中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 21日

万年筆は世界をめぐる

 
d0018375_06501749.jpg

新年なのでフランス語のお勉強用に万年筆を買おうと思い、通りがかりのカランダッシュ専門店に入る。FBの広告にあった新作を試してみた。

レジで店のお兄さんに聴いてみた。

「カランダッシュ Caran D’Acheってどういう意味ですか?」

「ロシア語で鉛筆です」

「まさかあ、フランス語じゃないの?スイスの会社だし」

「ああフランス語でした」

この即訂正ぶりが今どきっぽいと思いつつ店を出る。めんどくさい時は相手に合わせてやり過ごす。

でも気になったのでフランス語辞書アプリで調べる。CaranもAcheも載ってない。
音的にフランス語っぽいのに。

ググってみるとまさかのロシア語。wikipediaですぐ答えが出た。

お兄さんの即訂正は置いといて、恥ずかしくなった。

スイスの鉛筆工場は会社の名前をヨーロッパで活躍していたロシア人諷刺画家のペンネーム、カランダッシュからとったという。カランダッシュはロシア語で鉛筆を意味するって。まさにロシア語で鉛筆。

でもその先があった。

最近よくやるのがwikiの言語変更をしてみること。各言語によって説明の深さや熱さが全然違っておもしろい。

フランス語版にはこうあった。

l'entreprise est rebaptisée du nom d'un célèbre caricaturiste français d'origine russe, 

会社は、その名前をロシア出身の有名なフランス人諷刺画家からとった

Emmanuel Poiré, qui portait le pseudonyme de Caran d'Ache, le mot russe carandach(карандаш) signifiant « crayon[2] ». 

エマニュエル・ポワレはカランダッシュというペンネームを持っていた。その言葉カランダッシュ(карандаш)は鉛筆を意味する

Le mot russe provient à son tour de la racine turque, kara tash, qui désigne la pierre noire (graphite).

そのロシア語は、トルコ語(kara tash)に由来し、それは黒い石、黒鉛を指す。


思いがけずに歴史の旅をさせてもらった。ナポレオンとロシア帝国とオスマントルコがガチンコ勝負してる姿が言葉の巡ってきた道を示してる。

お兄さんありがとう。

以上

[PR]

by zhuangyuan | 2018-01-21 06:47 | 文化、歴史 | Comments(0)


<< 「絎」という字をおくられて      台湾北投 30分で400年の時... >>