中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2009年 01月 30日

蒙古タンメン

昨日中国語教室の前に少し時間がありましたので
中本の蒙古タンメンを食べました。
d0018375_2120132.jpg

実は昼から決めてました。
でも池袋に中本があるのを知ったのはその日だったのです。

お客さんに向かう道すがらpodcastでラジオを聴いていましたら
未知のものを発見したという話題をしており
その中で蒙古タンメンがでてきました。

癖になって通ってるというひともいれば
あんなのが旨いとは舌が麻痺しているなんて意見もありました。
そんなのきいてましたらなんかどうしても食べたくなってきてしまいました。

私は以前板橋の本店で食べたことがあります。
夏の昼のことでした。
いつも行列ができていますが
その日は昼前ということであまり並んでいませんでした。
実は店の中に順番待ちがたくさんいたのですが
あまり待つこともなく食べられました。

その時は辛さと暑さにやられちゃって味わっている場合ではなかった。
なんかずっと汗をかいていたような気がします。
見た目もジャンクぽかったイメージが。
ラーメンにマーボかけた感じ。

今回はそれ以来のことです。
今度は冬。
けっこういけるかも。

正直言って旨かった。

辛さに旨みがあるといううたい文句どおり
いい味がしみだしてました。

濃厚なスープが麺と白菜にからみついている。
豆腐もいいねえ。

行列できるわけがわかった気がします。

少したつと汗が吹きだしてきた。

目の前にしっかり用意されている。ハコティッシュから
何枚も取り出し。汗を拭きます。

顔だけでなくあたま中の毛根からも汗がにじみでてきます。

うおーすごい。

いやーうまかった。

そんな状態で店をあとにして中国語教室の狭い個人用レッスンブースに入っていきました。

するとそこには初めて見る若い女性の先生が。

寒空から入ってきた初めて見る男が汗を噴出している。

奇妙でびびちゃったんじゃないでしょうか?

こっちもきれいな女性のまえでなんか汗をかいている自分が
恥ずかしくなり二重に汗がでてきてしまいました。
相当にんにくも効いてたし。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-30 21:41 | | Comments(0)
2009年 01月 26日

歴史の街 北京でなにしてる?

北京に赴任している弟が旧正月休みで帰国しており久しぶりに会いました。

お土産はビールの王冠とDVD。

二つとも5歳の息子のためにおねがいしてました。

息子はビールの王冠を集めてます。
夏にハワイに行ったときに海岸沿いの公園で拾ったのが始まりで
ずっと集めています。
ところが最近は日本には家庭用にはビンビールがあまりない。
コンビニでは缶ですし、居酒屋では抜いてでてきます。

そこで中国でもらってきてくれと頼みました。
青島Tsingtaoビール

ちなみになぜ中国で青島ビールが有名なのかといいますと
チンタオのある山東はドイツの租借地だったからです。
その後日本が権益を握っちゃうのですが。
山東出兵とかいって。

DVDは
ジャッキー・チェンとジェット・リーが競演したアクション映画、

ドラゴン・キングダム プレミアム・エディション [DVD]

ジェネオン エンタテインメント



息子は最近アチョーがすきで
ハワイに行った飛行機では寝ずに三回みてました。

でもってDVDを買ってくれをせがまれるわけですが
中国のDVDの安さを知っている私としては日本でDVDなんて馬鹿らしくて買えません。
そこで中国盤を買ってきてもらいました。
もちろん中国語。
どうせアクションだけみてるんだからokでしょう。

でも今日観ながらつぶやいてました。
「オレ、日本で買ってきてほしかったなあ。ぜんぜんわかんない。」

そんなわけで弟とひさしぶりに会話をしたのですが
彼曰く、中国語はほとんどできないとのこと。

オリンピックの少しまえに赴任したので4,5ヶ月経過しますが
職場では英語と日本語で、しかも毎日晩くまで残業。
街にでるのは宿と職場の往復くらいだとのこと。
土日も会社にいくことがたびたびだといいます。

弟は某有名メーカーに勤めていますが
大企業につとめるとやっぱり滅私奉公会社優先になっちゃうのでしょうか?

せっかく激動の世紀に北京にいるわけですから
仕事なんかしなくてよいから歴史と文化をまなべと説教していまいました。
仕事は要領。自分でやるな、人にやらせる仕組み考えろといっときました。

故宮も万里の長城も颐和园も行ってないんだそうです。
行ったのは鳥の巣と王府井。

そりゃねえだろ。
オレと代わってくれよ。

まあでも過ぎたことはしょうがない。
これからまだ先は長いでしょうからいまから楽しんでください。

この休日中に「蒼穹の昴」を読んで気分をもりあげるようアドバイスしておきました。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

浅田 次郎 / 講談社



私はこれで中国が好きになりました。

読む前も中国になんどか仕事でいってましたが
空港と工場とレストランの行き来だけで殺伐としたイメージしかなかった。
しかも共産党のイメージも強かった。

でも浅田次郎を読んでぐうっと引き込まれていきました。
せっかく悠久の歴史の街にいるんですから楽しまないと。

3月にはゼロ歳の赤ちゃんと奥さんも北京に暮らしに加わるとのことなので
ますます大変ながら貴重な日々を楽しんでください。 

ついついひがみ混じりの苦言をいってしまいました。

私への冯小刚の年岁片 「集结号assembly」DVDたのしみに見させてもらいます。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-26 22:38 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2009年 01月 17日

4000年の最高傑作

最近、書道に興味があります。

小学校二年生の娘がならっててみるみるうまくなる。
書道で初段になったらDSiを買ってやると約束してしまったので益々気合がはいっています。

今週もクラスの代表として区の展覧会に出展されることがきまりました。

一方私はというと学校で一番きらいな授業が習字でした。
まず墨をするのがきらい。
安い墨をいくらすってもいい黒にならない。しょっと薄いし水っぽい。

それで書いた貧弱な字がみんなの字に混じって教室にずっと貼ってあるのは
ものすごい苦痛でした。

でも娘の書いたものをみてると
なんか自分もやりたいなと思ってきます。

祖母はかなり字がうまく、彼女の自慢は
祖母の祖父だったかそのまた祖父だったかが徳川のご祐筆だったってこと。
てことはちょっとくらいは私にそのDNAが入っている?
なら私もできるかも。

背筋をピンと伸ばして精神集中して筆をたてて、起筆。

そうすりゃ結婚式なんかでもいい字がかける。
将来執筆家になってサインするのもいいなあ。

先日ラジオをきいていましたら書道漫画の紹介をしてました。

とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)

河合 克敏 / 小学館



普段漫画はぜんぜん読みませんが欲しくなって買っちゃいました。

書道の世界は深い。

臨書って分野があるそうで
これは昔の大家の書いたものをまねして練習すること。

楷書のお手本の基本は初唐の三大家。

つまり唐の時代からお手本が変わっていないのです。
その時に最高傑作ができてしまってその後進化していない。

4000年の歴史の最高傑作だなんてロマンチックですねえ。

虞世南・欧陽詢・褚遂良の三人をさしてそう呼ぶとのことですが

私が気になったのは褚遂良

他所写的《雁塔圣教序》,最有自家之法。在此碑中,他把虞、欧法融为一体,皆波势自然。从气韵上看直追王逸少,但用笔,结字,圆润瘦劲之处却是褚法。

彼の書いた《雁塔圣教序》は最も良く彼独自の書法があらわれています。
その碑のなかには虞世南と欧陽詢の書法を融合しているように
皆、波の勢いが自然にながれています。
王義之を目標としており、書の気品は王義之とほとんど変わらない。
一方で筆遣いや結字は円みがあってみずみずしく細くしなやかであり、
たしかに彼独自の書法である。


初唐の三大家とさらにすごい王義之をあわせたような傑作なんだそうです。
意味はわからないけどなんかすごそう。

本物はこちら雁塔圣教序

この書は碑に彫られているのですが
インドから帰った三蔵法師の功績をたたえて李世民が贈ったとのこと。

唐のオールスターが登場です。興味がつきませんね。

こちらのホームページを見ると皆さんもやりたくなると思いますよ。
書を楽しむ法

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-17 10:34 | 文化、歴史 | Comments(0)
2009年 01月 11日

中国人大移動

今朝MXテレビという東京ローカル放送局で面白い番組を見ました。
西部邁ゼミナール ~戦後タブーをけっとばせ~
ゲストは中国スペシャリスト宮崎正弘氏。
「行き倒れる巨象・中国!大国の光と影」と題して放映されました。

あまりに面白かったので備忘録として書いておきます。
さすが中国取材歴100回以上というだけあって含蓄がある。

世界経済危機のあおりを受けて中国はどうなるのか?

去年のGDP成長11.8%から今年は4.5%に落ちるんだとか。
1%成長率が低くなるごとに500万人失業者がでるつまり7%減なら3500万人。
すごい。

そんなに出たら暴徒と化して日本に移民が押し寄せて来るのではとホストが聞くと
ほんとうに日本に来たい人がいるんだたったら来て貰ったらいいんです。

日本の若者よりずっとたくましいしやる気もある
若者を鍛えるためにもそのほうがいいと。

でもその前に軍隊が押さえにいくからそこまでいかないでしょうと。
どうやって抑えるかというと
太平天国のときみたいにやるといいます。
そのとき独立王国を樹立した太平天国を西大后はどうつぶしたか?
曽国藩に何をしてもいいからつぶして来いと命令し、
勝ったらあそこは全部お前にやるといったそうです。

それはそれはモチベーションの高い軍隊で何でもやりたい放題で
ついには滅亡させたそうです。そして5000万人の犠牲者がでたとか。
スケールがちがいますね。

歴史をみるとこんな人口の大移動なんてしょっちゅうあったといいます。

華僑を見てみなさいと世界中にちらばっている。
その華僑も大きく三つに分けられるそうです。

①南宋の末期に元との戦いに敗れた住民たち。
街を逃げ出し山のなかに独立地帯をつくった。
日本でいうところの平家の落ち武者部落みたいなものだと。
その時、海外に逃げたの多くいたそうです。

つまり客家です。

②アヘン戦争のあとにアメリカに苦力として連れて行かれた人々。
つまり奴隷みたいなものですね。

よってアメリカには広東系華僑が多いそうです。

この人たちがたくましくて経済的に成功していくわけです。
私も中米グアテマラにチャイナタウンがあってびっくりしました。

西部氏いわく

アメリカはこの中国苦力に相当ひどい扱いをしたと。
働くだけ働かせてお金払いたくなかったのでいっぱいまとめて爆破したなんてこともあったそうです。
こんな発言は視聴率のめっちゃひくいローカル放送だから許されるのでしょう。

南京事件を描いたアイリス・チャンはアメリカの中国苦力についても本を書いたそうです。
こちらはレイプオブ南京で絶賛されたのとは反対で酷評されて
鬱になって自殺したんだと宮崎氏。

③最後の一つはただお金を求めて世界中に向かってゆく華僑。
今はアフリカなんかにもいっぱいいます。

いまの中国の状況を歴史をふまえてダイナミックに解説してくれました。
あっというまの30分。

もっと歴史をしりたくなりました。
まずは客家と華僑かな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-11 20:06 | 時事 | Comments(0)
2009年 01月 10日

たのむぞ 中国!

今世界経済はお先真っ暗で日本経済も日に日に深刻さがましています。

鉄鋼の国内マーケットもガタガタの状態です。

でも何故だか中国のマーケットだけ急上昇しています。

なんでだろう?

中国のここ数年の成長も輸出の伸びがあってのことですから
いくら内需拡大っていったって急にはだめだし
世界経済の落ち込みをカバーするのは無理でしょって思いますが
不思議なことに市況が上昇しています。

先日中国人のトレーダーの方に理由を聞いてみました。

金融緩和でみんなお金を借りやすくなっているんだそうです。
それもただの緩和じゃない借りろ借りろと強制に近い感じだそうです。

日本は日銀が緩和したところで銀行は経済原則にのっとり
不景気の時代は少しでもリスクのある借り手には貸しません。
雨の日には傘をかさないというやつです。
結果金がまわらず、景気回復しない。

そこいくと中国は天下の共産党さまが政治主導でどんどん
銀行にかね出して、貸せ貸せとプレッシャーをかけるんだそうです。

社会主義自由経済とかいって随分資本主義っぽくなっていたのですが
この世界金融危機にあたっては強力な政治指導が復活しているそうです。

地方の役人たちも気合がはいっていて
地方の優良企業を訪問して、金はあるからどんどん使えと鼓舞しているそうです。

そんでもってみんな金がありますから市況があがる。
市況があがるとみんな売らないで買うばっかりになりますから更に市況があがる。

最終的に需要があるかないかなんて関係ないのです。
あがっている時は買い!

そんなことやってると銀行は後が大変なんじゃないの?
不良債券がたんまりたまって破綻なんてこともありえる?

冗談でこんなことを言われているとか。
政府は銀行はつぶれてもいいと思っていると。
なぜなら銀行が破綻して失業するのはみんな知識階級です。
知識人は食うに困っても暴動は起こしません。

共産党が一番怖いのは農民の暴動、
食えなければ不満が爆発!
暴動が暴動を呼び、全中国に波及するそして政府転覆。
これが一番恐ろしい。

4000年の歴史の中でなんども繰り返されてきました。
国民を食わせられなくなったら、どんな強い帝国も滅びたのです。
中国では歴史は非常に重要です。
なんども起こるのです。

実際今中国はなんとか8%成長を維持しようと「保八」を合言葉に
金融緩和や輸出促進、公共事業とどんどん政府は対策をくりだしてきます。

その背景には失業問題があります。
先日の記事(改革開放30年 最大の危機でも書きましたが
8%成長できないと大変なことになるのです。

いまも輸出向け加工工場なんかは倒産があいつぎ
農民工は春節をまえに故郷に続々と帰っています。

今はまだこれまでのたくわえを持っている。
それが田舎に帰って旧正月をゆっくりすごし
また都会に働きにでてくる。

その時仕事がない。
これがまずい。
食えない→暴徒へ。

こんなことが噂されています。
これをなんとか避けたい。
これが政府の目的。

先日の4兆元の国家プロジェクト発表もすごかったですが
足りなきゃ8兆元にしているといきまいているとか。

大丈夫かいな?と心配しつつ、期待もしています。
どこかの政府とちがって、やるといったらどんどん実行。
いろいろ考えてもしかたがない。
今が全てだ!って感じ。

なんだか頼もしくおもいます。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-10 22:12 | 時事 | Comments(2)
2009年 01月 04日

お屠蘇の起源は?

正月は親戚めぐりでたらふく食べ過ぎて食傷気味です。
昨年のダイエットの努力がわずか一週間で台無しになる勢いです。

妻の両親は京都出身でお雑煮は白味噌です。
お屠蘇なんかも頂きました。

「おとそ」というと響きが風流ですが字をみるとなにやらいかめしい感じがします。

お屠蘇っていったいどういう意味なんでしょうか?

日本名門酒会によると
こうあります。

ひとつに「屠」は「屠(ほふ)る」、「蘇」は「病をもたらす鬼」という意味で、すなわち鬼退治。あるいは「屠」は「邪気を払う」、「蘇」は「魂を目覚め蘇らせる」という意味にとるなど、微妙に違う解釈がいくつかあるようです。


私にとっての和のバイブル、

しばわんこの和のこころ

川浦 良枝 / 白泉社

によるとこうあります。
魂を蘇生させるといわれ長寿を願う


お屠蘇も中国から伝わったのですが
そちらの説明もみておきましょう。

每年除夕,将药囊丢到井中。到元日取水出来放在酒樽中,全家用人一起喝着就不怕生病了。屠,就是割;苏,就是药草,砍了药草来泡酒,泡成的酒就是“屠苏酒”了。

毎年大晦日、薬袋を井戸の中にほおり、元日にその水を汲み取り、酒に浸した。
それを一家みんなで飲めばもう病気なんて怖くない。
屠とは切りとることであり、蘇は薬草である。
つまり薬草を刈り取って酒に浸してできたのがお屠蘇である。


これは単純明快。

でこのお屠蘇は年の若い人から飲んでまわしてゆく。

年の若いひとは一年成長したことを祝い
年長者は一年、残りが少なくなったことを憂うとか?
本当は長寿を祝うのでしょう。

実は裏の意味は若い者が毒見したなんて説明もwikiにありました。

以上」
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-04 22:02 | 文化、歴史 | Comments(6)
2009年 01月 02日

2009年はどうする?

明けましておめでとうございます。

昨年もたくさんのご訪問ありがとうございます。

今年も何か目標を立てなければなりません。
まずは昨年の反省から。
去年の目標はこんなものでした。2008年指針

①本を100冊読む
②中国語の翻訳にトライする。
③英語を磨く
④運動する。


これはラクラク達成しました。
実績はなんと驚きの224冊!
中国関連は27冊でした。

ちゃんと読んでんのかよ?と言われそうですが
3月に受けたフォトリーディング講座のおかげで以前より理解が深く読めてると思います。

脳のシナプスがスパンスパンつながるような感覚でとても心地いいです。

問題はコストがかかること。
本を買う量も激増した一年でした。

備忘録に読書ブログも始めました。
状元への道 めざせ汗牛充棟 読書日記

②これはだめ
翻訳にネット経由で文章一つおくりましたが音沙汰なし。
あまり自信もなかったのでプッシュもできませんでした。

③毎週一回朝7:00から英会話教室に行きました。
語学は楽しい。
いろんな国の講師と各国文化の話をするのはとても興味深いです。

英語力も基礎がなっていないと再認識できてよかった。
問題は気のきいた表現を覚えても使う機会がない。
私の話す相手はほとんどアジア人。
世界の共通語ブロークンイングリッシュを操るみなさんです。

④運動不足は相変わらずです。
ただダイエットによる減量は成功。

79.6キロ(1月4日) → 71.5キロ(11月健康診断時)

おかげで人間ドックの結果はオールA!
いまのままでけっこうですと太鼓判をおされました。

ただ年末年始のブロイラー状態で体重増えてます。今朝は73を超えてました。
これからも昼も夜も別の親戚を回り、また食べるでしょう。

でもって

2009年はどうする?
ここでは仕事以外の一般的な目標を。

①本を200冊読む。
そのうち月一冊は英語もしくは中国語の本を読む。

数字は去年より低くなりますがこれ以上はしんどい。
そのかわり外国語をとりいれます。

なんのために?
こんなことをめざします。

なぜ本を読むのか?

②隔週で中国語の文章を書く

今年は中国語学習をさぼった一年でした。
教室もマンネリ化してしまい、中国語関連での知的感動のあまりない年でした。

そこで今年は別の教室に変えようと思います。

そしてなにか中国語でアウトプットしようと思います。
それには書くことが一番かなと思います。

書くのは一番難しいし、すぐ間違えがばれる。
自分の表現力のなさが認識できてよい。

皆様忌憚のないご批評をお待ちしています。

③毎日柔軟体操する。

私は体が硬い。

先日もヒザが痛み、医者から柔軟体操をするよう言われました。

いまからこれですら老い先がおそろしい。

これがもっとも必要なことです。

でもこれが子どものころからの課題なんですが
つづいたことがない。

子どものピアノの練習帳みたいにシールでも貼ろうかな?


④子どもに怒鳴らない。

簡単そうで一番難しい。

子どもが毎日言うことをきかず
怒鳴ることが多い昨年でした。
これを改めたいと思います。

娘と息子がケンカします。
ちょっかいを出された姉が弟をどなります。
これってオレの影響?

おおらかな立派な人物になってもらうために
まずは自分から。

すべてが私にちょうどいい


今年もよろしくお願いします。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-02 10:31 | 生活 | Comments(2)