中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

ものの値段 辞書を買う

小学校三年生の息子が辞書を買ってくれと言う。
学校の授業で使うとのこと。
使うというより引き方を習うようです。

「家にあるものを持って行きなさい」というと
「広辞苑がいい!」と

なんでも、でかい辞書をもっていって学校で自慢したいからだそうです。
ランドセルに入らないとおもいますけど。

そこで家にある国語辞典をチェックしてみると
一つはこれ。

例解学習国語辞典 ドラえもん版

金田一 京助 / 小学館



もう一つは新明解国語辞典。
これは私が学生時に使っていたもの。

奥付をチェックするとなんと1982年12月印刷のもの。
おそらく中学校入学(1983)にもらったものでしょう。
つまり私は中学入学以来一度も国語辞典を買わなかったわけです。

じゃあまあこれを機会に広辞苑を買うとするかと決心。

広辞苑 第六版 (普通版)

新村 出 / 岩波書店



子供用に8400円は高い。
しかも必ず乱暴に使われるし落書きもされる。
それならいつものブックオフで。

ということでブックオフ行脚を始めました。

一番近くの店舗では第六版が4000円。
ブックオフでこの価格は高すぎ。
しかも半額という安易な価格設定が駄目。
パス。

次の店舗。
第四版が3250円。1994年物。
これはバカにしてる価格設定。
しかも表紙が少し痛んでる。
仕入れは100円とかにしてんだろうな。

本は買った時点で減価される。
本の価値=内容+装丁は原価に占める割合は半分以下といいます。
あとは書店の利益と流通費など。

ですから古本屋に売ると安くなる。
でも売ってる値段は結構高い。
売れ残りリスク代かな?

今回の目標購入価格は1500円。
ということでさらにいくつか回りついに候補が見つかりました。

第五版 800円 表紙に痛みあり。
第五版 1900円 かなりキレイ。
第四版 100円 痛みあり。

第四版は前の店舗で3250円だったのと同じ1994年もの。
まずこの店舗の良心的な価格設定を評価。

でもこの一冊しかなかったら恐らくもっと高く設定するんだろうな。
ほかに選択肢があるとかなり見劣りする。

第五版は1998年もの。
古いことは古い。
はじめの店で第六版の価格が高かった意味がやっとわかった。

どうせ汚くされるのだから安いほうを買おうかなとつつも逡巡。
キレイなほうは、本屋の発注用のしおり(スリップというらしい)も入っており
おそらく誰も使ってない。

まあその差1100円なら気持ちよさに一票ってことで
結局1900円ものをゲットしました。
目標の1500円はオーバーしましたが選択肢をたくさん示されると
ついどれかを選びたくなる。これは心理ですね。


そこでふとiPhoneを見る。
「鍵を忘れたので外で待ってます。」という妻からの恐ろしいメール。
すでに15分たっています。
折り返しメールをしようとすると
今度は着信が。

「メール見た?」
「すみません。すぐ帰ります。子供用に広辞苑買ってました。」

買い物から先に帰った私はついついブックオフ詣でをしてしまいました。
あと二冊、自分用に買ったのは内緒。

家の前でお待たせしたのは計40分。
まあ許容範囲かな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-30 11:20 | 言葉 | Comments(2)
2012年 04月 22日

映画 「ヘルプ」鑑賞

ヘルプ 心がつなぐストーリーを観てきました。

60年代アメリカ南部の黒人家政婦のお話。
彼らはHELPと呼ばれます。お手伝いさんですね。

人種差別が色濃くのこる時代に黒人家政婦たちが語りだす彼らの立場。
全米で1000万部を超える大ベストセラーの映画化。

私映画化の前にこのベストセラーを知り原書をアマゾンで購入してました。

The Help

Kathryn Stockett / Berkley



読み始めるとなかなか難しいというか違和感がある。
黒人家政婦が語る言葉が文法がめちゃめちゃ。
中途半端な英語力の私にはこれはきつい。
いちいちつっかかっちゃう。

またこの小説が私にとってもっと深刻なのは
多くいる登場人物の名前が記憶できないだけでなく黒人なのか白人なのかわからない。
そこが一番大事ですからしんどい。
ネイティブだと名前だけで判断できるのかも知れませんけど。

そこいくと映画はいいですねえ。
一目瞭然です。
映画鑑賞後に再度原書にチャレンジする勇気がわいてきました。


さて映画のお話です。
差別される黒人家政婦。
それを当たり前のこととして受け入れ、
常に”Yes,Ma'am."といい続けていた。

都会から帰ってきたジャーナリスト志望の白人主人公の存在で何かが目覚め始める。
街の秩序にチャレンジして命をかけて語り始める。

命を懸けるといっても今の感覚からするとぴんとこないとおもいます。
先日この時代について書いた本を読みました。

アメリカ歴史の旅―イエスタデイ&トゥデイ (朝日選書)

猿谷 要 / 朝日新聞社


ここに出ていた一枚の写真を見れば雰囲気が伝わるでしょう。
d0018375_21375963.jpg

公民権法が成立した直後に自ら経営するレストランに来た黒人を追い返す白人親子。
親父はピストル、息子は斧。
なんとこのおっさんその後ジョージア知事に当選したんですって。

こんな時代に黒人が語る難しさ。

迎え撃つはおバカなお金持ち白人ギャルママたち。
古きよき南部アメリカの伝統を因習的に受け継いできた。
黒人は使うもの。
トイレは別よ。
病気がうつるから。
差別じゃないのよ区別なの。

ストーリーを書くのはいけませんのでこれくらいにしますが
私は黒人たちの置かれた境遇もさることながら
変わり行く時代のなかで揺るぎつつある既得権益を必死に守ろうとする
若い白人女たちに悲哀を感じました。

黒人には優越的地位でありつつも、男に媚び、虚勢をはる。
一世代前までは疑いもしなかった世界が、もしかしたら崩れるかも。
だから余計に強くでる。保守でいなければならないつらさ、弱さ。


これだけですと救いようのないもの同士の話に聞こえちゃいますが
映画ストーリーは重いテーマですがユーモアたっぷりです。
勇気を出させてくれると同時に世の中の不条理を感じる深い映画でありました。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-22 21:44 | 文化、歴史 | Comments(0)
2012年 04月 15日

毒殺って どんな毒で?

ブックオフで子供にねだられ一冊購入。

魔導具事典 (Truth In Fantasy事典シリーズ)

新紀元社



古今東西、西洋、東洋を問わず魔法の道具の事典です。

オカルトに興味のない私は買ってやるつもりがありませんでしたが
ちらっとページをめくったら、惹かれてしまいました。

開いたページにあったのは
「中国の奇妙な植物」につづき、「」(チン)。

羽根に猛毒を持つ鳥。
鷲ほどの大きさをした鳥であり・・・
蝮や毒草を常食する・・・
酒に浸しておくと・・・恐るべき毒酒になる。

劉邦夫人の呂后や董卓が暗殺用に用いたとのこと。

もっともっと知りたくなってしまいます。
百度で検索。
人有饮吞鸩酒,白眼朝天,身发寒颤,忽忽不知如大醉之状,心中明白但不能语言,至眼闭即死

鸩酒を飲むと、白目をむいて震え出し、すぐに酔っ払った態で、頭は冴えているが何も言えず、
最後には目を閉じて死んでしまう


実はこの事典で探したい言葉がありました。

蠱術」(コジュツ gushu)

早朝中国語勉強会で読んでいる三毛の小説に出てきた言葉です。

この字がまず凄みがあります。
実は簡体字では虫がひとつになっちゃって蛊と書きなんか迫力不足です。

まあともかくこちらの恐ろしい術も百度百科で検索。

传说中制造毒蛊的方法,一般是将多种带有剧毒的毒虫如蛇蝎、晰蝎等放进同一器物内,
使其互相啮 食、残杀,最后剩下的唯一存活的毒虫便是蛊。

伝説中の毒蛊製造方法は、一般に多くの種類の猛毒を持った毒虫、
つまり蛇や蠍、蜥蜴などを一つの器に入れ、お互いに戦わせ共食いさせる。
最後に残った唯一の生き残り毒虫が蛊である。


造蛊者可用法术遥控蛊虫给施术对象带来各种疾病甚至将其害死。

これを造った物は魔術を用いて遠隔操作で蛊虫を施術対象者へ差し向け、
各種の疾病や死に至らしめる。


中国の黒魔術恐るべし。

ブックオフの帰りに息子にこの最後に生き残る毒虫とそれを用いる暗殺者の話をしてやりました。
かなりのインパクトがあったようで相当びびってました。

「オレ、絶対中国行きたくねえよ。それだったら北朝鮮に拉致されたほうがいいや。
だって生きて帰ってこれるでしょ。」
まあそうとは限らないけど毒殺よりはいいかな。

ところで最近世を騒がしている薄熙来の奥さんが毒殺に関与したとされるイギリス人は
果たしてどんな毒でやられたんだろうか?
そんじょそこらの毒じゃないんだろうねえ。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-15 21:28 | 文化、歴史 | Comments(2)
2012年 04月 08日

苦役列車 珍道中

先日、息子(小3)は母方の祖母(over70)と二人で、京都、大阪旅行に行きました。

一週間くらいの短い旅でしたが、へとへとになって帰ってきました。
というのも行き帰りの電車はなんと在来線。
青春18切符というやつです。

往きは9時間。
帰りは10時間。

「楽しかったか?」
「うん!でもオレ電車はもう乗りたくねえ!池袋に行くのもやだ!」

時刻表を切り取った路線図を持ち出し、駅の数を数えてくれという。
もちろんお断り。

「おりこうにしてたのか?」
「オレ、一回すねたよ。眠ってるところを乗り換えで起こされた時にね。」

一番つらかったのは、電車の中でトイレに行きたくなったことだと。

お腹がいたくて我慢できないほど行きたかったらしいのですが
ちょうどいい電車に乗れたので途中下車したくなかった祖母は
がんばりなさいと言う。

それでも耐え切れない顔をしていると
リュックから透明のビニール袋を取り出し、その中にしなさいと言ったとか。

絶対ヤダ!と断ったらしいのですが
最後にはトライするはめに。

車両のなかでズボンをおろし、中腰でふんばってがんばったものの
出るはずはなく、あきらめたとのこと。

「だってそのビニール、オレのケツより、ちっちゃいんだよ!」

車両には他の乗客は一名だけだったそうですが
その姿を思い浮かべるとかなりシュール。

結局、小田原で途中下車して、駅のトイレで用を済ませたとのこと。

「ウンチもいっぱいでたし、おしっこなんかは20秒くらいとまらなかったよ!」
とうれしそうに語る息子。

「ジイジは渋滞のときに車の中でペットボトルにおしっこしたことあるらしいよ。」と
でもそれとこれとは、レベルが違う。

まあともかくトイレでできてよかったよかった。

後日、義母にあった際、その話をきいてみた。

「さすがにビニールにするのは無理じゃないですか?」
「そんなことないわ。地震のときだって、どこでもできる訓練しておくのは大事よ。」
「はあまあ・・・」

「でも我慢させて悪かったわね。あとで調べたらあの電車にもトイレあったみたい。」

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-08 10:23 | 生活 | Comments(2)
2012年 04月 01日

ニセ札天国

先日、中国駐在のお客さんがいらっしゃいました。

なんでも同僚が偽札使用でつかまったといいます。

店に買い物行った際、お札を差し出すと、受け取れないと拒否された。
どうやら偽札らしい。

そこで次に別の紙幣を出す。
それもだめ。
次もだめ。

すると店員はさすがにやばいと思ったらしく
警察に通報。
駆けつけた警官に御用となったとのこと。

偽札を発見したらすくに通報しなきゃいけないらしいのですが
めんどくさいから普段は連絡しない。
ただ何も言わずに返すだけ。
でも何枚も出されちゃしょうがない。

そのまま署に連行され一晩ぶち込まれたと。
この方も日本人駐在員だと。

日本人でよかった。
一応外国人ですから、事情を話せば許される。
これが現地人だったら一晩じゃすまないでしょう。

どうやらその方、タクシーか別の店でニセ札を何枚もつかまされたらしい。
素人には区別がつきませんから使ってしまったわけです。
それが店の人にはわかっちゃうってとこが凄い。
慣れてる証拠です。

実は以前、私も偽札をつかまされたことがあります。
50元札。
空港で買い物したら返された。

偽札って良く見るとやっぱ違うんですよね。
それに紙質も違う。
本物はそれなりにコストかけて丹精こめて作りこまれてる。

私の場合、どっかでおつりに入れられたらしい。
でも悔しいので、駄目だとわかりつつも別の都市で使っちゃいました。

そのことを話すと、いっしょに食事をしてた方がいいます。
「そんな珍しいもの使っちゃ駄目だよ。記念にとっておかないと。貴重だぞ。」

すると中国からのお客さんが言います。

「中国ではそんなに珍しくもないんですよ。
私は紙幣全種類の偽札あつめて持ってますよ。」

100元、50元、20元、10元、5元。

これにはさすがに驚いた。
ここまで日常に入り込んでいるとは!

日本だったら偽札なんていったら重犯罪。
中国でも法律上はそうなのかもしれませんが。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-01 21:17 | 時事 | Comments(2)