<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 29日

ハングルvs事大主義

ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)

野間 秀樹 / 平凡社



世宗の大偉業としてハングルが誕生したわけですが
誰もが賛成であったわけでないのです。

ハングルを実質的に作った集賢殿という研究機関にも猛反対する人がいたと。

崔萬里。

彼の反対の論理はこうです。

「我が朝、祖宗より以来、至誠にして大に事へ、一に華制に遵ふ。」


だって昔っから中華の制度でやってきたでしょって。

「唯だ蒙古、西夏、女真、日本、西蕃の類、各々其の字有るのは、是れ皆夷狄のみ」


自分たちの文字持っているのは野蛮国ばっかりである。

字をつくるなんてこんなことが中国の都に知れたら大変だ。
中国文化のエバンジェリストたる朝鮮が中華を捨てるなんてとんでもない。
文字を統べるなんて大それたことをできるのは唯一中国皇帝だけであると。

正に事大主義であります。

ただここは礼儀の国、朝鮮。
儒教思想のなかで朝鮮王に命令されて逆らえるのでしょうか?

でもこの崔萬里にとっては世宗なんてピーナッツ。
たかが衛星国の一王様、悠久の歴史を前にすればなんてことはない。
中華すなわち世界のことわりは優先なわけです。

現実的にも当時の朝鮮知識人にとっては漢字はすべてに値する。
漢字がなければ知識はないわけで、
知識がなければ特権もないわけです。

既得権益者としての存在意義を根底から否定される出来事なのです。
そういう意味では世宗のハングル創製ってのは一種の革命といえますね。

この革命からずっと後世に野蛮国日本の言葉を強要されたのですが
当時の屈辱はこうした歴史を知るとよくわかります。

その後紆余曲折をへて立派に国の文字として定着しました。
今ではかつての支配者日本のおばちゃまたちの心までハングルが征服しているのです。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-29 22:41 | 文化、歴史 | Comments(2)
2011年 05月 22日

ハングルのヒミツ

韓国語レッスン。
「ハングルは15世紀に世宗によって作られました」
なんて基礎的なことから始まり

「子音字は発生器官をかたどって作られました。」

なんていってこんな図をもって説明されます。

d0018375_2026211.jpg


d0018375_683854.jpg


ㄱ 軟口蓋音
ㄴ 舌音

なんて

「どんな音がどんな発声をされるかは
死体を解剖して確かめたそうですよ。
世宗の生涯をあつかったドラマにありました。」

うげっ!
そこまでしなくても。

ちょっと興味があったので動画探してみました。
中文字幕ですがよかったら。
解剖するのはウイグル人のようです。

大王世宗 第85話 

そのおかげでハングルってホントよく出来てる。

当時は漢字しかなくて自国のことがよく表現できなかった。
そこで大王は文字をつくったのです。

「訓民正音」というのを世に出しひろめたわけです。
序文で大王が語ります。

ハングルがないのでもちろん漢語で。

訓民正音解例 世宗序 (趙義成の朝鮮語研究室)

國之語音,異乎中國,與文字不相流通,故愚民,有所欲言,而終不得伸其情者多矣。予為此憫然,新制二十八字,欲使人人易習,便於日用耳。

国の語音,中国に異なり,文字と相ひ流通せず,故に愚民,言はんと欲する所有れども,終(つ)ひに其の情を伸ぶるを得ざる者多し。予此れが為に憫然たりて,新たに二十八字を制(つく)り,人々をして易く習ひ,日用に便たらしめんと欲するのみ。


愚民のためにつくったわけですね。
漢文は特権階級のものだったわけです。


創成者の序にはこうあります。
(鄭麟趾後序)

故智者不終朝而會,愚者可浹旬而學。以是解書,可以知其義。以是聴訟,可以得其情。字韻則清濁之能辨,樂歌則律呂之克諧。無所用而不備,無所往而不達。雖風聲鶴唳,鶏鳴狗吠,皆可得而書矣。

故に智者は朝を終えずして会し,愚者は浹旬(せふじゅん)にして学ぶべし。是を以て書を解さば,以て其の義を知るべし。是を以て訟を聴かば,以て其の情を得べし。字韻は則ち清濁之(これ)を能く辨じ,楽歌は則ち律呂之れ克(よ)く諧(かな)ふ。用ゐて備はざる所無く,往きて達せざる所無し。風声,鶴唳,鶏鳴,狗吠と雖も,皆得て書かくべからん。


賢いひとは午前中に学べちゃうし
馬鹿でも10日もあればokですって。

ちょっとプレッシャーを感じます。

でも覚えちゃえば風の音だって犬の鳴き声だって書けちゃうって。

正直今はハングル聴いても正確にはディクテーションできません。
でもせっかく大王が作ってくれたんですから頑張らないといけませんね。

まずは積読してあったこの本から始めます。
ハングルの迷宮にはまりそう。

ハングルの誕生 音から文字を創る (平凡社新書 523)

野間 秀樹 / 平凡社




以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-22 21:02 | 言葉 | Comments(4)
2011年 05月 14日

中国原発事情  安全第一?

今年の夏も中国では電力ショートがおこりそうだといいます。
今年は2004年にならぶ大規模なものだと。

中国も電力不足、日系企業で停電 石炭高騰、生産に支障の恐れ

毎度のことなのでさして驚きませんが
ちょっとうがった見方をすると、
中国の原子力村が裏で動いているなんてこともあるかも。

福島では大変な事故が起きているけど
経済発展を支えるためにはやっぱり原子力発電は必要ですよ。
ってなことを理解させるために電力不足をアピールすることも。

そんな折、今日の中国語教室では中国の原子力発電に関する雑誌記事を取り上げてくれました。

凤凰周刊 「中国核电站倒春寒」(中国原発に春のあらし)

現在中国では原子力発電比率はまだ低く3-5%程度だとのことですが
いままさに原発をどんどん建設中なわけです。

この記事によると現在稼動中商業用原発は6基だけ。
ただこの第12次5ヵ年計画にあたって2015年までに40基建設することになっているそうです。
2020年までには60基を超え世界第二位になる目標だと。

雑誌の地図とはちがいますが参考のため原発立地地図をリンクします。
中国核电站分布图


そんななかこんな心配が。
“如果我们对于快速扩展没有足够的认识,将危及工程质量和核电设施安全运行”

もし急速な発展に十分な認識が足りない場合
工事の品質や原発の安全な稼動に危険が及ぶ


まさにそれが心配ですよね。
急速に道路や橋をつくって、穴があいたり、崩れたり。
こんなのはそこだけで済みますけど。
原発はちょっと。

それゆえ新しい安全基準を作るだとか
安全査定のし直しだとか
建設スピードを調整するだとか
もっともな意見が出てきています。

“积极发展”的方针,有可能被“安全第一”所取代

積極発展の方針が安全第一に取って代わられるかも。

要は安全第一ではないってことね。

ともかく安全に行こうよって声が上がっているのです。

しかーし、やっぱり中国にも原子力村的な声も大きいのであります。

雑誌では核安全専門家の発言を紹介しています。

「第12次五ヵ年計画の原発発展計画を見直す必要はない」

理由は二つ。

1. 核电“十二五”规划经过了严密的科学论证,不是草率决定的,也不是某几个人拍脑袋的结果

第12次五ヵ年計画の原発計画は厳正なる科学論証を経たものであり
いい加減に決めたものでも、数人が思いつきで立てたものではない。

2.中国不同于能源需求不那么迫切的欧美国家,由于经济快速发展,
核能是目前中国能够弥补能源缺口的最有效办法。

中国はエネルギー問題がそれほど逼迫してない欧米国家とは異なり
経済が急速発展しているのであるから原子力は中国のエネルギー不足を
補う最も有効な手段である。



なんかどっかで聞いたことのなるような文句です。

もちろん経済発展は重要ですが
少しくらい遅れたって、安全第一でいきましょう。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-14 22:42 | 時事 | Comments(0)
2011年 05月 11日

苗字の読み方の謎 韓国篇

先日、韓国企業に訪問しましたら社長さんと部長さんが同じ「柳」という姓でした。

ところが名刺の裏の英語表記を見ますと

社長さんが「Yu」
部長さんが「Ryu」

となってます。

そこで韓国語で読むとどうなるのですか?と尋ねると
やっぱり別でYuとRyuと読むとのこと。

漢字語の韓国読みは一字に一つだと思っていましたのびっくりしました。

韓国の姓で二つの読み方があるのはこの「柳」だけだといいます。
そこには複雑な事情があるんです。
なんて謎かけがあったところで話題はそのままとなりました。


そして今日、その謎がとけたのです。

ハングルレッスンでのはなし。

「이」(イ) の意味はわかるかと尋ねられ

「この」だとか「2」だとか答えますと
苗字の「李」もありますねとおそわった。

本来この「李」の字は「리」(り)と読みますが文頭にくることによって「이」(イ)の発音に変わります。

昔は文頭であっても리と書いて読み方だけが「イ」と読んだのですが
その後政府の書き方統一のなかで読み方に合わせて表記も리から이に変わったとの事。

そこで面白いのは北朝鮮の場合は表記を優先して発音を「リ」としたんだそうです。
同じ李さんでも韓国ではイさん、北朝鮮ではリさんとなるそうです。


そこで質問してみました。

そうであるなら柳さんはなぜ「ユ」さんと「リュウ」さんがいるのですか?

辿った道は同じだったといいます。

韓国では柳を류(リュウ)と書く。
ただ文頭になると유(ユ)と発音する。
そこで政府は柳の姓をすべて「ユ」と発音するように決めたそうです。

ところが柳一族のなかに「リュウ」という読み方にこだわる一族がいたそうです。
文化柳氏。

この一族はリュウと読ませろという運動を起し
結局政府に認めさせちゃったんですって。

その結果、文化柳氏はリュウさん、ユでもいいやという柳氏はユさんというややこしいことになったそうです。

なんか気になりますねこの文化柳氏。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-11 21:56 | 言葉 | Comments(2)
2011年 05月 08日

ハングル手帳の活用法

韓国出張である企業にいきましたら会社ロゴのはいった手帳をもらいました。

正直こうものをもらっても重いだけで困ってしまいます。
ただまあハングルの手帳をもらう機会もあまりないのでちょっとみてみました。

巻末の付録がけっこうおもしろい。

地図だとか国際電話国番号だとか単位の換算表だとかは
日本の手帳とおんなじです。

面白いのはこれ。

앙용한사일람표
常用漢字一覧表

ハングル文字に対応する漢字が一覧できるようになってます。

가 家佳街可歌架... なんて続きます。同じ音が12個。

これは「カ」と読みますがなんとなくわかりますね。
街はどうかとおもいますけど。昔の中国ではガイでなくカだったんでしょうかね。

こんな調子でたくさんならんでる。
これは便利。
ハングル勉強に役立ちます。

なにしろ韓国語も日本語同様、漢字語が60%以上なんていわれますから。
固有語はともかく漢字語ならこれさえあれば推測できそう。

ところで同音異義語がこんなにあるわけなのですが
それを表意文字の漢字の助けなしに
声調変化なしの表音文字ハングルでどうやったら伝えられるのか心配になります。



もうひとつ便利なのはこちら。

韓国의姓氏
韓国の姓

ハングルであらわした姓を漢字にしてあります。

最近韓国では名刺に漢字がない場合が結構多い。
表がハングルで裏が英語。

これはどうにも具合わるい。
もちろん私にとって具合悪い。

姓はやっぱり漢字で知りたいのです。

김 キムさん、박 パクさんくらいは想像つきますけど

채 チェ蔡さん と 최 崔チェさんの区別なんかは私にはわかりません。

これでもうハングル、英語名刺をもらっても安心です。

ここで私はいい事を思いついた。

この手帳をハングル練習手帳にしようと。

今週から教室に行こうと申し込んでみました。

(今回はハングルも記載してますので文字化けの方はハングル文字をPCにいれてくださいね。)

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-08 22:02 | 言葉 | Comments(4)
2011年 05月 05日

長すぎるタイ人の名前

先日タイに行きました。
出張前に紹介してもらった方とe-mailで連絡をとりあっていたのですが
名前が長すぎて覚えられない。

あえてカタカナにすれば

ポーンファジョング・ラープラタナポーン
ティーラポーン・コングスリ

どっちかがどっちかを紹介してくれたのですが
転送メールが送られてくるので
そのうちどっちとやり取りしてるのかわからなくなってしました。

そのうえ男性かと思ってたら She とか言われ更にあせる。

さらには別の人にもう一人紹介してもらい

そのお名前が サオヴァポーン・ソッピットゥヴティウォング ときたら
更に頭は混乱しわけがわからなくなった。

電話をしたくても何て呼んだらよいかわからないのでe-mailだけにしました。

現地にて、この悩みをバンコク歴25年の日本人に尋ねましたら
いいことおしえてくれました。

「ポーンが付いたら女性ですよ。チャイがついたら男性。」

これだけでも私がやり取りしてたのが全部女性だったことがわかります。

「だいたいこんな長い名前どう呼んだらいいんですか?」

「タイ人もみんな本名なんか呼びません。
みんな短いニックネームを持っていて小さいころからニックネームで呼ばれます。
私達も彼らの本名は知らずにニックネームしか知らないことが多いですよ。」

「華僑もタイ風の名前なんですか?」

「華僑は一発でわかります。苗字が長いんです。長かったら華僑。」

理由を尋ねますと
戸籍に登録する際に前に登録がある姓だとあとに何かくっつけるそうです。
そうすると後から登録する人は更に長くなる。

wikipediaにはこんな説明もありました。
なお華人の同化が進む以前においては、姓の前に潮州語の「姓」の音訳「セー」を付けこれを名字として、名前・名字の順で名乗ることが多かった(たとえばシーウイ・セーウンなど(姓黄、ウンは「黄」の潮州語なまり)と言う形)が、のちに姓を変える例が多く見られた。


こうやって長くなるんですね。
華僑を警戒し、タイ化させても判別できるようにしてるのではと。

ちなみにお会いした華僑の苗字でこんなのがありました。

パッタマボラクルチャイ(PATTAMAVORAKULCHAI)

彼のお父さんの名刺には中国名も入っていました。

姓は「方」でした。

これがそんなに長くなっちゃう。

息子さんがいってました。
「苗字が長いから T をひとつにして短くしようとおもう。」

たいして変わんないでしょ。

ちなみに苗字変えちゃう人ってけっこう多いらしいです。
昔、タイでは姓がなく、姓に対する執着がすくないとか。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-05 20:23 | 文化、歴史 | Comments(4)