2015年 12月 13日

ホーチミンの朝、シクロに乗ったはいいけれど

ホーチミン朝6時。
朝食まえの自由なひととき。
夜明けの街に出て川辺に向かう。
朝からすでにバイクは多く、大通りを渡るのは一苦労。

待っていても渡れないので思い切って飛び出し
バイクがすぎるごとに前へすすむ。

そこに一台のシクロ(人力車)がやってきて、道をつくってくれた。
無事に渡り終わり、サンキューと笑顔でお別れ。

川を眺めていると先ほどのシクロの漕ぎ手がやってきて説明する。
「このサイゴン川はね、潮の満ち引きで流れの向きが変わるんだよ」
「写真とるならホーチミン美術館にでもいけば?」
「カメラはしっかり持っておかないとバイクマフィアの取られちゃうから用心して」
要はシクロに乗ってくれってことでしょ。

その朝はマーケットに行くと決めていた。
「じゃあ市場まで乗せてくれ、いくら?」
「5ドン。行って帰って5ドン」

それは安すぎる。だって1ドル22,000ドンくらいなんですから。

「5,000ドンって意味でしょ?」
「いや5ドンだよ。USドルじゃないよ」
「じゃあ今払うよ」
「あとでいい」

桁だ大きすぎるので1000を省略してんでしょ。
前日にUberを使っているから同一距離でのタクシー料金は検討がつく。
まあ乗ってみるか。
念のためシクロの車体番号をパチリ。

大きなとおりをシクロが走り出す。
バイクに抜かれつつもゆったりした走りは快適。
iPhoneで走っている道をとろかな。
d0018375_22344980.jpg
「iPhoneはしまった方がいいよ。バイクマフィアに狙われる」
けっこうやさしいのね。

観光客なれした色黒小柄なおじちゃんはベトナム人には珍しく英語ができ、
こどもがホーチミンに二人いるんだと親しげに話しかけてくる。

マーケットには10分くらいで到着。
まだ市場は開いていない。
7:30オープンらしい。
でもせっかくきたんだからとシクロには外で待っててもらい、
商品したく中の市場を見て回る。


d0018375_22370289.jpg
d0018375_22383170.jpg
ぐるりと一周し帰路につく。
出発の場所に到着。
なかなか快適で楽しい朝のひとときでした。

「いくら?」
「5ドン」

5000ドンと仮定して、その倍の10,000ドンを出した。
「いや5ドンだよ」
といってポケットから料金表を取り出しこちらに見せる。

そこにはなんと50万ドンと記されていた。
ゼロが多すぎてゆっくり数えちゃったよ。
ふざけんな。
5ドンがどうして50万になっちゃうんだよ。
5000に対したって100倍じゃねえか。
ふっかけるにもほどがある。

まあ1万ドンでも安いから2万ドンだしてやる。
それまで柔和だったおっさんの目が、ぎらりと光り、脅しモードにギアが入りました。
「お前が5ドンにアグリーしただろ、払えよ!」
「払わねえよ」

かわいそうな漕ぎ手を演じてせめてくるならまだしも
完全脅しの目つきで脅迫してくるのでこちらも戦闘モードオン。

「50万ドンなんてありえねえよ、ばかやろう、ふざけんじゃねえ」
日本語で言いました。
「What did you say?」

「なんでタクシーより高いんだよ!」
「タクシーはエンジンついてて楽だろ!」

前日のタクシー代(といってもUberです)が往復で8万ドンくらいだったので
5万ドン払いました。

彼は初め受け取ろうとはしませんでしたが
彼の脅しに怯まず、日本語で言い返してくる私にあきらめ最後は受けておりました。

最後の挨拶は大声でファックユーでしたけどね。

以上


[PR]

# by zhuangyuan | 2015-12-13 22:40 | 生活 | Comments(0)
2015年 09月 13日

マレーシア映画にみる民族の見えない壁はどうしてできたの?

マレーシア映画「細い目」を映画館で鑑賞。

マレーシア作品はこれで二回目です。
マレーシア映画で思う 多民族国家のアイデンティティって何?

東南アジアは20年前から何度も行ってますがなぜかマレーシアは
去年が初めて。一気に好きになっちゃいました。

何がって、その混沌ぶり。
それまでの私にとってのマレーシアはマレー人を中心としたイスラム社会であったり
日本企業の生産基地として優秀な工員といったふうな「静」のイメージ。

訪れてみるとマレー、中国、インド、ごっちゃごちゃの多民族国家でした。
勝手なイメージとはぜんぜん違って活気のある喧騒がまっていました。
d0018375_13503825.jpg


映画は始まると私のツボをついてきて
すぐに引き込まれちゃいました。

主人公のジェイソンが北京語しゃべってて
お母さんがマレー語で返す。
読んでる本はインドのタゴール。

ヒロインオーキッドはイスラムのカッコして勉強してるけど
家に帰ってタンス開けたら金城武の写真が貼ってある。
台湾ジャパニーズ。

ジェイソンとオーキッドが話すのは英語。
友だちと喋るのは英語、広東語。
これが実に自然で淀みない。

この言語ワールドに浸るだけでワクワクしてくる。
このカオスはどんな成り立ちがあるんだろうか?
カオスの中にも明確に存在する民族文化のみえない壁ってのはどこから来たのか?

映画の帰りに古本屋いって見つけましたよ、ちょうどいい本を。
「マラッカ物語」鶴見良行著 1981年刊行

マレー半島はそもそも人口が少ない。
内陸の採集民と漁撈民がいましたが
そこにヨーロッパ植民者が入ってくる。

一番の目的は資源。スズだったり、ゴムだったり。
労働力が足りませんからつれてくる。インドから。
主にタミルですね。
中国人は歴史的にマレーにも来ていて
英国人には現地の管理者として重宝された。
経済感覚が身についていたから。

「人種別、産業別の集団分化が、内陸部の経済開発に伴って進行する。現代マレーシアの多民族社会という性格は、こうして形成された。 イギリス植民地官僚や冒険商人やサルタンたちの激しく血なまぐさい利権闘争の裏面で、十九世紀マラヤ半島の植民地経済開発を実質的に支えたのは、華人とインド移民である。」
(マラッカ物語 p239)

この映画の舞台はイポ。
特に中国人が多い地域ですね。

ジェイソンの母親はプラナカン。
習俗まで現地化した中国人。
昔マラヤのサルタンに中国からお妃がお付きのものたちもやって来て
その子孫だなんて物語が作中で語られる。
物語は必要です。アイデンティティのために。

歴史のいろんな局面でいろんな文化がやって来て、混じり合ったり、そのまま残ったりで、いまのごった煮が出来上がった。

でもここで重要なのはマラッカ物語で言われる「人種別、産業別の集団分化」
いまに至るまで分化したままだってこと。

ヤスミン監督はこれを憂いて宥和を願って作品を作ったんでしょう。
ネットで批評をみると、本国では、映画のなかの宥和した理想を、現実に即してない批判する向きがあるそうです。

前にあったマレーシア華僑が言っていました。
「シンガポールと違って、民族でマレーシアは喧嘩ばかりしてる。」って。
宗教が重いんでしょうね。

シンガポールも多民族国家ですが強い指導者のもと経済発展を成し遂げ民族問題が表に見えません。みんでもうけりゃ文句はない。

そんなシンガポールのごった煮ぶりを表す言葉を教えてもらいました。
ロジャック Rojak
いろんな野菜が入ってる辛味噌サラダみないなものかな?
それが国家の様相を示すキーワードになってる。

仕事でマレーシアの方を連れてマレー料理に行きましたが
残念ながらロジャックはありませんでした。
ソースが手に入らないって。
d0018375_13542325.jpg

サラダボールに例えられるニューヨークなんかより
濃厚な混じり方ですね。


その客人はマレー系で政府系機関の方ですが
サポートするために一緒に来たのが
イギリス系企業に勤めるシンガポール華僑。

この構図は何百年も変わってないんだろうな。

百年前ならイギリスの植民者
マレーのサルタンを籠絡し、華僑をつかって民衆を経営システムに組み込んいく。
マレーも支配階層はイギリスの支配を望んだとか。

さすがにマレー人の彼はヤスミン監督を知ってました。
それだけでいい人に思えちゃう。
「細い目=Sepet」も観たって。
私も観た甲斐がありました。

ちなみにSepetってどんな意味かというと
細い目ってのは中国人のことなんですよ。

細い目の男に恋なんかするのかっていうのが
今のマレーの現実。

ほろ苦い恋の映画ですが私にとっては
文化のワンダーランドでエキサイティングでありました。

以上




[PR]

# by zhuangyuan | 2015-09-13 14:12 | 文化、歴史 | Comments(4)
2015年 08月 29日

香港の夜をUberで駆ける。これは社会の窓ですな。

週末に香港行きました。
なん年ぶりかな?
プライベートでは1992年以来。

またUberを使ってみましたよ。
それぞれの場所でそこならではの特徴が出てきて面白い。

まずはヴィクトリアピークの山頂でトライ。
百万ドルの夜景のとこです。
USドルか香港ドルかは不明です。

九龍のホテルチェックイン後に荷物を置いてすぐ出発。

行きはスターフェリーとバスを乗り継いで登る。
バスは15分くらいで着くかと踏んでいたら
大渋滞で一時間以上かかり到着。

疲れちゃったので食事してから夜景スポットに向かう。
大行列!
ここから60分なんて書いてある。
ここまで来て夜景をみないってのはあり得ない。
並ぶしかない。
夜9時ごろで子どもたちはお疲れの様子。

45分並んだところで、とんでもないことに気づく。
私たちが並んでいたのは、ピークのタワーではなく、
山を降りるためのケーブルカーを待つ行列でした。

大ショック。
行列から抜け出るのも一苦労。
私たちの間違いに気づいた韓国人観光客は悲鳴をあげてくれました。
なんてかわいそうなんだと。

タワーのチケット売り場を探すと
並んでいるのは10人程度。
うれしいのか、悲しいのか?

で、クタクタになりつつも夜景を堪能。

d0018375_13403780.jpg



でも降りるのに行列はもうゴメン。
バスだって並んでいるに違いない。

タクシーはいるにはいるが、やたらと観光客と争ってる。
価格交渉かな?
香港のタクシーマナーの悪さは有名です。

そこでUber。
幸い16分で着くと表示あり。

Uber Blackという高級車タイプでちょっと高いけど、まあいっか。
ん?到着が20分後になってる。なんか道に迷ってる様子。
今どこにいるかがマップでわかります。
しばらくすると、ドライバーがキャンセルを通知して来た。
渋滞してるんだろうか?

懲りずにもう一台チャレンジ。
これもぜんぜん着きません。
グルグル回ってる。

あと22分で到着って表示がが12分に変わるまで、すでに20分経っている。
もう嫌だと、家族の忍耐の限界。
渋滞の中、お客のために山に登ってるドライバーをキャンセルするのは忍びないが
バスを選択。

二階建て。
座らなければすぐ乗れるみたい。
一時間立ちっぱなしは辛いけど、もう待ちたくない。

で乗り込む。
2階の方が眺めがいいかなと。
するとバスのドライバーが何やら怒鳴ってる。
どうやら俺に向かって。

カチンと来た。
広東語じゃなくて英語で言えよ!
こっちも怒鳴った。

あっちはさらに、でかい声で同じことを繰り返してる。
やっとわかった。
2階に立つと危険だから1階に行けと。
しかも英語で言ってた。
カントン訛りの英語でね。

"Don't stand on upstair! Dangerous! Go down!"
香港人の英語と普通語はチョー下手。
まあ世界的には日本人の方が下手ってことになってますけどね。

下りの運転で危険さがわかった。
ぶっ飛ばすんです。
満員の客を乗せて、細い下りの山道を。
怖すぎる。
15分で着きましたよ。

それにしてもドライバーの態度悪すぎ。
香港はレストランも売店もサービス悪い。笑顔なし。

かつての中国のよう。
あとでその理由を聞きました。
最近、香港に溢れているのは中国大陸からの観光客。
去年のデモの影響で少し減っているとはいうものの
かなり多いですよ。うるさいうるさい。マナー悪い。

香港は経済では圧倒的に進んでいたはずが
大陸に急速に金持ちが増えてどんどんやってくる。
エルメスもシャネルも行列です。

でそんな観光客を地元民がなんと呼ぶか?
イナゴの大群。
このくらい嫌ってる。
でも金もってる。
蔑みと妬み。
それが香港のサービスの質を落としているとか。

店で普通語で質問して普通語で帰って来たことないですね。
知らないわけないんですけどね。

Uberに戻ります。

2度目のチャレンジはNazhan Roadで。

夜の女人街をあとにして。
誤解を招くといけないのでいいますが
女人街は女の子が好きそうなマーケット通りです。
d0018375_13301573.jpg

込み込みの地下鉄に乗りたくなかったのでUberを。

3分で来ると表示あり。
車はトヨタアルファード。
マップ上では近づいてるになかなか来ない。
と思ったら通りすぎてる。
ぐるっと回ってもう一度通過。
こっちもあっちも気づかない。
d0018375_13460751.jpg

もう一周目でドライバーからSMS。
Call me!
電話をしてやっと会えました。

会えな買った理由は車がアルファードじゃない。
エスティマでした。アルファードは車検に入ったって。

もう一つは乗車場所。
九龍半島で一番の目抜き通りはバス以外は止まっちゃダメ。

いろいろ難しいね。
でもスマホがあれば解決しちゃう。

ドライバーの彼、最近Uber始めたばかりだが
1ヶ月で1100HKドル稼げるって言ってた。
でもそもそもこのお兄ちゃん金持ちっぽい。
ピアスしてるし、散髪毎週行ってそうな髪型。

アルファードは自分の?と聞くと、
4台持ってるって答え。
そのうち一台はランボルギーニだって。
ほんまかいな?

Uber人気ある?

大人気だよ。タクシーはマナー悪いしね。
タクシー乗るのは中国人。俺たちはUber。
ドライバーは客の評価も星でつけますが五つ星いただきました。
もちろん五つ星をお返し。
こうして評価ポイントが溜まってく。

快適だったので帰国時の空港までもUber利用。
ホンダステップワゴンでした。

Uberを最近始めたやさしいお兄ちゃんは
ステップワゴンを日本の中古で手に入れたといいます。
税金が40%って言ってた。
香港でUberは3年前から営業を始め、今では人気だと。

明朗会計カード払いなので外国でタクシー乗る時の緊張感なし。
ボラれないからね。面倒な交渉もないし。
今の段階ではUberドライバーをする人はまずそれだけで意識が高い。

今度は日本で乗ってみよう。

以上




[PR]

# by zhuangyuan | 2015-08-29 13:49 | 時事 | Comments(2)
2015年 08月 16日

異国の地で夜明け前にUber使ってみたよ 知らない人は必見です

Uberってのを使ってみましたよ。
Uber
出張先のバンコクで。

日本ではまだ浸透してませんがアメリカではかなり利用されてるって
シリコンバレー帰りのイケメン兄さんが言ってた。

簡単に言うとネットワーク化されてる白タク。
ドライブ好きが自家用車で空いた時間で副業してるってイメージ。
スマホでつながってGPSで車と客をマッチング。

さてバンコク。
仕事なんで自由時間はほとんどなし。
あるとすれば早朝のみ。
7:30に迎えが来るので朝5時始動なら2時間は自由になる。

早朝にワットアルン(暁の寺)でも行ってみるか。
ホテルのコンシェルジュに朝に聞いてみると
やめとけと言います。渋滞はまったら帰って来れないぞって。
行きは朝なら40分。帰りはアイドンノーだと。
帰りは通勤ラッシュ渋滞がはじまるよと。

そうだUber使ってみよう。
バンコクでのUberの評判を聞いてみたら知ってる人はゼロ。
でもね夜にアプリを立ち上げてみたらけっこう走ってるんですよ。
自分の居場所を中心としたMapに車のアイコンがたくさん。

よし決めた。
トライしよう。

朝5時、おそるおそるアプリっをたちあげる。
朝でもいるわ。
まだ真っ暗なのにね。

乗車場所を設定。
行き先を入力して歯医者ボタンにタッチ。
車が向かっています。
14分で到着します。
車はフォード。
アイコンを見るとドライバーは若い。

車のアイコンがグングン近づいてくる。
緊張。

着いたか?
ホテルのドアを開ける。

フォード登場。
おおお、いいねえ!

Uber?
Yes! Do you speak English?
A little.

ちょっと心配だけど、まあいっか。

ここに7時に戻らないといけないと伝え出発。
5:40。
d0018375_10024191.jpg


車の中にはiPhoneとiPadを装着してあり
かたやUberアプリ、かたやGoogleMapでナビ。
d0018375_10042117.jpg

ちょっと不安なので自分のiPhoneでもナビしようとしたら
電波悪し。
お兄ちゃんに頼んでデザリングしてもらいました。
やさしいね。

40分後にWat Arun到着。
車を狭い路地に駐車し、
自分ひとりで白み始めたチャオプラヤまで歩く。
なんとワットアルンは改修工事中。
d0018375_09581216.jpg

来年の12月までかかるよと散歩中のおばちゃん。
苦労して来たのにね。
ホテルのコンシェルジュさん教えてくれよ。

数枚の写真を撮り、そそくさと車に戻る。
渋滞こわいからね。
d0018375_09581889.jpg

帰り道は少し渋滞があったものの
計画通り7時にホテル到着。
d0018375_09575430.jpg

ありがとね!
Uber気に入ったよ。

部屋に戻ると早速Uberから領収書到着。
1時間20分乗って234バーツ。850円。
安い。
決済は事前登録しているカードです。

アプリを立ち上げるとドライバーの評価依頼が現れる。
星四つつけときました。

このシステムはいい。
ドライバーの顔が見える。
評価もできる。
何よりいいのは決済がシステム化されてる。
ぼられる心配なし。
ネゴの手間もなし。
これは世界を変えるね。

気をよくした私は翌日も利用。
朝のフライトの前に。

土曜日の5時にアプリ立ち上げ。
さすがに土曜は車が少ない。
需要と供給バランスで割増料金だという。
もちろん同意をタッチ。

この日は日産マーチでした。
日系企業で働くお兄ちゃんが週末の副業で始めたって。
Uber歴一ヶ月。
お互い初心者同士だね。

目的地のワットポーは高い壁に囲まれ、当然ながら開門前。
でもねあいてる門があったので入っちゃいました。
本来拝観料100バーツ。

真っ暗な中、寺に入るにはちょっとビビる。
でもドライバーくんが一緒に来てくれました。
Uberアプリを切って料金加算を止めてくれました。
やさしいね。

お兄ちゃん、田舎から出て来て、ワットポーは初めてだって。
「今、ワットポーに来てるよ」って電話してた。
多分奥さんに。
d0018375_09593552.jpg

夜明けの寺院を満喫し、早めに切り上げる。
まだ時間あるからワットプラケオも通って行こうと
お兄ちゃんが誘ってくれました。

ずっと見ていたかった朝陽に照らされる寺院の目覚め。
ドライバーくんには五つ星をプレゼント。
d0018375_10002326.jpg

以上



[PR]

# by zhuangyuan | 2015-08-16 10:07 | 時事 | Comments(0)
2015年 08月 09日

キューバまで中国の世界戦略に入っちゃってるの?



ハバナの街を歩いているとよく声をかけられる。
「チーノ!」ってね。
Chino=Chinese 中国人ってことです。

客引きだけとは限らない。
彼らはこう続ける。

「チーノ! タバコ? コイーバ? チッカ?」
Chino! Tabaco? Cohiba? Chica?

おい中国人、葉巻あるよ、コヒーバもね、お姉ちゃんはどう?

Cohibaはハバナ葉巻の最高ブランドね。
d0018375_20374488.jpg

どこでも声かけられる。
時には大通りの向こう側からチーノって。

まあこれキューバに限った話じゃなくて
20年以上前に旅したメキシコ、グアテマラでもこれが日常だった。

パナマ運河の労務者として連れて来られて
いついたらいつの間にやら経済握ってちゃった華僑を妬みと蔑みをまじえてちゃかす。

でもねキューバは共産主義だから経済牛耳るってのはないはず。

じゃあなんでだろ?

最近は大国中国の影響が強まってるようです。

キューバ来訪者の数は日本人が約1万人に対し中国も似たようなものでしたが
ここ数年急増して3万人程度になったという。

キューバにはソ連亡きあと苦しかった。
アメリカに経済封鎖された後はソ連が砂糖買ってくれて
援助もしてくれてなんとかしのいでた。
それがパトロンが先にこけちゃった。

そのあとの90年代初頭の困窮時代をカストロは特別時代Periodo especialと呼ぶ。
配給する食べ物もない。各家庭にヒヨコを配ったなんて笑えない話も。
その期間中にも米国はテロ起こしたり、反政府勢力支援したり、カストロ転覆を企てたって。

それでもキューバは生き残った。
スペインが観光資源に眼をつけた。
音楽もいいねって。
ブエナビスタソシアルクラブだってその一環。

2000年代は中国ブームで資源が上がったので、産油国が力をつけた。
ベネズエラもその一つ。反米チャベスはキューバと組んだ。石油と医療技術をバーター。
チャベスはキューバで英雄ですね。
いたるところで写真を見ましたよ。
d0018375_20291598.jpg

さて中国。
2002年くらいからグングン成長した中国、国際戦略もしたたかなもんです。
アフリカや中南米もがっちり。
キューバに反米だから仲良くしておかないと行けません。

ハバナで泊まったNacional de Cubaは要人たちが招かれることで有名ですが
歴代中国の領袖の写真がずらり。
江沢民、李鵬、胡錦濤、習近平。
力の入れようがわかります。
d0018375_20303981.jpg

サンチアゴ デ クーバの港改修工事を請け負ったらしいし、自動車部品工場も作るって。

キューバはクラシックカーで有名ですが、観光バスはどれもピカピカの中国製。
中国の援助だと言います。目立つよね。中国宇通って漢字で書いてある。
d0018375_20320579.jpg
d0018375_20340069.jpg
d0018375_20344035.jpg




ハバナ郊外へ行く途中、キューバらしくないマスコットを見た。
ディズニーキャラのニセモノみたいな違和感あり。
そこは遊園地でした。
キューバのアートはいい感じだけど、アニメっぽいのはダメなのかな?
と思いきや、遊園地丸ごと中国のプレゼントだって。
恐るべし中国。
彼らにとっては安いもんでしょうが確実に印象に残る。

そんなキューバ、チャイナタウンもあるんです。
私も最終日の午後に予定したんですよね。
中華街探検。中国語通じるかなって。

でもねいけなかったんですよ。
スマホなくしちゃってさ。
捜索活動です。

この話は別に機会に。

ともかく中国の存在感は大きくなってる。
キューバはキューバらしくあってほしいな。
いつまでも。
カネ、カネ、カネになんないでね。

以上


[PR]

# by zhuangyuan | 2015-08-09 20:38 | 時事 | Comments(0)
2015年 06月 27日

ダライ・ラマの言葉は英語を通じて世界に届く

ドキュメンタリー映画「ダライ・ラマ14世」鑑賞。

観音菩薩の化身
輪廻転生

ダライ・ラマ13世の死後、その生まれ変わりとして14世となる。
現人神。

人は彼を神と呼ぶ。

でもねダライ・ラマ猊下は言うんですよ。

It's non-sense.
そんなわけねえだろって。

中国共産党政権は彼を悪魔と呼びます。
もちろんこっちもナンセンスだよって。
d0018375_08510507.jpg

I'm just one human being.
僕は人間ですからね。

とは言うものの中国共産党政府はダライ・ラマを恐れているに違いない。
彼の類稀な包容力とリーダーシップが信者を束ねた時の脅威。

彼の講話を聞いたら皆心酔してしまう。
近くに寄ったらあったかくなりそう。

即物的な政治闘争だけで勝ち上がった中国指導者には得体の知れない恐怖感を与えるにでしょう。自身への後ろめたさも加わってね。

百度Baiduのダライ・ラマ14世の説明を抜粋しておきますね。ダライ・ラマ14世
中国政府の見解がよくわかります。
达赖喇嘛流亡海外,依靠西方反华势力,利用“宗教领袖”的外衣,四处奔走游说,散布种种谎言,欺骗国际舆论。
ダライラマは海外に亡命し、西側の反中勢力を頼り、宗教リーダーのカッコをして、四方遊説に駆け回り、嘘ばかり撒き散らし、国際世論を騙している。

ところでこの作品、もっと公開館数多くてもいいんじゃない?
メディアへの露出もすくないよね。
なんでだろ?

中国のほうが儲かるからね。
中国の爆買いばかり話題にしてる。


こんな環境でもダライ・ラマは人を惹きつけてやまない。
ダライ・ラマの強靭さは発信力にあると思う。
流暢な英語で平和を説く。

映画の中で言っている。
日本人よ、英語を勉強して世界を知れと。
そして世界を体験してこいと。

この言葉が一番ぐっと来た。

チベット亡命政権ダルムサーラではチベット語の習得はもちろんのこと
語学としての英語教育を徹底してるという。

チベット語では哲学的なことも全て表現できると言いつつ
英語を勉強させる。世界を知るために。発信するために。

平和な未来なんて空から落ちて来はしませんよ。
般若心経唱えててもダメなんだよ。
自分でとことん学んで掴み取れって。

チベットの僧院でも常に学習。
高僧が言っていた。

慈悲の心と怒りの葛藤。
毎日凌ぎあっている。
慈悲の心が勝る時、悟りが得られると。

私まだまだ学習が足りませぬ。
怒りが勝ってる。
執着しちゃう。

外国語を学んで旅に出よう。

以上

[PR]

# by zhuangyuan | 2015-06-27 09:19 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2015年 06月 14日

ニューヨークのタクシーでアメリカの今と歴史を知る。

出張帰りにJFK空港へ向かうタクシーはベルボーイが手配してくれた黒塗りの大きな車でした。

黒人のドライバーは携帯でスペイン語で話しています。
黒人なのにスペイン語か。

ロスにはメキシコ系ヒスパニックが溢れてますが
ニューヨークも多いんだ。

¿De donde?
Dominica!

おおドミニカ!
「広島カープしってる?野球アカデミーやってるよね?」
「今は韓国のチームもあるし、ヤンキースもアカデミー持ってるよ。」

「ドミニカ野球強いよね?」
「そうだ!WBCで優勝したのは日本とドミニカだけだ!」

「ドミニカはハポネセス(ジャパニーズ)多いよ。マツモート、キタムーラ。」

棄民なんて言葉がありました。

「友達の間ではスペイン語話してるんだね?」
「 Si !
周りにドミニカの友達たくさんいるよ。ニューヨークに100万人いるよ。」

「ニューヨークだけで?多すぎない?」
「ニュージャージーも入れてね。」

調べてみると多すぎない。
統計によると2012年のドミニカ移民は96万人。
そのほとんどが大ニューヨークとマイアミに集中してる。

ドミニカ移民は昨今急増している。
2000年に68万だったのが急増。
今ではどこのカリブ国家より多いと。
政治不安がひどいみたい。

Americano Latinoはどんどん増えてスペイン語はどこでも通じるようになったよ。
Americano Frances, Ameicano Anglo の次くらいだよ。

「じゃあ次の大統領はラティーノかな?」

「大統領レースに二人でてる。」
テッド・クルーズ Ted Cruz

マルコ・ルービオ Marco Rubio

チェックしてみると2人ともキューバ移民の子。

ヒスパニック人口はどんどん増加して18%程度、2050年には29%なんて予測も出されてます。いくら白人社会と言え、ヒスパニック票は無視できない。

「でも奴らは勝てないよ。共和党だからね。」

「俺たちは民主党支持だよ。」

オバマの移民法改正が指示されてる。
新しい移民には。

移民の子達は新しいアメリカを作ってく
古い層と反発し合いつつ、折り合いつけつつ。

それがアメリカの強さ。
どんどん人を惹きつける。
これは富だけのせいじゃないはず。

ウォーレンバフェットが
アメリカの経済を心配する声に対して言っていた。

アメリカは今でも移民が多い。
アメリカから移民する人なんて聞いたことないぞ。

d0018375_9572355.jpg


希望の国が見えてきた。

以上
[PR]

# by zhuangyuan | 2015-06-14 09:58 | 文化、歴史 | Comments(0)
2015年 06月 13日

芸術は爆発だ! by ジェームス・ブラウン

Yeah!
ビート1発で空気が変わる。
シャキーン

一緒に叫びたい ハァ! イェー!
けっしてカタカナでは表現できない叫び。

踊り出したい。
ステージに駆け上がりたい。
たとえ突き落とされてもね。
ビートが鳴るといてもたってもいられない。

圧倒されました。
実は見る前は舐めてました。

ジェームス・ブラウンの伝記映画っていったって
あのビートとダンスが若い俳優に演じられるわけがないはず。

声だってどこから出してるかわからないし
顔に刻まれた凄みは人生の深みがあって初めて出てるんだから。

チャドウィック・ボーズマン(Chadwick Boseman)
何者なんだ?!

そっくり。
その言葉が失礼にあたるほど。
演じてると思えない。
魂が乗り移ってる。

私、ジェームス・ブラウンを知ったのは「ブルースブラザース」その後「ロッキー4」といった感じで、音楽は聴いた時期はあるものの彼の半生などまったくしらない。ずいぶんぶっ飛んだおじさんといったイメージだけ。

彼がアメリカンブラックの苦悩歴史をビートで打ち破り
アメリカンブラックのアイコンにまでなったことなどつゆ知らず。
差別、偏見、戦争いつも苦悩があった。
公民権運動、ベトナム戦争etc.

マーチン・ルーサー・キング・ジュニアが暗殺された日
ジェームス・ブラウンのライブがあった。
黒人の集まるライブ会場は暴動の危険ありとして中止要請を受ける。

それでもライブを敢行。
ブラックの理性を見せるために。
ライブ中、興奮した観客が何人もステージに登る。
乱暴に突き落とす白人警備員。
ジェームスだけが冷静でした。
このままライブ続けようぜって。

彼は直感と野生だけでステージで爆発してるんじゃない。
理性で演じているんですね。
何度もなんども練習重ねて、
ビートを合わせて、声を整えて、
ブラックの魂を体現するために。

I am Black! I am proud!

本物の映像が残っていてびっくり。


彼がいなきゃマイケルもオバマもいないんだろうね。

日本の映画館もスタンディングありにしてほしい。
そしたら俺もステージ上がっちゃうぞ。

以上
[PR]

# by zhuangyuan | 2015-06-13 09:31 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2015年 05月 09日

文革を描く大物監督には冷たい毒がある「妻への家路」鑑賞

映画「妻への家路」鑑賞。

題名からいったらスルーですが陳道明主演で张艺谋監督なら観るしかない。

原題は「归来](帰来)
例のごとく元のほうがよい。
「妻へ」がついちゃうとテーマがちっちゃくなっちゃう。

この予告編のほうがシンプルで深い。

右派として収容された夫の帰りを待ち続ける妻。
巩俐(コンリー)
老けた演技にドキッと。

夫は一度は脱走して妻に会いに来る。
妻と再会もすんでのところで阻まれる。
密告したのは娘。

純粋ないたいげな少女も、迷いつつも時代の価値観に従わざるを得ない。
親をも売るのがイデオロギー。

文革が終わり、20年ぶりに家路につく夫が出会ったのは
記憶障害になった妻。

愛し続け、待ち続けた夫が認識できない。
さらに待ち続ける。
夫を拒否し続ける。
娘とも疎遠になっている。

悲しすぎる。
淡々と時だけが刻まれてゆく。
強い心をもった不器用な人間は時代の変化に器用に対応できない。
信じるものは常に信じ続ける。

器用に立ち回っている人もたくさんいるんです。
それは善悪では語れませんが、文革中も指導的立場で
文革が終わって四人組が追放されて価値観が反転しても、
なおもうまく立ち回りその地位にとどまる。
監督はそれをデフォルメせずに淡々と描写する。

蒋介石が毛沢東になっても
文革がはじまっても
鄧小平になっても
うまく泳いでいくやつはいる。

でも素直で純粋でひたむきなほど時代に潰される。
振り落とされる。

ネットで映画評を見ていると
チャンイーモウの文革に対する批判が伝わってこない、
権力におもねってるなんてものがありました。

私には逆にあまりに冷酷で厳しい批判だと感じました。

だって記憶障害になっているんですよ。

待ち続けた理想の夫は帰ってきた。
でも何か違うんです。
妻への愛は変わらないし
誠実な姿勢も変わらない。
でも何かが。

社会に対する批判精神はどこいった?
思想教育されて奉仕労働させられて
時代が変わって解放、帰郷。
解放されれば良いのか?
怒りがどこへ消えた?
天の差支配への諦観でいいのか?

帰ってくる夫がきっと持っている信念。
それを信じる妻。

はたまた記憶障害の妻は現代中国人民のメタファーか?
経済的には豊かになったけど、社会にはびこる不公正。
不公正を打倒し、理想の革命社会を求めたはずなのに
打倒すべきかつての対象よりさらに醜い格差。
この現状に声を上げない人民は
あるいは記憶障害なのか?

张艺谋おそるべし。

以上









[PR]

# by zhuangyuan | 2015-05-09 20:49 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2015年 05月 02日

Hearts & Minds 絶対正義で不協和音は隠せない 

Hearts snd Minds鑑賞。


ベトナム戦争ドキュメンタリー。
1974年公開当時は日本では上映できなかったそうです。

ベトナム戦争の矛盾や悲劇を描いた映画は数あれど
こんなにも為政者の胡散臭さをビビッドに写したものを知りません。

兵士は国家の建前を信じるしかない。
信じたい。
演じるしかない。
壊れないために。

プロパガンダ映画をつくり国民を鼓舞し、
勇ましい言葉を奏でと絶対正義を語り、
捕虜が帰還したら英雄扱いし、
勝ったと断じ、パレードを行う。

北朝鮮と大差なし。

世相との大きなズレ、
矛盾に気づく兵士、家族
ほころびが見えるほど、空虚に正義を語る。

映画の最後、解放された戦争捕虜たちを慰労するパーティで
ニクソンがスピーチします。

短い言葉に凝縮された矛盾。
空恐ろしい。

Youtubeに作品全部がアップされていましたのでその場面を見てください。
1時間36分過ぎごろにあります。



クリスマス爆撃と呼ばれる絨毯爆撃を敢行したことが難しい決断であり、国民から支持されるかわからなかったとニクソンは語り、続けてこう発言します。

内容抜粋します。
After having met each one of our honored guests this evening, after having talked to them, I think that all of us would like to join in a round of applause for the brave men that took those B-52's in and did the job
今夜栄えある皆様と会って話をして、思いました。B52爆撃機に乗り込み、見事にやり遂げた勇敢な男達を、我々みんなも賞賛したいと。
映画はニクソンのスピーチのあと、爆撃場面にうつります。無差別絨毯爆撃。
二週間で20,000トンぶち込みました。
結局それが戦争終結につながるのですが、何かが変。違和感。胸がざわつく。

映画にはありませんがこのスピーチはこう続きます。
because as all of you know, if they hadn't done it, you wouldn't be here tonight.
なぜなら彼らが爆撃しなければ、貴殿達は今夜ここには来れなかったとみんなが知っているのだから。
そもそも自分たちで無理やり介入して始めた戦争を
終結させたってことは誇れるのか?

戦争は泥沼に入って、予想外に捕虜がたくさん捕らえられて
それを解放すべく、民間人も巻き込んだ圧倒的な爆撃を行うってのは正当化されるのか?

このスピーチに歓声をもって応える元捕虜たちは
この言葉で癒されるのか?

巨大な爆撃機で住民を殺戮して
それを大統領が讃える。

B52がB29だったら?
ハノイが東京だったら?
ニクソンがトルーマンだったら?
感じ方も違うかな?

こんなものの片棒を担ごうとしてないよね。

以上













[PR]

# by zhuangyuan | 2015-05-02 22:22 | 文化、歴史 | Comments(0)