中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 15日

中華 ゲテモノ食い

中国では何でも食す。
たとえて曰く、空飛ぶものは飛行機以外、4本足のものは椅子以外、2本足のものは両親以外
何でも食べちゃうとか。
2本足の話はグロすぎるので置いといてとにかくゲテモノなんでもござれ。

 私はゲテモノはそんなに苦手ではありません。
中国では蛇、鰐、亀、ケニアでは牛の血の入った牛乳も平気でした。
でも虫だけはちょっと勘弁してもらいたい。長野の蜂の子なんかも大きらいです。
魚も家畜もいない貧困地域で動物性タンパクを採るため仕方なく食べるならまだしも
この飽食の時代になんで好き好んで食べなきゃなんないの。

「丰乳肥臀」のなかの一文。
我们家没有一粒粮食。前来求医问卜的人,根据鸟的习性,贡献给我们家一些蚂炸、蚕蛹、豆虫、金龟子、萤火虫之类的荤食儿,・・・。我们当然把这些贡品首先喂给三姐,三姐吃剩的,母亲和姐姐们和司马家的小东西分而食之。

うちには一粒の穀物もなかった。医者を求め、占いを聞きに来た人は、鳥の習性を考慮し、うちにイナゴ、蚕のサナギ、豆虫(?)、コガネムシ、蛍などの動物タンパク食料をくれた、・・・。私たちはそれらの貢物をはじめに三姐にあげて、残りを母親と司馬家のチビと分け合った。

鳥の神様に取り付かれた三番目の姉さんに各地から信者が供物を持ってやってくる。
それが虫なんです。食べ物がないですから皆で食べる。

 以前中国に出張していたとき、夕食時に炒めたゲンゴロウ=龙虱(longshi)が皿に山盛りになって出てきました。
その日は昼にもかなり飲まされており、グロッキーでした。まず見た目でアウト。
まあゴキブリと同じですよ。
d0018375_213094.jpg

 これも経験だからと一つ食べて見ました。味は別になんてことはない。でも少し油が嫌でした。
ただ歯ざわりが虫って感じ。なんか足とかが歯に詰まりそう。

何が一番にイヤかって、人が食っているのを見ること。オケツのムニュっとしたとこだけ食べるのですが、食べてるときは口からゲンゴロウが半分出てる。これがグロテスク。
食い終わった腹のなし羽根つきの殻が皿に積まれていくのもホント気持ち悪い。
その日の体調のせいだけではないでしょう。

邱永漢氏の「食は広州に在り」(中公文庫)にそれを食べる妻の様子が出てくる。
彼もきらいらしく、ゲンゴロウを食べる奴とはキスしないと宣言したが、
キスより龍蝨ロンサツの方がおいしいとばかりにボリボリやりはじめた。源五郎の脚と羽をむしり、腸を出したあとを口にほおり込むのである。

気持ちわるいでしょ。
でも私は食べ方間違えたかな。腸も食べてたような。

この本には中国の食に関することがたくさん出ていますが、うまく食べるためには何でもする
というのがよく出てくる。こんな感じ。
家鴨の水かきを食べるときには鉄板を熱くした上に家鴨の大群を追い込む。
家鴨の水かきが充血してきたところで、脚を切っておとし、肉のほうは下僕にくれてやり、自分のほうは水かきのほうだけ食べる。

そんな残酷な。

これは聞いた話ですが、猿の脳みその食べ方の話。
インディ・ジョーンズでも食べてましたよね。
でももっとすごい。

まずテーブルに穴を開ける。
その穴から生きた猿の頭を出す。
鉄の棒で猿の頭を何度も小突く。
猿が怒って真っ赤になったのを見計らい、鉄で頭を バーンとたたく。
死んだ猿の頭をインディ・ジョーンズ風に切断し、
グレープフルーツを食べるようにスプーンで脳みそをすする。

ああ恐ろしい。
その話をしてくれたひとも食べたことがあるわけではないそうです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-01-15 22:12 | | Comments(14)
Commented by tianshu at 2006-01-16 01:44
こんにちは tianshuです。お久しぶりです。

この文を読んだら、気分が悪くなりました。
朝ご飯は食べられなくなるかもしれません。

私の実家のほうは、こんなふうに食べませんよ、
見たこともありません。

昆虫なら、蝉のなにかを食べるのを聞いていましたが
ほんとうに見たことも食べたこともないのです。

他の動物なら嫌なんですが
魚の殺し方や食べ方にはみんな抵抗感がないみたいですね
私も。
生きている魚の頭を切ってしまっても、
海から捕って、すぐ冷凍室に入れてしまっても。
なんの可哀相な感じもないようですね、
私もそれを可哀相だとは思っていません。
ちょっと不思議なことですね。

では、また邪魔させていただきます。
Commented by dashi at 2006-01-16 10:46 x
猿の脳みそを生で食べるなんて、人間のやることじゃないと思う。
そのうち天罰が下ってプリオンにやられることでしょう。
瓶詰めのサソリ(小さいもの)を夫が食べていたことを思い出しました。そのくせ私が子どもの時、カブトムシの幼虫(だと思う)を食べたことがあるって言うと「キモチワルイ」とぬかした(笑)。
ブリのあら、特に目玉の周囲はぷるぷるしてておいしいのに、娘はゲテモノという目で見ます。
食習慣は異文化として妥協の上受け入れる(黙認)しかないですね〜。
Commented by zhuangyuan at 2006-01-16 20:43
tianshuさま
食べ物としての動物については人間の勝手な思い込みで残酷とかかわいそうとか判断しているのかもしれません。
牛や豚の屠殺だって実際見たらすごいでしょ。たぶん。
牛や豚なんか食われるために生きてるんですからこれほど
残酷なものはない。
Commented by zhuangyuan at 2006-01-16 20:46
dashiさま
プリオンといえば最近安心して食べられるものがなくなってきましたね。
牛は狂牛病、鳥はトリフル、豚は口蹄疫。
気にしてたらなんも食べられません。
食うぞー。
Commented by かめ at 2006-01-16 23:51 x
ゲンゴロウ、広西で時々でてきました。やっぱり気持ち悪いのですが、嫌がっている姿をホスト達は喜んでいるようでもあります。
Commented by wpz2007 at 2006-01-17 00:17
神様に感謝です。。。でも。。。合掌
Commented by ケイチー at 2006-01-17 05:13 x
日本でもゲンゴロウを食べる風習の土地があるようです。昔本で読みました。
料理番組に出演している著者が(渡辺さんという方)地方に公演に行った時の事。農家の男性に「来い来い」と呼ばれていくとゲンゴロウの油炒めが出てきたと。「お前は都会の人間だからバターを入れてやった」と言うのですが、味付けがどうだろうとゲンゴロウには違いない。
渡辺さんがそのバター炒めゲンゴロウを食したかどうかは覚えていませんが、逃げ出したかったというコメントがありましたっけ。
ところで腸を出してから食べるというのはンコを取り除くという意味でしょうか?
Commented by zhuangyuan at 2006-01-17 23:41
ケイチー様
日本でもあるんですか。でもあんまりいなんじゃないですかね。
中国は養殖しているらしいです。ネットにも養殖の方法が載ってました。
Commented by officemei at 2006-01-18 00:21
ごめんなさい。間違えてしまった。ゲテモノではありませんが、匂いについて書いてますので、「まちの匂い 台湾」をご覧になってください。
Commented by hider at 2006-01-22 10:34 x
 こんにちは。ご無沙汰してます。
 人は激しい苦痛を受けると脳にモルヒネを分泌するのだそうで、散々虐待した後、・・・・・
 猿の脳みそを食べる話で、名前を忘れちゃいましたが、そんなSFマンガを思い出しました。
Commented by zhuangyuan at 2006-01-22 12:53
hiderさん どうも。そも分泌物がうまいんですかね。なんか漢方薬の世界ですね。大量に煎じ詰めて一瞬の間にわずかに抽出できるエキスが不老長寿に効くなんてこんな具合に。
Commented by officemei at 2006-01-25 18:14
こんばんわ。重慶について中文1、日文2を掲載しましたので、又除いてください。
Commented by officemei at 2006-01-28 16:36
どうぞよいお年をお迎えください。
Commented by zhuangyuan at 2006-01-28 21:00
officemei様
そういえば明日は春節。今ごろ年夜飯でも楽しんでいらっしゃるのでしょうか?
うらやましい。よいお年を。


<< ピンポン外交 福原愛      メイド イン ジャパン by ... >>