<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 30日

東洋を支配したっていいんじゃない?

座右の名文―ぼくの好きな十人の文章家 (文春新書 570)
高島 俊男 / / 文藝春秋

私はこのおじさんの書くものが大好きです。
中国を語らせたら死ぬまでしゃべれるんじゃないかな?

でもってその高島さんがこれまた大好きな文章家を紹介してくれるのがこの本。

名文かどうかはさておいて
私が気になったのは内藤湖南。

内藤湖南は京都大学設立時に教授になったそうですが
自分は大学をでていなかったそうです。

彼は京大で東洋史を受け持ったのですが
当時京大と東大では同じ中国のことを勉強するんでも
そのやり方が全く違ったそうです。

東大は漢学、京大は支那学といったと。

漢学は中国の聖人の教えを学ぶもの。
特に孔子を尊重したと。崇めたてまつる。

そして支那学のほうは客観的な研究対象として
支那思想や支那史を研究する。
こちらは尊敬なんかしない。
ただ研究する。
そもそも中国なんて呼んじゃだめ。

でもこの学問が飛躍してゆく。
内藤湖南は東洋文化圏というのを重視して
中国、韓国、日本、ベトナムなんかは全部同じ文化圏だといいます。

同じ文化圏なんだから別に日本が支配したっていいんじゃないの?
とつながって大陸支配をめざしてゆく。

薩摩と長州が明治維新で日本を支配したように
はじっこの日本が東洋を支配したってかまわない。
こんな考えです。

近代化にいちはやく成功した日本が東洋を指導すべし。

たしかに満洲まではいったし
なにか歴史のはずみがあればもしかしたら東洋を、つまり中国を支配してたかもしれません。

まあたぶん支配してても
漢化してしまったとは思いますが。

以前も記事にしましたが
豊臣秀吉も朝鮮出兵のその先には明を落として中国の皇帝になるって目標があったそうです。
日本は中国なり!?

秀吉も天下統一したときも
なにも日本が天下とはおもっていなかったかもしれません。

でも昭和の軍人は大東亜共栄圏とか口ではいいますが
そんな大きなグランドデザインが描けていたとも思えません。
目先の資源とか経済とかに目を奪われていたんでしょう。

もしそんな大きな目標を持つ指導者のもと戦っていたら
東洋の天下をとれていたかもしれません。

でもそれが進めば今頃漢化されて日本はなかったかも。
ぎゃくによかったのかな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-10-30 22:16 | 文化、歴史 | Comments(0)
2008年 10月 26日

いつまでたっても孫は孫

先日、息子の保育園の運動会がありました。

運動会には私の祖母も観戦にきました。
子どもたちにとっては曾祖母です。
ちょっと耳は遠いですが、身体は健康そのもの。

運動会では親子競技もあり
私もしっぽ取りゲームのようなものに参加しました。

けっこう本気になってしまいまして
私のしっぽはとられることなく、いくつかのしっぽをゲットしました。

競技が終わり席にもどると祖母が言います。

「状元ちゃん、とっても上手だったわよ。一番かっこよかったわ。」

私、照れてなんと答えたらいいやら。

38歳でも孫は孫なんです。

後でそのことを妻に言うと
「いつまでもかわいい状元ちゃんね。」などとからかわれます。

それを聞いていた息子が聞きます。
「なんでパパのこと 状元ちゃんって呼ぶの?パパ大人なのに。」
「だってパパのバアバなんだから、パパが子どもの時からこう呼んでんの。」

そのバアバが少し前ですが
日曜日の早朝に家にやってきて、新聞をどっさりくれました。

朝日新聞の夕刊でした。
オリンピックの前にに中国を特集した連載ものです。
「ニッポン人脈記 日中子々孫々」

「状元ちゃん、中国すきでしょ? とってもおもしろいわよ」

16日間の連載を全部とっておいてくれていました。

いろんな角度から日中のかかわりを描いていて面白かった。
このブログで紹介したものも数多くあり、なんだか嬉しかった。

連載の第一回で谷村新司さんの上海音楽学校の生徒の詩が印象的だったので紹介します。

コップが倒れ、水がこぼれ出た。そのとき、水は初めて自由を知った。そして自分には形が無いことも知った


深い。

中国語ではどういう表現だったのでしょうか?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-10-26 22:02 | 時事 | Comments(0)
2008年 10月 24日

若い力が未来を創る 日本と中国

10/20の朝日新聞opinion欄に関満博さんのインタビュー記事が載っていました。
関さんは中国の製造業現場を二千社実地調査してきたといいます。

そんな彼がショッキングなことを言います。

「社長が40歳以上の中国企業とはつきあうな 」

国有企業が民営化されたものは
インサイダー体質の塊でまともな企業とはいえないからだとか。

その点、海外留学経験のある若い社長は信頼できるそうです。

たしかに旧国有企業はつきあっていてもトラブルが起こると
誰が責任者かわからない状態に陥り、いっこうに解決しないという経験があります。

また民営企業のおっちゃん社長も40-50代の転職起業組も
なんかギラギラしてえばってるだけのイメージ。

オレが一番偉いんだ。
こんなに儲かってるぞー!
とかいって
問題がおこるとすぐ逃げる。

製品も品質をちょろまかしたりしても全然平気。
逆にそうしない奴が馬鹿だっていう勢い。

いま話題のメラミン入り乳製品だってそんなかんじです。
コスト安くインチキできれば品質がおちたって関係ない。
オレは飲まないしって感覚。

こういうのを中国語で小聪明(xiǎocōngmíng)というと中国語教室の先生が教えてくれました。

小ざかしいっていう意味です。

要は自分のインチキ行為を賢い方法だとおもって自信をもってるそうです。

おかしなことにこうしたインチキ行為をしている社長さんは
この行為を全然かくそうとしない。
堂々とやっている。
どうだ賢いだろ!って感じ。

乳製品を水で薄めたって、メラミンいれれば ばれないんだぞー!
てな調子で問題もおきたんでしょう。

まあ最近は日本もひとのこといえませんが
すくなくとも罪悪感はあるので隠します。
どっちがいいともいえませんが。

おっちゃんたちはこんなふうですが
若い力は違うんだというのが関さんの言いたいところです。

たしかに数年前に出会った若社長は腰も低いし
熱心でマジメ。そして仕事が大好き。

若い力が中国を押し上げる。
だから中国はまだまだいけるぞとのこと。

そもそも中国は文革のころ学生だった人はろくな教育をうけられなかったので
若手に活躍の機会が多いのです。
これはホントうらやましいし、こういう社会は活力がでます。

日本が戦後、大量の重要人物がパージによって追放され
若手が登用され、高度成長をなしとげたのと似ているような気がします。

中国は若手活躍の機会があるのです。

ニートが社会問題の日本とえらい違いです。

ウェブは資本主義を超える 「池田信夫ブログ」集成
先日読んだ本にこうありました。
不況期に、日本企業が中高年の既得権益を温存して
新卒を抑制したり、派遣社員に切り替えたりした結果、
高給を取って社内失業している正社員と、不安定な雇用しかない若者の
「二重構造」を生まれたのである。P89


という私もすでに38歳。
中国の若手には負けられません。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-10-24 21:31 | 時事 | Comments(0)
2008年 10月 19日

グリーンスパンが語る中国の宿命

波乱の時代(下)
アラン グリーンスパン / / 日本経済新聞出版社

この本はすごい。
上巻は自伝のようなもので金融のトップとして経済の危機にいかに対応してきたかを振り返る。
下巻は世界経済の現況と未来を解き明かす。
特別版はサブプライム編です。
もいっこのブログにアップしました。早く言ってよ グリーンスパンさん

第14章は中国です。
さすがグリーンスパン短い文章でズバッと核心を突いています。

共産党がマルクス主義を捨ててなんでその正当性を維持できるかというのはよく問題になります。
彼はこう指摘します。

「共産党は革命を通じて権力をにぎったのであり
当初から、全ての国民に物質的な豊かさを提供するという哲学を
政治的正当性の根拠としてきた。」

そうですよね。
毛沢東が政権をとったのはなにも国民がマルクス主義を信奉したわけでなく
蒋介石よりも自分たちを食わせてくれると皆が考えたからです。
明日のおまんまのために。

時はながれて鄧小平は世界でマルクス主義がへたったときに

「共産主義思想にはてをつけずに
十億の民の物質的な要請にこたえることに党の正当性を求めた。」

そしてこれが大成功。

でもここからが問題です。

「だが物質的豊かさは、人間が求めるものの一部でしかなく
中略
時間が経つにつれて、豊かになった喜びは急速に薄れ
それが当たり前になり
さらに高い望みが生まれてくる。」

べつに経済がとどこおって失敗するのでなく
順調にいってても壁にぶつかるのです。

豊かになった人たちは
日々の飯を食うことへの渇望はなく
不公正と思えることに抗議する余裕をもてるようになる。

そして投票で指導者を代えられないとき
反乱をおこす。

つまり選挙という安全弁がないことが問題だというのです。

一方で市場メカニズムという価格決定方法は
政治的支配を弱めるといいます。

共産党支配はピラミッド構造で権力が上から下へと伝わり
上から裁量権が与えられ、各人が直属上司に忠誠を尽くす。
昔の価格統制はこれだった。

今は市場が全てを決定する。
すると政治支配がなりたたなくなる。

豊かになればなるほど矛盾がひろがってゆく

グリーンスパンは共産党に選択をせまります。

共産党は豊かさのために
政治的多元主義を受け入れるのか?

それとも豊かさを犠牲にして
共産党計画経済にもどるのか?

豊かさを犠牲にしてなんて共産党が考えて選択したって
人民がゆるさないでしょうね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-10-19 22:06 | 時事 | Comments(2)
2008年 10月 12日

王貞治と中国

王監督が引退しました。
そしてWBC特別顧問に就任。

ご存知のかたも多いと思いますが
王さんの国籍は今でも中華民国です。

王さんっていうくらいなんですから中国のかたってのは
すぐわかると思いますが国民栄誉賞を授与されているのに国籍も日本ではないのです。

以前もこのブログでも触れましたが国籍ってのはなんなんだ?
と考えさせられます。日本とは? WBC優勝に思う

引退を機に以前買った王さんのルーツに関する本を思い出しまして
出張に行ったときに読んでみました。

百年目の帰郷―王貞治と父・仕福 (小学館文庫)百年目の帰郷―王貞治と父・仕福 (小学館文庫)
(2002/12)
鈴木 洋史

商品詳細を見る

親子二代にわたる苦難の物語です。

中華民国っていうのですから台湾出身とおもいがちですが
お父さんの出身地は浙江省なのです。来日は1922年だそうです。

大陸の政府が台湾に仮住まいしているだけのもうひとつの中国としての中華民国。
今は中華民国が大陸の政府だなんて感覚は現実実がない。

今は王さんが日本人でないことなんて全く意識しませんけど
入団当時は全然違ったらしい。
金田正一が「チョウセン チョウセン」とからかわれたように
王貞治は「チャンコロ チャンコロ」とやじられていたそうです。

因みにチャンコロは大陸にいった日本軍人が現地人をののしった言葉。
中国人→Zhongguoren→チョン グオ レン→チャンコロ

そんな王さんがパスポートを取得したのは1961年だそうで
巨人がアメリカでキャンプをする際に必要になったそうです。
その際に中華民国パスポートを取った。
当時は国際的には中華人民共和国より中華民国のほうが国際的に認められていた。
ちなみにお父さんの王仕福氏は中華人民共和国の国籍だそうです。

海外に出るときの英語表記は「Sadaharu Oh」ではな「Wang Chen-Chu」と書くそうです。
ピンインでなく台湾読みです。

当時は国際政治激動の世の中、中華民国も台湾に逃げていたけれど
まだまだ元気で大陸反攻をめざしていた。

そんな政治に王さんは巻き込まれてゆく。
祖国の英雄として祭り上げられて行く。

なんと蒋介石とも会見したそうです。
まさに政治の時代です。

そして1977年に756号の世界記録を打ち立てるころには
日本中のヒーローとなるとともに
中華民国そして文化大革命の終わったばかりの中華人民共和国も
接触を開始し王さんを利用しはじめたそうです。

今は王さんをして日本人でないと意識する人は
日本にほとんどいないのではないでしょうか?
そればかりかむしろ日本人の鑑のような存在です。

そんな王さんを日本人にすることは歴史が許さなかった。
王さんも中国出身であることを意識せざると得なかった。

王さんは娘さんしかいないそうですが
3人の娘さんの名前には「理」という漢字がついています。
日本人と結婚して日本人になったあとでも
「理」の字に「王」という偏が残ることで中国の痕跡を残したかったそうです。

そんな王さんがまた日本代表を世界一に導いてくれます。
頑張れ王さん。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-10-12 16:46 | 文化、歴史 | Comments(2)
2008年 10月 10日

金融危機で中国はどうなる?

毎日毎日株が下がり続け
もうなんかあきらめの境地です。

株は塩漬けでも
100年に一度の金融危機をちょっとは把握しておかなければなりません。
ということで
世界金融危機(金子勝)というブックレットを読みました。

アメリカがボロボロなのはわかるのですが
中国はどうなのよ?
と気になるところをちゃんと書いてくれています。

中国の保有する米国機構債券(ファニーメイやフレディマックを含む
agency bond)は3760億ドルに達しており、海外投資家保有総額の61.4%に上る。

中略

中国が保有している1兆8088億ドルの外貨準備金のうち、
少なくとも5000億ドルは住宅関連証券であり、...


これは中国の「新民週刊」という雑誌の記事を典拠としています。
原文を見つけましたのでどうぞ。说破“双美”惊煞人

房利美(FannieMae)と房地美(FreddieMac) 二つ合わせて“双美”。
うまい!

要するにアメリカで暴落している債券の最大の被害者は中国政府だということです。
しかもサブプライム危機以降30%も残高が増えているとのこと。

これは中国政府が暴落を防ぐために買い支えていたといえます。
でもその支えも実らず
更なる大暴落。これは中国経済に与える影響も計り知れないほどのものでしょう。

この記事はこう結ばれています。
中国金融机构在国际市场出师不利,如果算是交学费的话,这个价格是不是贵得有些离谱?

中国の金融機構が国際マーケットに打って出たのはいいが
いきなり大失敗、もしこれを授業料というのであれが
ちょっと高すぎて度を越していやしませんか?


授業料っていうか
詐欺でしょこれは。

アメリカって怖いですね。

リーマンつぶしてロシアをやっつけて
今度は中国ですか?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-10-10 22:34 | 時事 | Comments(0)