中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 25日

伝説の料理 「盆菜」ってなんだ?

マレーシア料理店で旧正月新年会に参加し「盆菜」というお祝い料理をいただいた、というより、体験したというべきか。ゴージャス。事前の知識はまるでなかったのだが出てきた瞬間に、香りが立ちこめ、ビジュアルの迫力にそのスペシャル感を認識できた。味はいうに及ばず、この料理の準備にどれだけの手間と時間を費やしたのかを想像した。
d0018375_14191753.jpg

てなことで調べてみると起源は香港だそうだ。Poon Choiって読むみたい。世界に冠たる中国料理でも異彩を放っていると紹介してある。紹介文の前段も仰々しいので引用する。

中國菜有八大菜系之分,當中包括魯菜、川菜、粵菜、蘇菜、湘菜、閩菜、浙菜和徽菜。

中国料理には八大系統がある。山東料理、四川料理、広東、江蘇、湖南、福建、浙江、安徽料理が含まれる。

中國之烹調方法更是包羅萬有,單從火候和工藝而言,便有煮、蒸、炒、煎、炸、燜、煲、燉、煨、燻、熗等法,所弄出來的味道亦截然不同。

調理法もあまたあり、火加減から工芸品まで,すなわち、煮る蒸す炒める焼く揚げるとろ火で煮る深い鍋で煮る煮詰める長時間煮るいぶす茹でるなどなど、調理法でひきたつ味がまるで違う。

至於用作盛載食物的碟子,體積大小各有不同之餘,形狀更是千奇百怪,有些也許連聽也沒有聽過,例如三吋碟、五吋碟、大圓碟、橢圓碟、方碟、多角碟、盞、簋、鍋、鼎等等

盛りつける皿もさまざまで大きさの違いだけでなく、形も珍しいものや奇っ怪なものまで、聴いたことのないものあるだろう、たとえば三時皿、五時皿、丸皿、楕円皿、四角、多角形、盃、耳付き皿、鍋、鼎などなど、種類も豊富で、色とりどり。これは器は陶器か金属でできているが、これは中国古今に聞こえる芸術銘品だ。

そんな世界一の料理群の中でも盆菜は内外に名が通って、多くの旅人がそれを求めてやってきたという。

歴史書にもその由来が載ってるという。

13世紀、宋王朝はモンゴル系である元の勢いにおされて、浙江、安徽から福州まで逃げて隠れた。その後、香港の九龍の西、いまのカイタック空港あたりまで逃げた。さらに西に行こうとした時に、いまの香港新界を通りかかり、人々は宋朝の末裔を一目見たい、そして彼らをもてなしたいと感じた。ただそんな方々をもてなすだけの食器が足りない。そこで木製のお盆にぜんぶ詰めちゃったってわけ。これが始まりで香港名菜として知られるようになったと。

伝統的な料理法だと準備に3日かかるそうだ。

第一天要上山斬柴。

1日目には山に芝刈りに。
ライチの木が火力が強くていいみたい。
石油や電気じゃ風味が出ないって。

第二天則要購買充足的新鮮材料

2日目は新鮮な材料を買いにゆく。神さまにそなえる祭祀用でもあり海鮮類を集める。

第三天大清早便要開始炆豬肉

3日目は朝から豚肉をとろ火で煮はじめる。

十何時間煮るとどうなるか?

入口軟滑甘香、肉汁香濃豐富、不肥不膩、別具特色的圍頭豬肉,令人想一吃再吃

口当たりが柔らかく滑らかで甘みが香り、肉汁が豊潤で、油っこくなく、しつこくなく、独特な豚肉となり、一度食べたら止まらない。

どう食べたくなったでしょ。

全部紹介してたらおわらないので材料とセッティングだけ紹介しておきます。

上三層是米鴨、雞、鯪魚球、乾煎蝦碌等乾料,下三層則是蘿蔔、豬皮和圍頭豬肉等容易 吸收 ? 汁的材料,這樣便可做到?汁一層一層地往下滲。

上の三層にアヒル、鶏、つみれ、干しエビなど乾物、下の三層は大根、豚の皮、とろ火豚肉など汁を吸収する材料。こうすれば煮汁が一層一層下に向かってしみてくる。

うまそうでしょ?

また食べたくなっちゃったよ。

中国の食文化は奥が深い。

以上


[PR]

by zhuangyuan | 2018-02-25 14:12 | 文化、歴史 | Comments(0)


<< 歴史に学ぶ朝鮮有事と台湾      「絎」という字をおくられて >>