中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:言葉 ( 74 ) タグの人気記事


2014年 07月 21日

梅棹忠夫はジェームス・ボンド

先日、みんぱくの東京講演会を聴きました。
梅棹忠夫のモンゴル調査をたどる
1944年に梅棹さんが辿った1500キロの調査の旅のノートやスケッチを大公開。
戦時中ですから現地のガードも厳しく、地図なんて持ってたら捕まっちゃう。
スパイじゃないかって。ですから地図はバラバラにして、裏にスケッチ書いて、スケッチのカードに偽装してたって。

まず現地につくと乗馬を習って、語学学習に励んだと。
乗馬っていったってモンゴルですからお上品なものではなく
ワイルドな実用乗馬。

語学は民族学にとって必須だそうで梅棹さんは数多くの言語を習得されたといいます。
しかも一ヶ月で覚えちゃうそうです。
その話は大いに気になって関連本を読んでみました。

実戦・世界言語紀行 (岩波新書)

梅棹 忠夫/岩波書店

undefined


世界中で旅をして世界中の言葉を修得する実践講座です。

一ヶ月習得法を編み出したのはスペインだったといいます。

猛勉強のかいあて、一ヶ月もするとわたしはスペイン語がはなせるようになった。
イギリス人のために通訳までやったと。
その方法とは、まず現地でまなぶことである。
一日に300のあたらしい単語をおぼえることは、すこしもむつかしいことではない。問題は、毎日300のあたらしい事物を発見することである。
一ヶ月もすれば、語彙は3000以上になった。
超人的ですね。

モンゴル語の語彙ってのもかなり面白い。
遊牧民の言葉だから家畜を表す語彙が膨大にあると。
ウマを表すことばにも、色や形で細かく分けて何十種類もあるそうです。

オスもメスもその生殖能力に着目して、さまざまな名称が付けらていると。
人間にはそんな分類して名付けないでくださいね。

その言葉をすべてノートに取るそうです。
またはカードに記載する。
頭の記憶装置は使わず、外部記憶をしておくのだと。
頭もメモリーも相当な容量でしょうけど、インプットが凄まじいから外部も使うということでしょう。

でもそのカード必要なくなるとすべて捨てちゃうそうです。
イタリア調査を終えて、すべてのイタリア語カードを橋の上から投げ捨てる様子が描かれています。
もったいない。

梅棹さんは戦中にチベットもいこうとしたそうです。
ビルマから山越えで入ろうとしたけれど
当時ビルマは日本軍が制圧する前で、戰場を通らねばならない。

そこで考えついた秘策とは飛行機での山越え。
でもチベットには着陸すべき飛行場がない。
なんと湖上に着陸する作戦をたてるのです。

完全にジェームス・ボンドの世界です。
でも誰に言われるわけでなく、ただただ学問的探究心につき動かされてる。

まさに超人ですね。
その梅棹さんの調査一端がみんぱくサイトで見れます。

以上





[PR]

by zhuangyuan | 2014-07-21 20:58 | 文化、歴史 | Comments(0)
2014年 06月 03日

台湾と日本語 二二八って知ってる?



先日台北でニニ八紀念館を観てきました。

226でなく228。

日本が台湾を去った1947年に国民党政権の締め付けに苦しむ民衆が
タバコ店女性暴行に端を発し、一斉に立ち上がった事件。
その後、一般民衆が大弾圧されました。

当時の政権は今も健在で、ずっとタブーとされてきましたが
民進党政権時に全国に蜂起を呼びかけたラジオ局建屋がニニ八紀念館となりました。
今は国民党が返り咲いていますが、事件についてはどういう整理がなされてるのでしょうか?

前からこの紀念館に興味がありましたが
このところ映画「アクト・オブ・キリング」でインドネシアの華僑大虐殺を観て改めて関心をもち、



さらには「九月東京の路上で」を読み、関東大震災後の大虐殺の様子を知りさらに高まっていたのです。

九月、東京の路上で 1923年関東大震災ジェノサイドの残響

加藤 直樹/ころから

undefined




館内ですぐ目に入ったのは解説ボード、日本敗戦の玉音放送が、台湾の歴史においても
忘れられぬ一日だといいます。
日本時代を肯定的に捉えてます。

国民党は大陸から入ってきてすぐに日本語を禁止しました。
それまで日本人として日本語を使って生活してきたのが突然の禁止令。
当時のインテリは言葉を失いました。文化的精神的大打撃。

次にはじまったのが漢奸狩り。
日本に協力してたのは誰だ?
d0018375_21405192.jpg

あの1日で天地がひっくり返った。
日本の戦後と比べると興味深い。

敵性言語だったはずの英語が敗戦後は大ブーム。
井上ひさし「ベストセラーの戦後史」には「日米会話手帳」が三ヶ月で360万部売れたとあります。

完本 ベストセラーの戦後史 (文春学藝ライブラリー)

井上 ひさし/文藝春秋

undefined



このお気楽な英語人気ぶりはなんなんだ。敗戦の悲愴感はどこ行った?
その時台湾では・・・・

この後も弾圧が続き、台湾人民に鬱屈がたまり、ニニハ事件へとつながっていくのです。
民衆は全国で立ち上がったのですが
そのあとに続く弾圧はすさまじいものがあります。
いわゆる白色テロ。投獄、処刑。

知人の父親は台湾で中学教師をしていました。
当時のインテリである生徒たちは彼のいぬまに
手のひらに針金通されて数人まとめて海に投げ込まれたそうです。
すさまじい。

立ち上がったものの徹底的に弾圧されて
ついには歴史からも抹殺されようとしたのです。

事件の翌日、全島に蜂起を呼びかけた言葉、
それは日本語なんです。


そしてそんな台湾から徐々に日本語も消えてゆく。

下記にも書きました。

映画「台湾アイデンティティー」の主人公の父親の写真も
紀念館に展示がありました。
彼は台湾自治を主張したとして処刑されました。
山岳民族出身で元日本人で戦後は中国名。
台湾近代苦難の象徴のような人生です。

台北にお寄りの際はぜひ。
台北駅すぐ。
二二八和平公園内。
d0018375_22311468.jpeg
以上



[PR]

by zhuangyuan | 2014-06-03 22:38 | 文化、歴史 | Comments(2)
2014年 05月 11日

カンフーで日本軍撃退?

「イップマン 序章」を息子(小5)と鑑賞。先日フライト中に観たドニー・イェンがかっこよすぎたので
借りてきました。

カンフー映画観賞後の常で、息子は早くケンカしたいといってます。
詠春拳習えばとすすめると、負けて死にたくないからやだと即答。
よわっちい。
 
イップ・マン(葉問)は実在の拳法家
広東省仏山出身。
日本占領下にも屈せず、腕っぷしひとつで立ち向かう。

アクションは素晴らしいのですが
この時代の中国香港映画の常で日本をデフォルメして描きます。
お決まりのメガネに出っ歯で卑怯な軍人が出てきて暴虐を繰り返す。
いつもの通り日本語がヘタ。

息子曰く、
「俺、今まで中国嫌いだったけど、日本が嫌いになったわ。ラムがかわいそう。」
「日本のこと悪く言うのが目的だからあまり本気にすんなよ。」と私。
「いやパパの言うこと信じられない。」

制作意図がきっちり果たされています。

でもこの時代は国民党政権下ですから事情はなかなか複雑。
wikiでイップマンをみてみると南の偽政権のころと出てきます。

南は広東語を話すわけですが
劇中で北からやってきた食いつめた拳士は普通語を話してました。
でもお互いがなんの齟齬もなく通じちゃってるのが面白い。
聞いた感じは全然違いますが当人たちにとってはやっぱ方言程度なのかな。

北の道場破りはぶっ飛ばされるわけですがこの辺は香港の北京政府に対する
意地が反映されているんでしょう。

イップマンは漢字で書くと葉問。Yip Man.
劇中で日本語通訳を通すとヨウモンと呼ばれる。
これすごい違和感あり。
固有名詞はそのままの音でいいんじゃないの?

言葉は通じないかもしれないが
武術は世界の共通語ということで日本軍トップの空手使いは冷酷ですが凛々しく撮られています。

このアクションは痛快、爽快。
主演のドニー・イエンはこの映画で宇宙最強の称号を得たとのこと。
シリーズまたみちゃおう。

ブルース・リーの師匠らしいのでブルース・リーの映画も
詠春拳視点からみるにもいいかもね。

以上

[PR]

by zhuangyuan | 2014-05-11 10:13 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2013年 09月 23日

インド映画はスゲエ!

インド映画「きっと、うまくいく」鑑賞。
インド興行成績歴代第一位。
評判は高かったものの三時間という長さに躊躇していましたが
長さをまったく感じさせないハラハラドキドキ、波乱万丈ストーリー、
始まって数分で、これはものが違う、最後までいけると感じさせられました。
予想通りに最後まで突っ走り、笑いあり、涙あり(三回泣きました。)のスーパーエンターテイメントでした。

エリート工科大学の寮に住む三人組みの青春ストーリー。

インド映画にはナヴァ・ラサという9つの感情表現が必ず組み込まれているといいます。
(1) シュリンガーラ (恋情)
(2) ハースヤ (笑い・ユーモア)
(3) カルナ (悲しみ)
(4) ラウドラ (怒り)
(5) ヴィーラ (勇敢)
(6) バヤーナカ (恐怖)
(7) ビーバッサ (嫌悪)
(8) アドブタ (驚き)
(9) シャーンタ (平安)
インド舞踊③9つの感情表現-ナヴァ・ラサ

大人気映画だけあってこの9つの表現のデフォルメがすごい。
そんじょそこらの学園物とは比較にならないスケールの大きな物語
学生の日常を描くことでインドの歴史、現在の問題が浮かび上がってくる。
いやインドのすべてと言っていいかも。
もしかしたらグローバル社会共通の問題までも。

経済発展と格差
拝金主義
過度な競争社会
エリート社会
抑圧される若者
自殺問題
成功者と落伍者
媚びへつらい
嘘と不正
因習と近代化のきしみ
貧困
家制度
婚姻慣習
男女差別
社会保障
密集した都市
大自然
インフラ未整備

これだけ書くとなんか悲惨な話に思えちゃいますが
これらを全部うっちゃってしまう成功ストーリーです。
若者たちの明るい前向きな、力強い生命力で、リズム良く突っ走ってゆくのです。
俳優がうますぎ。ランチョー最高!
ちょい役もいい味出してます。
性格や出自の違いを良く演じてる。
さすが世界に輝くボリウッドのナンバーワン映画。

私もインド亜大陸の面々とは仕事で絡みがありますが
みんなキャラが立っていてインドって人を見てるだけで深さを感じます。
学生時代に旅行もしましたが一口では語られない複雑さがあります。
二度だまされもしました。
一度はこちら
インドで生き抜く
二度目はまた今度

そのころもインドは映画が盛んだと聞き
デリーで劇場に行ってみました。
その映画は劇場を紹介されていったのですが
面白いといわれた作品は前の週に終了しておりました。
仕方なくその週の映画を見ましたが、これが大ハズレ。
暗い画面のB級ホラー。何人死んだか?言葉もさっぱりわからずじまい。

踊るマハラジャもぴんと来なかったし、
それ以来の食わず嫌い。

この映画でインド映画への見方が完全に覆りました。
もしかしたらオールタイムベストかも。

劇場で見ることを薦めます。
歌と踊りもいい。サントラほしいな。
自然描写もサイコー。

"Aal izz well !"



以上
[PR]

by zhuangyuan | 2013-09-23 17:13 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2013年 09月 16日

台湾にとってアイデンティティとは

ドキュメンタリー映画台湾アイデンティティ鑑賞。
予告編を見て、ぜひ行こうと思っていたにもかかわらず、つい見逃してしまったのですが
アンコール上映をやってくれました。ポレポレ東中野

台湾には仕事で何度か行っていますが
年配の方の日本語がかなり上手いです。
しょっちゅう電話も頂きます。
メールなんて使わず達筆なファックスを頂きます。

そして日本が好き。
というより尊敬してくれる。応援してくれる。
あるお客さんの伯父様はテレビはNHKしか見ないと。
日本政府から勲章もらったとか行ってたな。
台湾はともかく日本と深い。


台湾アイデンティティ。題名がよい。
アイデンティティとは自分は何者であるかということですが
台湾はこれが非常に複雑。

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論

小林 よしのり / 小学館


でも李登輝元総統が言っています。
日本と台湾の何か違うか?日本ではアイデンティティを考える必要がないと。

少し前までは、1つの中国だとか、二つの中国だとか、いや台湾だとか
日本の新聞にも、政治用語が踊ってました。
国民党が政権奪還してからは、大陸中国の経済発展もあいまって
政治的には、大陸の圧勝といった感があります。

ただ個人のアイデンティティは政治経済ほどに簡単には割り切れない。
この映画に登場する人々は皆、日本人として生まれている。

ことさらに日本に対する愛を語るわけでもなく恨みを語るわけでもなく
淡々と自分自身や家族の激動の半生を語る。
美しい日本語で。

日本人の定義がなんだか知らないが
日本語と文化を背景した生き方考え方をする人々ということなら
まったく違和感がないどころか、純日本人とさえいえるかも。
私は会ったことはないけれど、理想の日本人。
面構えがよい。
仕種が立派。
凛としている。
目がきれい。

日本人として生まれ
戦争を生き抜き
敗戦
国民党の圧制に苦しみ、
投獄され
もしくはシベリアに送られ
さらにはインドネシアで独立戦争を戦う

ひとりひとりの口から、
戦前戦後の政治の季節に日本、台湾が翻弄される姿が浮かびあがってくる。
激しい経験を訥々と語る中に、共通しているのは近しい人たちへの愛情。
父親、妻、戦友...
獄中から幾度となく送られる日本語の手紙
焼け跡で再会する将来の妻
抑留中に思うあの娘...

自分が自分であること。
それは親しい人たちとの結びつきで意識される。

1つの言葉を通して共有したその時代。
それを語れる人たちが台湾ではすでに90歳になる。

ぜひ台湾で上映してもらいたい。
日本を想う人に届いてほしい。

台湾人生

酒井 充子 / 文藝春秋


こちらも購入。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2013-09-16 20:35 | 文化、歴史 | Comments(2)
2012年 11月 23日

中国コピー商品 梁山泊説

先日、朝日新聞書評欄に余華のエッセーが紹介されていました。

ほんとうの中国の話をしよう

余 華 / 河出書房新社


余華といえば

活きる 特別版 [DVD]

ハピネット・ピクチャーズ


この本はキーワードで中国を評論しようというもの。
書評にあげられていたのは「山寨」という言葉。

もともと山奥の防御用建造物をさすが、今は政府に管轄を外れたものをさす。
・・・・この言葉をかぶせればコピー版や海賊版も社会心理において合法的、合理的なものに化すという。


この紹介だけではぴんときませんでした。
ネットで検索しても「パクリ商品」などという軽い言葉しか出てこない。
もっと深みがある気がする。

そこで原文をあたってみました。「十个词汇里的中国」(10のキーワードで読む中国)
(もちろんただで。)

最近このブログが中国語学習目的であったことを忘れているようですのでちょうどいい機会でした。

中国にはケータイだったり、ブランド品だったり、DVDだったりと、
ありとあらゆる偽物、コピー品が氾濫していますが
その頭に山寨とつけるとなんだか かっこいいらしい。
偽物k-タイなら山寨手机、
コピーDVDも盗版じゃなくて山寨版。

山寨というと砦です。
腐敗した皇帝を倒すための反乱軍の砦。
水滸伝の梁山泊みたいなものです。

中国ではこの逆賊ってのが天命を得ると皇帝までのぼりつめちゃうって例が
いくらでもあるから、この砦にこもって戦う、奴らってのも、けっこうかっこいい。

毛沢東だってそんなようなものですよね。
農村から都市を包囲してゲリラ戦しかけて天下をとった。

今の中国はすっかり経済大国になっちゃって
貧富の格差が拡大して大変なことになってます。
そんな状況下で共産党と国有企業が甘い汁をすって管理しようったって
言うことなんて聞かねえよっていうのが山寨精神なんでしょう。

WTOだとか最近はTPPだとかコピー商品取りしまりとかでやかましいですが
そんなものは勝ち組が支配の構図を固定化したいだけです。
えらそうなお題目掲げたって結局は既得権益の保護ですね。

山寨たちは逞しいのです。

山寨现象是草根文化向精英文化发出的
挑战,也是民间对官方发出的挑战,弱势人群对强势人群发出的
挑战。

(山寨現象は草の根文化がエリート文化にしかけた挑戦なのだ
もしくは民間が官に対して起こした挑戦ともいえる
弱いものたちが強いものたちに向かっていっている)


かっこいいなあ。

。社会矛盾的普遍和尖锐,引发了世界观和价值观的混乱,
然后催生了山寨现象。山寨现象可以说是多种多样的社会情绪日积月累以后,
突然间释放了出来,然后不断演绎成了反权威、反主流和反垄断的闹剧似的社会革命。

(社会矛盾が普遍化し、激しくなり、世界観や価値観が混乱を来たし
山寨现象が発生してきた。山寨现象は社会の多種多様な不満が鬱積し
突然吐き出され、反権威、反主流派、反独占に立ち上がっているような
社会革命といえる。)


中国の今をときめく民営企業だってもとは違法すれすれでやってたわけです。
共産党だって思いっきり違法だった。

今はおれ達も豊かになってやるって山寨から立ち上がっているのです。

北京五輪のとき、政府は聖火ランナーを官が選抜し、走るルートも厳密に規定したそうですが
このときも山寨聖火ランナーが登場したとのこと。誰もが国を愛しているのだから、選ばれなくっても
おれ達だって権利があるんだと田舎の農民たちが立ち上がった。

村民手拿自制的简易火炬互相传递,每一个村民都有资格参加,
无须经过政府有关部门的批准。他们神情自豪,他们对祖国的热爱丝毫不亚于正版的火炬传递者

村民たちは手製の簡易聖火つなぎ、村民みんなが参加の資格をもち
政府部門の許可も必要もない。彼らは誇りにあふれた表情で、
祖国への愛は、正式な聖火ランナーに少しも劣ることはなかった。


ともすると中国人民は強力な政府に押さえつけられていると思われがちですが
民の草の根はこちらでも思うより良いずっとずっと強靭なのです。

そしていつか天下がひっくり返る。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-11-23 21:06 | 言葉 | Comments(1)
2012年 10月 20日

生きものの名前の由来

先日、息子と葛西臨海公園の鳥類園に行きました。
その日はバードウオッチングフェスティバル。
無料でガイドしてくれます。

まずはムシ。

「ショウリョウバッタってどう言う字かわかりますか?」
考えたこともありませんでしたが正解は精霊バッタ。
精霊流しの船に似てるからですって。

怒ってる顔してるコオロギは閻魔コオロギ。

木に巣を張っている立派なクモはジョロウグモ。
雌の方がデカイ。雄は肩身が狭そうにしている。
目が悪いらしく、雌が餌と間違えて雄を食べちゃうんですって。

ところで何で女郎って言うの?と質問したかったのですが
息子の手前、変な回答されてもこまるので家に帰って調べました。

なんともとは女郎でなく上臈(ジョウロウ)から来ていると。
身分の高い女官のことですって。

このツタについている葉っぱはどんな匂いがしますか?
生ゴミ!と息子。
その名はヘクソカズラ。
屁糞ってそんな身も蓋もない命名ってあり?
「屁糞葛も花盛り」なんて諺もあるみたい。
オブスな娘も年頃になればそれなりに美しくなるとのたとえだって。

コブシの由来は実が握り拳に似てるってのは有名な話なの?

メインは鳥です。
その日はモズが見えました。
と言ってもすぐに見つかるわけではありません。

ギーギーッ

「モズがいますね。探しに行きましょう!」

モズは木のてっぺんあたりにいることが多いらしいのですが
なかなか見当たらない。

「ほら飛んだ!」とガイドさん。

何であんな遠くに飛んでいるのがモズだってわかるんですか?
「色、羽根の形、飛び方です」
なるほど飛び方か。

モズは漢字で書くと百舌鳥。
百の鳥の声を出すほどの百の舌をもつとようだと名前がついたと。

このモズ面白い習性があります。
モズのハヤニエといいます。
早贄
捕らえた獲物を尖ったものに突き刺して残しておくんですって。

食べきれずに残しておくとか
冬のためとか言われているそうですが写真をみると恐ろしい。
虫やらカエルやらネズミが串刺しに。
興味のある方はこちら。衝撃写真あり。
モズの早贄(はやにえ

自然って面白い。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-10-20 23:11 | 生活 | Comments(2)
2012年 04月 30日

ものの値段 辞書を買う

小学校三年生の息子が辞書を買ってくれと言う。
学校の授業で使うとのこと。
使うというより引き方を習うようです。

「家にあるものを持って行きなさい」というと
「広辞苑がいい!」と

なんでも、でかい辞書をもっていって学校で自慢したいからだそうです。
ランドセルに入らないとおもいますけど。

そこで家にある国語辞典をチェックしてみると
一つはこれ。

例解学習国語辞典 ドラえもん版

金田一 京助 / 小学館



もう一つは新明解国語辞典。
これは私が学生時に使っていたもの。

奥付をチェックするとなんと1982年12月印刷のもの。
おそらく中学校入学(1983)にもらったものでしょう。
つまり私は中学入学以来一度も国語辞典を買わなかったわけです。

じゃあまあこれを機会に広辞苑を買うとするかと決心。

広辞苑 第六版 (普通版)

新村 出 / 岩波書店



子供用に8400円は高い。
しかも必ず乱暴に使われるし落書きもされる。
それならいつものブックオフで。

ということでブックオフ行脚を始めました。

一番近くの店舗では第六版が4000円。
ブックオフでこの価格は高すぎ。
しかも半額という安易な価格設定が駄目。
パス。

次の店舗。
第四版が3250円。1994年物。
これはバカにしてる価格設定。
しかも表紙が少し痛んでる。
仕入れは100円とかにしてんだろうな。

本は買った時点で減価される。
本の価値=内容+装丁は原価に占める割合は半分以下といいます。
あとは書店の利益と流通費など。

ですから古本屋に売ると安くなる。
でも売ってる値段は結構高い。
売れ残りリスク代かな?

今回の目標購入価格は1500円。
ということでさらにいくつか回りついに候補が見つかりました。

第五版 800円 表紙に痛みあり。
第五版 1900円 かなりキレイ。
第四版 100円 痛みあり。

第四版は前の店舗で3250円だったのと同じ1994年もの。
まずこの店舗の良心的な価格設定を評価。

でもこの一冊しかなかったら恐らくもっと高く設定するんだろうな。
ほかに選択肢があるとかなり見劣りする。

第五版は1998年もの。
古いことは古い。
はじめの店で第六版の価格が高かった意味がやっとわかった。

どうせ汚くされるのだから安いほうを買おうかなとつつも逡巡。
キレイなほうは、本屋の発注用のしおり(スリップというらしい)も入っており
おそらく誰も使ってない。

まあその差1100円なら気持ちよさに一票ってことで
結局1900円ものをゲットしました。
目標の1500円はオーバーしましたが選択肢をたくさん示されると
ついどれかを選びたくなる。これは心理ですね。


そこでふとiPhoneを見る。
「鍵を忘れたので外で待ってます。」という妻からの恐ろしいメール。
すでに15分たっています。
折り返しメールをしようとすると
今度は着信が。

「メール見た?」
「すみません。すぐ帰ります。子供用に広辞苑買ってました。」

買い物から先に帰った私はついついブックオフ詣でをしてしまいました。
あと二冊、自分用に買ったのは内緒。

家の前でお待たせしたのは計40分。
まあ許容範囲かな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-30 11:20 | 言葉 | Comments(2)
2012年 01月 29日

辞書を作るって?

舟を編む

三浦 しをん / 光文社



なんか気になる題名だなとは思いつつ、手に取らないでいたところ、
ラジオでの紹介を聞き、辞書の本だと知りました。

舟とは辞書のこと。

言葉という大海原を航海するための舟。

うまい。

辞書編集部のお話です。
ある出版社でその名も「大渡海」という辞書を出すことになった。
その出版までの人間模様。

辞書作りで小説を書こうっていう発想がすごい。
しかも恋愛まで絡んでくる。
青春ドラマといってもいいかも。

『「愛」(あい)』という項目に同性愛も入れる必要はないという編集者に
後輩が一言。

「 『大渡海』 は新しい時代の辞書じゃないんですか。
多数派におもねり、旧弊な思考や感覚にとらわれたままで、
日々移ろっていく言葉を、
移ろいながらも揺らがぬ言葉の根本の意味を、
本当に解釈することができるんですか。」

かっこいい。

言葉好き、語学好きにはたまらない小説です。

言葉に関する薀蓄も面白いのですが
私が興味を引かれたのは紙の品質のこと。

紙メーカーがその辞書のために特殊な薄紙を開発する。
紙質へのこだわり。
ぬめり感なる言葉があるそうです。

指に吸い付くようにページがめくれるような感じ。
それでいて紙同士がくっついて複数ページがめくれることがない。

確かに辞書の紙って独特ですよね。
でもこれは日本の辞書がやっぱ一番いいように思います。

こないだブックオフで買った角川「新字源」はかなりいいぬめり感があるような。

私の机には

Collins Cobuild English Dictionary
现代汉语词典
프라임 한일사전

など各国出版の辞書がありますが
どれも紙質は日本より劣ります。
ちょっと厚かったり、開いたページでとまらなかったり、重ねたままの状態にゆがみがあったり。

いいぞメイドインジャパンって感じ。

先週もちょっとした辞典を買いました。
私は辞書系が好きです。
研究するわけでないのについ買ってしまう。

今回はご縁があって買いました。
韓国語教室で先生が作ったという辞典を紹介されたのです。

「舟を編む」を読んだばかりで、辞書を作る苦労をしっているので
辞典を作ったと聞き、びっくりしました。

カラー版 とっておきの韓国語会話表現辞典

カラー版 とっておきの韓国語会話表現辞典 / ナツメ社



一年半もかかったとおっしゃっていましたが
私の感覚はそんな短い時間で?といったもの。

たずねてみると、まず英語版のシリーズがあり、そこに出てくる日本語例文を
韓国語にしてゆくという作業であったと。

でも英語とちがって、敬語のレベルが何段階かあるので苦労したと。
カジュアル、スタンダード、フォーマルと表現方法を分けて書かれています。

さて、例の「ぬめり感」はというと?

ブッブー、×です。

カラーだからしょうがないのかな?

たぶん会話辞典なんていうのは気軽に手に取れる
親しみのあるカラフルなものの方が売れるんでしょうね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-01-29 22:03 | 言葉 | Comments(10)
2012年 01月 08日

韓流は未だ至らず

新年はじめの韓国語教室にいきますと
いかに今、韓流きているかということを先生が教えてくれました。

2011年にツタヤで韓流ドラマがレンタルされた回数が
なんと1億3600万回だと。有望作品は青田買い! “日本発”が増える韓流ドラマ

この数字はヨンさまブームの起こった2004年の1623万回から比べて
激増しているといえるでしょう。

私も昨年、韓国語を習いはじめましたが
果たして自分の中に韓流がきているかというとそうでもない。

韓国ドラマは見たことがないし
K-POPだって、最近KARAが気になるとはいえ
あとは少女時代くらいしかわからない。

それでも今年読んだ本を振り返ってみましたら韓国関連本は11冊でした。

2011年読書をジャンル別でいうと
合計   139冊
韓国関連 11冊
中国関連 17冊
原発関連 13冊

今年からランクインした韓国、原発を押さえてやはり中国が一位でした。
感覚的には中国が少なかったように思えましたが数えてみると意外と多かった。

世の中には韓国関連本はあふれていますが
韓流ドラマやK-POP、旅行、料理なんかに関するものばかり。
これが私の興味から外れている。

私が好きなのは語学本、比較文化系、歴史関連など。
ただしドラマ系の民族鼓舞的な歴史劇はいただけない。
近代日韓不幸の歴史系も読み飽きた感があります。

そんなわけで韓国関連読書が意外に少ないのでした。
あと一年くらい勉強したら原書が読めるようになるかな?
今はとてもとてもそのレベルには至っておりません。

教科書も初級II。
小2の息子に笑われています。
「オレでも習字6級なのに」って。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-01-08 21:56 | 韓国 | Comments(2)