<   2008年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 02月 17日

毒入り?

先日、息子を保育園に送っていきましたら張り紙がしてありました。
内容はこんな感じ。

当園の給食には中国産加工食品はいっさい使用しておりません。
ただし材料の中には中国産が含まれていることが判明しました。
今後、極力排除してゆくよう努めますが完全になくすことは難しい云々...。

排除なんて厳しい言葉をつかってました。
完全に悪者扱いです。

妻の働く病院でも病院食について似たような張り紙がしてあるそうです。
患者さんからの材料についての問い合わせが多いとのこと。

家でよく飲むペットボトルの野菜ジュースも最近材料の原産国を全て表示するようになりました。
もちろん中国は入っていません。

今回の農薬入りギョーザ事件は原因がなんだかわかりませんが
故意にやったものだとしら影響の大きさに犯人はびっくりしているのではないでしょうか。
これで当分中国産食品は市場から排除されるでしょう。

ギョーザだったっていうのが決め手ですね。
中国産お好み焼きとかじゃインパクトが小さくてここまでひろがってないでしょう。

経済テロだとしたら次はバレンタインにあわせて中国産毒入りチョコレートで
止めをさすかと思いましたがいまのところそれは出ていません。

ギョーザというと近頃は手作り餃子なんてあまり家では作らないらしく
テレビでよくギョーザの作り方なんかを放送してます。

こんな例もあります。
私の会社の工場で女性社員が急に会社を休むことになったとのことで
理由を尋ねると学校で緊急に親子で餃子を作る会が開催されるので
出席しなければならないんだそうです。

これを機会に全国で手作りブームが起きると結構地球の問題も解決したりして。

ギョーザに触発されたわけではありませんが
先日パンも焼けるフライパンというものを購入し、
娘といっしょにパンを焼いてみました。

強力粉とドライイースト、卵、牛乳などを買い揃えトライしました。
強力粉は古いものが残っていたのでそれを使いました。
消費期限2004年となっていましたが小麦粉なんて悪くならんだろうとおもい使用。

すべてを混ぜ捏ねる段階で水気もなくなり粉っけもなくなり
いい感じで捏ねられてきました。

するといつの間にやらライ麦のようなものが目に付くようになりました。
パンを捏ねるなんて子どものとき以来ですからわすれていますが
ライ麦なんて入れた覚えはないしちょっと心配になり
妻に見てもらいました。

虫じゃないの?
虫と虫の卵でした。

気持ちわりー!

やっぱり2004年の小麦粉なんて使うんじゃなかった。
台所の引き出しの奥にひっそりと忘れられてた数年間の間に虫の寝床になってたんでしょう。

折角捏ねたものもゴミ箱行きにしました。
あやうく毒入り、もとい、虫入りパンを子どもに食べさせるところでした。

やっぱり虫には農薬入れなきゃだめですね。
手作りも結構リスクがあります。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-02-17 22:40 | 時事 | Comments(14)
2008年 02月 13日

情人節

バレンタインデーなぞを意識しなくなってかなり経ちますが
近頃子どもの間ではなんかかなり軽いイベントになっているような気がします。

今朝も娘(小学校一年)に誰にあげるか、聞いてみると
普段まったく興味を持っていなそうな男の子にあげたいといってました。

学校には持って行ってはいけないそうで
皆帰りに公園に遊びにいってそこであげるそうなのですが
うちの子は学校のあとに学童クラブに行くので公園でのイベントに参加できません。
でもやっぱり誰かにあげないとなにか疎外感を味わうのか
しきりにあげたがっていました。
誰にあげることより、あげることそのものに憧れがあるようです。
嬉し恥ずかしから「恥ずかし」が抜けちゃってる様子。

ところで世界ではバレンタインデーは男が女の子にプレゼントするケースが多いです。
日本は商売っ気があるのでホワイトデーまでイベントにしたてて煽り立てます。
韓国ではブラックデー(4/14)まであるそうで彼女のいない男たちが集うそうです。

中国ではやはり男性が女性にプレゼントをするとのことですが
大体はバラの花を贈るとききました。

一本あげるとそれは付き合う前の告白になり
三本あげると恋人に対しての愛の証で
九本なら天长地久の愛を誓うことになるそうです。

一本でも三本でもずいぶん安上がりだなあと思いきや
自由市場が最も機能している中国では2/14にはバラの花は高騰するそうで
いいものになると一本60元になるそうです。
もっとも翌日には5元に急落するとのこと。

以上

ps.結局娘は当日、学童クラブをお休みし
公園にクラスメートを呼び出し、チョコをあげたそうです。
なんか近頃の子どもは積極的すぎて大和撫子の奥ゆかしさがないですね。
[PR]

by zhuangyuan | 2008-02-13 22:58 | 文化、歴史 | Comments(9)
2008年 02月 09日

消費者サイドのDVD

先日中国出身のお客さんと中国のドラマの話になりました。
そこからDVDプレーヤーの話になり
彼の持っている中国製のプレーヤーは小型で安くてしかも日本でも使えるとのこと。
家に二台設置していて、もう一台あるので、ほしければあげますよと。

そして先日譲ってもらいました。
もらうのは良くないので代金は払いました。4000円。安い。
正確に計算すると3900円くらいだとのこと。

でも少しリージョンコードのことが心配でした。
日本と中国はコードが違うので日本のプレーヤーでは見れないのです。
そこで尋ねると、彼が見ているのは全て中国で買ったDVDだとのこと。
TSUTAYAで借りたことはないそうです。
ますます心配。

以前秋葉原でリージョンフリーのプレーヤーを買いましたが
すぐ壊れたためそれ以来買っていませんでした。
映写機能は問題なかったのですがDVD挿入口が開かなくなりました。

家に帰るまでもいろいろ考えました。
そもそもリージョンコードなんて考え方は業界保護の考えで
安い海賊版が出回っている国のソフトを再生させないためにある。
ということは最もソフトが安い国ならコードを設定する必要もなかろう。

で家に帰って袋から出して梱包の表示を見ました。
全区域碟片播放
どこのリージョンコードでもok


さすが人民のための国です。
資本主義大企業の利益のことなんか考えません。

そこで夜家族が寝た後にテレビに取り付けてました。

ん?
うまく映らない。
灰色の画面が揺れているだけ。

その時用意したDVDソフトは
義理の兄にもらったPCでコピーしたビリーのダイエットDVDです。
PCでおとしたDVDは再生できないのかな?

次に日本制のDVDを入れ見ました。これもだめ。

そこで以前のプレーヤーでみていた中国製の「康熙王朝」を入れてみました。
だめです。

音声や映像の接続線をいろいろ変えてみましたがまったくよくなりません。
やっぱりだめなんだ。中国製のDVDプレーヤーは日本で使えないんだ。
これをゆずってくれた彼のうちはおそらくテレビも中国方式なんだろう。

傷心のまま、梱包しなおして袋詰めしました。
お金はいいけど、機械は返そう。
その日はもやもやを抱えたまま寝ました。

翌朝、会社に行く前にネットで調べるとやはり問題がありました。リージョンフリー
ソフトのリージョンコードの違いだけでなく
テレビの映像方式が日本と中国は違うのです。
ショック!

事実を知るともやっとしたものが消え妙に割り切れます。
残念だけどしょうがない。

でも夜もういちどトライすることにしました。
人民のためを思う国のメーカーなら映像方式を変えることだってできるはず。

本体に付属の使用説明書をよく読んでみました。
日本のマニュアルと違って図や記号がすくなく
単一色で小さな字でびっしり字が詰まっています。

とうとう見つけました!!
十五。制式选择
本机提供四种制式供选择,
按动制式键可切换视频制式。

d0018375_1628784.jpg


映りましたー!

ひとつのDVDでかなり振り回されましたが
さすが人民ためのDVD、結果オーライです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-02-09 16:23 | 中国関連DVD、本 | Comments(11)
2008年 02月 03日

本音と建前 

shiraさんの参考になるブログで紹介されている「知音夢裡尋」薦められていた日本語と中国語
劉 徳有 / / 講談社
を読んでみました。

長く中国要人の通訳を勤めただけあって示唆に富む興味深い内容でした。
沢山チェックマークをつけてしまいました。

中国では通訳というと非常に重要な立場だそうで
あるお客さんは中国国営企業の通訳として来日してその後、日本の社長になりました。

それもそのはず政治の国、中国の要人の発言は全て通訳を通じて
外国に伝えられますので全ての重要情報がその通訳を経ることになります。
つまり全てを知っている。

立場が重要であればあるほど敵も多いでしょうし嫉妬もされるでしょう。
であるからこそ日本にあまり理解をしめして友好的だとそれは批判の対象になるでしょう。

そのせいかは知りませんが日本通で日本語の全てを知っている知日家である
と思われる著者もやはりご多分にもれず、冒頭で日中戦争時の苦労を語り
小泉首相の批判を繰り広げる。

つまり日本語についての見聞と知識を語る前にの枕として
日本批判し公の立場を鮮明にしなくてはならない。そして本題に入る。
もちろん勝手な推測です。

この本を読んでいて自壊する帝国
佐藤 優 / / 新潮社
の記述を思い出しました。
共産党時代のソ連では資本主義や宗教への評価は許されない。
では学問の世界ではどうするのか?
例えばこんな感じ。
序文では、ペレストロイカになってもイデオロギー闘争は重要だと書き、現在、
欧米では以下のような看過できない思想潮流があると書く。
そしてその後、欧米の言説をできるだけ丁寧に書く。
最後に共産党の決定やレーニン全集からの引用をちりばめて
いかにこのようなブルジョアイデオロギーがけしからんものであるかをできるだけ説得力がない形で書く。P60


教授も生徒に欧米学説をわざと発表させ、公の場で批判して、立場を保全しつつも
最新の学説を紹介するそうです。

ややこしいですねえ。共産国家は。
北京大学の先生も講義の上でも公の内容と
ゼミの中のプライベートな空間での議論は全然違って興味深いと聞きました。

まあこうしたことはともかく日本語と中国語の違いや特徴について
面白い話が沢山のってました。

日本語は言いにくいことは外来語で表すとのことで
「いまの話はオフレコで」とか
「リベートの件はどうなっていますか?」などと表現する。

著者はこの本をすべて自分で日本語で書かれたそうですが
こんな表現を使っています。

「文革のころの中国は当時のアブノーマルな国情もあって...」

アブノーマルですか?異常とは言えないのですね日本語では。
さすが達人です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-02-03 20:44 | 言葉 | Comments(2)
2008年 02月 02日

論語知らず

昨日はふぐを食べました。
いっしょにたお客さんとふぐ料理屋の主人とは友人で、
主人が書道をたしなむということで墨をプレゼントしてました。
店の中もご自身で書いた書が沢山飾ってあり風情のある店でした。

そのご主人の息子さんは「三省」という名前だそうです。
由来を尋ねると、論語から来たといいます。

吾日に吾が身を三省す。

「論語のソウシの言葉ですよ、お客さん」
「ソウシ?荘子って道教じゃないんですか!?」
「論語にあるのは間違いありません。」

そんな会話があり、教養のない私は孔子の言葉を記した
論語に荘子まで登場するのか、それは驚きだと思い、さっそく調べてみました。

荘子じゃなくて曽子でした。お恥ずかしい。

曾子曰吾日三省其身
为人谋而不忠乎
与朋友交而不信乎
传而不习乎

〔読み下し〕
曽子(そうし)曰(いわ)く、吾(われ)日(ひ)に吾(わ)が身(み)を三省(さんせい)す。
人(ひと)の為(ため)に謀(はか)りて忠(ちゅう)ならざるか。
朋友(ほうゆう)と交(まじ)わりて信(しん)ならざるか。
習(なら)わざるを伝(つた)うるか。


論語に学ぶ会

私も自分の行動を改めて見直さなければなりません。三省せねば。
ちなみに出版社の三省堂もここからきてるそうな。

論語ってやっぱりいいですね。

最近私があらためて読んで感心しているのは次の言葉です。
君子和而不同,小人同而不和
君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。


君子のほうになりたいものです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-02-02 21:44 | 言葉 | Comments(0)