<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 29日

中国のマイケル

マイケルついでに思い出したのですが
こちらはご存知ですか?

ずいぶん前にchinesepodで紹介されてました。

中国版マイケルです。

Beat It をパロってます。
被逼的(Bei bi de)。

Beat it!被逼的

ホントうまくて面白い。
ビートが利いてて切れがある。

昔あったアルヤンコピックよりぜんぜんいい。
Eat It

歌詞はこんな感じ。

我们本来都是一个个良民
从小就是天天向上好好学习
天生不是坏蛋
我们全部都是
被逼的!
被逼的!

俺らはみんないい子だった
ちっちゃなころから毎日勉強してた
生まれながらのワルじゃないんだ
俺らはみんな
追いつめられたんだ
追いつめられたんだ。



以上

P.S.

マイケルの本を読みました。
マイケル・ジャクソンが変えた世界
[PR]

by zhuangyuan | 2009-11-29 21:54 | 時事 | Comments(0)
2009年 11月 23日

THIS IS IT  マイケル サイコー!

昨日のiPhoneでの投稿は映画の待ち時間でした。

その映画は?
THIS IS IT
マイケルです。

どうしても見たかった。

昨日は11月22日。
いい日夫婦だそうで妻を誘ってみました。

「映画は一人で見るほうが楽しいよ。」

と一蹴される。

先週は子どもを誘ったんです。

「パパ、マイケル好きなんだけど、いっしょに映画いかない?」

「やだ怖い。バッドマンのほうがいい。」と息子。

マイケル追悼番組でスリラーのミュージックビデオをノーカット放映したのを見て以来、
暗がりを怖がるほどビビリになりました。

ということで一人で鑑賞。

私、実は高校時代にマイケル状元と名乗っていました。
サッカー部に属していた三年生のころ、
部員を率いて新入生歓迎会の出し物で
500人の観衆を前にマイケルを踊りました。

「BAD」

とんねるずのパクリです。

新入生歓迎会の司会をすることになっていた私は
サッカー部も参加させて会を盛り上げようと思っていました。

後輩にマイケルのダンスがメチャうまいのがいまして
そいつを口説きました。
是非主役として踊ってくれ!と。

しかしテレ屋な彼に断られ、結局後に引けずに自分でやる羽目になりました。

部活の合間に後輩にダンス習ってなんとか本番にこぎつけました。

音響も放送委員会に協力してもらって本格的に用意しました。

サイコーに気持ちよかった。

後日新入生へのアンケートでは軽音楽部を抑えて堂々の人気投票第一位!

ってなわけで
ダンスがさしてうまいわけではありませんがマイケルには特別の思いがあるんです。

映画のほうはといいますと。

サイコーです。

マイケルの登場でダーンと最初の音がなるところから
鳥肌がサァーっとたち、胸が高鳴りっぱなし。

こんなにすごい人がこの数日後に逝ってしまうとは。
この人は別格です。

マイケルってこんなに優しい人だったんですね。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-11-23 17:53 | 生活 | Comments(2)
2009年 11月 22日

iPhoneにトライ!


ついにiPhoneを購入しました。やっぱりモバイルですから外から投稿してみようと思い、映画の待ち時間に書いてます。

iPhone这个东西最厉害的是用中文打字也可以呀!

何がすごいって中国語も打てちゃうんですよ!

全球化时代必需的!

グローバル化の今必携です!

那就这样,see you later!
[PR]

by zhuangyuan | 2009-11-22 14:19 | 生活 | Comments(0)
2009年 11月 15日

龍の爪は何本?

最近息子(5歳)は絵画教室に通ってますが
昨日は先生に晩酌に誘われました。

「お父さん、今夜一杯いかがですか?」

先生はどうみても芸術家にしか見えません。
髪はオールバックで後ろにまとめ口ひげにあごひげ
いつもゆったりとした作務衣のようなものを着ています。

夜の9時前にアトリエ兼自宅に紹興酒を持ってうかがいました。

「もう始めちゃってますが、まずはそちらにお座りください。」
とアトリエのソファーを勧められる。

そこでは初老の男性が水彩で龍の絵を描いています。
手本にしているのは雷雲の中を躍動する龍の図。

「これは家の伝来の龍の構図ですよ。
うちは狩野なんですよ。」

狩野かあ、なんかかっこいい。

「ところで状元さん、龍の爪って何本あるか知ってます?」

「4本ですかね?」

「それは沖縄の龍です。」

「日本では3本。本場中国は5本です。」

しらなかった。
爪の数なんて意識したことなかった。
中華思想そのものですね。
琉球のほうが中国に近いからランクが高いのでしょうか?

昔は日本で5本の龍の絵を描くなんて決して許されることではなかったそうです。

この話を翌朝息子に話しました。

すると最近ハマッているドラゴンボールの本を持ってきていいました。

「シェンロンは4本だったよ!」

d0018375_2034268.jpg


シェンロンとは神龍のこと。つまりshenlong。

中国語なのに4本。
大陸じゃないってことです。
沖縄?
朝鮮?
ベトナム?

こういう見方も面白いですね。

昨日息子が描いた絵もたまたま龍の絵だったのですが
爪を数えてみると
足は4本、手は5本。

全然適当でした。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-11-15 20:39 | 生活 | Comments(2)
2009年 11月 07日

パラレルワールド 200Q

村上春樹「1Q84」は読まれましたか?

1984ではなく1Q84。

今この日常世界と同じようで何かが違う別の時空に迷い込む。
なんか変。
でもはっきりとは説明できない。

私もここしばらく、そうした別の時空にいつの間にか立っておりました。

私の場合は1Q84ではなく200Q。

夏の暑い日でした。
家族ととある地方空港に降り立ちレンタカーブースに行きました。

申し込み書に必要事項を記入。
住所、氏名、免許書番号、有効期限。

????

今は平成21年8月。

私の免許の有効期限は平成20年7月。
失効。

頭が真っ白になり、気づいたときには周りの景色はすっかり変わって見えました。
これがはじまりでした。

免許の更新を忘れて一年以上経過すると無免許となります。
つまり学科試験、仮免許からやり直し。
20年間の運転経験はまったく無に帰したのです。

教習所に行くのはお金も時間もかかりすぎる。
直接試験場に行くしかない。

学科はとても受かる気がしないので問題集を購入し猛勉強。

学科試験当日朝はどしゃ降り。
靴下までびしょぬれになり、駅で脱いでしぼる。
すると雨は小降りに。
天気までオレをいじめる。

原付免許取得の茶髪兄ちゃんたちに混じり仮免学科は合格。

翌週は試験場で技能試験。
キープレフト、バックミラーにサイドミラー、目視確認。
そんなのあったなと思い出し試験に臨む。

不合格。
試験途中で中止。
想定外。
うそでしょ。

赤信号点滅の一時停止不完全。

「この信号何?」
と怖い声で若い教官がいいます。
試験場の教官は警察官です。

「一時停止です。」と私。

「止まってないでしょ!」と叱られました。
「止まるってのはブレーキ踏んでカックンとなって1,2と数える。
これを一時停止というんだ!!
あなたのは止まったつもり!」

「運転できるのはわかったよ。でも安全運転してください!」

不合格の夜は眠れず。
目をつぶると
隣で教官が補助ブレーキを踏む。
ああ、やっちゃった。

週末に運転マニュアルを求めて
近所の教習所、警察、図書館をさまよう。

警察署で言われました。
「大変だね。いま受けたら俺も通らないよ。」

運転マニュアルには試験の減点項目がずらり。
こんなのを全てケアして運転なんてできないよ。

まえがきにこうありました。
モータリゼーションが進み、今や免許取得人口6000万人。
でもオレは持ってない。
みんなが持っているのにオレだけない。

街には車があふれ、
みんなはいつもと同じように車で走る。
でもオレは歩いてる。

街をあるいても標識ばかりに目がいく。
警官を見ると教官に見えていやな気分になる。
自動車をみるのもいやに。

何も変わらない日常が流れているのに
胸には喪失感と無力感がただよう。
何かが違う。
パラレルワールド。

こうしてむかえた二回目の試験前。
いっしょに試験を受ける予定の初老の男性がいいます。
「兄ちゃん、今日何回目?」

「恥ずかしながら先週落ちました。二回目です。」

「オレは6回目だよ。10回なんてザラにいるらしいよ。
実はオレは二種免許持ってたんだ。タクシー運転手。
でもコース内の安全運転ができないんだあ。
自尊心はずたずただよ。もうあきらめようかなと思って。」

オレは一生免許とれないんじゃないの?

ど緊張の二回目は何とか合格しました。
今回は完璧だと思った。
だけど点数は合格ギリギリの70点。
なんで?
どこが?

今度は路上試験が待ってます。
ほとんど運転をしないゴールド免許の妻に指導役を引き受けてもらい
路上練習。

「仮免許練習中」

自分の車に大きな表示をつけます。
みんながじろじろ見てる。

路上試験。
一回目は途中で中止。
想定内。

二回目は最後の最後にハンドルを止められる。
「後ろから来てますよ。行かないでください。」と教官。
行けるでしょ。
ようは教官しだいなんです。
無力感。

三回目。
涙の合格。

「よく練習してきたね。安全運転できてましたよ。」
教官が神に見えました。

取得時講習を7時間受け、晴れて自由の身に。

人生でいちばん長かった3ヶ月。
200Q Summer。

二度と戻りたくない。この夏。

11月からは職場で組織替えがあり
あらたな業務です。
部下も増える。

心機一転。
仕事も安全第一。
右見て左見て、もう一回右見て。

気を引き締めて出社。
すると
増えるはずの部下が来ていない。

なんとなんと辞表提出!

200QはAutumnまで続いて行くのでしょうか?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-11-07 09:40 | 生活 | Comments(6)