<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 18日

砂漠のテントで大会議?

初めてサウジアラビアに行ってきました。

ある晩、リヤドで日本食がうまい店があるとのことで予定してました。

ところが別にジョインしてきたパキスタン人が美味いカレー屋があるとゆずりません。
同行していたサウジビジネス歴19年の大先輩は日本食が食べたいようです。
最後は私がカレーを選択。
車で向かいました。

ところが目当てのところは営業しておらず、さらに別の支店に移動。
目的地あたりにつくと大先輩が言います。

「この辺にお世話になったお客さんの家がある。連絡してみよう!」
とケイタイを手にすると今度はその方のお家に招かれました。
これはラッキー。
サウジ人のお金持ちの邸宅なんてどんなものだろう?と興味津津。

分厚い塀に囲まれた門をくぐるとそこは緑をしきつめた中庭。
その奥には大きく正面を開放したテント風の建物。

なかは壁に沿ってぐるっと高級そうなソファーが並べてあり、
民族衣装を着た立ちが10数人ゆったりくつろいでいます。

われが入り口に近づくとおのおのが立ち上がり
広いスペースに出てきてウェルカムと迎えてくれました。

みんなデカイ。
私は雰囲気におされます。
どうやってふるまったものか?

ソファーをすすめられ腰をおろす
前にはそれぞれ茶器が並べられ
サーバント風の外国人は給仕してくれます。

デーツと薬草のような御茶をふるまわれます。
柔道場ぐらい広いスペースでゆったりしていると
気持ちがやすらいできます。

このお金持ち一族は仕事が終わると
こうして砂漠に暮らしていた昔の風俗そのままに
毎日この大きなテントに集まり情報交換するそうです。

なんか中国でいったら
元の時代にハーンのゲルに一族が集っているような感覚です。

みんなの民族衣装がかっこいいんですよね。
悠々としている。

私たちだけジャケット着てなんかせせこましい。
なんか信長の前にに連れてこられた西洋人みたい。


その後、別室に移動して食事となりました。

大先輩はサウジ歴が長いのにサウジ料理が苦手らしくてずいぶんと逡巡していましたが
私は興味本位からよろこんで参加しました。

羊の丸焼きと
ぱさぱさのお米と
たまねぎのようなものを刻んだサラダ。
それとサウジのパン。

羊は腸まで丸焼きにされてました。

私は食はなんでもOK。

でも最後に気づきました。

羊の頭も入ってる。
頭蓋骨に肉がこびりついてる。

これはグロテスク。

食べないで席を立とうとすると
横にいた一族の一人が言いました。

「ここがうまいんだから、是非食べなさい!」

彼は素手でで眼窩のわきについた肉をむしりとり
渡してくれました。

ありがとう。
うまいです。

貴重な民族体験をさせてもらいました。

ぜひともこの集まりの写真をとりたかったんですけど
なんか崇高な感じがして写真なんて撮っちゃいけないんだろうと躊躇し
言い出せませんでした。

残念。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-04-18 23:03 | 文化、歴史 | Comments(6)
2010年 04月 06日

心のゆれ と 筆の乱れ

昨日は中国語教室で特別授業。

中国の芸大で書法を修めたという先生が
水墨画レッスンを始めたと知り、
お願いしておしえてもらいました。

まずは一筆。

「状元さん それは字を書く筆使いです。
水墨画は筆を寝かせたり立てたりして太さの調節やカスレを出します。」

難しい。

色の濃い、太さ一定の曲線しか描けない。

では草を描いてみますと先生。

先生は水と墨のバランスを調整しながら
濃淡をつかいわけ
細い筆から滑らかに太い線へと移行。
たまにカスレも生み出します。

描いている姿も優雅でしなやかです。

いろんなバリエーションの草が一本、一本バランスよく配置されます。


一方私はただの曲線が描けない。

黒すぎる。
にじむ。
太さに乱れ。
曲線がでこぼこ。
バランスもなんだか変。

「水墨画は性格を現します。
迷いが筆にでます。

まず描く対象を思い浮かべて
最後まで描ききってください。」

言うは易し....。

あ! にじんだ!
ああ! かすれた!

心の揺れごとに筆がさらに乱れます。

だんだん緊張で背中の筋肉が痛くなってきました。

とあっというまの一時間。
授業は終了です。

先生とのあまりの違いに参りました。

「私は20年やっていますから。
一時間じゃむりですよ。」

最後に私の初心者マークの草に
先生がバランスと濃淡を加え、さらに花を描き、
最後に押印。

「雅趣」

どの草が私のものでしょう?

d0018375_8564433.jpg



以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-04-06 08:56 | 文化、歴史 | Comments(0)
2010年 04月 04日

桜と龍

d0018375_21401991.jpg


近所の公園に花見。

寒い。
寒すぎる。

子どもは公園のアスレチックが目当てだったのですが
なんと工事中で使用できず。

そのかわり今日は桜まつりということでいろんな
イベントをやってました。

子どもたちに大きな壁紙やビニールに好きなように絵を書かせる
コーナーがあり参加しました。

「パピー!龍の絵かいてえ! オレ色塗るから。」

とせがまれ描いてみました。

龍の顔を描いていると

「それ牛?」

などと聞かれつつも胴体をかくと
龍と認識はしてもらえました。

でも牛ってのもそう遠くはないんですよ。
中文wikipediaにはこうあります。

龙,在中国的神话与传说中,是一种神异动物,具有蝦眼、鹿角、牛嘴、狗鼻、鯰鬚、獅鬃、蛇尾、鱼鳞、鷹爪、九種動物合而為一之九不像之形象。

龍は中国、神話伝説中の神秘の動物である。
蝦の目、鹿の角、牛の口、犬の鼻、鯰の髭、獅子の鬣、蛇の尾、魚の鱗、鷹の爪
九種の動物を一つにした九つどれとも異なる形状である。


謙虚な私は龍の爪は4つにしておきました。

龍の爪は何本?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-04-04 21:40 | 生活 | Comments(4)