中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 01月 20日

人民のため

先日、台湾系日本人社長さんと食事をしていましたところ
台湾の選挙の話になりました。

「議員選挙では国民党が圧勝したけど
総統選でも国民党が勝つなら間違いなく台湾は消えてなくなる」

国民党馬英九は中国共産党といい関係でなにかと協力姿勢だが
彼は共産党をあまく見ているとのこと。
最初はいい顔をするが後で裏切られ台湾は中国に吸収されてなくなるだろうと。

中国では台湾系企業も最近は苦しんでいて撤退して台湾にもどるケースも多いとか。
先日中国出張で台湾企業を訪問した際もそういってました。
外資優遇措置の取り消しや関税還付の撤廃、労働法改正なんかでどんどんコストアップして
やってゆけなくなっているそうです。

でも首尾よく撤退できるならまだまし。
夜逃げする企業も多いとか中国から夜逃げする韓国企業

でもこれはまだ法律の改正っていう正式な手続きを経ているからまだましな仕打ちかも。
その食事した社長さんの親戚の会社では毎年ボーナスの支給日の前日になるとかならず
どろぼうに入られて現金をごっそり盗まれたそうです。

あまり毎年つづくのである都市は見張りをたてて
あえて盗ませたうえで犯人の後をつけたそうです。
すると犯人は公安のビルに入っていったんですって。

こんな話もいっしょにききました。
中国ではなにかと認可認可で地方政府とうまくやらないとやっていけません。
あるサラダ油を作る会社は最初はあまり儲からなかったそうですが
健康ブームで質のよい油が売れ出すと企業業績も急上昇。

すると地方政府が出資を希望してきたとのこと。
さんざん悩んだあげく出資を断ると
すぐに電力の配給を止められたそうです。

やむなく出資を受け入れると配当のノルマを課ししてきて
儲かってもすべて配当にきえてゆくとのこと。
ああおそろしい。

まあ考えてみればこうした不正はともかくとしても
中国共産党の政策はしたたかで頭が下がる。

外資の金を利用して資本を蓄積して経済の基礎をかため
国内市場が成長してくると外資優遇をやめ、労働法を改正し労働者を保護する。
外資にとってはたまりませんが人民にとっては頼もしい。

夜逃げなんてしちゃったら思う壺です。
資産をおいていっちゃうんですから。
全部召し上げです。
そして人民のために使う。(もしかしたら人民代表だけのためかもしれませんが。)

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-01-20 21:34 | 時事 | Comments(8)
2008年 01月 19日

中国 中国 中国

考具―考えるための道具、持っていますか?
加藤 昌治 / / 阪急コミュニケーションズ
この本に載っている「カラーバス」の効果がいろんなところに引用されてまして
興味があったので読んでみました。

カラーバスというのは色を意識して街に出て見るとその色がどんどん眼に飛び込んでくるというもの。
例えば赤を意識すると、ポストや消防車だけじゃなくいろんな赤いものが眼に飛びこんでくるんだそうです。
中華料理屋の看板だったり、五星紅旗なんてのも飛び込んでくるんでしょう。

私は試したことはありませんが納得がいきます。
例えば新しい車を買ったときなんか、街で同じ車種が走っているとどんどん飛び込んできます。
私は去年別に蒼穹の昴に触発されたわけではありませんがスバルの車を買いましたが、
それまでは富士重工なんてマイナーカーメーカーで
全く意識してませんでしたが買ったとたん街にスバルがあふれていると感じます。

小学生のころ近鉄バッファローズの熱血ファンで常に近鉄のことが気になっていましたが
新聞で「近」の文字はどこにあっても見つけることができました。
耳も敏感でラジオで当時のホームスタジアムの日生球場の途中経過は
別のことに集中していても耳に飛び込んできました。

今はなんと言っても中国です。
中国語を勉強し始めた2002年以降は中国に関するものは何でも興味がでてきて
そうしますと世の中があたかも中国であふれているかのように感じられてしまうのです。

本屋に行っても中国関連本はどんどん目につきますし
実際増えてるんでしょうけど、勉強してなかったらそんなに感じなかったでしょう。
古本屋に行ったって中国本は向こうから呼んでくれます。

街を歩けば中華料理屋があふれていますし
電車の中は中国留学生ばかりで、居酒屋でもラーメン屋でも
中国出身者は言葉を聴かなくてもすぐわかります。

新聞だって中国記事はすぐ眼にはいりますし
テレビ欄でも中国番組はすぐ見つかる。今日も九塞溝の番組やってたな、みてないけど。

中国語、民族、歴史、戦争、満州、アヘン戦争、四川料理、広東料理、香港、台湾
漢詩、陶磁器、毛沢東、経済発展、環境破壊、資源高騰、人口爆発、一人っ子、小皇帝
共産党、華僑、華流、農民、軍事増強、反日、メイドインチャイナ、チャイナパブ、老子、
儒教、三国志、西遊記、漢字、書、茶、宦官、科挙、皇帝、万里の長城、鄭和、
シリコンバレーの中国人CEO、芥川賞は惜しくも、ソフトボール日本代表、ジャッキーチェン、少林寺、漢方、風水、気功、オリンピック.........

どこまでも続いて中国が飛び込んでくる。
これも私のカラーバス効果でしょう。
このブログももうすぐ三周年。よくも中国ネタばかりつづくなあと思っております。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-01-19 23:04 | 生活 | Comments(2)
2008年 01月 14日

奥深い中国

亜玖夢博士の経済入門
橘 玲 / / 文藝春秋
読了。

世の中にはびこる経済地獄を最新の理論で解説してくれるありがたい本。
わたしこの著者が結構すきで以前、ゴミ投資家シリーズを出していた海外投資を楽しむ会の
創設者です。彼の本は難しいことをチョー簡単に説明しそれでいて本質をついている。
しかも実践の手引きをしてくれる。初期のシリーズは全部買いました。

この本は頭でっかちな奇怪なハカセが中国パブあがりの妖しいおねえちゃんと
その弟のホスト風の中国人が経済社会の底辺でうごめく人々を救ってくれるコメディっぽい経済理論解説本。

たとえば最初は行動経済学。
人間は不確実な状況下で合理的な行動をとるとも限らず感情に左右される。
同じ1000円でも貧乏なときの千円といっぱいあるときの千円では違うし
もらえる1000円と奪われる1000円では価値が違うように感じられる。
ですから常に感情に左右され合理的に判断をくだせないそうです。

確かにスーツを買うときには1000円の差はまったく気になりませんが
古本屋で文庫を買うときの100円はかなり気になる。
あと、たった数百円なのに異常に悔しいのは通勤定期を忘れたときの電車賃。
かなりブルーな気分が続きます。

こんなような理論が物語りの中で展開されるのですが
行き詰まるとホスト風中国兄ちゃんが中国ネットワークを生かして奇想天外な方法で問題を解決してくれる。
麻薬を大量輸入したり、中国マフィアつかってヤクザの事務所に攻め入ったりマルチ商品を中国で大量に売りさばいたり。
動物の死骸を大量入手したり。でもこのちょーありえない話は中国を交えるとなんかありえるように思えてきて不思議です。これも心理ですよね。

中国ってまだ神秘につつまれていて人口は無限にいるし
国土だってばか広い。マーケットとしても供給ソースとしても無限の可能性を感じます。
日本でありえないことでも中国ならなんかありそう。否定できない。
人口だったり国土だったり歴史だったり、まだ知られていない奥の深さがきっとある。
だれもがそうおもって翻弄される。
そんなイメージをうまく利用した面白い本でした。

今の世界経済も中国の幻影と実像の狭間でいったりきたりして
大激動しています。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-01-14 20:28 | 中国関連DVD、本 | Comments(4)
2008年 01月 06日

2008年指針

一年の計は元旦にあり。

なんてこんな遅くに言っているあたりでもうだめですが
とりあえず2008年の目標といいますか指針みたいなものをあげたいと思います。

本職も力を入れて頑張りますが
それだけではなく奥の深いインテリになるために以下に力を入れます。

①本を100冊読む。

2007年は48冊にとどまりました。
中国関連は16冊。

問題なのは積読している本の置き場がない。
机の上に載っているものだけ数えてみたら49冊ありました。
机以外にもいっぱいあります。
机の本だけでも一年かかる計算です。

年末にレバレッジ・リーディング
本田 直之 / / 東洋経済新報社
という本を読んだんですがこの著者は一年に400冊読むそうです。

また効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
勝間 和代 / / ダイヤモンド社
の勝間さんは一ヶ月に15万円本を買うそうです。

かなり刺激を受けまして本を買う量がさらに増えました。
これで読むスピードがあがりませんと大変なことになるので
ちょっと頑張ります。勝間さんのいうフォトリーディングの本も買ってみました。

まあ400冊は無理なのでとりあえず去年の倍の100冊にしました。

②中国語の翻訳にトライする。

私が土曜日に通っている中国語教室の親会社が在宅翻訳者を募集してましたので
応募しました。

最近は中国語教室に通うものの試験などのモチベーションがなく
会話だけで過ごし体系的に学習していないので
勉強するモラールを高めるためのよい機会だと思います。

こちらは採用されなければできないのですが
せっかく勉強してきた中国語ですが何かに生かさないといけません。
勉強にもなって役にも立つ一石二鳥です。

③英語を磨く

最近仕事で英語を使う機会が多いですが
将来エグゼクティブになったときに通用するようなレベルの高いものをめざすため
初めて英会話学校に通い始めました。
マンツーマン式で時間設定がフレクシブルなところです。
とりあえず朝7時からの時間を選んでます。

またこちらはレバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
本田 直之 / / 東洋経済新報社
に載ってたのですが英語のビジネス書ベストセラーのサマリーを音声で入手し
mp3で聴いています。というか聴くようにします。

英語と中国語のバランスをどうとるのがベストかを探すのが今年の大きな課題です。

④運動する。

最近極度の運動不足。
中年への道をこのまままっしぐらですと危ないですのでここいらで気を引き締めていきます。

1/4仕事初めの日は仕事の後にフットサルをしました。
5年ぶりくらいのサッカーで全く動けず酸欠状態でした。

家ではストレッチをやります。
DVDでも買おうかな?

休日に子供と公園に行くときは必ずジャージに運動靴で行きます。
去年までは鬼ごっこも辛かった。

仕事も最近特に忙しいので上記をこなすのは正直キツイですが
厳しめに指針を立てませんといけません。いつまでつづくかな。
ちなみに英会話学校も1月と4月に急に生徒が増えてその後一ヶ月ごとに減って行くそうです。
そうならないようにいたします。

皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-01-06 22:28 | 学習 | Comments(7)