<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 25日

ウイグル

龍の仮面(ペルソナ)
佐々木 敏 / / 徳間書店

この著者の書いた「ラスコーリ二コフの日」という本が面白いとどこかに書いてありまして
ちょっと検索してみると、中国ネタのこの本も書いているとのことで
amazonの古本販売で買いました。すごく安く売ってて送料のほうが高かったです。

ウイグル出身の将校がCIAのバックアップで中国の権力を握るお話。
主人公はその将校と美人スパイ。この美人スパイは整形で将校好みの顔にされ送りこまれる。
こうした紹介を読むと現実味がなくて読む気がなくなるのですが物はためしということでトライ。

時代は現代。2002年に発行されて2006年までに起こることを小説にしています。
つまり北京五輪にいたる間の国際情勢を書いてます。

この著者はなんでも予言(予測)がよくあたるそうで
アカシックレコードというメールマガジンも人気だそうです。

でもあまりにも現代に近い未来を書くのは度胸がいります。
すぐ結果が出てしまいますから。

この小説に出てくることは少なくとも今現在は起こっていませんが
起こる要素は中国の置かれる環境に内包されているのでしょう。

ストーリーはともかく現状の政治の状況分析なんかは結構面白かった。
新疆ウイグル自治区をふくむ内陸は新疆,西藏,兰州とあわせて新西兰(ニュージーランドの中国語)とよばれ辺鄙なところの象徴として差別されているという。

発展から取り残され、円借款なんかもまった回っていかないと。

古くは紅衛兵が大量に押し寄せ、文化財を破壊しつくしたとか。

今は西部開発とかいって大量の金が流れ込みますが
これも漢族が主導で使ってしまうとのこと。

少数民族保護政策なんかも大量移住した漢族が
戸籍名をウイグル名に偽装して補助金もらったりしてるそうです。
これなんかはありそうな話、規制が多いと許認可が生まれ汚職が生まれる。
役人に金だせば戸籍くらいは思いの通り。

まあこうしたことが真実はどうかしりませんけど
漢族都市住民はウイグル地区に対する差別感情があることは確かでしょう。

私が北京にいたときも
若い女性の先生が言いました。
外地人には気をつけたほうがよい。
特にウイグル出身者は強盗が多いから危ない。
私も取られそうになったことがあると。

この先生は両親ともに大学教授で両家のご子息で学もあるのですが
こういう発言を簡単にするのです。

そもそも新疆ウイグル自治区って名称自体なんか差別の語感があります。
新疆ってのは新しい領土ってことですから。

でも今となっては資源がたっぷり埋まってますから放しませんよー。

この小説こうした背景を読むのは面白いのですが
中国を描いていながら中国の匂い、雰囲気を全く感じない不思議なものでした。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-11-25 17:01 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2007年 11月 18日

あいまい音

最近中国語の学習をさぼりがちな私ですが
密かな楽しみは、洗濯物を干しながらiTune でchinese podを聞くことです。

以前は毎日通勤電車で中国語学習のCDを聞いていましたが
そうしますと読書量がぐっと減ってしまうので最近は読書に戻してます。

すると中国語を聞く機会が減りますのでchinese podをPCにおとして聞きます。
ただPCに向かっているだけだと手持ち無沙汰になりますので
洗濯物を干しながらというのがちょうどいい感じ。

私はadvancedを聞きますが結構面白いネタが多いです。
先日は输入法(入力法)というテーマでした。

入力法にもいろいろあるという話で特に興味をもったのは
「南方模糊音」(南方あいまい音)という入力法がとのことで
它可以识别很多南方人的发音习惯。方便了许多南方口音比较重的人。

多くの南方人の発音くせを識別できる。
南方なまりが比較的に濃い人に便利です。


笑いました。
方言を矯正するんではなく方言をそのまま入力して正しい標準語を打ってしまおうと
いう逆転の発想。中央政府の普通語普及政策に反しているかも。
でもこのほうが気軽に使えるのでもっとひろまるかも。

たしかに普段、上海語や広東語をしゃべっている人で子供のころから
ピンインなんてならったことのないオジちゃんたちにしてみたらこれは便利。

どんな感じかというと
微软拼音输入法:提高输入效率(MSピンイン入力法:入力効率を上げる)

目前系统支持的模糊音主要有:(今システムはは主に下記のようなあいまい音をバックアップしてます。)

  声母:z=zh,c=ch,s=sh,n=l,l=r,f=h,f=hu

  韵母:an=ang,en=eng,in=ing,wang=huang


如: 用户输入“wosiyigebin”,系统返回:“我是一个兵”,从而方便了用户的使用

たとえばユーザーが“wosiyigebin”と入力すると
“我是(shi)一个兵(bing)”とシステムは答えます。
したがってユーザーは便利に使えるのです。


こうした音が南方人の特徴だということを知っておけば
南方人との普通語会話もよりスムーズになるかもしれません。

先日も台湾でお客さんが
wu ci と発音する意味がわからず書いてもらいました。
五呎(wu chi)=5インチ のことでした。

聞き取りベースで入力するといいかも。

このおじさんはPCなんか使いそうにありませんでしたが
こんなソフトがあると確かに便利ですね。

日本もずーずー弁入力法、関西弁入力法なんてあるといいかも。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-11-18 09:28 | 中文練習 | Comments(2)
2007年 11月 13日

一人っ子政策のゆがみ

日垣隆の本が面白いとすすめられ初めて読んでみました。
世間のウソ (新潮新書)
日垣 隆 / / 新潮社

その中に「人身売買のウソ」として中国の話が載っていました。

2003年広西チワン自治区で赤ちゃん118人を売り飛ばしたとして52人が逮捕された。
被害者はほとんど女児で、犯人は袋詰めにして運び都市で売りさばこうとした。
犯人には医者や医療関係者が含まれていた。

という記事についてなのですがニュースの表面だけ見ずに背景を見極めよとのこと。
極悪非道なイメージが先行しますが裏を読むとこうなるそうです。

まず一人っ子政策。
ひとりしか生めない。
男子がほしい。女子はいらない。

妊娠したら生みたい。中絶するにも金がない。
産んでも罰金が払えない。

そこで医療関係者たちが解決策として産みたいが育てられない人に
子供がほしい人に斡旋していた可能性があるとのこと。
物事見方によっちゃどうとも取れる。

ただし政府はこれを許せない。
一人っ子政策徹底のための見せしめとして逮捕しつるし上げる。

ここまでは本を読まなくても想像できます。
ただそこにはさらに裏がある。

チワン族自治区での話しだということ。
少数民族は場所によって一人でない場合もあるそうですが
最大の少数民族チワン族地域は産児制限にそもそも反対があるそうです。
それがさらに気に入らない政府は厳しく取り締まったとのこと。

本はそこまでですがこの問題さらに奥が深いようです。
今年5月同じチワン族自治区で一人っ子政策に反対する暴動が起こっています。
「一人っ子政策」違反取り締まりに抗議する住民ら「残忍な取り締まり続けば再度暴動も」

ここでは攻守交替。
一人っ子政策を強引に推し進める政府の非道ぶりが伝えられます。
二人目を生んだ親が罰金を払えないと家財まで没収。
あげくは強制手術。
あまりの取り締まりに民衆の怒り爆発。
大暴動。庁舎に火をつけたり、車も炎上、迷彩色の治安部隊も出動。
下記参照。
2万人“女性狩り”強制手術…中共の非道に怒り頂点

物事には両面ありますが
この問題の根源は一人っ子政策がもたらすゆがみにあります。
人の自然な本能的なものを抑えつけるのは無理があります。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-11-13 22:04 | 時事 | Comments(2)
2007年 11月 12日

パリス・ヒルトン?

先週Dubaiからお客さんがあり、六本木で飲んでいたところ
よこにいた小姐がいいました。

「今日109でパリス・ヒルトン買い物してんの、この距離で見ちゃった!!」
「だれそれ?」
「やだー知らないの? チョー有名じゃん。マジメなんですねえ?」

「マジメかなんだか知らないけど、とにかくだれそれ?」と他の人にも聞いてみると
誰もが知っている。
Dubaiからきた白人のお兄ちゃんにも聞いてみると
「昨日は俺と同じホテルに泊まっていたぜ!」
超高級ホテルに泊まってます。

ヒルトンホテルの一家のセレブでとにかくチョー有名らしい。
セレブなのにめちゃくちゃな生活をしてる人騒がせ女とのことで
彼氏とナニしてるビデオが流出しただとか、酔っ払い運転で逮捕されただとか
胸がでかいだとか小さいだとか、みんなで盛り上がっていました。
ただ私はまったくわからない。

家に帰ってネットで写真を見ましたが全く見覚えのない顔でした。
私が街で見かけても素通りしたでしょう。

でも悔しいから中国語でも検索してみて記事を読んでみました。

一直以“花花公主”名扬天下的希尔顿女继承人帕丽斯·希尔顿,现在似乎已经厌倦了在演艺圈挑选佳偶的生活,转身将注意力投向象征着地位和权利的英国王室!这位花名在外的富家千金此次瞄准的猎物不是别人正是英国“混世魔王”——哈里王子!

ずっとプレイボーイならずガールとして名をはせてきたヒルトンの相続者パリス・ヒルトンは
現在すでに芸能界から選んだ連れ合いとの生活にほとんど飽きており
地位と権力の象徴である英国王室に注意力を向けた。
この浮名をながす富豪のお嬢様の狙いを定めた獲物は誰であろうそれはまさに
英国の暴君、ヘンリー王子である。


なんでも誕生日にヘンリー王子をよんじゃおうって計画してたらしい。
しかもウィリアム王子から乗り換えてヘンリーにしたらしい。
でもさすがにチャールズ皇太子の反対にあって実現しなかったんですって。

この帕丽斯·希尔顿(パリス・ヒルトン)さん中国大陸でもかなり有名らしい。
帕丽斯-希尔顿月底首度来上海参加MTV颁奖 パリス・ヒルトンが月末初めて上海に来てMTV受賞式に参加

日本のあとは上海に行くらしいです。
資本主義の腐敗の象徴みたいなもんですが受け入れられるんでしょうか。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-11-12 22:31 | 時事 | Comments(5)
2007年 11月 10日

ファスト風土

ファスト風土化する日本―郊外化とその病理 (新書y)
三浦 展 / / 洋泉社

前に本屋で見たときには帯にこうありました。
「犯罪現場の近くにはなぜかジャスコがある」
こんなショッキングなこと大きく出していいのかな、さすがにやばいだろと
思いつつもかなりインパクトがあり印象に残っていました。

買ってからも暗い本なので何度も中断しつつも先日読み終えました。

地方都市の風景が均一化して「ファスト風土化」して、コミュニティを破壊し犯罪を増加させているとのこと。
確かにこのどこに入っても同じ風景の郊外の国道沿いってのはほんと嫌になります。
量販店、パチンコ屋、車のディーラー、ファミレスetc 全国チェーンのものばかり。
最近はサラ金無人店舗も増えました。

著者曰く
この郊外の住民は同時期に開発された住宅地に住むため
年齢や家族構成が似通っており、競争が激しくなる。
特に子供の学歴が激しくなる。
またサラリーマンが多く、働く大人の姿が見えない。見本がない。
車でしか移動できないため子供は近所で遊ばないでショッピングセンターでの消費生活が中心になる。買い物かゲーム。そしてますます均一化していく。そんな均一化された無機質社会が全国どこへでも道路でつながって移動して行けるようになる。
そんな社会で育った子供たちは匿名性が高く、犯罪が増えるとのこと。

私は郊外化はともかく、この均一化した社会と平等主義が昨今の日本をだめにしたと考えてます。
戦後民主主義教育のなかで平等、平等と教えられ、皆に公平にチャンスがあると
言われてきましたが、その実、平等なんてあるわけはなく
皆、ばらばらな家庭環境で、財力も違うし、能力も違う。

それが平等なんだっていいつづけるから、いろんな結果に差異が出てきたときに
現実とのギャップに打ちのめされる。
なんでうちだけ?
なんで俺だけ?
なんでうちの子だけ?

そしてそんなのが積み重なって自分がこわれっちゃっったり
犯罪をおかしちゃったりするんじゃないでしょうか?

でも社会の資本が戦後確実に蓄えられていますので
いくら貧乏でも餓死するわけじゃなし、それなりに食えるし、テレビ見れるしも
パソコンも出来る。

それが逆に無気力を生むことになり社会は活力を失っていると思います。
格差社会がどうのって騒いでいますが
格差なんか最初からあるし、その格差を乗り越えてやるって気概が活力を生むんでしょう。
それが弱者を助け格差をなくし、平等平等、一億中流なんてのはナンセンスだと思います。

その点、中国の人たちは激動期の超格差社会に生きてますから
眼が違う。生きるのに必死です。

地域格差もすごいですから地方にも都市に負けるなって勢いが
ありますし、中央の言うことなんか聞いていられるかって意志がある。

日本も都市が先に発展しましたが、その後は地方への利益還元を
公共投資という形で行い、道路もいっぱい作って助けました。
でもその助けだいつの間にか利権になって腐っちゃった。
そして地方文化をうしなって中途半端なミニ東京ができて無機質な活力なしになった。
地方が取り残されたからお金ください。これって違うだろ。

中国も今、ものすごい勢いで道路が作られ、都市化の波が地方に行ってますが
30年後はどうなるんでしょうか?
日本よりはるかに大きいですし、中央の影響力が小さいですから
別の道をいって地方の魅力も残し、お互いが切磋琢磨する活力のある社会になってほしいものです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-11-10 22:06 | 学習 | Comments(2)
2007年 11月 03日

隣国 ソ連

スターリン暗殺計画
桧山 良昭 / / 双葉社

以前どこかで絶賛されていたのでずっと読みたかったのですが
古本屋で見つけて読みました。
あとがきを見ると私が大好きな開高健も激賞したとのこと。

内容はミステリーですので種明かしはまずいですから読んでいただくとして
この時代のソ連と日本というのはすごく身近にいて、すぐに感じられるほどの
脅威の対象であったということがわかります。まあフィクションなんですけど。

明治期のロシアの脅威は司馬遼太郎なんかが再三かいてますけど
昭和のソ連は満州と陸続きなわけで、しかもその満州はすぐ前まではロシアの権益
であったんですから当然といえば当然。

この小説に出てくる満州は中国の存在はほとんど感じません。
舞台は中国大陸ですけど登場人物はソ連と日本。
謀略につぐ謀略。あげくはスターリン暗殺を計画。

ソ連やロシアってのはやっぱりなんか違和感があって恐怖の対象です。
現代では北方領土があるものの直接身近に脅威を感じることはないのですが
やっぱりなんか不気味です。

なんで怖いのか?やっぱり未知の存在だからだと思います。
顔も体も目も髪もまったく違う。冷戦時代の小説にでてくるKGBのイメージが鮮明で
なかなか冷静に見れない。

今も資源ブームで力を盛り返してきて経済も好調で接点も出つつありますが
やっぱり未知の怖さがあります。
エリツィン以後のマフィアのイメージもそれに拍車をかける。
商売でみそをつけて黒海に沈められたトレーダーの話や
ビルから投げ落とされて自殺に見せかけさせられた商社マンの話なんかが
まことしやかに話されてさらに怖くなります。

先日ソ連時代に駐在だった方に話を聞きました。
電話はすべて盗聴され行く場所は全部チェックされてたそうです。
恨まれて車に爆弾仕掛けられて、危うくセーフだったが
その日のフライトで日本に逃げ帰った人もいたそうです。

スパイ行為をしろとか言われませんでしたか?と問うと
「言われましたよ」とあっさり。
「OKしたんですか?」
「もちろんですよ。ほかに選択肢がないですから。」

ある日警察に呼び出され、前の週に立ち入り禁止区域をドライブしたことを追求され
情報提供することを条件に許されたとのこと。

でも幸いソ連末期の時期でまもなく体制が崩壊したため
実際には情報提供する機会がなかったとのこと。まあそれは本人のみ知ることです。

体制崩壊後は情報員の大量失業があったそうです。
すべての外人の電話を盗聴するわけですからそれだけ語学の達人が雇われていたわけです。
体制崩壊で盗聴する意味がなくなり失業。
今はNOVAのとかで教えていたりして。
ここでも失業じゃちょっとかわいそう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-11-03 20:31 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)