<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 26日

中国では名前は呼んじゃダメ?

先日、早朝中国語学習会で、中国での名前の呼び方について話題になりました。

中国人は家族をフルネームで呼ぶと。

以前見たドラマのDVDで「中国式離婚」というのがありましたが
仲の悪くなった夫婦の間で呼び合うフルネームが恐ろしかった。

ケンカのとき

「宋建平!」 song jianping

と名前を言うだけ
夫婦別姓だけに寒くなる。

子どももフルネームで呼ぶケースが多いです。

一般的な呼び方については下記ページがよくまとまっています。
名前を呼ぶ


そこで思い出したのがこちら

三国志 きらめく群像

高島 俊男筑摩書房



中国おたくの高島俊男先生が三国志時代の中国人の呼び方について
解説してくれてます。

日本では劉備のことを劉備玄徳と呼びますが
中国ではこんな呼び方は絶対しないといいます。

劉備玄徳

劉は姓

備は名

玄徳は字(あざな)

この中で名は特に大事なものだから通常は使用しないと。
wikipediaの人名の欄にはこうあります。(ここの解説はかなり面白い。)
。かつては、真の人名は霊的な人格と不可分のものとし、本名を実際に他者が口にして用いることに強いタブー意識を持つ社会は多かった(諱または忌み名)


そこでその代わりに字(あざな)をつけて呼び名として用いる。

ということは
呼ぶとすれば

劉備もしくは劉玄徳となる。

親しい間柄や幼なじみなんかは字(あざな)をもちいるそうです。

親しくもない馬超が劉備を「玄徳」と呼んで、関羽が激怒したといいます。

また字(あざな)でさえ、そんな感じですから、名前なんか読んじゃった日には大変です。

高島さん曰く

曹操のことを「操」と呼び捨てする奴がいれば
それは間違いなく負けてつかまってこれから殺される敵将だけだと。


確かに今でも名前だけで呼ぶケースあんまりないですよね。
名前だけで呼んだらまずいんでしょうか。

小王だとか老李だとか苗字に小とか老をつけて呼びますけど
名前にはないですね。

親が子を呼ぶ場合でもあんまりないんでは?

今は字(あざな)があんまりないんでしょうからややこしいですね。

ちなみに私の中国語の先生は息子さんに本名とは別に呼び名をつけてました。

瀛瀛

日本のことを东瀛と呼ぶことにちなんだそうです。
風流ですよね。

ところで私は小さな頃から名前でしか呼ばれていませんで
苗字で呼ばれることが殆どなかったんですが
日本ではいつから名前を呼ぶのがありになったんですかね?

すくなくとも神聖で穢すことのないものとして
自分の名を考えたことはありません。

でもネットだと本名はあんまり使わない。

もしかしたら今後はネット上の名前が字(あざな)の代わりになるのかも。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-09-26 17:01 | 文化、歴史 | Comments(6)
2010年 09月 23日

中秋節に、「唐山大地震」鑑賞

昨日は中国語教室にいきましたが
いつもの個人レッスンでははく水曜日はサロンが開かれます。
私は初参加。

そのとき旬な話題やネット、映画などを楽しみながら自由に話すというもの。
運よく中秋節にあたり月餅や甘酒風味の汤圆もいただいてお得な気分でした。

昨日はこの夏公開された中国映画史上最大のヒット作「唐山大地震」を鑑賞。

監督は大御所、冯小刚。

恥ずかしながらこの映画が公開されていることすら知りませんでした。

なんで地震の映画が最大のヒットを飛ばすのかと不思議に思いましたが
さすがは大御所監督、家族愛をテーマにして中国の時代の変遷を描いています。

この日は時間の関係から途中までの鑑賞で残りは来週。


唐山大地震は1976に発生しています。
主人公は小学校にも上がらない双子の姉弟。

地震で父を失う。
弟は片手を失うも一命をとりとめ母と暮す。
姉は死んだと思われその場に取り残される。

別れ別れになった双子の生涯を描きます。

私1970生まれですから主人公たちと同世代。
彼らは中国で壮絶な時代の変化に生きていたのです。

1976年は文革最後の年、周恩来が死に、唐山大地震が起き
さらには毛沢東が死にます。

解放後の大きなエポックの一年です。

そこに激甚災害が起きたのです。

当時中国では報道統制がしかれ
地震に関する報道は初期の一部を除きシャットアウトされたそうです。

というのも文革中で内政が非常に不安定。
さらには隣国ソ連との緊張関係がありました。

そんな時に国内に同様が走り
また地震により政治の機能不全がおきればもしかして?

内乱もあるかも
ソ連もくるかもと。

海外からの援助も一切ことわったそうです。

でもって実際の被害状況が公開されたのはなんと地震発生の三年後だったそうです。
30年前の”通海大地震”がやっと報道許可


そして被害者の数は24万人。
凄まじい数です。

これを統制でシャットアウトできた時代なんですね。
近年の地震でも中国は報道統制をしいてますが
完全規制は無理でしょうね。

いまだったら

’地震なう’

なんて感じでどんどん情報が公開されるのでしょう。



以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-09-23 23:54 | 学習 | Comments(4)
2010年 09月 20日

ネットde読書会 「狼图腾」 第33章

この章は悲しい悲しい物語。

別の草原に移ることになった陈阵たち。
当然、飼っている小狼もつれてゆくのですがいうことを聞かない。

熊可牵,虎可牵,狮可牵,大象也可牵。蒙古草原狼,不可牵。

熊や虎、ライオンや象はひかれても、モンゴル狼はひかれない。


引越しの牛車につなぎひっぱろうとしますが徹底抗戦します。

龇牙咧嘴,凶狠咆哮,身子的重心后移,四爪朝前撑地,梗着脖子,狼劲十足,寸步不让

牙をむき出し、大口を開き、獰猛に吼え、重心を後ろにうつし、四足をつっぱり、首を硬くし、
力いっぱいで一歩も譲らない。


こんな表現も使われます。

桀骜不驯   強情で言うことをきかない。

宁死不屈   死んでも屈しない

犟得过牛 牛より強情

不屈不挠   不撓不屈

絶対いうことを聞かないのです。

つながれるかつながれないか

これが犬と狼をわける境界線なのだといいます。

ただそれでも牛車は進むのです。

だんだん狼も体力を消耗し弱ってきます。

倔强的小狼被拖了四五里,它后脖子的毛已被磨掉一半,肉皮渗出了血,四个爪子上厚韧的爪掌,被车道坚硬的沙地磨出了血肉。

屈強な小狼も4,5里引きずられ、首の後ろの毛は摩擦で剥げ落ち
皮膚には血が染み出し
四つの爪に掌は、硬い車道の砂に擦られて血が滲んでいる。


そしてついには血を吐きます。
それでも従わないのです。

じゃあ置いていけば? と张继原。
でもそれは出来ない。と陈阵。

人に育てられ牙の尖りをなくした狼は野生に返せはきっと淘汰されるのです。
モンゴルの草原を愛し崇拝しつつも知青たちは自然の摂理を犯してしまっている。

これ以上引きずることを続けるのに耐えられなくなった陈阵は
燃料の牛の糞を捨ててしまい、牛車の上に小狼を乗せる場所をつくります。

抵抗しつつも無理やり籠の中に押し込められた小狼は
今度は完全に打ちのめされてしまいます。

它异常惊恐地站在不断摇晃的牛车上,越来越害怕,吓得几乎把自己缩成一个刺猬球。
小狼不吃不喝,不叫不闹,不撕不咬,竟像一个晕船的囚徒那样,忽然丧失了一切反抗力。

小狼は揺れ続ける牛車の上で異常に恐怖に慄き、どんどん恐れを感じ、
ついにはハリネズミが丸まるように縮こまってしまった。
飲まず食わずで、吼えも騒ぎもせず、噛み付きもせずに
まるで船酔いした囚人のように突然一切の抵抗力を失ったのです。


悲しすぎる描写です。

狼は草原では負けるものがいないのですが
ひとたび草原から離れ、閉じ込められると途端に力を失ったのです。

これはまるでギリシャ神話のアンタイオス(安泰)のようだといいます。
アンタイオスは大地では無敵ですが大地から足を離すと力がでないといいます。

ギリシャ神話のこの英雄はモンゴル狼を指すのではないかと思いをめぐらすのです。

ソ連共産党史ではこの故事をあげ
大地を人民にたとえて、人民を離れると党は力を失うと訓戒をあたえたそうです。

ともかく知青たちは狼を愛するあまり狼を飼い、
逆に狼を壊してしまったのです。


いっぽう彼らの营盘ではもっとスケールの大きい破壊が進んでいたのです。

一部勢力が上層部へのへつらいで成績を上げたいばかりに狼をどんどん殺す。
草原のバランスを無視して。

しかもその方法がだんだんエスカレートしてゆく。
鋼製ワナを仕掛けたり、毒をまいたり。

目先の利益だけを追い、自然のバランスを壊してゆく。
いまでいったら地雷埋めて、毒ガスまくみたいなものでしょうか?
後世のことは一切無視。

知青や長老たちは嘆くのです。

再这么打下去,额仑草原的人就上不了腾格里,额仑草原也快完了。

このまま狩りを続けてゆけば
コロン草原の人は天国にはいけない、
コロン草原もすぐになくなってしまう。


 陈阵无法平复这位末代游牧老人的伤痛。谁也阻止不了恶性膨胀的农耕人口,阻止不了农耕对草原的掠夺。

陈阵この遊牧民の末代である老人を癒すことはできないのだ。
農耕人口の悪性膨張を誰も止められないし
農耕民族の草原に対する略奪も止められないのだ。


悲しい物語はつづきます。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-09-20 23:04 | 中国関連DVD、本 | Comments(7)
2010年 09月 16日

やっと出会えた幻のスイーツ

先日、お客さんと会食があり、場所をメールで確認しますと
HPがいま風ではなく、
それがゆえに味にうるさい職人風おやじのいそうな感じをかもししだしていました。
龍水楼
ちなみにイラストにある龍の爪は謙虚に三本でした。
龍の爪は何本?


完全予約制で二部屋しかない。

まさに思ったとおりの親父さんが料理をサーブしつつ
講釈を聞かせてくれます。

まるで講談師のよう。

メインは涮羊肉。

ラムのしゃぶしゃぶですね。


特徴はといいますと北京の老舗、東来順と同じだという薬味10種類。

大蒜、青葱、白葱、豆板醤、ごま油、豆腐よう、しょうが、香菜、ゴマたれ、老酒

これにお酢と醤油


すごいでしょ?


これを全部いれちゃって

高級ラムをしゃぶしゃぶ。

ぽちゃっ

とろり

旨いねえ。

ところで日本のしゃぶしゃぶってのは東来順のパクリで
戦争中の日本兵が日本に持ち帰ったんですって。



さらにびっくりしたのがデザートです。

西太后も大好きだったとう幻のデザート「三不粘」(sanbuzhan)が登場!

といっても知ってるひとは少ないでしょう。

わたしが偶然しってました。昔このブログにも書いてたんです。
究極のデザート

記事にしたはいいものの味わうことはできませんでした。

それもそのはず親父さんいわく
中国でも一箇所でしか食べれない。
作れるのは中国でたった二人しかいないとのこと。

日本で何人かは知りませんがたぶん一人なんでしょう。

こんなお客さんもこられたそうです。
子どものころに中国で食べた三不粘が一生忘れられずに探し回ったがみつからない。
やっと見つけてここにきて大満足でかえっていったとのこと。

ところでどうして三不粘というのでしょうか?
見た目は黄色いスライムみたいでベトベトしてそう。

でも

スプーンにつかない
皿につかない
歯につかない

この三つにつかないから三不粘

この黄色いスライムを食べてみるとあらびっくり

超うまいのです。

確かにくっつかない。

感動してしまいました。

みなさま一度お試しあれ。

予約がとれるかはしりませんけどね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-09-16 22:32 | | Comments(4)
2010年 09月 12日

キョーレツ~! 中国電力カット

先週、中国鉄鋼業界にはビッグニュースがありました。

河北省の製鉄会社に対して政府が突然電力供給をストップしたのです。

それも一社じゃないんです。
40社以上。
それも長いところは一ヶ月電力止められちゃうんです。

今年は中国第十一次五ヵ年計画の最終年。
GDP単位に対してのエネルギー使用を五年間で20%削減するという目標があります。

これまでの4年間での削減は14.8%。
つまり今年は5.2%削減が必要です。

それが今年上半期は増えちゃった。
ということは下半期に一気に達成しなければということで
突然の電力カット。

電力止めちゃえばエネルギー消費もできませんから。

鉄鋼業界はエネルギー消費の劣等生とされています。
限电潮汹涌 五大行业谁能获利
特に河北省は効率の悪いメーカーが集まっています。

でもだからっていきなり電力カットは凄すぎる。

なんでまたそんなに急に強硬策をとったんでしょうか?

中国歴30年の大先輩に聞いてみました。

「そりゃ簡単ですよ。
五ヵ年計画の目標達成できなかったら出世に響きますからね。
役人たちは必死です。
なんでもやりますよ。」

なるほどね。

この問題を中国語教室の先生にも話してみました。

先生はまったく驚かず、

「中国ではよくこういうことありますよ。」

とさらり。


こういうのは一気に強硬策をとらなきゃだめです。
ゆっくりやったら皆すぐ逃れる対策とってしまいますから。

上有政策,下有对策


こういう抜本的な解決策をとることをなんというかしってますか?と先生。

釜底抽薪

釜の下から薪をぬく

そりゃ火は消えますよね。

省エネ生産ができないなら生産を止めてしまえ。

言いえて妙ですね。

じゃあ経済成長はどうなっちゃうのかな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-09-12 18:32 | 時事 | Comments(2)