中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 31日

妖艶 ラスト、コーション

ちょっと話題が古いですが映画「ラスト、コーション」を鑑賞しました。

ベネチア映画祭で金獅子賞をゲットし
その濃密なベッドシーンが奥様方で話題沸騰だと週刊誌の中吊り広告にも載っていました。

私自身まったく興味がなく、観るつもりもありませんでした。

先日中国語教室でこの映画の監督、李安の話題になり
先生がDVDを持参しており、貸してくれました。

実はそれでも観る気が起きずに
あまり長く借りるのも申し訳ないので観ないで返そうかなとおもっておりました。

すると今度は別の中国語教室の先生と小説の話になり
彼女は张爱玲のファンだといいます。
そして次の週、张爱玲の短編小説、「色戒」をPCでダウンロードして持ってきてくれました。

これがラスト、コーションの原作なのです。
なんでこういうカタカナの題名にするんですかね?
意味が全然わからなくなる。漢字でいいでしょ。

ともかくこれも何かの縁だと思いまず小説を読んでみました。
短編なのでA4 17枚におさまるくらいの量です。
普通は映画から見るんでしょうけど
中国語学習者の意地としてまずは字だけを追ってみます。

むずかしい。
短編小説を楽しむ文学的素養のなさ、プラス語彙力不足から
3回読んでやっとなんとなくつかめたほどです。

場面は戦時中の上海。
汪兆銘政権(親日)の特務機関の男を暗殺すべく
愛国青年たちが美人計を仕掛ける。
その女性は男と関係するうちに心まで嵌ってしまう。

ストーリー背景は知っているものの
想像力を働かせないとパッと理解できない。
章立ても変わらないまま突然舞台が飛んだり、回想シーンが出てくる。
面食らって後戻り。

中国語の小説を読むときの難点はストーリーに入っていくよりも
言語表現に意識がいってしまい、こんな成語いいなあとか、こんな表現があったのかなど
文章自体に興味がいって、その間は小説から抜け出てしまう。

そんなわけで小説だけだと難しいので中途半端な理解のまま映画にトライ。

映画監督ってすごいと思いました。
ごく短い小説を忠実に表現しつつ、プラス想像力で156分の大作を作り上げる。

理解できていなかった断片を埋め合わせてくれました。
しかも詳細に。
小説の雰囲気が画面と見事に一致している。
汤唯さんが新人とは思えない見事な演技力。
美しい。艶かしい。苦悩を抱える陰鬱な表情が痛々しい。

でその肝心なベッドシーンはというと...。

私は家族が寝静まったリビングで一人静かに画面に釘づけ、

100分経過
130分経過
156分だからあと少しで終わり

最後にどんなすごい場面がやって来るのか?

と期待していますと
なんと、テロップが流れて映画が終わってしまいました。

ベッドシーンは全面カットされていました。

うーなんというこのもやもや感。

カットなら156分鐘とか書くな!しかも繁体字で。

まあしょうがないね盗版だから。
大陸の人はわざわざ香港まで行ってノーカット版を見たそうです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-31 17:48 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2008年 05月 18日

春眠 暁を覚えず

昨日は久しぶりに眠りを貪った。

7時ごろ家族が起きたことに気づいたがそのまま二度寝。

10時にまどろみから引きずり出されます。
息子が馬乗りになり、早く起きてぇ!公園行くぞー!
あと10秒で起きてぇ、10、9、8、7...

でも起きられない。
周りを見ると、窓は全開で蒲団が窓に干されています。
心地よい風が吹いてくる。

一度食卓に下りるも何も食べられずに再度眠る。
遊びに行ってお昼に帰ってきた娘の気配でやっと見ざめました。もうお昼過ぎ。

春眠 暁を覚えず

なんていう風流な感覚ではなく、実は二日酔い。
頭がガンガン。

大学時代の友人たちと宮崎料理を肴に焼酎を飲み心地よく酔う。
早く帰ったはずが、こんな有様。
最近やけに酔いやすい。

近頃私、お客さんとの食事の機会も減り、仕事も余裕が出来ており、
毎朝4時半から5時に起床し、中国語、英語の学習に励んでおりました。
さらにシェイプアップも敢行中で年初から8キロ体重を落としております。
そんな疲れがいっきに出たのかもしれません。

春眠 暁を覚えず

といえば
中国に興味のない人も一度は聞いたことのある孟浩然の春暁の一節です。


春眠不覚暁
処処聞啼鳥
夜来風雨声
花落知多少

春眠暁を覚えず
処処啼鳥を聞く
夜来風雨の声
花落つること知る多少


春のまどろみのなか、季節のうつろいを五感で感じる風情のある名詩です。
この詩には表現の美しさのほかに、背景に深い物語が隠されているのだそうです。

物語・唐の反骨三詩人 (集英社新書)
荘 魯迅 / / 集英社

この本にこの詩に隠された切ない恋の物語が綴られています。

まどろみの中に春のうつろいを感じている孟浩然の横には
一夜をともにした名妓がいたというのです。
純真な心と教養をもった若い娘との、過ぎゆく刹那の愛をも詠っているというのです。

この美しい物語は私はうまく表現できないので
是非この本を読んでみてください。

この本は私の本棚に5年くらい眠っていましたが先日あるところで絶賛されていたので
手に取りました。文句なくオススメです。

荘魯迅という人は文革で苦難の道をあるいた詩人だとのことですが
彼自身も経歴をまえがきで読んで引き込まれました。

自身の爆発できない思いのたけを反骨の詩人たちに託したのです。
感受性の繊細さに打たれました。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-18 09:12 | 文化、歴史 | Comments(8)
2008年 05月 11日

包公って誰だ?

昨日、産経新聞記事の原文を読んだと書きました。
その文章のある部分を読んで中国語学習者としてショックをうけました。

文章の趣旨とは関係のない些細なことです。
漢族とチベット族は歴史的にいい関係だとするこの部分です。

  汉藏两族有着共同推崇的历史人物,如孔子、关羽、包拯。

漢族とチベット族はともに同じ歴史上の人物を尊敬しています。
例えば孔子、関羽、包拯。


ん?!包拯?誰それ?

何年も中国語やっているのに
歴史の偉人に上げられている三人のうちの一人を知らないなんてちょーショック。
しかも孔子と関羽に並び称されている人ですよ。

で早速調べました。
家にある「影响中国历史进程的100位名人」には包拯が載ってない。
3人に入るんだから100人に入らないはずはないと思いもういちど精査。

包公として載ってました。

北宋の政治家で清廉潔白の代名詞だとありました。
正義を貫いて悪を裁く。

元代、明代に雑劇の題目として多く用いられて有名になったそうです。
そして海外にもその名が轟いたとのこと。
いまでも劇だとか小説、相声、ドラマだとかの題材としてよくでてくるそうです。
遠山の金さんだとか大岡越前って感じでしょうか。

でもなんで別に歴史的偉業を達成したわけではないこの方がそんな偉人としてあがっちゃうのでしょうか?

それはこんな理由です。
作为一个执法如山的清官。包拯成了中国老百姓心目中完美官吏的化身,而且具有超时代性,其知名度超过了历史上的任何一个人。人们之所以如此推崇包拯,是因为封建社会的清官太少,贪官太多。

厳格で清廉な官吏として、包拯は民の心の中で素晴らしい官吏の理想となり
時代を超えて、その知名度は歴史上の誰よりもうえとなった。
人々がかくも包拯を崇めるのは、
ひとえに封建社会において清廉の官吏は非常に少なく、貪欲な官吏ばかりだったからなのです。


要は悪い奴ばっかりだったんで品行方正清廉潔白の士が崇められたのです。
今でも崇められてるってことは....。

一つくらいはどんな事跡があるのか知りたいと思い読みました。包公断案之一---智斩鲁斋郎

鲁斋郎という人はとんでもなく悪い奴でしたが
皇帝のお気に入りだったんでやりたい放題で誰もとがめられない。

いい女がいると人妻でも連れ去って、子どもは捨ててしまう。
そんな奴は許せんと包公登場。

成敗するには皇帝の許可がいる。そこで一計を案じます。
皇帝に奏上する書類にこう書きます。

’鱼文郎’一犯,残害百姓,强抢妇女,逼死人命,罪大恶极,拟斩决

鱼文郎は民を苦しめ、婦女を強奪し、死に至らしめ、極悪非道、斬殺すべし。

そして皇帝にサインをもらう。

で家に帰って鱼の下に日を書いて、文の下に而を書き入れる。
鱼文郎→鲁斋郎

こうして皇帝のお墨付きで死刑執行です。めでたしめでたし。

これって公文書偽造でしょ。これが天下のヒーローかというとなんか違和感ありますね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-11 08:57 | 文化、歴史 | Comments(3)
2008年 05月 10日

北京まであと100日 報道の自由

故・トウ小平氏のブレーン 偏狭な愛国主義に警鐘 中国は平常心で世界に向き合え

GWに実家で産経新聞を見ましたらこんな記事がありました。
なかなか骨のあることを書いてありましたが中国語学習者としてはやはり原文にあたって
見なければならないと思い読んでみました。

原文はこちら

いろんな方面に気をつかいつつも結構ストレートに書いています。
簡単にいうと

北京五輪に際しチベットにからめて外国勢力がいろんな圧力をかけてくるが
冷静に対処しなければならない。世界にはいろんな考えがあるので
過剰反応してはいけない。中国も透明性のある報道、施策をおこなわなければならない。

私が新鮮に感じたのは
①聖火リレーが各地で妨害されていることを書いている。
②チベットに対して過去に誤った政策をしたと認めている。
③今の中国が対外的に反応する大元には近代100年の屈辱がある。外圧には過剰反応してしまう。
④メディアの偏った報道を批判している。

中国も結構報道の自由があるんだななんて思ったのです。

ただちょっとネットで検索してみるとmeiさんのブログにこんなことが載ってます。
なんと編集長解任されちゃったたそうです。
やっぱり甘くはありませんね。
オリンピックまで100日

台湾のネットによるとこんなようです。
长平遭撤职?

本名张平的《南都周刊》副总编辑、总主笔长平,由于三月间一篇与中共对西藏政策精神不符的文章,
被通知撤去副总编辑职务,仍任总主笔,但此一人事命令一直没有正式发布。

《南都周刊》副総編集長、総主筆の長平氏(本名張平)は、三月に
チベット政策について共産政府と相容れない文章を書いたことによって
副総編集長の職を解かれる通知をうけた。総主筆は引き続き担当する。
ただしこの人事命令はこれまで正式に公表されていない。


この方これまでもいろいろ政府批判記事を載せてたんですね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-10 10:18 | 時事 | Comments(0)
2008年 05月 06日

語学は耳から学べ

最近、語学学習本なんかをよく読みます。

先日もベストセラーの「英語は逆から学べ」(苫米地英人)というのを読みました。
脳みそに別の回路を作ってそこを英語脳にして赤ちゃんのように学べとありました。

赤ちゃんは字が読めませんから音声情報と視覚情報で言葉を覚えていきます。

大人はある程度知識がありますから知識が邪魔して素直に吸収できない。
何かに関連付けて覚えようとする。つまり日本語訳だとかを考えながら語学を学ぶ。
だからだめなんだと。

そこで新しい脳をつくれと。

ところで子どもは意味をわかっていない言葉も全く照れることなくどんどん使います。
これが語学習得の近道でしょう。

今日公園でピクニックに行った帰りの車の中で8歳の娘が言いました。

「ねえパパ、今度ベトナム買ってぇ」

「??ベトナム?」

よくよく聞いてみると「メトロノーム」のことが言いたかったみたいです。
ピアノを習っている娘にメトロノームが必要だと妻と話していました。

彼女の脳内では別に聞いていた知らない単語「ベトナム」と結びついたんです。
大人は知らない単語は怖くて使えない。

先日こんなのもありました。

「パパァ、〇〇ちゃんは囲碁習ってるんだってぇ」
「すごいな囲碁かよ、パパも出来ないよ。でも囲碁習ったって友達と出来ないからつまんないだろ」

「え?一人でやるんだよ。」と両手の手のひらを胸の前で合わせます。
「それってヨガじゃない?」
「そうそうそれ」

囲碁とヨガ。

息子はケッタッキーフライドチキンが洗濯機(センタッキ)になったことがありました。

でもこうしてどんどん吸収してく。

息子(4歳)の保育園のクラスに韓国の女の子がいます。
息子はかわいいその子が大好きです。

「その子のお名前なんていうの?」

名前はわかりますが苗字は覚えてませんでした。
すると同じ保育園を卒業した娘が答えます。

「 ぱわ っていうんだよ。」

「ぱわ? そんな苗字あるのかよ。」

先日保育園で下駄箱の名前を見て真実がわかりました。

朴さんでした。つまりパクさん。それが娘にはパワさんに見えたんです。
見えないこともない。
でも韓国人ならパクさんでしょ。
こうした場合大人のほうが強いかな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-06 20:54 | 学習 | Comments(7)
2008年 05月 06日

語学は耳から学べ

最近、語学学習本なんかをよく読みます。

先日もベストセラーの「英語は逆から学べ」(苫米地英人)というのを読みました。
脳みそに別の回路を作ってそこを英語脳にして赤ちゃんが学ぶように学べとありました。

赤ちゃんは字が読めませんから音声情報と視覚情報で言葉を覚えていきます。

大人はある程度知識がありますから知識が邪魔して素直に吸収できない。
何かに関連付けて覚えようとする。つまり日本語訳だとかを考えながら語学を学ぶ。
だからだめなんだと。

そこで新しい脳をつくれと。

ところで子どもは意味をわかっていない言葉も全く照れることなくどんどん使います。
これが語学習得の近道でしょう。

今日公園でピクニックに行った帰りの車の中で8歳の娘が言いました。

「ねえパパ、今度ベトナム買ってぇ」

「??ベトナム?」

よくよく聞いてみると「メトロノーム」のことが言いたかったみたいです。
彼女の脳内では別に聞いていた知らない単語「ベトナム」と結びついたんです。
大人は知らない単語は怖くて使えない。

先日こんなのもありました。

「パパァ、〇〇ちゃんは囲碁習ってるんだってぇ」
「すごいな囲碁かよ、パパも出来ないよ。でも囲碁習ったって友達と出来ないからつまんないだろ」

「え?一人でやるんだよ。」と両手の手のひらを胸の前で合わせます。
「それってヨガじゃない?」
「そうそうそれ」

囲碁とヨガ。

息子はケッタッキーフライドチキンが洗濯機(センタッキ)になったことがありました。

でもこうしてどんどん吸収してく。

息子(4歳)の保育園のクラスに韓国の女の子がいます。
息子はかわいいその子が大好きです。

「その子のお名前なんていうの?」

名前はわかりますが苗字は覚えてませんでした。
すると同じ保育園を卒業した娘が答えます。

「 ぱわ っていうんだよ。」

「ぱわ? そんな苗字あるのかよ。」

先日保育園で下駄箱の名前を見て真実がわかりました。

朴さんでした。つまりパクさん。それが娘にはパワさんに見えたんです。
見えないこともない。
でも韓国人ならパクさんでしょ。
こうした場合大人のほうが強いかな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-06 20:50 | 学習 | Comments(2)
2008年 05月 04日

两高一资

いきなりですが两高一资ってご存知ですか?
二つの高いものと一つの資?

いま中国発展のひずみが出てますがどんな産業も生産能力が増えぎちゃってどうしようもない。
そこで世界中に製品を輸出してます。ただ製品をいっぱい作るだけじゃなくて
作るために環境を破壊してます。

そこで中国政府は環境に悪いものは輸出するのをやめなさいと指示をしてます。
それが两高一资
高污染、高能耗、资源型产品

つまり環境汚染度が高く、エネルギー消費も高く、資源にちかいもの=付加価値のないもの。

世界中を掘り返して資源を輸入し、国内に汚染を撒き散らして、しかも付加価値のないものを
輸出する。それって中国にとって意味がないでしょってこと。

輸出するってことは国土を犠牲にして海外に奉仕すること。
しかも付加価値がないってことは儲からない。

こうしたものは国土の発展に使ったとしても輸出するなってこと。
でもこれがなかなか難しい。市場経済になった中国では銭のためなら環境なっていざ知らず
どこにでも売りますよってのがいっぱい。中央政府もなかなかコントロールできない。

規制を作って輸出を減らすと、海外の市況が高騰して魅力的になるとまたすぐ輸出が増える。
こんないたちごっこです。

でも産業の犠牲になる国土と住民は大変です。

私の弟は今度北京駐在が決まりましたが
もうすぐ第一子が誕生することもあり、環境問題を憂えて決断を迷っていました。

でも北京は今度オリンピックがありますから
ここ数年で空気が一番きれいな状態になるのではないでしょうか?

蓝天计划(青空計画)なんてやって石炭燃やすのやめたりして
随分そらもみえるようになったし、産業の柱、鉄鋼業の雄、首都鋼鉄も首都から追い出されます。

またオリンピック期間中は規制にひっかかった工場は全て強制的に生産停止か
減産を余儀なくされます。こういうとこは共産党はすごい。

でも良く考えたら日本も東京オリンピックのころは公害がすごかった。

先日川崎のお客さんを訪問した際も中国の公害の話になりました。
転じて川崎の公害の話になり、排ガス汚染がひどくずっと全国一位であったと。
ちかくに日本鋼管(現JFEスチール)という会社がありますが
当時そこには住民が立てた看板に鋼管(こうかん)をもじって「いのちと交換」と書いてあったそうです。

日本はそれから随分よくなりましたが
この技術は地球のために広げてほしいと思います。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-04 21:57 | 時事 | Comments(2)