<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 28日

ボルネオの地図は誰がひいた?

先日、夏のボルネオ旅行でお世話になった動物博士と食事する機会がありました。
旅行好き、動物好きの強者が集まった会合はエキサイティングでありました。

先生は今度少数民族に関する本も出されるとのことで
ちょっと疑問に思ったことを聞いてみました。

「ボルネオ島はマレーシア領とインドネシア領に別れてますが、
どうしてあんなに小さなブルネイが存在しているんですか?」

「そもそもブルネイ王国が島を治めてました。ボルネオって言葉だってブルネイってことですよ。」

それが19世紀にブルックという白人王朝に領土をとられたそうです。

ブルネイ王国はサラワクで先住民の反乱に手を焼いており、
なんの因果かイギリス人探検家ブルックに鎮圧を頼んだ。
見事勝利したブルックはブルネイ王から藩王に指名されサラワク王国を作る。

詳しくはこちら

これがブルネイにとっての運の尽き。
この白人、領土拡大野心がいっぱいでどんどんブルネイの領土を奪っていったといいます。

白人王朝は3代100年も続き、日本の占領まで続くのです。
ジャングルの中に白人王朝。
なんかロマンがありますね。
でも悪そうだな白人君主。

日本の敗戦後はこのブルックさん王国の宗主権をイギリスに譲渡しちゃいました。


ボルネオ島のマレーシア側には上記のサラワク州ともうひとつサバ州があります。

このサバにも宗主権をめぐる面白いエピソードがあります。
これも先生が教えてくれました。

ボルネオのサバは非常に安全な場所ですが
先日、フィリピンから武装集団がやってきたと。

この集団、スールー王国の末裔を名乗って宗主権を主張するそうです。

「たまにフィリピンからやってくるんですよね。実はマレーシア政府はスールー諸島が属する
フィリピンに毎年お金を払っています。領土の賃借料とも言えます。それをもっと値上げしろって忘れたころにやってくるですよ。」

サバ州ある地域はブルネイ王国とスールー王国が統治してたそうです。

マレーシアは1957年に独立しますが今でも英連邦の一員です。
インドネシアの独立はオランダから。

そんなヨーロッパ人が決めた現在の国境では割り切れない事情はたくさんあるんですよね。

マレーシアにフィリピンの武装勢力とか言われたって
スールー王国民にしたらチャンチャラおかしいぜって感じでしょう。
俺たちはスールーだし、
国境のうちも外も、両方俺らのもんだろてなところ。

以上







[PR]

by zhuangyuan | 2014-09-28 21:30 | 文化、歴史 | Comments(0)
2014年 09月 23日

トルコ商人に学ぶ 大げさな売り口上

イスタンブールの街でカレー屋を探していると声をかけられた。

「どこいくの?』
「カレー屋」
「まだ店やってないからうちの店寄ってかない?」

と流暢な日本語のデカい兄ちゃん。
トルコ絨毯屋だという。

時間あったのでついていく。
トルコ絨毯屋の商売上手は有名なので一度体験してみたかった。

「お兄さん、イタリア人みたいね?」
「は?」
「声かけられても怖がらないし、面白いこというし、スタイルいいしね。」

とあげあげ攻撃。

店につくと、さらに日本語のうまいお兄さんが説明に。
日本留学経験ありという。
「買わなくていいから見ていってください。」

一枚の小さなラグが広げられる。

「うちの商品はすべて手作り。女性が一人で編み上げます。」
「トルコ絨毯はペルシャと違ってダブルノットだから手間がかかります。」
「一枚一枚模様が違います。」
「すべての紋様に意味があるんです。これはカソリックとイスラムの融合を表します。」
「中央アジアの遊牧民が各地で独自の織り方を伝えました。」
「染料もすべて自然の植物で、この赤はザクロ、黄色はサフラン・・・、虫が嫌うにおいがあるので、100年たっても虫食いなし。」
「光の加減や向きで色が変わります。」

聞いてる分にはめちゃ楽しい。
ちょっと欲しくなっちゃってる。
こわいこわい。

「もっとみてください。」
と次々、べつの兄ちゃんが持ってくる。
いつのまにか3、4人が待機。

広いスペースに私一人のために
どんどん絨毯が敷き詰められていく。

「説明ありがとう。でも買う気はないからもういいよ。」
「買わなくていいんです。でももっと知ってください。いつか欲しくなったらそのときでいいです。」

「これは100年前のもの、こっちは200年前、これは日本だと100万円、こっちは200万円。」

私の周りの床は絨毯だらけに。

「買わなくていいから好きなの教えてください」

いよいよ佳境に入ってきました。

「これかな?」と一枚をさす。

「去年、高島屋で催事をやったんですけど、そこでは42万円で出しました。今日は特別16万円でいいですよ。」

「そんなの買えないよ」
「カードでもいいですよ。」
「買わない」
「こっちは8万円。どう?」
「高い。」
「高くないですよ。一人が8ヶ月かけて作るんですよ。一日1000円でもいくらになりますか?」
「買いません」
「いくらなら買いますか?売らないけど一応言ってみて」

きりがないので引き上げました。
「楽しかったよ、ありがとう。」

聞きしに勝るトルコ絨毯商人。
100年200年の時を超え、草原を走り回り、科学まで語る。
もちろん商売っけはたっぷりです。
物語が価値を増幅させちゃいます。
お金持ちはぜひ経験したらよいとおもいます。
気の弱い方はお勧めしませんよ。

絨毯屋をあとにして、カレーをたべて、
エジプシャンマーケットでお土産を物色。

ここでもいましたよ大げさなトルコ商人が。
スパイスを砕くグラインダーを買いたかったのですが
お土産用と実用っぽいのの値段がぜんぜん違う。
いい値で3倍違います。

なにがそんなに違うのよ?

「これはトルコのブランドです。クオリティが全く違うよ。50年使えるよ。」
「50年、あり得ない!なんでわかる!」
「ママが今でも使ってるからね。」

なるほど。納得。
100年だったり、50年だったり、大げさだね。

結局7個購入。
もちろん価格はハードネゴ。
一種のゲームですね。

以上
d0018375_19570022.jpg








[PR]

by zhuangyuan | 2014-09-23 19:57 | 文化、歴史 | Comments(4)