタリーとして絶賛するも観れば観るほどわからなくなるという。権力に対するため民衆が武器を持ち立ち上がることを否定しないが自警団の変質や権力への同化の見せられると自信がなくなると。
「皆さんどう思います?」と原一男監督。

わからない。
特にわからないのはミレレス医師。カリスマ性を持つリーダーがあっけなく組織を去る。組織を立て直すことにカリスマ性を発揮すれば正義の道もあっただろうに。映像の迫力と多層な構造の絡み合いに頭が熱し答えが出ない。

映画の余韻冷めやらぬまま翌日にはGWの家族旅行に出ました。旅先で私なりの答えを見つけたんです。というか本に教えてもらった。ふと立ち寄った古書店でみつけたのはゲバラの本。
d0018375_21002001.jpg


現代思想 2004年 10月臨時増刊 「総特集 チェ・ゲバラ」そのなかの一編「路上の紳士」(越川芳明)にこうある。

ゲバラが10代の頃にに取り憑かれていたのは、革命でなく放浪だった。

ゲバラは自ら血の中に、ほうっておけば立派な独裁者になりかねないカリスマ性と残虐性があることに気づいていた。


そしてイギリスの作家の言葉を引く
「生物学の一般的な規則によれば、移動性の種は定住性の種ほど"攻撃的"でない。」


ゆえにゲバラはキューバを去った。
ミラレス医師もそこに自覚的であったのではなかろうか?定住する権力は攻撃的になる。そのなかでカリスマとなることの危険を達観していたのか?武器を持ち続けると抑圧側にまわるという必然を避けていたのか?ミレレスは放浪の旅へ出て、警察傘下となった自警団はいかなる未来があるのか?

なんてことをアレコレ考えてたらあっという間に目的地に着きました。さあ旅を続けよう。

アメリカ側ボーダーでのプアホワイト自警団の成り立ちも非常に興味ぶかいしシンプルにはわりきれないのですがこれは映画を観てのお楽しみ。



以上


[PR]

by zhuangyuan | 2016-05-05 18:25 | 映画 | Comments(0)
2016年 03月 04日

観察映画ってなんだ?「牡蠣工場」に中国がやってくる

観察映画「牡蠣工場(かきこうば)」鑑賞
d0018375_21220482.jpg

瀬戸内海岡山県牛窓にある牡蠣工場にカメラが入りひたすらに牡蠣の殻をむく作業が続く。



「中国来る」

スケジュールボードに書き込みあり。

作業員の高齢化にともなう人出不足から中国から研修生を呼び寄せる。となり町にはずいぶん多くの中国人が働いているらしいが、この町にはまだわずか。舞台である工場に来るのは初めてのこと。

近所の工場では数日でやめちゃった。
中国人はマナーわるいらしいよ。
事件もあったしね。
町の噂が聞こえてくる。

期待と不安、あきらめ、緊張が交互に訪れるも
時間は着実に日を重ね、Xデーが近づく。

準備も大変です。
住むところも用意しないとね。
言葉は通じるのかな?

こんなやりとりをする様子を解説なしで写し撮ってゆく。観察映画。
観察を通して、その人の歩いてきた人となりが浮かび上がってくる。

年老いたオーナー、継がない息子、東北から来た後継者、街の若者たち、牡蠣をむくおばちゃんたち。彼らを撮しているだけで彼らの人生が詩のように浮かび上がってくるんです。

町への愛着、誇り、狭いコミュニティの圧迫感、都会への憧れ、政府の無策へのあきらめ。

目の前に広がる美しい瀬戸内海は世界につながっている。毎日、静かに船が往来している。牛窓もかつて朝鮮通信使も宿にしたといいます。さらに昔は都にのぼる渡来人も通ったことでしょう。つまり歴史的にずうっとグローバルであったはず。でも外へつながる海が逆に町を陸に閉じ込めたようにも思えるのです。車時代に往来から外れている町。いつの間にか外から入ってるのがむずかしいコミュニティになってしまう。そこに過疎があり産業がよわり、そうして皮肉にもまた中国から人がやってくる。

実はそこんとこは中国も一緒です。明や清の時代に海禁政策をとった。
国家が貿易独占を企んだり、倭寇をおそれるあまり締め付けたりして、人々が海へ出ることを取り締まったのです。
その結果、漁民や商人が海を自由自在に行き来して繁栄した国家が内向きになりついには衰弱へむかう。するとまた外からひとが入ってくる。

グローバル経済のなか日本も安い労働力をもとめて仕事が外へでてゆく、その結果田舎町は過疎へとすすみ、人手がたりない。今度はそとからひとを呼んでくる。

でもってそうして牡蠣工場にやって来た中国青年二人は笑顔いっぱいに、ヘタクソな日本語を一生懸命使うんです。出迎える側も頑張ります。子供たちもいっしょになってみんなで中国語勉強してる。ニーハオマ?ニーマンマってのもあるよー!子供たちうれしそう。你忙吗?ni mang maのことですよ。

お互いを受け入れようとする気持ちが画面から伝わってきます。牡蠣工場のおばちゃんたちもはにかみながらご挨拶。なぜかときどき英語が混じる。外人は英語通じると思ってる。かわいい。

彼我をへだてる壁なんて人間個人が勝手に作ったメンタルブロックなんでしょう。通じようという意思があれば理解し合える。言葉なんて自然とできるはず。

そんなブロックがないのはいつでもどこでも脇目も振らずマイペースに走り回る子供たちと、何度も登場する白い猫ちゃんだけ。

いろいろ想像してたら145分があっという間でした。とにかく美しいんですよね海が。

以上


[PR]

by zhuangyuan | 2016-03-04 21:43 | 映画 | Comments(0)