中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 30日

中国株はバブルか?

黄金の扉を開ける賢者の海外投資術
橘 玲 / / ダイヤモンド社

この著者の本は小難しいことを易しく書いてあり実践的で面白い。
ゴミ投資家シリーズ以来のファンです。

本質的には簡単なこと
リターンを得るためにはリスクをとる。
しかもコストをかけずに。
そしてリスクは分散する。
そして税金は払わない。

よってリスクはあるがリターンが大きく
そして余分な手数料を取られない海外に投資する。
自分は日本にいて働いているから日本だけに投資するなら
偏りが大きいので海外にリスクをスプレッドする。

私の場合、海外というと中国なわけですが
今は中国株だったり人民元だったりいろんな選択肢があり
どれも儲かるような気がします。

でも今のところ参戦していません。
中国語学習開始とともに中国株をやっていれば今頃大富豪になっていたかも。
なぜやらなかったか?。

私はインサイダーではないから。
中国株はインサイダー情報がない人は勝てない。
逆に言えばインサイダー情報があれば絶対勝てる。
でももちろん違法です。
表の決算なんてなんとでもなりますし操作できます。
そんな話をたくさん聞いていたので怖くてできません。

人民元はいくら強くなったっていつ兌換停止になるかわかりませんし
突然共産党政権が崩壊しちゃうことだってあるので怖くてできません。

でもそんなことはさせおき、いくらかでも投資していれば
確実に儲かったんです。
でも要は止め時です。
これが難しい。

この本の最後に逸話が載っていました。

アメリカの大恐慌直前の話。
ある大富豪がウォール街で靴磨きの少年に株を勧められた。
そこで彼は靴磨きですら株の話をするようでは相場はお終いだと考え
持っている株を全て売り払ったとのこと。
そして暗黒の木曜日を迎えた。

そして著者自身も少し前にハワイでエアコンの修理人から
住宅不動産を買うメリットをとくとくと諭されたそうです。
そして今、サブプライム問題が起こってる。

私は大学時代にビルの清掃アルバイトをしていました。
バブル時代で日当も良かった。
そこに一緒に働く中国人の方がいました。
当時は今ほど中国人労働者を多くありません。
彼は昼休みに日経新聞を読み、証券会社に電話して株取引してました。
そして私に言いました。
「状元さん、いまチャンスです。状元さんの一生にもう一度来るかわからないほどのチャンスです。株買ったほうがいいよ。」
その後のことは皆さんご存知のとおり。

先日中国で働く商社の人が言ってました。
今中国は庶民でも結構金を持ってますよ。
先日自分の運転手が株で損したって笑ってましたよ。

持ち株が半分に下落したらしいけどまだ月給の何十倍もの価値があるらしい。
いまもなお株の将来に絶対の自信を持ってるとこと。

そういう彼自身は奥さんの親戚不動産屋から建築前のマンションの権利を
ただ同然で譲ってもらい今やすごい資産に。

そしてもっとびっくりしたのは
彼の行きつけのマッサージ屋のマッサージ師すら株で大もうけしたと言ってたそうです。
彼の行くマッサージは薄暗いビルの盲人按摩店です。
目の見えない人まで大もうけしてる。
どうやって取引するかはわかりませんが。

これってどう考えてもバブルですよね。

でも市場ってのは感情で動きますからいつはじけるかは誰にもわからない。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-30 19:27 | 時事 | Comments(0)
2008年 03月 23日

ミトコンのミケさん

「ねえパパァ、この人、ミトコンのリーダーに似てない?」と4歳の息子が聞いてきました。

ミトコン?のリーダー?何それ?

妻に聞いてみるとミトコンとは水戸黄門のことでした。
リーダーとはもちろん水戸のご老公様、水戸光圀。

息子はお侍のテレビ(時代劇)が好きで水戸黄門を毎週見ているらしい。

「でもさあオレが好きなのはリーダーじゃなくて、ミケさんなんだあ。かっこいいから。」

ミケさんじゃねえだろ、スケさんだろ!

子どもの語感っていうのは余分な知識がない分斬新です。
どんどん覚えてどんどん使う。

ミケなんて名前は大人が聞いたら猫の名前に決まってます。
それに時代劇に親分はいてもリーダーはいない。

このリーダーってカタカナ言葉はおそらくスーパー戦隊ものからきて覚えています。
息子はその影響で色の英語は大体知っています。レッド、ブルー、イエロー...。

先日も日曜日の夕方、チャンネルをカチャカチャかえていますと
息子が言いました。

「オレは今のレッドの奴が見たいよう!」

レッドなんかなかっただろ、何とかレンジャーは朝しかやってないだろ。
それでもレッドがやっていたと言い張る息子。

もういちどチャンネルをゆっくり回してみました。

やってました。確かにレッドが出てました。笑点の大喜利でした。
レッドやイエローの着物をきた落語家が座布団に座っていました。

恐るべしこどもの語学センス。

大人は先入観でバイアスがかかってしまって素直に言葉が理解できません。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-23 20:53 | 生活 | Comments(0)
2008年 03月 22日

穏やかな心?

「原因」と「結果」の法則
ジェームズ アレン / / サンマーク出版

とてもシンプルな本で素直に感動してしまいます。

原因とは心のなかの思いのこと。
心のなかの思いが私たちを創っている。P13

常に穏やか心を保たなければならないと。

こんな本を読んだ翌日
子どもたちをドラえもんの映画につれていく途中に
車でCarole KingのCDを何気なく聞いていました。

いつも歌詞なんか気にしてないのですが
その時はビビビっと反応しました。
Beautifulという曲の次の箇所。

You've got to get up every morning with a smile on your face
And show the world all the love in your heart
Then people gonna treat you better
You're gonna find, yes, you will
That you're beautiful as you feel


いやあ感動しますね。
私、根が単純なもので夕食の席で妻に本のことを話しました。

そして穏やかな心をたもつようにしますと宣言しました。

すると妻は言いました。

「それって状元くんと正反対だよね。」

なんて言われちゃうともう既に穏やかな心が消えそうです。

私もわかっています。ですからそうしなければと思うのです。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-22 21:37 | 生活 | Comments(0)
2008年 03月 20日

インドの発展

最近英語教室に行ってますが
単に英語といっても講師の出身は様々。
スコットランドの弁護士、アメリカ海兵隊、フィリピンの伝道師...。

ここ数年は中国関連ばかりに興味を持ってきましたが
英語教室でいろんな国のひとと話をするといろんな文化に興味が沸いてきます。

先日の先生はネパール人女性。
ネパール人に英語を習うというのは妙な感じですが
小さなころから学校で身に着けたもので
大学はインドで通っており自然に話せるそうです。
インドではずっと英語でとおしたそうです。

でもビジネス英語のレッスンテキストをやるよりもどうしても
文化の話などで時間が過ぎてしまいます。

私も去年インドに出張に行きました。
同じインドでもムンバイとコルカタでは人の接し方が全然違うような感じがしました。
単純にいうとベンガル人のコルカタは温かい、ムンバイは冷たい。

彼女はムンバイとバンガロールで大学に通ったとのことで
ムンバイの冷たさは同意していました。ただそれは大都市に共通するものではないかと。

それとは異なりバンガロールの人はとても優しくて洗練しているといってました。
バンガロールといえばインドのシリコンバレーといわれIT産業を中心にして
インド近代化の象徴となっています。

バンガロールではビジネス社会でのコミュニケーションほとんど英語で行われているとのこと。
インド経済の発展が語られるとき必ず言われるのは英語インフラがあること。

もちろんイギリス植民地の影響ですがバンガロールはもちょっと複雑だとか。
曰く南部に位置するバンガロールはカースト制では低い身分が多いとのこと。
よってインド社会では差別されるわけですがそこでキリスト教に改宗する。
身分制度から脱する。→英語をしゃべる。→世界とビジネスができる。

インドというと悠久の歴史と神秘の力を持つ多様性が今ひとつになり
発展を開始するという私の勝手なイメージがありましたが
そうではなく
歴史と文化の抑圧から脱して、西洋社会の単純なビジネス社会サイクルに
組み込まれて、それが発展につながるという皮肉なものでした。

でも神秘を信じたい私はインド人の数学パワーを話題に上げました。
私のインドの計算術の本を買いましたがやっぱり計算力はすごいんでしょ?

先生いわく
ただの訓練ですよ。
小さいころから徹底的に訓練されますから。
でもできない人も沢山います。

できる人のモチベーションは金持ちになること。
医者や弁護士、エンジニアになりたい。

給料が良いだけでなく、結婚時の結納金(ダウリー制度)で莫大な金額がもらえるからだと。
なんとも味気ない話です。

ダウリー制度は女性にとっては大変な負担であります。

高山正之著「スーチー女史は善人か」によると
カーストでは同じ身分同士の結婚が常識がだが
身分が高くて貧乏男性が金持ちで身分の低い女性をもらうケースがあるそうです。
もちどん持参金目当てです。
そしてその嫁入りした女性が台所の火事で死亡するケースが相次いでいるそうです。
金もらったらお役ごめんです。

こんな社会で生活する女性は大変。
ゆえに、できる女性はキリスト教になりバンガロールを目指す?!
そして経済は発展してゆく。めでたし、めでたし?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-20 20:27 | 文化、歴史 | Comments(0)
2008年 03月 19日

翻訳作法

中国語翻訳作法―文の理解から訳出のプロセスまで
王 浩智 / / 東京図書

読んでみました。
学習者として読むと面白くって没頭しました。

一方で自分の実力の低さを改めて認識し打ちのめされました。
翻訳というものは奥が深い。

私は2008年指針の一つとして翻訳にトライするなどと恥ずかしげもなく書いて
しまいましたが全然実力不足であると認識しました。

案の定応募してみた翻訳文については何の返信もなし。
というのも私は翻訳というのは逐語訳しなければならないとおもってました。
表現の仕方を日本語風に改めはするものの
原文に忠実に訳してゆかなければならないと。

この本を読んで考えを改めました。
言葉にはその言葉の特性があり、特性に合わせて訳しこんでいかなくてはならないと。
また文化背景まで認識しつつ訳し分ける必要があると。

例えば中国語の名詞はを日本語にするときは具体性を出して緊張感を高め
動詞を訳すときは具体性をそぎ落とすとのこと。

日本語は名詞に細かい情報をのせ
中国語は動詞にのせるとのこと。

こんな例が載ってます。

「きる」を表す中国語
切,割,剁,斩,杀,砍,劈...もっともっと続きます。

中国語の「刀」を表す日本語
かたな、なた、包丁、はさみ、ナイフ、カッター、かみそり......。

中国語の形容詞はだいたい名詞とセットで融通が利かないとか。

そんな感じで両国語の特性と訳すときの注意が満載です。
読み物としても面白かった。
オススメです。

今度は学習後のネオ状元として翻訳をお見せします。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-19 22:38 | 学習 | Comments(0)
2008年 03月 12日

勉強再出発

ここのところ中国語教室に通うもののただ一時間おしゃべりをしておわり
ということがほとんどでした。

それはそれで会話の練習にはなるのですが
やはり進歩という観点から見ると問題があるようにおもいます。

最近は英語教室にも通っていますが
こちらはテキストをやりつつ会話をして
間違った言い回しや発音や文法などを修正してもらっています。

ここでわかってくるのは自分はそこそこできているつもりでも
基本がなっていないということ。
英語で言えば聞き取りはほぼ問題なしで
話すスピードや発音もokといわれますが
時制が全然だめ。

自分で間違っているのは気づきますが、ついつい現在形で話してしまう。
完全にくせになってます。

こうしたことは自分一人では気づかないし
普段話している相手は指摘してくれません。
やはりお金を払っている甲斐があります。

ということで中国語のほうもテキストをやろうとおもい。
今日の教室ではほんと久しぶりにテキストをやりました。
「高级汉语口语」北京大学出版社

音読からはじめました。

「外语这个东西,长时间不用就不大流利了。」

「你说的对极了。我要是有一阵子不用英语,说起来准会磕磕巴巴的。」

「語学ってものは使わないとすぐだめになっちゃうね」

「そのとおりです。英語だって少し使わないと、すぐどもっちゃいますよ。」


そのとおり!練習練習。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-12 23:02 | 学習 | Comments(6)
2008年 03月 07日

南京の真実 映画鑑賞

先日映画「南京の真実 第一部 七人の死刑囚」の上映会に行ってきました。

平日の仕事帰りに三時間の映画を観るのはちょっとしんどいので逡巡しましたが
中国語を学ぶ身としては避けて通れない話題ですので後学のため申し込んで観て来ました。

南京攻略戦70周年がすぎ世界中で南京大虐殺に関する映画が製作されているなか
それに対抗する形で作られた映画です。
大虐殺は政治プロパガンダとしてでっち上げられたとの立場から描いています。

簡単にまとめるとこんな感じ。

南京攻略戦では戦争ですから兵隊は沢山死にましたが虐殺といわれることはなかった。
一部兵士の乱暴はあったが厳しく処罰された。
全体として紀律はたもたれていて攻略後すぐに人々が戻りだした。

虐殺のなかった根拠として
南京の人口は増えている。戦闘前20万人→戦闘後25万人
蒋介石は攻略戦の後何百回も記者会見を開いているが一度も虐殺に触れられていない。

いつ話しがでてきたか?
事件の8年後の東京裁判において。

なぜか?
原爆や東京大空襲での一般市民の大虐殺から眼をそらす
もしくはそれを正当化するため。

ただこの第一部は南京攻略戦についてがメインではなく
東京裁判によって死刑となった7人の死刑囚の死刑執行までの一日を克明に描いたものです。
とくに南京の責任をとって死刑となった松井石根を中心にしています。
松井石根大将と興亜観音
彼は中国を愛する立派な人物だったそうです。

7人がそれぞれ高潔な人物でいかに日本を愛して、且つ国民に対して慙愧の念をもちつつ
凛として死をむかえたかを静かにつづっていきます。

7人それぞれの人間としてのレベルの高さに圧倒されました。
また宗教や文学的素養も大変深く感銘を受けました。

南京でホントに何があったのかは今となっては知ることは難しいのかもしれませんが
当時の日本人の高潔さと崇高さは十分に知ることができます。
ただこの精神が東京裁判で壊されてしまったとのこと。
日本が消えたと。

この映画は日本で順次上映会をひらくと同時に欧米などでも
公開する予定とのことですが外国人にこの内容が通じるのかというと疑問です。

あまりに日本的過ぎて、静かにひたすらに訴える映画が
プロパガンダ的な派手な映画にインパクトで勝てるとは思えません。
一部の知識階層には通ずるかもしれませんが。

宣伝上手な国が本気になってきたらなかなか
謙虚な国は勝てません。

先日中国駐在の方にこんな話を聞きました。
彼の子どもは中学生で日本人学校に通っていましたが
学校の行事で南京に行くそうです。
日本人のボランティアが引率し
南京大虐殺記念館に行ってお詫びの意味でみんなで破壊された城壁の修復をするとのこと。
それを聞いた彼は絶対に行くなと言ったらしいですが
全員参加義務があるとのことで
子どもが困ってしまい泣き出したゆえに母親が仲裁し結局行ったとのこと。

草の根から刷り込みが行われます。
善悪の判断が固まっていない中学生にただそれを強制的にやらせるのは問題があります。
しかも日本人ボランティアが音頭をとる。
なんか自己反省文100枚書けというのと同じ世界観です。
そのうちになんだか悪いことをした気になってくる。

真実がどこにあるかは別にしてこれは洗脳です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-07 23:13 | 文化、歴史 | Comments(2)
2008年 03月 02日

中華卓球

昨日は初めてテレビで卓球の試合を見てしまった。それも男子の。
愛ちゃんのニュースはしょっちゅうやってますが
試合をちゃんと見るなんてのはありませんでした。

たまたまチャンネルを換えていたら
世界卓球の男子団体準決勝をやってました。日本対韓国。
先鋒戦で吉田海偉vsユ・スンミン。

卓球もなかなか迫力ありました。
ユ選手もあどけない顔してすごかった。
なんとオリンピックチャンピオンでした。
d0018375_21534471.jpg

韓国選手の名前は漢字で書いてほしい。柳承敏って。
ユは想像通り。ミンもok。スンは何かなとおもってたら李承晩のスンでした。

日本の吉田選手もなかなかすごかった。
日本人というより香港の映画スターみたいな顔してるので
中国でも人気でるんじゃないの?
なんておもってましたらなんと中国から帰化した選手でした。
世乒赛男团半决赛韩国3-1日本 吉田海伟失分
高校から日本らしいのですが中国はやはり子どものころの卓球基礎教育がいいのでしょうか?

聞くところによると他の国の選手も中国出身者がほとんどだとのこと。
検索してみるとこんなデータもありました。中国出身者ばっかり 卓球世界ランキング
女子ではトップ20位のうち17人が中国出身。すごすぎる。
中国の国内競争のあまりの激烈さに海外に活路を見出しオリンピックに出てくる。
たくましいですねえ。
日本は柔道が強くても国籍変えて出てくる人は聞いたことがありません。

そもそも中国が国家として力を入れたのは
設備や場所に資金がかからずしかもトップを取れそうなスポーツだったからだそうですが
あまりに台もテーブルもちっちゃくて会場で見てて面白いのでしょうか?
会場は結構盛り上がってましたが
ショービジネスとしてはエンターテイメント性に欠けるような気がします。

でも誰でも小さなスペースで始められますから
余暇や運動不足には最適です。

最近私の祖母(87歳)は卓球を始めました。
近所の高齢者センターでいつも上手だと褒められると喜んでいました。

祖母は休日の朝早く、私のうちに来てひ孫のために果物などをくれますが
先日はなにやら余所行きの格好をしておめかししていましたので
何処かに出かけるのか?と問うと、
横浜に卓球をしに行くとのこと。

甥が昔卓球の選手で今もコーチとして活躍してるそうで
年賀状で試合を申し込んだらokしてもらえたとのこと。

なんでもその甥っ子、といっても私の大叔父ですから70過ぎですが
大学には卓球推薦で入ったらしく、いまの後身の指導にあったっているとか。
70と87歳で試合ができるスポーツってのはなかなかないですね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-03-02 22:11 | 時事 | Comments(0)