中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 22日

犬を仕留めて喰らふ

先日、早朝勉強会の仲間(先輩?)に本を貸していただきました。

王様の漢方

牛 波 / 講談社



書名の通り、漢方のお話。

いつも失敗ばかりしているあやしげな社長が「中国訪問漢方ツアー」を立ち上げる。

参加したのはダイエット目的のモデルやらEDのヤクザ、性同一性障害の美男子などなど。
北京で中医の大夫にそれぞれが処方してもらい悩みを解決してゆく。

これはシリーズ化したらいくらでも面白いのが書けるんじゃないかな。
漫画もいいな。
映画にはなってるのですが漫画のほうがいろいろ想像力で書けるのでいいかも。
東京都の条例に引っかからないくらいに抑えてね。

中医である李仁がところどころでウンチクを披露してくれるのが興味深い。

こんな話もありました。

犬肉の話。

中国では犬を食べることは有名ですが
ここで出てくるのはその犬を捕まえる人の話。

その名も「坐狗人」(犬に座る男)

この言葉を百度で検索してみますと
この小説が引用したであろう文章がでてきました。

捕まえるなんて表現じゃ収まらない必殺仕事人です。

老北京的狗肉作坊(古きよき北京の犬肉割烹)

まず昼間のうちにどこの家に毛並みの良い犬がいるかを目星をつける。

然后傍晚出门,身披老羊皮袄,趁住户尚未关门,
“坐狗人”先在住户门前丢一块熟马肺,将狗引出

そして夕方、羊の皮を被ってでかける。
家の門が閉まる前に坐狗人は門の前に熟した馬の肺をほおっておき
犬をおびき出す。


馬の肺を持っていくのもいやですね。
でもなんで羊の皮を被るのか。

狗闻香前来,趁其低头吃食之际,
以右手掐狗脖子,左手按住狗后垮,都用反把,用力坐于狗腰,
狗即一声不出,腰断身亡,惨不可言

犬が匂いに誘われて出てくる。
頭をかがめて喰らおうとする正ににその時、
右手で犬の首を絞めつけ
左手で後ろ足を押さえて
反動を付けて力いっぱい犬の腰に座る
犬は吼えることもできない
腰が折れて絶命する
悲惨で言葉にならない。


ここからが更に怖い。

随后将狗的两只前爪搭在肩上,背于身后,上罩羊皮袄,拾起马肺回家,其手段迅捷为常人所不及。

その後、犬の前足をつかみ、肩に担ぎ、背負う
それを羊皮で隠し、馬の肺を拾って帰路につく
その手並みたるや迅速極まりなく常人の及ぶところではない。


そこから皮を剥いで肉と毛皮に分けて
さらには料理しちゃうんですがちょっとグロテスクなのでやめときます。

あとは原文を覗いてみてください。

解放前の中国の下層階級の間では冬の犬肉はたいそう人気があったんですって。

人様のお家で飼われてるのを仕留めるってのが恐ろしいですねえ。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-01-22 16:28 | 中国関連DVD、本 | Comments(8)
2011年 01月 15日

中国語テキストの言えない中身

今使っているテキスト「汉语口语习惯用语教程」が面白いとの話をしましたが
またもや凄い例文が出てきました。

被炒鱿鱼(解雇される)という言葉の用例としてこんなのがでてきます。

那个不愿意陪老板喝酒的女孩在第二天就被炒鱿鱼了。

社長のお酒のお供を断っちゃったあの子は次の日くびになっちゃった。


ありえない例文。
こんな例文を生徒みんなで声をそろえていたらやばい。

こんなこともよくあるんでしょうね。
エロ社長の姿が目に浮かぶ。

那个(あの)なんていうあたりを見ると
社長に誘われて飲みを断るなんて度胸のある女の子はめずらしいのでしょう。
でもやっぱり首になっちゃったって感じかな。


中国語のお勉強は社会学習にも役に立ちます。

先日はもっとすごいのに出会ってしまいました。

Chinesepod に「不能说的事儿(話せないこと)」という話題が登場しました。

私は何のことかわからず聴き始めました。

さっそく会話のスタートです。

ボスが女性の部下を部屋に呼び
先月の営業成績を報告させます。

A. 哦,来,你过来,坐下说吧。把门带上。

おいで、こっちにきて座りなさい。そこのドア閉めといて。

B.呃,好。

 あ、はい

A.坐,坐啊。你给我读一下吧。我过会儿要向张总汇报。

 まあ座りなさい。報告書を読んで。
 あとで張社長に報告しなきゃいけないから。

B.好的。上个月的销售额是一百五十万....欧阳经理请不要这样....

 わかりました。
 先月の売り上げは150万...欧阳经理よしてください...

A.你继续把。

 報告を続けなさい。

B.成本核算一百二十二万,其中....,欧阳经理请放尊重点儿!

 原価は122万、その内...欧阳经理、バカにしないでください!


なんのことかわかりますか?

テキストだけ見るとわかりにくいかと思いますが
セクハラ現場なのです。

これを音声で聴くとかなりリアルです。
女子社員のこまった感じをうまく演技します。
欧阳经理は威厳を保ちながらもセクハラします。
中国語ヒアリングの会話は演技がうますぎる。

ただご安心あれ欧阳经理の今日のセクハラはここまで。

このあと別の女子社員が欧阳经理の部屋にうっかり入ってきて報告は終了。
欧阳经理は現場を目撃されても動じない。にくたらしい奴です。

でもって何が不能说的事儿なのかといいますと
このあと目撃しちゃった女子社員は同僚に大変なものを見ちゃったと言い出します。

でも「不能说的事儿(話すことはできない)」となるわけです。

もちろん目撃女子はもったいぶってるだけで全部言っちゃいますけど。

ここからの女子の会話も面白い。

「私もこんな目にあったらどうしよう~!」

なんておそらく大して可愛くない子がいいますと。
その仲間が答えます。

「耐えるしかないでしょ。今は就職難だもん。」

中国現代社会をこんなあからさまにしちゃっていいのかしら。
chinesepodはどこの資本でつくってるのかなあ?


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-01-15 16:03 | 学習 | Comments(4)
2011年 01月 06日

ケンカみたいな中国語

あけましておめでとうございます。

今日は新年初の早朝中国語学習会でした。

冬はつとめてといいますが寒くて起きるのが一苦労。

テキストを音読練習しているのですが
今使っている課本がめちゃくちゃ面白い。

「汉语口语习惯用语教程」

口語表現がたくさんのっています。

私はまずテキストを耳で聞いていますが
初めて聞く場合、何を言ってるかさっぱりわからない。
それほどに今ままでの学習で本物の口語に触れることがなかったのでしょう。

第7課まで進んでいますが
毎回ほとんどケンカのような対話なのです。
これを教科書としておしえちゃう中国もすごいなと。

さらに音声で聴くと迫力がすごい。
中国語テキストを読むプロは演技もしっかりしていて
日本語のNHKふうの無味乾燥としたものでなく
感情がこもってます。

今回の第7課の対話はこれまででも最高傑作だと感じています。

お話はこんな感じです。

お見合いをすすめたオバチャンとお見合いを終えて少したった娘さんの対話。

オバチャンの迫力がすごい。



最初はやさしく入ります。

「彼は話やすいでしょ?」なんて。

ちょっと背が低いことを気にする娘さんに対しては、

「背なんか気にしちゃダメよ、あなたに優しければそれでいいの、
私は経験者なんだから。」

「あなたたちとってもお似合いよ、結婚したときには紹介した私のこと忘れないでよ!」

てな感じ。


そこから、オバチャンがあんまりにも彼をほめるので
娘さんがいぶかしがり言います。

「吃人家的嘴软,拿人家的手短。」

(彼にもてなされてるから悪くいえないんじゃないの?)

するとオバチャンはあせってだんだん馬脚をあらわしてきます。

「私は一切嘘なんかいってないわ」

「要是过了这村可就没店儿了」
(あなたこの村をすぎたらもう店はないわよ!=彼を逃したらいい男いないわよ)


「哎,我跟你说,我听说,他的存款少说也六个数。」

(あ、そうだ、聴くところによると、彼の貯金は少なくても6桁らしいわよ。)
いやらしさ全開です。

娘さんは怒っちゃいます。
「私はお金なんか興味ない。愛情があればいいのよ。」

オバチャン
「あんた愛情、愛情って、恋愛小説の読みすぎよ!あんなの全部うそっぱちよ!」

娘さんも負けてはいません。
「そういう小母さんは、今幸せなの?大学生の時の彼と結婚してればいまごろは...」

「私のことは関係ないでしょ。
あなたこのタイミングを逃さないほうがいいわよ。」

「别让这煮熟的鸭子飞了。
(料理したダックも逃げ出しちゃうわよ!)

もう逆切れです。

「そんな下品なこと言わないで」
「下品なら下品でいいじゃない。あなたが理解すればそれでいいのよ。」

これでズバッと終わります。
おそろしい。

これを演じるオバチャン役がうまいんですよね~。
感動的です。

たったの見開き一ページのテキストですが
ドラマをみてるような展開です。

きっとオバチャンが紹介した男性のお父さんは官僚の偉いさんで
たくさんの許認可権限もってるんでしょうね。

そのおこぼれに預かって
自分の結婚の失敗を補ってあまるほどの利得をねらってるんだろうなあ。
などと想像して楽しんでいます。


こんなテキストを朝から音読している日本人たちを
中国人が横で聞いていたらさぞかし奇妙に思えるんでしょうね。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-01-06 21:22 | 学習 | Comments(18)