中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 29日

辞書を作るって?

舟を編む

三浦 しをん / 光文社



なんか気になる題名だなとは思いつつ、手に取らないでいたところ、
ラジオでの紹介を聞き、辞書の本だと知りました。

舟とは辞書のこと。

言葉という大海原を航海するための舟。

うまい。

辞書編集部のお話です。
ある出版社でその名も「大渡海」という辞書を出すことになった。
その出版までの人間模様。

辞書作りで小説を書こうっていう発想がすごい。
しかも恋愛まで絡んでくる。
青春ドラマといってもいいかも。

『「愛」(あい)』という項目に同性愛も入れる必要はないという編集者に
後輩が一言。

「 『大渡海』 は新しい時代の辞書じゃないんですか。
多数派におもねり、旧弊な思考や感覚にとらわれたままで、
日々移ろっていく言葉を、
移ろいながらも揺らがぬ言葉の根本の意味を、
本当に解釈することができるんですか。」

かっこいい。

言葉好き、語学好きにはたまらない小説です。

言葉に関する薀蓄も面白いのですが
私が興味を引かれたのは紙の品質のこと。

紙メーカーがその辞書のために特殊な薄紙を開発する。
紙質へのこだわり。
ぬめり感なる言葉があるそうです。

指に吸い付くようにページがめくれるような感じ。
それでいて紙同士がくっついて複数ページがめくれることがない。

確かに辞書の紙って独特ですよね。
でもこれは日本の辞書がやっぱ一番いいように思います。

こないだブックオフで買った角川「新字源」はかなりいいぬめり感があるような。

私の机には

Collins Cobuild English Dictionary
现代汉语词典
프라임 한일사전

など各国出版の辞書がありますが
どれも紙質は日本より劣ります。
ちょっと厚かったり、開いたページでとまらなかったり、重ねたままの状態にゆがみがあったり。

いいぞメイドインジャパンって感じ。

先週もちょっとした辞典を買いました。
私は辞書系が好きです。
研究するわけでないのについ買ってしまう。

今回はご縁があって買いました。
韓国語教室で先生が作ったという辞典を紹介されたのです。

「舟を編む」を読んだばかりで、辞書を作る苦労をしっているので
辞典を作ったと聞き、びっくりしました。

カラー版 とっておきの韓国語会話表現辞典

カラー版 とっておきの韓国語会話表現辞典 / ナツメ社



一年半もかかったとおっしゃっていましたが
私の感覚はそんな短い時間で?といったもの。

たずねてみると、まず英語版のシリーズがあり、そこに出てくる日本語例文を
韓国語にしてゆくという作業であったと。

でも英語とちがって、敬語のレベルが何段階かあるので苦労したと。
カジュアル、スタンダード、フォーマルと表現方法を分けて書かれています。

さて、例の「ぬめり感」はというと?

ブッブー、×です。

カラーだからしょうがないのかな?

たぶん会話辞典なんていうのは気軽に手に取れる
親しみのあるカラフルなものの方が売れるんでしょうね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-01-29 22:03 | 言葉 | Comments(10)
2012年 01月 15日

歴史のなかの韓流

日韓ソウルの友情 (中公文庫)

司馬 遼太郎 / 中央公論社


先日、韓国からお客さんがあり、
その前に韓国文化本でも読もうかと古本屋で購入。

1988に文庫版初版がでており、2003年に第4刷。
単行本は1985年に出版されています。
このそれぞれがエポックな年です。

この対談が行われたのは1984年でその年は日韓新時代と幕開けといわれていたと。
全斗煥大統領が韓国大統領として初めて日本を公式訪問しています。
ハングル語講座もスタートしたとwikiにありました。

少し親しみが生まれてきたって感じでしょうか。

1988はソウルオリンピック。
これでさらに交流が深まります。

第4刷が出た2003年の前の年は日韓ワールドカップ。
2004年はヨン様ブーム。

そして私が読んでる現在2012年は韓流大流行。
これまでにも小韓流がちょくちょく来ていたわけです。

もちろん歴史をさかのぼるももっと大規模な流れも何度もきてるんですが
この本の中でも日韓交流の面白い話がたくさんありました。

例えば山口の大内氏。

大内義弘は1500年ごろ、海外貿易に乗り出し高麗と交流し
李朝まで関係が続いたといいます。

李朝では特別待遇を受けもてなされたそうです。
なぜゆえに?

なんと大内氏は百済王の末裔なんですって、
李朝の歴史書に書いてあるそうです。
「我ハコレ百済ノ後ナリ」って
611年に第三王子がやってきてその末だそうです。


お次はキリシタン大名、小西行長。
秀吉の朝鮮征伐、文禄の役で先鋒をつとめました。
韓国では壬辰の倭乱。

その小西行長が朝鮮語ができたんじゃないかって説があるそうです。
実家が薬屋で朝鮮人参を輸入販売してたそうです。
貿易商が仕入れ先の言葉をできてもぜんぜん不思議じゃない。

当時はお互い漢文はできたんでしょうから
案外朝鮮語しゃべるのだって結構簡単だったかも。

でも商人あがりでは相手方のバリバリ儒教の両班に見下されそう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-01-15 20:43 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2012年 01月 08日

韓流は未だ至らず

新年はじめの韓国語教室にいきますと
いかに今、韓流きているかということを先生が教えてくれました。

2011年にツタヤで韓流ドラマがレンタルされた回数が
なんと1億3600万回だと。有望作品は青田買い! “日本発”が増える韓流ドラマ

この数字はヨンさまブームの起こった2004年の1623万回から比べて
激増しているといえるでしょう。

私も昨年、韓国語を習いはじめましたが
果たして自分の中に韓流がきているかというとそうでもない。

韓国ドラマは見たことがないし
K-POPだって、最近KARAが気になるとはいえ
あとは少女時代くらいしかわからない。

それでも今年読んだ本を振り返ってみましたら韓国関連本は11冊でした。

2011年読書をジャンル別でいうと
合計   139冊
韓国関連 11冊
中国関連 17冊
原発関連 13冊

今年からランクインした韓国、原発を押さえてやはり中国が一位でした。
感覚的には中国が少なかったように思えましたが数えてみると意外と多かった。

世の中には韓国関連本はあふれていますが
韓流ドラマやK-POP、旅行、料理なんかに関するものばかり。
これが私の興味から外れている。

私が好きなのは語学本、比較文化系、歴史関連など。
ただしドラマ系の民族鼓舞的な歴史劇はいただけない。
近代日韓不幸の歴史系も読み飽きた感があります。

そんなわけで韓国関連読書が意外に少ないのでした。
あと一年くらい勉強したら原書が読めるようになるかな?
今はとてもとてもそのレベルには至っておりません。

教科書も初級II。
小2の息子に笑われています。
「オレでも習字6級なのに」って。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-01-08 21:56 | 韓国 | Comments(2)