中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 21日

梅棹忠夫はジェームス・ボンド

先日、みんぱくの東京講演会を聴きました。
梅棹忠夫のモンゴル調査をたどる
1944年に梅棹さんが辿った1500キロの調査の旅のノートやスケッチを大公開。
戦時中ですから現地のガードも厳しく、地図なんて持ってたら捕まっちゃう。
スパイじゃないかって。ですから地図はバラバラにして、裏にスケッチ書いて、スケッチのカードに偽装してたって。

まず現地につくと乗馬を習って、語学学習に励んだと。
乗馬っていったってモンゴルですからお上品なものではなく
ワイルドな実用乗馬。

語学は民族学にとって必須だそうで梅棹さんは数多くの言語を習得されたといいます。
しかも一ヶ月で覚えちゃうそうです。
その話は大いに気になって関連本を読んでみました。

実戦・世界言語紀行 (岩波新書)

梅棹 忠夫/岩波書店

undefined


世界中で旅をして世界中の言葉を修得する実践講座です。

一ヶ月習得法を編み出したのはスペインだったといいます。

猛勉強のかいあて、一ヶ月もするとわたしはスペイン語がはなせるようになった。
イギリス人のために通訳までやったと。
その方法とは、まず現地でまなぶことである。
一日に300のあたらしい単語をおぼえることは、すこしもむつかしいことではない。問題は、毎日300のあたらしい事物を発見することである。
一ヶ月もすれば、語彙は3000以上になった。
超人的ですね。

モンゴル語の語彙ってのもかなり面白い。
遊牧民の言葉だから家畜を表す語彙が膨大にあると。
ウマを表すことばにも、色や形で細かく分けて何十種類もあるそうです。

オスもメスもその生殖能力に着目して、さまざまな名称が付けらていると。
人間にはそんな分類して名付けないでくださいね。

その言葉をすべてノートに取るそうです。
またはカードに記載する。
頭の記憶装置は使わず、外部記憶をしておくのだと。
頭もメモリーも相当な容量でしょうけど、インプットが凄まじいから外部も使うということでしょう。

でもそのカード必要なくなるとすべて捨てちゃうそうです。
イタリア調査を終えて、すべてのイタリア語カードを橋の上から投げ捨てる様子が描かれています。
もったいない。

梅棹さんは戦中にチベットもいこうとしたそうです。
ビルマから山越えで入ろうとしたけれど
当時ビルマは日本軍が制圧する前で、戰場を通らねばならない。

そこで考えついた秘策とは飛行機での山越え。
でもチベットには着陸すべき飛行場がない。
なんと湖上に着陸する作戦をたてるのです。

完全にジェームス・ボンドの世界です。
でも誰に言われるわけでなく、ただただ学問的探究心につき動かされてる。

まさに超人ですね。
その梅棹さんの調査一端がみんぱくサイトで見れます。

以上





[PR]

by zhuangyuan | 2014-07-21 20:58 | 文化、歴史 | Comments(0)
2014年 07月 14日

世界はブラジルに凝縮される

ワールドカップブラジル2014は南米大陸の新参者、ドイツの優勝で幕を閉じました。

開催地ブラジルについて
読書ブログに書きました。

汗牛充棟 読書ブログ(引っ越しました)
世界はブラジルに凝縮される
↑クリックしてね。

以上

[PR]

by zhuangyuan | 2014-07-14 07:32 | 文化、歴史 | Comments(0)
2014年 07月 12日

アメリカの大地をまっしぐらに

先月ロスの郊外でBBQに招かれました。
最近、丘の上に建つ邸宅を購入したという。

「まさにアメリカンドリームですね。」
「いやあ状元さん、メンテもけっこうたいへんですよ。買って半年で家の中でサソリを7匹捕まえましたからね。」

サソリとは!さすがアメリカ!
「この辺は野生動物たくさんいますよ。鷲なんかも飛んでるし、ポッサム多いし、マウンテンライオンもいますよ。」
なんかわくわくしちゃいます。

邸宅のテラスからは海が見えます。
となったら海までいかないと。
で、時間もらって海まで散歩に。
「日差しが強いから水を持ってってくださいね」なんて。

さすが自動車大国、歩道なんてない。
ちかくに見えた海がけっこう遠い。
一本間違えると軌道修正がたいへん。
あせびっしょり。

サボテンのある丘からは住宅が見渡せます。
d0018375_10170306.jpg
海ははてしなく広い。
歩道には「ガラガラヘビに注意!」
d0018375_10214277.jpg
Give them Distance and Respect.
リスペクトってのがいいなあ。

ウサギちゃんもぴょこぴょこ。
ヘビに気をつけてね。

帰りはずっと上り坂です。下りしか考えてなかった。
車ないと住めないな。

BBQには邸宅の主のお兄さん夫婦もいっしょでした。
お兄さんはアメリカ歴40年。
アメリカン・ドリームを夢見て渡ってきたんだろうなあ。
弟さんの邸宅に来て大画面で日本のヤクザ映画観るのが趣味なんですって。

2番目の奥様は60を過ぎてから初めてのアメリカを楽しんでいるという。
「状元さん 時間あるんでしょ? ここの夜景はホントに最高なのよ。」

夕刻になり邸宅を後にし
お兄さまの80年代製だというホンダシビッククーペに乗り込む。

ブィーーーーン。

硬いシートに乗り込むといきなりぶっ飛ばします。
辺りは街灯もない山道で真っ暗け。

ウィンドウはしっかり閉まらずに、風はスースー。

助手席に座る私は遠慮がちにいう。
「安全運転でおねがいします。」

「何言ってんだよ! 俺は毎日ここ走ってんだよ!心配すんな!
おっと危ない!」
前から対向車あり。
心配です。

「もう、あなた子供なんだから、お客さんが怖がってるんだからゆっくり走ってよぉ」
と奥様が助け船。

でも結局スピード大好きのお兄さまは目的地までぶっ飛ばしつづけました。
なんでもモトクロスサイクルで山道を駆けるのが大好きで
先日下り坂で大転倒して頭切っちゃうほどなんですって。

到着したところは
真っ暗な丘の上。
軍事用レーダーがおいてあるという。
辺りには人影なし。
車もなし。

丘から街を見渡すと
平地には街の明かりが広がっています。
d0018375_10413218.jpg
なんだか不思議な気分。
宇宙人が地球になってきて初めて人里を見つけたときはこんな感じかな。
少しけむり加減なのも幻想的でよい。

ホテルへの帰り道も当然ぶっ飛ばしました。
途中、道に動物が倒れており、急ハンドルでさっと避ける。

「ん? 臭いな。今のはスカンクだよ。轢かれたんだね。」

すごいなカルフォルニア。
想像を超えてる。

御年70すぎのお兄さまはホテルまで送ってくれると
さっそうと走り去って行きました。

アメリカで40年。
こうしてまっしぐらに走り続けてきたに違いない。
かっこいい。

以上






[PR]

by zhuangyuan | 2014-07-12 10:58 | 文化、歴史 | Comments(0)
2014年 07月 06日

今の駆け抜けて 韓国

韓国に行きました。
今韓国経済は停滞中。
ウォン高、大企業の破綻、政治不信。
セウォル号が拍車をかけて消費冷え込み。

でもそんななかでも韓国人はパワフルなのです。
韓国の社長さんと朝食会の席、彼は山盛りのプレートと卵を5個持ってきました。
ヨーグルトに乳酸飲料、フルーツもどっさり。

5人での食事でしたので、分けてくれるのかと思いきや、
5個の卵を全部食べるというのです。

家でも毎日5ー7個食べるって。
でも白身だけです。
それにしたって衝撃的です。

かれは家で食べる野菜は全部自分で作ってると。
家庭菜園かとおもいきや
2,500坪だという。

仕事してゴルフして野良仕事まで。

「別荘に遊びに来てよ!
ムメボチも採れるよ!
松の木も2000ビキあるよ!」

へんな日本語だってぜんぜん気にしない。

そういえば最近若い人は日本語より中国語。
中国語のほうが儲かるからね。気を見るに敏。
免税店では中国語話したらよく通じました。

それはさておき社長の話はまだ止まりません。

髪は真っ黒もちろん染めてます。
量もたっぷり。こちらは毛根移植だと。
結婚式出席を機に断行。
一本1,000ウォンだって。

お肌だってピチピチ。
これは卵の効果かな。

韓国は女性のみならず男性も美容整形します。
シミ、ほくろなんてレーザーでお気軽に。
ある方は役員昇進を機会にシミとり整形をやるように奥様に進められたと。
日本人ならそんな年して整形したら奥様に疑われちゃいます。

男は生涯現役。今を生きる。
女はそんな金持ちたちに見つけてもらうため自分を磨く、自分を修正。
現世のために。

女性陣は整形は当たり前。
整形した上で更に、履歴書写真を修正しちゃうとのこと。
プロに頼んでめっちゃ美人に修正しちゃうって。
ある会社で面接するときに何人も人がいるなかで
履歴書の当人を見つけられたなかったと。

韓国美容整形は世界に轟いていますから
海外からも希望者が団体で来るらしい。
中東、中国が多いとか。
お客さんたちも時間がないのか、カネがないのか
手術後の安静時間を取らずに、糸を入れた顔が膨れたままで
帰国する人が多いんですって。
空港でそんな幽霊グループにあうこともあるそうな。
パスポート写真と変わっちゃっていいのかな?
渡航目的はPlastic Surgeryなんて書けないよね。

今を生きる韓国人は
変わることはへっちゃら。
転職はザラにするし、
そもそも45歳で目が出なければ他の仕事見つけないといけません。
いい職があれば住む場所を変えるのなんてへのかっぱ。
土地へのこだわりなんて一切ないよと。
引っ越しも一日で終了、ネット回線も一日で完了。
すぐに新しい今を進められる。

人々の関心だって移ろいがめちゃ早い。
ワールドカップだって韓国代表が負けたら、一般的には全く興味なしだって。
次の生きがい見つけようってかんじかな。

でも生きがいを奪った代表は許さない。
空港で代表を待っていたサポーターは「韓国サッカーは死んだ」とプラカードを掲げた。

ともかく韓国はエナジェティック、ハイパースピードで突っ走る。
経済が凹んだって破綻したって、倒れたらまた生き返る。
しかもスーパースピードで。

止まらない韓国、猛スピードで駆け抜ける。
行き先は行ってから考えよう。

あるお客さんの趣味はモンゴルの大草原でオフロードバイクで突っ走ることだって。
道なき道をひたすら真っ直ぐ突き進む。
昼も夜も。

以上







[PR]

by zhuangyuan | 2014-07-06 22:50 | 韓国 | Comments(2)