中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 03日

HSK

モチベーションを上げるため5/15のHSK(漢語水平考試=中国語レベル測定テスト)を受験します。初級、中級は1-8級、上級は11級まであり今回は初、中級を受験し8級を目指します。
(級が多いほうが水準が高い)

以前中国語検定3級(大学で第2外国語として2年間習得した程度とのこと)を取得しましたが中国に留学した際、現地の方は誰も知らない。国際性がないと感じました。
一方HSKはTOEICのようなもので韓国では就職の際に採用基準にしている企業が多いとのこと。

そんなわけで北京語言大学のクラスに入った際は学生半分が韓国人でした。
大学の周りの五道口はまるでコリアンタウンのごとく韓国食堂やハングル看板であふれていました。北京のタクシーの運転手も最近の韓国人の進出ぶりにはびっくりの様子でした。

最近の韓国経済の中国依存度はますます深まっており昨年中国政府がマクロ金融引き締め政策を発表した際には中国より韓国が影響を受けチャイナショックなる言葉がはやりました。

ただ世界のトレンドに対する韓国勢の敏感さと行動力には頭が下がります。
このことを日本在住韓国人駐在員に話すと「これは韓国の悲しい民族性である」とのこと。大国に囲まれ外に依存しなければ生きていけないとのこと。ただし世界の4大大国(アメリカ、中国、ロシア、日本)に囲まれ自らの言葉を保ちアイデンティティーを失っていない韓国は世界史上の奇跡であると誇らしげに語っておられました。

ともあれHSKの勉強をいたします。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-03 15:17 | 学習 | Comments(0)


<< region free      今天开始 >>