中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:言葉 ( 77 ) タグの人気記事


2012年 04月 30日

ものの値段 辞書を買う

小学校三年生の息子が辞書を買ってくれと言う。
学校の授業で使うとのこと。
使うというより引き方を習うようです。

「家にあるものを持って行きなさい」というと
「広辞苑がいい!」と

なんでも、でかい辞書をもっていって学校で自慢したいからだそうです。
ランドセルに入らないとおもいますけど。

そこで家にある国語辞典をチェックしてみると
一つはこれ。

例解学習国語辞典 ドラえもん版

金田一 京助 / 小学館



もう一つは新明解国語辞典。
これは私が学生時に使っていたもの。

奥付をチェックするとなんと1982年12月印刷のもの。
おそらく中学校入学(1983)にもらったものでしょう。
つまり私は中学入学以来一度も国語辞典を買わなかったわけです。

じゃあまあこれを機会に広辞苑を買うとするかと決心。

広辞苑 第六版 (普通版)

新村 出 / 岩波書店



子供用に8400円は高い。
しかも必ず乱暴に使われるし落書きもされる。
それならいつものブックオフで。

ということでブックオフ行脚を始めました。

一番近くの店舗では第六版が4000円。
ブックオフでこの価格は高すぎ。
しかも半額という安易な価格設定が駄目。
パス。

次の店舗。
第四版が3250円。1994年物。
これはバカにしてる価格設定。
しかも表紙が少し痛んでる。
仕入れは100円とかにしてんだろうな。

本は買った時点で減価される。
本の価値=内容+装丁は原価に占める割合は半分以下といいます。
あとは書店の利益と流通費など。

ですから古本屋に売ると安くなる。
でも売ってる値段は結構高い。
売れ残りリスク代かな?

今回の目標購入価格は1500円。
ということでさらにいくつか回りついに候補が見つかりました。

第五版 800円 表紙に痛みあり。
第五版 1900円 かなりキレイ。
第四版 100円 痛みあり。

第四版は前の店舗で3250円だったのと同じ1994年もの。
まずこの店舗の良心的な価格設定を評価。

でもこの一冊しかなかったら恐らくもっと高く設定するんだろうな。
ほかに選択肢があるとかなり見劣りする。

第五版は1998年もの。
古いことは古い。
はじめの店で第六版の価格が高かった意味がやっとわかった。

どうせ汚くされるのだから安いほうを買おうかなとつつも逡巡。
キレイなほうは、本屋の発注用のしおり(スリップというらしい)も入っており
おそらく誰も使ってない。

まあその差1100円なら気持ちよさに一票ってことで
結局1900円ものをゲットしました。
目標の1500円はオーバーしましたが選択肢をたくさん示されると
ついどれかを選びたくなる。これは心理ですね。


そこでふとiPhoneを見る。
「鍵を忘れたので外で待ってます。」という妻からの恐ろしいメール。
すでに15分たっています。
折り返しメールをしようとすると
今度は着信が。

「メール見た?」
「すみません。すぐ帰ります。子供用に広辞苑買ってました。」

買い物から先に帰った私はついついブックオフ詣でをしてしまいました。
あと二冊、自分用に買ったのは内緒。

家の前でお待たせしたのは計40分。
まあ許容範囲かな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-30 11:20 | 言葉 | Comments(2)
2012年 01月 29日

辞書を作るって?

舟を編む

三浦 しをん / 光文社



なんか気になる題名だなとは思いつつ、手に取らないでいたところ、
ラジオでの紹介を聞き、辞書の本だと知りました。

舟とは辞書のこと。

言葉という大海原を航海するための舟。

うまい。

辞書編集部のお話です。
ある出版社でその名も「大渡海」という辞書を出すことになった。
その出版までの人間模様。

辞書作りで小説を書こうっていう発想がすごい。
しかも恋愛まで絡んでくる。
青春ドラマといってもいいかも。

『「愛」(あい)』という項目に同性愛も入れる必要はないという編集者に
後輩が一言。

「 『大渡海』 は新しい時代の辞書じゃないんですか。
多数派におもねり、旧弊な思考や感覚にとらわれたままで、
日々移ろっていく言葉を、
移ろいながらも揺らがぬ言葉の根本の意味を、
本当に解釈することができるんですか。」

かっこいい。

言葉好き、語学好きにはたまらない小説です。

言葉に関する薀蓄も面白いのですが
私が興味を引かれたのは紙の品質のこと。

紙メーカーがその辞書のために特殊な薄紙を開発する。
紙質へのこだわり。
ぬめり感なる言葉があるそうです。

指に吸い付くようにページがめくれるような感じ。
それでいて紙同士がくっついて複数ページがめくれることがない。

確かに辞書の紙って独特ですよね。
でもこれは日本の辞書がやっぱ一番いいように思います。

こないだブックオフで買った角川「新字源」はかなりいいぬめり感があるような。

私の机には

Collins Cobuild English Dictionary
现代汉语词典
프라임 한일사전

など各国出版の辞書がありますが
どれも紙質は日本より劣ります。
ちょっと厚かったり、開いたページでとまらなかったり、重ねたままの状態にゆがみがあったり。

いいぞメイドインジャパンって感じ。

先週もちょっとした辞典を買いました。
私は辞書系が好きです。
研究するわけでないのについ買ってしまう。

今回はご縁があって買いました。
韓国語教室で先生が作ったという辞典を紹介されたのです。

「舟を編む」を読んだばかりで、辞書を作る苦労をしっているので
辞典を作ったと聞き、びっくりしました。

カラー版 とっておきの韓国語会話表現辞典

カラー版 とっておきの韓国語会話表現辞典 / ナツメ社



一年半もかかったとおっしゃっていましたが
私の感覚はそんな短い時間で?といったもの。

たずねてみると、まず英語版のシリーズがあり、そこに出てくる日本語例文を
韓国語にしてゆくという作業であったと。

でも英語とちがって、敬語のレベルが何段階かあるので苦労したと。
カジュアル、スタンダード、フォーマルと表現方法を分けて書かれています。

さて、例の「ぬめり感」はというと?

ブッブー、×です。

カラーだからしょうがないのかな?

たぶん会話辞典なんていうのは気軽に手に取れる
親しみのあるカラフルなものの方が売れるんでしょうね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-01-29 22:03 | 言葉 | Comments(10)
2012年 01月 08日

韓流は未だ至らず

新年はじめの韓国語教室にいきますと
いかに今、韓流きているかということを先生が教えてくれました。

2011年にツタヤで韓流ドラマがレンタルされた回数が
なんと1億3600万回だと。有望作品は青田買い! “日本発”が増える韓流ドラマ

この数字はヨンさまブームの起こった2004年の1623万回から比べて
激増しているといえるでしょう。

私も昨年、韓国語を習いはじめましたが
果たして自分の中に韓流がきているかというとそうでもない。

韓国ドラマは見たことがないし
K-POPだって、最近KARAが気になるとはいえ
あとは少女時代くらいしかわからない。

それでも今年読んだ本を振り返ってみましたら韓国関連本は11冊でした。

2011年読書をジャンル別でいうと
合計   139冊
韓国関連 11冊
中国関連 17冊
原発関連 13冊

今年からランクインした韓国、原発を押さえてやはり中国が一位でした。
感覚的には中国が少なかったように思えましたが数えてみると意外と多かった。

世の中には韓国関連本はあふれていますが
韓流ドラマやK-POP、旅行、料理なんかに関するものばかり。
これが私の興味から外れている。

私が好きなのは語学本、比較文化系、歴史関連など。
ただしドラマ系の民族鼓舞的な歴史劇はいただけない。
近代日韓不幸の歴史系も読み飽きた感があります。

そんなわけで韓国関連読書が意外に少ないのでした。
あと一年くらい勉強したら原書が読めるようになるかな?
今はとてもとてもそのレベルには至っておりません。

教科書も初級II。
小2の息子に笑われています。
「オレでも習字6級なのに」って。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-01-08 21:56 | 韓国 | Comments(2)
2011年 12月 25日

The Reality Distortion Field

Chinesepodを聴いてましたら「スティーブ・ジョブス伝」の評論に関する話題がありました。
なんでも中国ではジョブズの熱狂的なファンが多く、彼の氏がアメリカでよりショックを与えているといいます。

この文章のなかに「现实扭曲力场」という言葉が出てきます。
Reality distortion fieldを訳したものです。
なんとも魅力的な言葉です。

ジョブズはこれをもっているといいます。
つまり現実を捻じ曲げてしまうフィールドを持っている。

ネットでは日本語で現実歪曲空間と訳されているケースが多い。
ちなみに日本語版「スティーブ・ジョブス」では翻訳家、井口耕二氏が「現実歪曲フィールド」と訳しています。
先日、井口氏の話を聴きにいきました。
日本語版は読んでいないのですが英語版は購入し数章読みました。
The Reality Distortion Field と題する章まであります。

Steve Jobs

Walter Isaacson / Simon & Schuster


Chinesepodではジョブスを形容するときだけに使う専用言葉だといっています。
そもそもはジョブスの部下が初めてつかったそうで
スタートレックの宇宙人がつくりだすフィールドだったと。
ともかく人間界ではジョブスだけが使うんでしょう。

ジョブスの偉大さを表す凄い言葉です。
じゃあどんな力なのか?
Chinesepodで取り上げた評論らしきものがネットありましたのでそこで見てみましょう。
现实扭曲力场

强大到逆天的能力可以说是乔布斯改变世界的一个重要武器,力场一开,黑的就变成白的,假的变成真的,不可能变成可能。

強大で天にも逆らう能力でジョブズが世界を変革する重要な武器だと言える。
この磁界が現れると、黒いものも白くなり、偽物も本物に、不可能なことも可能になってしまう。


かっこよすぎる。

周りにいる常識人たちはびっくり仰天でしょうけど
ジョブズ フィールドに巻き込まれてグルグル回っている間になんか世界が変わっちゃってるって感じかな。

日本語の訳より中国語のほうがいいような気がする。
扭曲と歪曲、捻じ曲がっていること と 捻じ曲げること
空間と力场、 力场を中日辞典で見ると「(電気・磁気などの)場」とあります。
フィールドそのものが力を発しているイメージがある。
そこだけ時空に乱れが生じて、現実が揺らいでしまう。
ジョブズ自身がゆがめるのでなくもっと神秘的な超越した力(フォース)。

一度フォースを感じてみたかった。
youtube経由では感じられるかな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-12-25 22:29 | 言葉 | Comments(0)
2011年 11月 13日

語学は楽しい、でもしんどい

今日は娘のテストの送迎。
朝8:50に送って、12:10に迎え。
たんまり自由時間があります。

そこで何をしようかと。
カバンには日本語の小説「孫文」、
英語の小説「The Help」、韓国語テキストをセットし出かけました。

いい映画はやっていないかと一通りチェックし
結局はコーヒー飲みつつ韓国語の勉強といたしました。

テキストといっしょにハングルで書かれたWEBページを印刷したものを一枚
もっていました。

ちょっと気になった言葉があったので韓国版wikipediaで調べたものです。

기러기 아빠(キロギ アッパ)

直訳すると「雁の父ちゃん」

韓国では奥さん子供を外国へ送り、一人で韓国で働く、逆単身赴任が多くいるのですが
そのお父さんをこう呼びます。

私の知人でもカナダに家族を送っているひとがいますが
この呼び方は初めてしりましたので興味を持ちました。

20万人の韓国男性が家族を英語圏に送っていると英語版wikiにあります。
韓国版には2002年の新語としてとりあげられたとありますので
新しいとはいってもも10年くらい前からの現象のようですね。

この言葉を解説するwikiページのハングルを電子辞書片手に
解読しようと試みました。

結果は一枚を調べるのに一時間半。

辞書を引きまくったのに解読率70%くらいかな。

韓国語で初心者にとって困るのは語尾。
活用を覚えていないから辞書で見つけられない。

なれないハングルで苦労して入力しても
原形が分からないから載ってない。
似たような言葉を推測で捜してゆくしかない。

私教室に通い始めてやっとことさ
初級テキストが終わりそうです。

初級テキスト完了なわけですからある程度は翻訳できるかななどと考えたのが
甘かった。

わずか一枚もこなせずにお迎えの時間になってしまいました。

最初の一文ななんとか意味がとおりそうなところまできましたのでここに訳しておきます。

기러기 아빠는 한국에서 자녀의 교육을 목적으로 부인과 아이들을
외국으로 떠나 보내고 홀로 한국에 남아 뒷바라지하는 아버지들을 말하는 신조어이다.

キロギアッパは韓国で子供の教育目的で夫人と子供たちを外国に離れて送り
ひとり韓国で面倒をみる父親達をいう新語である。



でもなんでキロギなのって由来はこちら

기러기의 유래를 "기러기는 한국의 전통 결혼식에서 평생 반려의 상징이며
먼 거리를 여행하며 새끼들의 먹이를 구해온다”

キロギ(雁)の由来は「雁は韓国の伝統結婚式で生涯の伴侶の象徴であったり
長距離を旅行して子供に餌をやることから来ている。


最後にある구해온다は意味が分かりませんでしたので適当に訳しました。

誰か教えてください。

ああしんどぉ。

wikiページを全文載せておきます。

以上

韓国版wikipedia
[PR]

by zhuangyuan | 2011-11-13 22:07 | 学習 | Comments(4)
2011年 10月 02日

韓国と朝鮮 その呼び名

朝鮮語のすすめ 日本語からの視点 (講談社現代新書 614)

渡辺 吉鎔 / 講談社



先日、こちらの本を読みましたが購入する時にちょっと違和感がありました。
それは朝鮮語という言葉。
なんかすごく古臭いイメージがありました。
言葉が重い。政治色も。

この本のまえがきにも説明がありました。

韓国育ちなのに
「なぜ韓国語といわないのかと聞かれるかもしれない。」

「現在(1981年当時)日本の大学に設置されている朝鮮半島の言葉の講座は
1,2の例外を除くと朝鮮語と言う名称を用いており....
それに従わせてもらっただけで他意はない。」


「他意はない」というところを見るといろいろいちゃもんをつけてくる人が沢山いたんでしょう。

日本語と韓国語 (文春新書)

大野 敏明 / 文藝春秋


こちらの本にはこんな例もありました。
NHKが語学講座を始める際に「韓国語講座」か「朝鮮語講座」かもめスタートが二年遅れたそうです。
で結果「ハングル講座」という名称になったと。

そのせいでハングルという文字だけをあらわす単語が言葉全体をあらすかのように
誤解される原因になってますね。
ハングルと言う言葉も私は漢字語かと誤解しており
韓国語(ハングンマル)から来ているとおもってました。
正しくは「大いなる文字」という固有語だといいます。

じゃあそもそも「韓国」「朝鮮」ってのはどんな違いとそれぞれのこだわりがあのか?

この本に歴史の流れが載ってます。
簡単に言っちゃうとこんな感じ。

まずは今の大韓民国、これは大韓帝国が共和国として復活したもの。

大韓帝国ってのは皇帝をいだいているのですが
それまでの李氏朝鮮ってのは中国冊封国。国王しかいない。
中国皇帝に朝貢してる。

その中国(清)が日本に負けちゃった。
そこでいきなり帝国になっちゃった。

つまり朝貢国の朝鮮から脱皮すべく韓がでてきて大韓帝国。
独立国です。

でもこれが長くつづかない。
日韓併合。

日韓併合直後に勅令がだされて韓国から朝鮮にまた変わる。

韓国統監府は朝鮮総督府へかわるなど韓の文字が抹殺されたといいます。
つまり帝国じゃないんだよってこと。

こうして戦後の分断を迎える。

南には大韓民国。
北には朝鮮民主主義人民共和国。

北朝鮮は李氏朝鮮の復活。
大韓帝国時代はなかったことになってるそうです。

金日成が植民地からの独立を勝ち取る。
北にいわせりゃ南は相変わらずの米国植民地状態ってわけ。

そういやあ何かっていうと中国いってる将軍さまも
実は歴史を踏襲して朝貢国気分がぬけてないのかも。

それぞれにいろんな理屈がなりたつわけですが
今の日本でのイメージは韓流ブームと北朝鮮拉致問題で
ずいぶん差がついちゃったようですがどちらにせよ色が濃すぎる。

NHKがハングルってのをひらめいたのはかなりのヒットですね。
政治っぽさが抜けててよい。

ところで将来いっしょになったらどんな国名使うんでしょうね。
高麗民国なんていいかもね。
KOREAの語源でもあるんだし。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-10-02 18:37 | 言葉 | Comments(2)
2011年 09月 19日

高級語彙の成り立ち

日本語と外国語 (岩波新書)

鈴木 孝夫 / 岩波書店



鈴木孝夫氏の本はどれを読んでも語学好きにはたまらない魅力があります。

英語と日本語の高級語彙と基本語彙についてこんな例が出ています。

英語の高級語彙は英語圏のひとにも難しいと。

例えばpithecanthrope。
米国の著名大学で問題を出したら誰もわからなかったといいます。

答えは猿人。

pithec- はギリシャ語由来で猿を意味する
-anthropeはギリシャ語で人間。

日本語で猿人と書けば即座にわかる。
これは漢字の効用。

enjinと書くと迷いますが漢字なら即OK。
漢字はそれぞれに訓があり和語の意味が乗ってきますので即座にわかる。
生活の中の基本語を重ねて造語する。

こんな例も。
水頭症
hydrocephalus

hydro(水) + cephal-(頭)
英語はギリシャ語知識がないとわかならない。
日本語は見ればなんとなくわかる。

英語の高級語彙はギリシャ語由来のものとラテン語由来のものがあり
高級語彙はその組み合わせであることが多く専門家にしか意味がわからないと。
つまり生活に入り込んでいない言葉が多い。

hydro(水) + cephal-(頭)

日本語の基本語とギリシャ語ラテン語の対応表がついてますが
この表をだけでも読む価値がある。

以前に
ドイツ語+フランス語=英語!?
なんていう記事を書きましたが
より厳密にはドイツ語+フランス語+ギリシャ語+ラテン語=英語だったわけです。

ところで他の言語はというと
イスラム圏ではアラビア語が高級語彙を担ってペルシャ語、インドネシア語、トルコ語に入っているそうです。
インドのサンスクリット語もアジア言語に広く入り込んでるとのこと。

閉された言語・日本語の世界 (新潮選書)

鈴木 孝夫 / 新潮社




でもって日本語には漢字がある。
漢字は便利ですねえ。
こんな便利な漢字を捨てちゃって音声のみであらわすようになった韓国語の行く末は大丈夫でしょうか?

なんて心配してたら日本でもカタカナ英語の氾濫で混乱を招いていると。
例えば福祉の現場。ターミナルケア、デイサービス、ホームヘルパーって。
平成元年に小泉厚生大臣が問題にしたとありますがあんまり効果なかったみたいね。

最近で言えばコンピュータ用語なんてカタカナばかりで意味がわかりません。
そこいくと漢字の国の中国コンピュータ用語はわかりやすい。
日语电脑用语
日本語コンピュータ用語とありますがほとんどカタカナ語。
お恥ずかしい。


インタラクティブ 交互
フォルダ 文件夹
ブックマーク 书签
ダブル・クリック 双击


もっと古来の造語能力を発揮しなくてはなりません。
グローバルネット化社会だといって
全部カタカナにするなら英語そのままのほうがややこしくなくて良い。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-09-19 20:51 | 言葉 | Comments(2)
2011年 09月 11日

漢字で覚える韓国語

漢字でわかる韓国語入門―日本語の知識で、7割まではすぐ征服 (ノン・ブック)

水谷 嘉之 / 祥伝社



最近韓国語を勉強してますが私が初めて韓国語の本を読んだのはこちら。
平成2年第八刷とありますので大学生のころ。
今は平成23年。20年前か。コワっ。

日本語で7割分かっちゃうんなんてこれはいいと感動したものです。
でもその後がつづきませんでした。

次の機会は90年代半ば。
仕事で韓国との取引が多くなったころです。

あらためて独学を始めました。
でもすぐ挫折。
IMFショックで韓国との仕事が激減したのです。

それに日本語がしゃべれる韓国人が沢山おり
彼らに下手な韓国語でしゃべりかけるのがなんか空しかった。

そして今年から再チャレンジ。
中国語もひと段落した感があるし
もうひとつできたらいいなと欲張りな気持ちが。

だったらやっぱり最短距離でいけそうな韓国語かなと。
で今回は以前独学が続かなかったという失敗ありますので
思い立ってすぐにスクールに申し込みました。

そして初級テキストからやり直し。

ただいま第六課。

これがけっこう難しい。
というか簡単そうなんですが進歩しない。

その原因はやっぱりハングル文字。
これに早く慣れなくてはいけません。

中国語だと感じですから長文が並んでてもなんか親近感がわくし
意味も少しはわかる。

でもハングル文字だと読み方からゆっくりいって意味を考える。
これがつらい。っていうか慣れてない。

それに意外に固有語が多い。
漢字語が7割じゃないの?って

固有語を暗記するのも気力がでない。
固有数字を覚えるのでヒーヒー入ってます。

ハナ、トゥル、セ、ネって。

語学に近道なんてないんだと分かりつつもなんか効率のよいものなかなと思って
こんな本を買ってきました。

漢字のハングル読みをマスターする40の近道

兼若 逸之 / アルク



ざっと目を通しましたが近道ではあるかもしれませんが
はるかな道のちょっとした道しるべって感じかな。

でも序文に重要なデータが載っていました。

固有語と漢字語の比率について。

使用頻度上位500語の固有語比率は三分の二。

上位1000語だと半分。

上位一万語だと三分の一に減ります。

語彙が多ければ三分の二は漢字語をいうことになります。

ようするに日本人にとっては勉強すればするほど加速後的に語彙が増加するってこと。

さらにはこんなデータも。

朝鮮語のすすめ 日本語からの視点 (講談社現代新書 614)

渡辺 吉鎔 / 講談社



日中韓の共通漢字語
まずは日中共通語こちらは官庁が調べたもので日本語教材からとった漢語1800語が対象。

①中国語と全く同じ意味 1200語
②一部意味がずれている 80語
③意味が異なる      70語
④日本にしかないもの 510語


上記を著者が韓国語との比較をしてみたのがこちら。

①日韓で全く同じ意味 1070語
④中国語にないけれど韓国にはある日本漢語 300語
その他もあわせてトータル1600語が意味が類似。


韓国の漢字語は中国伝来のものあれば日本から伝わったものもあります。
中国伝来のものだって近代以降は日本製のものが多いです。

はじめの固有語の霧を抜ければそこには青空が。
日本語を知ってるだけでなく中国語もわかりますからね。

なんか勇気が湧いてきた。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-09-11 20:37 | 韓国 | Comments(4)
2011年 05月 29日

ハングルvs事大主義

ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)

野間 秀樹 / 平凡社



世宗の大偉業としてハングルが誕生したわけですが
誰もが賛成であったわけでないのです。

ハングルを実質的に作った集賢殿という研究機関にも猛反対する人がいたと。

崔萬里。

彼の反対の論理はこうです。

「我が朝、祖宗より以来、至誠にして大に事へ、一に華制に遵ふ。」


だって昔っから中華の制度でやってきたでしょって。

「唯だ蒙古、西夏、女真、日本、西蕃の類、各々其の字有るのは、是れ皆夷狄のみ」


自分たちの文字持っているのは野蛮国ばっかりである。

字をつくるなんてこんなことが中国の都に知れたら大変だ。
中国文化のエバンジェリストたる朝鮮が中華を捨てるなんてとんでもない。
文字を統べるなんて大それたことをできるのは唯一中国皇帝だけであると。

正に事大主義であります。

ただここは礼儀の国、朝鮮。
儒教思想のなかで朝鮮王に命令されて逆らえるのでしょうか?

でもこの崔萬里にとっては世宗なんてピーナッツ。
たかが衛星国の一王様、悠久の歴史を前にすればなんてことはない。
中華すなわち世界のことわりは優先なわけです。

現実的にも当時の朝鮮知識人にとっては漢字はすべてに値する。
漢字がなければ知識はないわけで、
知識がなければ特権もないわけです。

既得権益者としての存在意義を根底から否定される出来事なのです。
そういう意味では世宗のハングル創製ってのは一種の革命といえますね。

この革命からずっと後世に野蛮国日本の言葉を強要されたのですが
当時の屈辱はこうした歴史を知るとよくわかります。

その後紆余曲折をへて立派に国の文字として定着しました。
今ではかつての支配者日本のおばちゃまたちの心までハングルが征服しているのです。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-29 22:41 | 文化、歴史 | Comments(2)
2011年 05月 22日

ハングルのヒミツ

韓国語レッスン。
「ハングルは15世紀に世宗によって作られました」
なんて基礎的なことから始まり

「子音字は発生器官をかたどって作られました。」

なんていってこんな図をもって説明されます。

d0018375_2026211.jpg


d0018375_683854.jpg


ㄱ 軟口蓋音
ㄴ 舌音

なんて

「どんな音がどんな発声をされるかは
死体を解剖して確かめたそうですよ。
世宗の生涯をあつかったドラマにありました。」

うげっ!
そこまでしなくても。

ちょっと興味があったので動画探してみました。
中文字幕ですがよかったら。
解剖するのはウイグル人のようです。

大王世宗 第85話 

そのおかげでハングルってホントよく出来てる。

当時は漢字しかなくて自国のことがよく表現できなかった。
そこで大王は文字をつくったのです。

「訓民正音」というのを世に出しひろめたわけです。
序文で大王が語ります。

ハングルがないのでもちろん漢語で。

訓民正音解例 世宗序 (趙義成の朝鮮語研究室)

國之語音,異乎中國,與文字不相流通,故愚民,有所欲言,而終不得伸其情者多矣。予為此憫然,新制二十八字,欲使人人易習,便於日用耳。

国の語音,中国に異なり,文字と相ひ流通せず,故に愚民,言はんと欲する所有れども,終(つ)ひに其の情を伸ぶるを得ざる者多し。予此れが為に憫然たりて,新たに二十八字を制(つく)り,人々をして易く習ひ,日用に便たらしめんと欲するのみ。


愚民のためにつくったわけですね。
漢文は特権階級のものだったわけです。


創成者の序にはこうあります。
(鄭麟趾後序)

故智者不終朝而會,愚者可浹旬而學。以是解書,可以知其義。以是聴訟,可以得其情。字韻則清濁之能辨,樂歌則律呂之克諧。無所用而不備,無所往而不達。雖風聲鶴唳,鶏鳴狗吠,皆可得而書矣。

故に智者は朝を終えずして会し,愚者は浹旬(せふじゅん)にして学ぶべし。是を以て書を解さば,以て其の義を知るべし。是を以て訟を聴かば,以て其の情を得べし。字韻は則ち清濁之(これ)を能く辨じ,楽歌は則ち律呂之れ克(よ)く諧(かな)ふ。用ゐて備はざる所無く,往きて達せざる所無し。風声,鶴唳,鶏鳴,狗吠と雖も,皆得て書かくべからん。


賢いひとは午前中に学べちゃうし
馬鹿でも10日もあればokですって。

ちょっとプレッシャーを感じます。

でも覚えちゃえば風の音だって犬の鳴き声だって書けちゃうって。

正直今はハングル聴いても正確にはディクテーションできません。
でもせっかく大王が作ってくれたんですから頑張らないといけませんね。

まずは積読してあったこの本から始めます。
ハングルの迷宮にはまりそう。

ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)

野間 秀樹 / 平凡社




以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-22 21:02 | 言葉 | Comments(4)