中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 08月 14日

映画「湾生回家」 こころのふるさと台湾をおもふ

「灣生回家」という映画が台湾で大ヒットしたのは知っていました。台湾生まれの里帰り。

戦争前に台湾で生まれた日本人が台湾に帰る。そのころ子供だった人たちの故郷への想いと帰郷を綴ったドキュンタリーです。

そんな映画がヒットするのが台湾なんです。


敗戦まで台湾は日本でした。日清戦争で割譲されて以来、自国での人口圧力緩和のために台湾に続々と移民し開拓しました。

戦争で敗れると自らの意思とは別に日本に引き上げていった。その間50年ですから台湾で生まれて育った人たちがたくさんいたわけです。

引揚者の数は48万人。


数字で書くと膨大すぎて物語が浮かびませんが、そのころの子供にとってはふるさと台湾が人生のすべてだったのです。

大人たちの理不尽な戦争によって生まれた地から引き離される。家も友達も遊び場もすべて突然失うのです。

こころのどこかでずっと思い続けた台湾に人生の晩年で帰るひとりひとりを追ったのです。


台湾に出張に行った際、会食の席でこの映画の話になりました。私が観たいと言っていたら後日、本を送ってくれました。


その後、別の機会で再度台湾を訪れた時、ついに観る機会がやってきたのです。

映画を知った時にはすでに上映が終わってましたのでチャンスを待っていました。


その日は結婚式の披露宴に呼ばれており、昼間はフリー。Facebookで隣町の市民ホールで上映があるのを知りました。

市役所庁舎でチケットを配るというので早めに行って券を確保。なんと無料でした。

開演時刻にホールに入るとデカさにびっくり。3階席までありました。しかもすでに2階席までいっぱいです。


こういう映画にこれほどまでの人がつめかけるとは台湾の親日ぶりがうかがえます。

日本時代に教育を受けた方は今ではかなりのお年ですが流暢な日本語を話されますし、友人の伯父さんは今でもNHKしか見ないと言います。

そんな台湾だからこそのホール満員。まあ年配の方が多かったですが学生っぽいひとも結構いました。

親子で来てるケースも。私の席は空いてる席でゆったりと思ったのですが後から来たおばちゃん軍団に囲まれてしまいました。


困るんですよね、おばちゃんたち。だって号泣するんだもん。

鼻をズーズーさせてさ。オレも泣いちゃうじゃんかよお。

3回涙が出ましたよ。おばちゃんのせいで。


ふるさとを思う気持ちってのはここまで強く重いものなのか。

国家とか国籍とか子供にとってはどうでもよくってそこで過ごした幸せな時間とその土地の街並みもしくは山や川。

突然見知らぬ日本につれていかれ、さらにはその国では必ずしも歓迎されない。それどころか排除される。

ただでさえ食糧難のところに400万人が世界中から引き揚げてくる。


疫病の心配もいわれ島に隔離されたと言います。徳島の島には台湾村ができたと本にあります。

そこも一から開拓しなければなりません。でもそこは故郷台湾の花蓮にそっくりだったと。


花蓮出身の湾生松本洽盛さんのエピソードが印象的です。


回到日本後他一看到「牛」,就想到台灣,因為小時候常在牛背上睡覺,
雖然上面有許多蒼蠅飛舞,嗡嗡的聲音很吵,但卻是回到日本最懷念的景象……

日本に戻って牛を見るとすぐに台湾を思い出すんです。小さな頃牛の背でいっつもいねむりしてたからね。蝿が飛び回ってブンブンいってるのにね、それが一番の思い出のシーンなんだよ。


彼は牛に乗って遊んでいたそうですが、彼の牛は牛同士の争いになると無敵の強さで信頼しきっていたそうです。

ある日とうとう負ける日が来た。

彼はショックで家に帰っても涙が止まらなかったといいます。

ぎらぎら照りつける太陽のもと田舎のあぜ道を牛に乗ってゆったり進む少年。

これだけでじわっときちゃいます。この日々は帰らない。

でもね、彼は戻ってサトウキビを食べるんです。想いに耽りながら。


敗戦引き揚げは当然別れもうみます。親子の別れも。

片山清子さんは台湾人の養子として育った。芸妓だった母親は敗戦後も残留したかったが技術がないために引き揚げる。

できるだけ早く我が子を連れに戻ると言い残し、全財産を置いて日本に引き揚げた。

しかし戦後の混乱期、迎えに戻った時にはすでに預けた家はなく、子供と会えずに生涯を終えたのです。

残された清子はいつも嘆いていたとその娘がいう。


「我的母親一直怨嘆著她媽媽為什麼要拋棄她!」
母さんはいつも恨めしく嘆いていました。ママはどうして私を捨てたのって


悲しすぎます。

そして人生の最後を迎える間際に娘と孫が清子の母親の足跡を日本で辿る。

お孫さんは日本語勉強してるんです。一生懸命学習した日本語って感じが胸をうちます。


そしてもっともグッときたのが綺麗なおばさま湾生、家倉多恵子さんのお言葉。

彼女のお父さんは台湾総督府の役人だった。戦火が激しくなり花蓮に疎開した。彼女は焼かれる故郷を丘から見たといいます。

花蓮で敗戦を迎え、日本引き揚げる。台北には帰らずに。

そこは底冷えのする敦賀の寺。その後ずっと台湾を思い続けた。


「原來我是永遠的異邦人,我對台灣的思念是到死都放不下的。」
「私はずうっと自分が異邦人だと感じてたの、台湾への想いは死ぬまで放せませんよ。」


異邦人

感じるんですよ私も。

私は引揚者でもなんでもありませんが海外にいる時に感じる疎外感。

時には東京でもね。

誰でもある感覚なのかな。

子供の頃に自らの意思とは別に急に失った世界。

どこへ行っても異邦人。


11月に岩波ホールで上映決定だと言います。

必見。



以上


[PR]

by zhuangyuan | 2016-08-14 20:45 | 文化、歴史 | Comments(2)
2016年 08月 11日

華語がゆれてるグローバルな世界の片隅で中国語原書を読む私たち

Ayumi Chinese book Cafeさんの主催する中国語原書会に参加しました。

Ayumiさんの積極的な投稿を見て久しぶりに中国語熱が戻ってきましてつい参加表明しちゃいました。仕事では経済方面の中国語ニュースなんかは継続的に読んでますが文化系の読み物はご無沙汰していました。最近はフランス語はじめちゃったので余計に時間が取れません。


ということで私が選んだのは『文化苦旅』余秋雨著。中国の各地を旅するエッセイです。


余秋雨の文化苦旅―古代から現代の中国を思考する

余 秋雨/阿部出版

undefined


ずっと積ん読してました。すみません。

でも全部読むのは大変なので一編を。

华语情结』国語コンプレックスとでも訳せばよいのかな。

中国語原書会ですから華語に関わる話はもってこいでしょう。


そもそも中国人にとって国語って何よ?

ここが問題。

地方地方で音が違う。漢字が言語の基本。

でもその漢字も簡体字が出来て分裂しちゃってる。

日本の漢字もちょっと違うしね。


今回せっかく読んだのだから備忘録として内容まとめておこう。


著者は栄華をきわめた唐朝をふりかえる。

世界の中心であった中国にはシルクロードからペルシャ人がやってきたり

日本人がやってきたり、様々な地域から多様性のある人たちが集まっていた。

その中心には華語があった。外国人たちも華語を話していた。


玄奘三蔵法師がインドから経典を持ち帰っても仏典は華語にしちゃった。


ところが明清の時代になると次第に西洋が優勢になると華語は落ちぶれてゆくのです。

科学の発展時代に成長の足かせのひとつが漢字だっていうのはずっと信じられてきた。

華語を捨てなきゃきけないんじゃないか?


近代から現代にいたると西洋化傾向はさらに強まり、現代の中国では若いエリートは外国語を知らない人の方が少なくなったと。外国語への憧れと傾倒が進みます。


確かに私が中国に仕事で行きだした90年代は国営企業のエリートでも英語はまるっきしダメでした。でも今は全く違います。若い人達ペラペラです。


親も必死になって子供に外国語を勉強させる。留学させる。はたまた移民させちゃう。親も自分が行きたいしね。

名前すらも漢字でつけなくなってしまう。

顔は中国人なのにジャクソンだとかマクスウェルだとかどうなっちゃってるのって。

捷克 、麦克斯韦尔 こうした外国語の漢字表記はしっくりこない。


中国人が作った移民国家シンガポールの例も出てきます。

シンガポールには福建や広東からの移民が多かった。

ある劇団はこんな話劇を演じてます。

時代の変化によって1代目は福建語を話し、2代目は規範華語(普通語)を話し、3代目には英語が中心になってしまった。すると世代間のコミュニケーションが難しくなり、家庭内の隔たりが大きくなり、笑い飛ばせない状況になっていると。


シンガポールは飲み水のない場所だった。そこで移民してきた華人が井戸を掘り当て、牛を引いて水を四方に運び発展していったという。その場所は牛車水と呼ばれ今はチャイナタウンとなっている。「水!」と華語で呼びかけながら地域をめぐり土地と民を潤していった。しかし今は古き良き時代はとうに忘れられ、華語によるふれあいのない殺伐とした誰もが他人である現代都市に変わってしまったと。


そんなシンガポールで出会った老人はある政治家の話をしてくれたそうだ。自分たちは英語を最も重視してきた。これがシンガポール発展のキーだった。おかげで世界有数の先進国となった。でもそれを変えなきゃいけないという。ですが今になって気づいたんです。英語がいくらうまくなっても英国人やアメリカ人にはかなわない。一方で自分たちがこれまで培い受け継いできた華語という母語文化が失われ、もうもはや取り戻せない段階になるのではないかと心配しているのです。100年後にシンガポールはまだあるのかと。そこでリーダーは華語の復活を唱えたのです。


リー・クアンユーのことですね。華語復活のためには「李光耀」と書かなくちゃいけない。昨年亡くなった彼の葬儀にはシンガポール中から弔問の列が出来て、十数時間並んでしたのです。ふだん政治に興味のなさそうな私の知人も参列したそうです。


ちなみに私も追悼本買いましたよ。

「光耀一生」

ちらりと見てみると確かに載ってますね。華語力低下への懸念が。

亡くなる直前には最大の関心事だったようです。

発展は成し遂げたけれど歴史との連続性を分断してしまう恐れを抱いていたんでしょう。

逝死前数月仍挂心双语教育
亡くなる数ヶ月前までも両言語教育が気がかりであった

d0018375_20032672.jpg

でもシンガポールのグローバル化は世界とともにどんどん進んでしまい政策の変化が趨勢を止められるのだろうか?

言葉って重要ですよね。歴史が凝縮されている。グローバル言語がブロークンイングリッシュのグロービッシュだとしてもビジネス上の会話だけなら浅薄です。そこには文化的香りがしない。そこいくと母語のある国は母語を大事にした方がよい。さらに日本語の場合は漢語文化を引き継いでいる。中国語四千年の歴史は漢字でアーカイブされています。ネットの共通語は英語かもしれないが、漢字のストックにアクセスできるのは漢語文化圏の我々だけなんです。その意味だけでも中国語を学習する価値があるよね。


そして今、現代日本の神保町の喫茶店で原書好きが集まって中国語原書を語り合ってる。まだまだ大丈夫だよ華語文化。なんかロマンチックに思えてきた。神保町って場所もいいね。漢字アナログデータが日本で一番ストックされてる場所じゃないかな?もしかして世界一?


当日参加の皆様の濃厚なオススメ本は主催者Ayumiさんがまとめてくれたのでリンク貼っておきます。

第10回中国語原書会・開催報告


ぺりおさんの強烈なご本はこちらです。

中国語で本を読むよ


おそらく語学の大天才であろう稲村文吾さんのブログはこちら。

浩澄亭日乗

ご著書ありがとう。

ぼくは漫画大王

ぼくは漫画大王

胡 傑/文藝春秋

undefined



まずは息子に読ませて夏休み感想文宿題の題材に。


以上










[PR]

by zhuangyuan | 2016-08-11 20:18 | 学習 | Comments(0)
2016年 08月 11日

東インド会社のお嬢様が世界を切りとった


先日マーガレット・キャメロン展会に行ってきました。
青い日記帳さんのブロガー内覧会です。
d0018375_09584515.jpg
19世紀のイギリス女性写真家です。私は今回参加するまで知りませんでした。写真が世に出て間もないころにしかも女性が芸術に昇華させている。

このキャメロンさん、48歳から写真はじめて極めちゃった。そもそも写真が身近にあるっていうんだからいいご身分に決まってる。それもそのはずお父様は東インド会社勤務で、自身はカルカッタで生まれたって。日が沈まない帝国ですね。

どうらくではじめた写真に自信がついて美術館に売り込んだって。この自信のほどが半端なくてがすごい。さすがお嬢様って感じ。その手紙も展示されていました。

‘I write to ask you if you will… exhibit at the South Kensington Museum a set of Prints of my late series of Photographs that I intend should electrify you with delight and startle the world’
南ケンジントン美術館に私の最近撮った写真シリーズを飾ってくれないかしら。その作品はね貴方を喜びで痺れさせるわよ。そして世界を驚かす。


どうですこの自信?

時は明治の頃ですから写真なんてとても珍しく、はいポーズどころか、ずううっと止まっていなきゃならない時代。撮る方は箱を抱えて布かぶって。とられる方だって緊張しちゃいます。一生の記念に気合の一枚。

ポートレートも記録用として表情も硬いものがほとんどの中で
彼女の写真は、というか作品はポスターにあるように生気がみなぎってるんですよね。

彼女のスタイルは当時としては奇抜だったそうでどアップだったりボケをあえて入れたりとそれまでの杓子定規なタイプと違います。同時代の他の写真家作品表情も展示がありますので一目瞭然でした。女性を撮った作品が多いのですがどれもがなまめかしい表情をしているのです。でっかい機器で被写体がじっとしていなければならないはずなのに、このリアル感が出せるのは彼女の実力の証しといえるでしょう。ドキっとしちゃいますよ150年の時を超えて見つめられると。何かを私に訴えてくる。
宗教画だったり著名人のスナップだったり色々テーマがありましたが
私が最も気になったのはインドの写真。マドラスの民族を撮ったもの。
d0018375_10350248.jpg
宗主国の貴婦人にカメラを向けられていっさいおもねることなく人生を達観したような眼差し。植民地でのイギリス人は武力、財力で統治したわけですが、インド人のあの表情を見ると、すべての歴史上の欺瞞はお見通しといった感があります。威張っている英国紳士もさぞかし自分の浅はかさを内心で恥じたことでしょう。

他にも吟遊詩人だったりアフリカの皇太子だったり
世界を制覇していた頃のイギリスの力を感じさせるスナップも残してくれています。

インスタが世界中でもてはやされ、高校生や中学生までもが毎日写真を何枚も撮り世界で共有する。
今では当たり前のものが奇異の目で見られ、それが市民権を得ていく。スマホ時代の起源を今観ておくのも一興ですよ。


以上


[PR]

by zhuangyuan | 2016-08-11 10:36 | 文化、歴史 | Comments(0)
2016年 08月 06日

ブラジルはやっぱりペレ

Pelè 伝説の誕生」鑑賞


想像を超えるスケールの大きな映画でした。ペレの生い立ちだけでなくブラジルサッカー、そしてサッカーそのものの歴史まで、ともすると大航海時代まで視野に入った壮大な物語と言えます。


正直観るつもりはなかったのですが、その日は2つの街で3つの映画に振られ、帰るのも悲しいのでPelèにしました。


私も小学校から大学までは結構真面目にサッカーやってましたし、今も小学生のコーチだったりしますのでペレの偉大さは知っています。でもね俳優がサッカーして、ペレですって言われてもしっくりくるわけないですし、アニメだって上手くできないのに特撮でも無理でしょって。アニメと言えばキャプテン翼がテレビ初放映した時のショボさはわすれられない。ましてやペレですよ。


しかも今ペレってことはリオ五輪便乗というかプロモの一環でしょうからこの点も期待を下げる要因でした。でもなんでオリンピックでペレなんだよブラジル?サッカーワールドカップ決勝のゲストに王貞治を呼んだNHK並みじゃない。


後日ラジオで知ったのですが、実はこの作品はブラジルワールドカップの前に出来るはずが間に合わなかったのだといいます。なんともブラジルっぽいエピソードです。この映画を観ていればブラジル代表のモチベーションが上がって、ドイツに世紀の大惨敗をすることもなかったかもね。この映画ではブラジル代表が背負ってる歴史的役割を再認識できるから。

その2014のドイツ戦ってのはブラジルサッカー史上に残る惨劇と言われてます。なにせ地元開催で17ですから。でもそれよりも大きな悲劇が1950年にあったんです。マラカナンの悲劇。Maracanaço。ワールドカップ決勝リーグがリオのマラカナンスタジアムで行われ、ウルグアイに負けて優勝を逃したのです。


映画はここから始まる。

1950年のこの試合に負けたブラジルは国全体が沈み込みペレの尊敬する父親も落ち込んで泣いてしまう。じゃあ僕がブラジルを優勝させるって。当時10歳。そこから初めてのワールドカップ出場の17歳までを描きます。


ぼくらはペレ以降のサッカー、ペレ後のブラジルしか知らないのですが、ペレ前の世界、つまり王様なしの時代が当然あったわけです。ブラジルは当時まだワールドカップ優勝していないし、マラカナンで敗れたブラジルの個人技優先のスタイルは酷評されてたんですね。ヨーロッパの組織サッカーが優れていると。そして個人技は封じられる。


ジンガ。

ブラジルサッカー独特のステップ。これを抑えられてた。

このジンガの歴史と開放、爆発がこの映画の肝です。


ブラジルは移民国家で他民族混合ですが、多くはアフリカから奴隷として連れてこられた。なかには白人に抵抗し逃亡し山にこもって武装した人たちがいました。いわゆるマルーンです。Maroon。彼らは格闘技も習得し、そのアフリカ由来のカポエイラからジンガが生まれたと。そのステップがブラジルサッカーの魂なのです。


それを欧州サッカースタイルに勝つために封じられる。

でもね、17歳のペレは違うんですよ。ファベーラで育った黒人ですからね。

ジンガを爆発させて大活躍するんです。賢い組織されたサッカーを歴史が宿ったジンガサッカーが打ち破る。世界の歴史を反転させるような意義があったんです。ペレ以前はブラジルサッカーにおいても白人優位だったとは全く知りませんでした。


映画を観る前に、自分よりずうっと若いコーチにメッシとマラドーナはどっちが実力が上だと思うかと聞かれたことがあります。マラドーナの方がずっと好きだがチームのシステムの中で機能するという意味でメッシが上なんだろうねと答えました。この質問は常に繰り返され、ペレとマラドーナ、ペレとクライフなんてみんなが比べたことでしょう。正直言ってペレのプレーを今みるとピンとこないんです。というか理解できていなかった。速い、柔らかい、強い、高い。だけどサッカーのシステムとしてどうなの?って。でもねここが映画の肝だったんですよ。ブラジルはこうじゃなきゃいけない。ロナウジーニョなんかまさに血を引いてますよね。


いやあ面白かった。

で今リオ五輪がまさに始まるのですが

ブラジルはペレなんですよ。

なんといっても。


自慢しますが私ペレの足触ったことありますよ。リアルに。


以上





[PR]

by zhuangyuan | 2016-08-06 09:31 | 文化、歴史 | Comments(0)