中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:文化 ( 79 ) タグの人気記事


2008年 08月 02日

革新のオランダと保守の中国

はじめての課長の教科書がベストセラーになっている酒井穣氏のセミナーを聴きました。

「今日のセミナーの目的は皆様に刺激を与えることです。」とのお言葉で始まったこのセミナーに
私すっかり魅了されてしまいました。

【オランダ起業したビジネスマンがみた日本の強みと弱み】
と題するこのセミナー、人とは違う自分の強みを生かせという
戦略本あたらしい戦略の教科書の著者だけあって戦略勝ちですね。

オランダの魅力をたくさん教えていただきすっかりオランダファンになりました。

オランダ人の国民性はその地理的条件によって形成されたとのこと。
国土の25%が海抜ゼロメートル以下で堤防に囲まれている。

その堤防が歴史上よく決壊したそうで
過去の人々が作った前例を大切にしない文化ができたと。

つまり常に革新的なものにチャレンジしてゆく。
安楽死、ドラッグ、売春の自由化、ワークシェアリング。

利益集団のグループが話しあう場所では民主主義的に物事がきまるが
グループのリーダーの決めたことは絶対服従する。
これは堤防決壊のときなんかに人々の意見なんかをまとめてる時間はなく
強いリーダーシップが必要だから。

なんだかどこかの国でもこんな話をきいたことがある。
そうです中国です。
中国古代の歴史はまさに黄河の氾濫との戦い。
治水を達成した者が皇帝なのです。

中国の伝説神話時代の皇帝は治水を成し遂げました。
治水は強力なリーダーシップのもと何千何万の人を動員しなければ達成できないのです。

ただ中国人の国民性がオランダ人と同じように革新性に富んでいるかといえば正反対。
超保守的です。魯迅もそう指摘しています。国民性

自らの運命を切り開いてゆくようなオランダ人の気性にくらべ
中国人は運は天が決めるという諦観が支配的。
浅田次郎の「中原の虹」にもそのあたりが描かれています。
没法子(どうしようもない)

それに比べてオランダ人はこう豪語するそうです。
「世界は神が創った。しかしオランダは俺たちが造った。」

じゃあなんで同じような自然条件にいながらこうも違うのか?

それは世界への広がりだと思います。
オランダは陸路でも海上でも周りが開けて
外へ出てゆけた。つまり困難なとき外に出る選択肢があるのです。

一方中国の中原はというとこんなふう。
北边是比较难以逾越的蒙古戈壁,西北是万里黄沙,形成交通障壁。西南是世界上最高大最险峻的青藏高原。东边面临地球上最大的海洋--太平洋,它的浩瀚无际跟地中海的情形不一样,对古人来说也是难以征服的,这么看来,地理环境对以黄河流域为中心的中华文化形成了一种隔绝机制,造成了一种内向的,求稳定的文化类型。


北は越えるのが困難な万里の長城
西北は果てしない砂漠が交通を妨げ
西南は世界で最も高く険しい青蔵高原
東は世界最大の海洋、太平洋に面し
その広大で無限の様子は地中海とことなり
古代人にとっては征服困難であった
こうして地理環境において黄河流域を中心とした中華文化は
隔絶した構造や内向的で安定を求める文化類型を作り出した。
河殤(黄河と中国文化についてはこちらを参照ください。おすすめ。)


またその氾濫する黄河はとてつもないパワーで人間の力を押しつぶした。
オランダのように人間が打ち勝てるようなレベルでなかったのです。
wikipediaによるとオランダの1953年堤防決壊で1853人が死に
これが史上最大だとしています。

一方黄河は最近のものは蒋介石が日本軍を止めるためにわざと
決壊させたんですが、これによる死者は推定89万人。
蒋介石の大量破壊兵器

あまりのパワーの前に人間は
没法子とつぶやく以外にすべはないのです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-08-02 22:35 | 文化、歴史 | Comments(2)
2008年 05月 18日

春眠 暁を覚えず

昨日は久しぶりに眠りを貪った。

7時ごろ家族が起きたことに気づいたがそのまま二度寝。

10時にまどろみから引きずり出されます。
息子が馬乗りになり、早く起きてぇ!公園行くぞー!
あと10秒で起きてぇ、10、9、8、7...

でも起きられない。
周りを見ると、窓は全開で蒲団が窓に干されています。
心地よい風が吹いてくる。

一度食卓に下りるも何も食べられずに再度眠る。
遊びに行ってお昼に帰ってきた娘の気配でやっと見ざめました。もうお昼過ぎ。

春眠 暁を覚えず

なんていう風流な感覚ではなく、実は二日酔い。
頭がガンガン。

大学時代の友人たちと宮崎料理を肴に焼酎を飲み心地よく酔う。
早く帰ったはずが、こんな有様。
最近やけに酔いやすい。

近頃私、お客さんとの食事の機会も減り、仕事も余裕が出来ており、
毎朝4時半から5時に起床し、中国語、英語の学習に励んでおりました。
さらにシェイプアップも敢行中で年初から8キロ体重を落としております。
そんな疲れがいっきに出たのかもしれません。

春眠 暁を覚えず

といえば
中国に興味のない人も一度は聞いたことのある孟浩然の春暁の一節です。


春眠不覚暁
処処聞啼鳥
夜来風雨声
花落知多少

春眠暁を覚えず
処処啼鳥を聞く
夜来風雨の声
花落つること知る多少


春のまどろみのなか、季節のうつろいを五感で感じる風情のある名詩です。
この詩には表現の美しさのほかに、背景に深い物語が隠されているのだそうです。

物語・唐の反骨三詩人 (集英社新書)
荘 魯迅 / / 集英社

この本にこの詩に隠された切ない恋の物語が綴られています。

まどろみの中に春のうつろいを感じている孟浩然の横には
一夜をともにした名妓がいたというのです。
純真な心と教養をもった若い娘との、過ぎゆく刹那の愛をも詠っているというのです。

この美しい物語は私はうまく表現できないので
是非この本を読んでみてください。

この本は私の本棚に5年くらい眠っていましたが先日あるところで絶賛されていたので
手に取りました。文句なくオススメです。

荘魯迅という人は文革で苦難の道をあるいた詩人だとのことですが
彼自身も経歴をまえがきで読んで引き込まれました。

自身の爆発できない思いのたけを反骨の詩人たちに託したのです。
感受性の繊細さに打たれました。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-18 09:12 | 文化、歴史 | Comments(8)
2008年 04月 13日

現代に生きる論語 

現代人の論語
呉 智英 / 文藝春秋

この偏屈おじさんの本を久しぶりに読みました。
随分前に買いましたがずっと積読でした。

昨日孔子とドラッカー―ハートフル・マネジメント
一条 真也 / / 三五館
という変わった名前の本を読みまして読んでみたくなりました。

ここで得た雑学を一つ。

英語で儒教をConfucianismといいます。
この言葉は北京滞在中にアメリカ人が使っていたので知っていました。
その語源を知りすっきりしました。

Confuciousとは孔夫子=kongfuziの音訳だそうです。
mandarin=満大人=mandaren以来の発見です。

それはともかく論語ってのは格好いい。
一度知ったかぶって使ってみたいものです。
そのためにもちゃんと意味を捉えておきたいです。

爲政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之、
政を為すに徳を以てせば、譬えば北辰の其の所に居て、衆星の之に共うがごとし。

道之以政、齊之以刑、民免而無恥
之を道くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥ずること無し。


つまり徳をもって政治をせよ、刑をもってすれば、民は免れる方法ばかり考える。

これを読んで先日読んだ
ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する
スティーヴン・レヴィット / / 東洋経済新報社
の一つのエピソードを思い出しました。

ある保育園で子どものお迎え時間に遅刻する親が増えていた。
それを解決すべく経済学者が呼ばれアドバイスした。

そして罰金制度を開始した。
結果は?
遅刻する親がさらに増えちゃった。

つまり道徳的インセンティブが経済的インセンティブに置き換えられたために起こったとのこと。

つまり徳をもってなすべきところを刑をもってなしちゃった結果です。
経済学者でなくて論語に頼ればよかった。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-04-13 23:23 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2008年 04月 10日

アイルランドと朝鮮

最近英語教室も行っていますが個人レッスンなので
いろんな講師と話ができて楽しいものですが
自分がヨーロッパのことについてはほとんど知識がないことをあらためて認識します。

ある先生はスコットランドから来ていますが
よくアイルランドの話をします。またアイルランドクイズなんてのも宿題でくれたりして
妖精がいるだとか、自国には400万人しかいないのにアメリカにはアイリッシュ系が
4000万人いるだとか面白いことを教えてくれます。

なぜアイルランドが好きか問うと。
同じ民族だからとのこと。
いまやアングロサクソンのイングランドに併合されていますが
彼らはケルト人だそうです。

アイルランドというと
なんか田舎でイギリス人に馬鹿にされているイメージと
北アイルランド解放機構のテロイメージ、それとギネスビールくらいしか知りませんでした。

私がオーストラリアにいたときの大学寮の寮長はアイルランド人で
すごく温かいいつも笑ってるいい人でしたがいつも回りの学生からからかわれていました。
そして彼の英語は訛っててまったく聞き取れませんでした。

ということで読んでみました。
アイルランド歴史紀行
高橋 哲雄 / / 筑摩書房

いろんな魅力のある国です。いってみたくなりました。
もっと知りたくなります。
美しく平和な田舎の村って感じ。純朴。

日本でも昔愛着を感じていた時期もあったらしいのです。
要はイギリスにいいようにやられていることでの愛着、明治の日本はイギリスにいいように
されそうになっていた。

またもうひとつは朝鮮との関係。
朝鮮統治をするにあたりイギリスに統治されたアイルランドを研究したとのこと。
調査の結果は異民族の支配・同化は不可能だというものだったとか。

著者の別の本ではイギリスのアイルランド人は在日朝鮮人と同じ立場だとのお話もあるとのとで
ビートルズも在日朝鮮人の立場だったと。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-04-10 22:27 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2008年 03月 02日

中華卓球

昨日は初めてテレビで卓球の試合を見てしまった。それも男子の。
愛ちゃんのニュースはしょっちゅうやってますが
試合をちゃんと見るなんてのはありませんでした。

たまたまチャンネルを換えていたら
世界卓球の男子団体準決勝をやってました。日本対韓国。
先鋒戦で吉田海偉vsユ・スンミン。

卓球もなかなか迫力ありました。
ユ選手もあどけない顔してすごかった。
なんとオリンピックチャンピオンでした。
d0018375_21534471.jpg

韓国選手の名前は漢字で書いてほしい。柳承敏って。
ユは想像通り。ミンもok。スンは何かなとおもってたら李承晩のスンでした。

日本の吉田選手もなかなかすごかった。
日本人というより香港の映画スターみたいな顔してるので
中国でも人気でるんじゃないの?
なんておもってましたらなんと中国から帰化した選手でした。
世乒赛男团半决赛韩国3-1日本 吉田海伟失分
高校から日本らしいのですが中国はやはり子どものころの卓球基礎教育がいいのでしょうか?

聞くところによると他の国の選手も中国出身者がほとんどだとのこと。
検索してみるとこんなデータもありました。中国出身者ばっかり 卓球世界ランキング
女子ではトップ20位のうち17人が中国出身。すごすぎる。
中国の国内競争のあまりの激烈さに海外に活路を見出しオリンピックに出てくる。
たくましいですねえ。
日本は柔道が強くても国籍変えて出てくる人は聞いたことがありません。

そもそも中国が国家として力を入れたのは
設備や場所に資金がかからずしかもトップを取れそうなスポーツだったからだそうですが
あまりに台もテーブルもちっちゃくて会場で見てて面白いのでしょうか?
会場は結構盛り上がってましたが
ショービジネスとしてはエンターテイメント性に欠けるような気がします。

でも誰でも小さなスペースで始められますから
余暇や運動不足には最適です。

最近私の祖母(87歳)は卓球を始めました。
近所の高齢者センターでいつも上手だと褒められると喜んでいました。

祖母は休日の朝早く、私のうちに来てひ孫のために果物などをくれますが
先日はなにやら余所行きの格好をしておめかししていましたので
何処かに出かけるのか?と問うと、
横浜に卓球をしに行くとのこと。

甥が昔卓球の選手で今もコーチとして活躍してるそうで
年賀状で試合を申し込んだらokしてもらえたとのこと。

なんでもその甥っ子、といっても私の大叔父ですから70過ぎですが
大学には卓球推薦で入ったらしく、いまの後身の指導にあったっているとか。
70と87歳で試合ができるスポーツってのはなかなかないですね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-02 22:11 | 時事 | Comments(0)
2007年 12月 26日

お正月がこわくなる

今週はクリスマスでもうすぐお正月ですが
子供も大きくなってきて、親戚にも子供が増えてきてお年玉やらなにやらで入用になるわけですが
中国の春節はこれまた大変らしいです。

お年玉(压岁钱)なんてのはたいしたことはないらしいのですが
大変なのは上司に対する贈り物だそうです。

日本でもお歳暮なんかがありますがレベルが違うそうです。
なんと月給の半分だったり一か月分の給料そのまんまの価値があるものを贈る場合も
あるそうです。

都市部ではこうした習慣が薄れているらしいのですが
田舎はまだまだ残っているそうで、しかもここ数年はエスカレートしているとのこと。

贈られる方ももらったものの金額の多寡で自分への重視度を測るそうで、おそろしいことです。
田舎ですから給料も低いのですが
一ヶ月1000元の職員が领导に500元分、上司には200元などと贈り物をして
春節の時期には給料もボーナスもすっからかんになるそうです。

具体的には何あげたんですか?と問うと。
現金です。との答え。それが一番喜ばれると。
生々しいです。

上司からはもらえないそうです。
そして上司はもらえないと怒っちゃうそうです。
すごいシステムです。
まさに支配の構図。お代官様お願いでござる。これでなんとか。といった世界である。

しかもそれが春節だけじゃないそうです。
上司の誕生日だったり、上司の子供の入学祝だったり
中秋節だったり。ことあるごとに贈り物。山田洋行状態です。

中間管理職あたりが一番つらいそうです。
なぜなら人間関係もひろがり、领导も直接しってるし、お世話になった人も沢山。
これからお世話してもらいたい人も沢山。

もちろん企業のボスも官僚だったり政府だったりの上層部に対してはそうした贈り物
をするそうです。どんどん上まで上がってゆく。
一番トップに一番お金があつまる。

こんな世界はつらいですねえ。私は生きてゆけません。
実際日本に来ている留学生も春節に里帰りするのはちょっと怖くて避ける場合が多いとのこと。

友達が多ければ多いほどたかられる。
日本で給料いいんでしょう?
稼いだんでしょうねえ?

しかも金額の多寡で友情も測られるなんて。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-12-26 23:11 | 文化、歴史 | Comments(0)
2007年 10月 25日

二つの階級

WEDGEという雑誌はたまに面白い記事が載っていますが
9月号の知道中国というコラムに民国時代の知識人、林語堂が紹介されてました。

林語堂はこう指摘したそうです。
中国には二つの階級がる。
官僚階級と非官僚階級である。

面白いので原文を探してみました。
社会阶级

中国只有两个阶级,一个是衙门阶级,他们享有治外法权而不用领事裁判
其他是非衙门阶级,他们须付纳捐税而服从法律。


中国には階級は二つしかない。
一つは官僚階級で彼らは治外法権を持っており、領事裁判を必要としない。
もうひとつは非官僚階級で税金を納めて、法律を守らなければならない。


民国時代の発言です。
官僚天国はなにも共産主義の専売特許ではなく歴史の産物だったようです。
(昨今の日本も人のことは言えませんが。)

でもあんまり心配することはないようです。
由于通婚或由于交
谊往来,在中国任何家族中,不难觅得一个远房表亲,
他认识张三少爷的教师先生,这位张三少爷的舅嫂是某一局员的大阿姨,
这么牵丝攀藤的关系,逢到有事临头,须对簿公庭的时候,极有用处。


結婚や交遊を通じて、中国のどんな家族でも遠くのいとこを探すことができます。
彼は張三坊ちゃんの先生を知っています。
この張三坊ちゃんの奥さんの兄弟の奥さんが某局の官僚のおばさんであります。
こんな絡み合った蔓のような関係が
事が起こったとき、裁判になったりすると、効き目抜群なんです。


つまりどこかで官僚とつながってれば
法律なんて怖くないし、誰もがどこかで官僚とつながっている人脈社会なんです。
ということは誰も法律をまもらないってことかな?

6人の人を介せば世界中の人と間接的に知り合いになれるという
「六次の隔たり」という理論があるそうです。
今日電車で読んでた「レバレッジ・シンキング」という本に出てました。

中国は13億人ですから官僚を探すのに6人も要らないでしょう。

私、いとこ、先生、張三坊ちゃん、奥さん、お兄さん、その奥さん、官僚

この場合もやっぱり間に6人います。
歴史に名を残す人の社会分析は化学的でもあるのですね。

こんな話を聞きました。
ある人が学生時代に無免許運転で捕まりました。
警察に道路上で尋問されます。

その間に同乗者がその場を離れ、携帯で同級生に助けを求めました。
何人もの友達に電話した結果、親戚に警察幹部がいる人が見つかりました。

そこで彼にお願いしたところ尋問している警官の携帯が鳴り
少し話したあと、すぐ無罪放免されたとのこと。簡単ですなあ。

持つべきは人脈。

私も中国で事件に巻き込まれたら
人を頼って助けてもらおう!

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-10-25 23:27 | 文化、歴史 | Comments(2)
2007年 05月 24日

風水で金がたまる

先日ドバイのイタリアンレストランで初めて会ったお客さんと財布の話になりました。
何でも前日財布をなくしたがその日何も取られず帰ってきたとのこと。
外国ではありえないことです。

「状元さんの持ってる財布は長財布ですか?折り曲げタイプですか?」

私は折り曲げタイプです。
以前長財布も短期間つかったことがありますが
長財布はお尻のポケットに入りきらないから不便です。
普段は財布を内ポケットに入れてますが食事のときなど上着を脱ぐ際は
お尻のポケットに入れます。

「それが何か?」

「それではお金がたまりませんね。」

まあ財布の形のせいかはわかりませんがお金がたまらないのは事実なので
聞いてみると
なんでも折り曲げタイプの財布はお札にとって居心地が悪いそうです。
窮屈に曲げられて逃げ出したい気分になるそうです。

一方長財布のほうはしゃきっとして居心地がよく
仲間がどんどん集まってくるそうです。

さらにお札はなるべく新札をそろえ
向きも同じに入れるべし。
余計なレシートなんかはすぐに捨てお金にとって快適な空間をつくるべし。
するとあらまあ不思議がっぽがっぽ。うっしっし。
そして3年経ったら新しい財布を買いなさいと。

その観点からゆくと私は最悪。
折り曲げタイプ。
5年くらい前に購入。
しかも韓国で買った黒いビトンのイミテーション(A級)。結構丈夫でパリッとしてます。
中には期限切れのサービス券、レシート、クリーニング屋の預り証、中国語教室のスタンプカードなどなど。
種種雑多なものがごちゃごちゃ。

居心地わるいだろうなあ、お金ちゃん。ごめんなさい。
長財布買ってあげるからね。お友達連れてきてよ。

これは風水から来るらしいのですが
これを教えてくれた方もはじめは全く信じていなかったとのことですが
昨年お父上を亡くされその後不運続きであったところ
妹さんが風水師に頼み家を診断してもらい改善し、運気の流れを良くしたところ
あら不思議運気が上向き、その後開店した小料理店も大繁盛でフワーッとお金が集まったとのこと。

あやかりたいあやかりたい。
でシンガポールで本屋に寄った際レジの脇にあった2007年の風水カレンダーを買っちゃいました。
残念なことに中国語版でなく英語版でした。

帰国後その風水カレンダーをみながら出張日程を振り返ると
バングラで飛行機で死ぬかと思ったあの日の欄には
飛行機に乗るなマークが書いてあるではありませんか。

風水侮れず。

よし長財布買うぞー。

と思いつつ一ヶ月が過ぎました。きっとこのまま忘れちゃうんだろうなあ。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-24 22:11 | 文化、歴史 | Comments(4)
2005年 08月 03日

少子湯麺

少子湯麺とやらを初めて食べました。
d0018375_20162642.jpg

お客さんとお昼に浜松町駅前の上海園林というところで食べました。

このお店は以前からおいしいと聞かされていたのですが近くは通るものの一人で入るにはちょっと高級そうで入れませんでした。やっと念願がかなったという感じ。

評判に違わず少子湯麺は最高でした。
ひき肉をニンニクと唐辛子でいためたものをかけるだけのシンプルなものですがこれがうまい。
白いご飯とよく合います。
ここは麺もしっかりこしがあっていい。

じゃあなんで少子なの?と調べてみました。
相傳古代有位狀元考取功名返鄉宴客,憶起自家嫂子烹調一道麵食非常可口,於是央請嫂子烹煮招待客人,來客都非常喜歡這道麵食,但不知是什麼麵,只知是「嫂子做的麵」,逐漸遠播演變今日,而有「少子麵」、「紹子麵」之諧音的名稱。


繁体字ですが意訳してみます。
昔あるところに状元に合格して故郷に戻りお客をもてなしました偉いひとがいました。そのお方が自分の兄嫁が料理してくれた麺がとてもおいしかったことを思い出した。そして兄嫁に客人を招待する際に料理してくれるよう頼んだ。
客人はこの麺がとてもすきだだった。しかし、なんという麺かわからず、ただ「兄嫁(嫂子saozi)が作った麺」と覚えていた。それが今日に伝わり、「少子(shaozi)麵」、「紹子(shaozi)麵」という同じ音の名称になった。

ちょっと音は違いますが昔は同じだったか
発祥の地(江南)では同じ音なのでしょう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-08-03 20:31 | | Comments(0)