中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 02日

激賞 セデック・バレ

台湾映画セデック・バレ鑑賞。昨年の台湾映画賞グランプリ。

日本統治時代におきた原住民族の反乱、霧社事件を描いた大作。
第一部、第二部あわせて4時間半。

霧社事件とは日本統治に押さえ込まれていた原住民族が
日本警官の暴力事件をきっかけに300人蜂起し、
日本人運動会を襲い、老若男女を問わず約140人を殺害した事件。

この事件を最初に知ったのはこの本。

街道をゆく (40) (朝日文芸文庫)

司馬 遼太郎 / 朝日新聞社



第一部は日本統治開始時から事件勃発まで、
第二部は事件を受けた日本の掃討部隊とセデック族の戦いを描いています。

観る前は私は第一部だけを見ようと考えていましたが
あまりの強烈さに最後まで見なければと思い直し、
二日にわけて第二部まで鑑賞しました。
やはり観なければならない。強烈。

映画冒頭に、霧社事件を題材に脚色したとあるように
史実とは異なることがあるようですが
かならずしも事実そのもので真実が伝わるわけではない。
この映画はフィクションとして民族の葛藤と誇りを激しく表現し、
真実を伝えることに成功していると思います。

日本統治下の反乱というと反日映画かと思うかたもいるでしょうが
そんな単純な構図ではありません。

日本統治の下で管理され鬱屈のたまる民族たちがいる一方で
日本施政下で文明を学び、さらには武士道精神まで吸収する
先進的?優等生もいる。
彼らの葛藤が一番つらい。オレは誰なんだ?
国籍なんてどうでもよい。何を信じればいいのか?

文明ってなんなの?
物質的豊かさを求めるためのシステム?
戦う男たちにとっての豊かさとは?
昂揚する精神?

ただし彼らにもわかるのです。
圧倒的な文明の力が。
戦ったら全滅する。

それでも戦わなくてはならない。
セデック・バレ(真の男)であるために。

日本対原住民族の戦いを通して
世界が文明と触れるたびに繰り返されてきた摩擦と葛藤を映し出してる。

霧社事件は1930年の出来事ですが
日本も黒船来航のころには圧倒的な武力差をみて文明に屈服したわけです。
だけでも吉田松陰は攘夷を鼓舞するのです。

かくすれば かくなるものと知りながら 
  やむにやまれぬ 大和魂


その末に得た文明開化を自己正当化しようと
海外にでていったんでしょう。

大東亜戦争が終わるころだって
米軍に負けるのはわかっていたって
特攻で突っ込んでいったし、
硫黄島では全滅するまで戦った。

この映画で監督は当時の日本を批判するだけでなく
日本敗戦後にやってくる中国国民党政権も暗に批判してるんでしょう。

この映画は原住民の言葉と日本語だけで語られますが
現代の台湾では中国語字幕なしでは理解されない。
同じ台湾なのに。しかも少しだけ昔の。

もちろん中国だけでなく、当の台湾系住民にも批判をしてる。
民族の誇りを忘れるなと。

絶対おすすめです。
台湾山間部の景観もすばらしい。
キャストの目ぢからもすごい。
まさに血湧き肉踊るといったアクションも最高。





監督のウェイ・ダーション(魏徳聖)はこの映画の企画を長年あたためてきたといいます。
wikiによると1996年から。
霧社事件の漫画を見て映画化を思い立ったと。
ただ売れる映画にはなりえないと反対されてここまで時間がかかったそうです。
そのころ作ったデモバージョンはyoutubeにあがってます。
ラジオ「宇多丸のウィークエンドシャッフル」で聞き探してみました。


ちなみに監督が見たと思われる漫画はこちら
なんと日本版もある。(品切れ)

霧社事件―台湾先住民(タイヤル族)、日本軍への魂の闘い

現代書館



今は便利な時代でiphoneアプリで検索してみたら
同じ漫画作家が映画とのコラボで書いたと思われる新しい漫画アプリがありました。
漫畫‧巴萊:台灣第一部霧社事件歷史漫畫
私はipadにダウンロードしました。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2013-06-02 23:09 | 中国関連DVD、本 | Comments(3)