中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 28日

饅頭と三国志

先日南蛮という記事へ「馒头(mantou)は南蛮(nanman)の头=頭のことだ」というショッキングな
コメントを頂きました。
後日詳しく聞いてみるとその由来には三国志の諸葛亮まで登場するらしいのです。

そこでちょっとネットで調べて見ますとこれは面白い三国志のスターがいっぱいでてきました。

まず蜀の諸葛亮は南の野蛮人を制圧しようと軍を出すのですが
そこで登場するのは「泣いて馬謖を斬る」で有名な馬謖。
南蛮を攻めるにあたっての心得を諸葛亮に説きます。
“攻心为上,攻城为下”

城を攻めずして心を攻めよ。つまり征服後長く平和をつづけたいなら心を征服せよ。

それで心を征服されちゃったのが孟获。
七擒七纵という成語にもなってしまったのですが
南蛮軍の長として戦った孟获は諸葛亮に7回捕らえられて7回放してもらいます。
そこでとうとう服従することになります。

でここからが饅頭の話诸葛亮与馒头

孟获を服従させ南蛮地域を制圧し国に帰ろうとする諸葛亮軍は
荒れ狂う川に足止めされます。
なんでもこの川が暴れているのは異郷の地で戦った兵士たちの魂が原因なのだそうです。

どうしてもその川を渡りたい諸葛亮はこの地に詳しい孟获に解決方法を尋ねます。
答えて曰く
“要用七七四十九颗人头祭供才会平安无事,而且来年肯定丰收。”
49人の頭を祭祀用に供えれば平安無事になりますし、来年はきっと豊作になります。

つまり南蛮人を捕らえて首をはねて供えろと。

ただここは文明人の諸葛亮そこでさらに49人戦死したら
荒れ狂う魂がさらに増えるだけではないかと思い当たった。

そこで考え出したのが饅頭。
饅頭を南蛮人の頭の代わりにお供えしたそうです。
めでたしめでたし。

他命令士兵杀牛宰羊,将牛羊肉斩成肉酱,拌成肉馅,在外面包上面粉,并做成人头模样,入笼屉蒸熟。这种祭品被称作“馒首”。
彼は兵士に明示牛や羊を屠殺し、肉味噌のように切り刻み、肉餡を捏ね
外側を小麦粉で包み、人の頭のように仕上げ、かごに入れて蒸す。
このような供え物を馒首と呼んだ。


これが転じて饅頭になったと。
なんか作り上げる工程が妙にリアルで気持ちわるいです。

人の頭だと思ってたら肉まんも食べれませんね。
このままでは落語の「饅頭怖い」とは違って本当に怖くなっちゃいます。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-28 22:23 | 文化、歴史 | Comments(2)
2007年 05月 26日

不思議な「ほうき」

先日北海道に出張した際、お客さんがこぼしていました。
「不景気で商売が全くだめだ。特に日用品部門の売り上げが悪い。」
その上かなり損失を出したそうです。

日用品なんて大した儲けはないでしょうけどそんなに損もしないでしょと思い問うと。
「中国製に手を出してやられっちゃったよ」

でも中国製っていったって日用品なんかは今やほとんどが中国製なんですから
いまさら問題もあるのかいな。

「ほうきで損を出したんだよ。全然売れないし。全部返品されて来るんだ」

なんでもそのホウキ、掃除すればするほど家が汚くなる不思議なホウキだとのこと。
ほうきの先の毛が抜けたりするのでしょうか?さにあらず。
ホウキの毛の間にホコリが詰まってて掃除をするとホコリがどんどん出てくるというのです。

そうじ力なんて言葉が最近流行ってまして私も先日本を買っちゃいましたが
このホウキを使ったら逆効果間違いなし。

このホウキを大量に仕入れちゃったものの全く売れずに処分しなきゃいけないそうです。
この仕入れをしたのはその会社のオーナー会長さんで自ら中国に乗り込んで
買い付けしてきたとのことで社員のだれも表立っては文句は言えないそうです。

検品くらいしないのかと思うのですが
サンプル品は最高のもので現地でチェックした品物もいい製品だったそうです。
難しいですね商売って。
まさに安物買いの銭失いとはこのことですね。

まあでもホウキくらいでよかったですよね。
家が汚れるって客の文句一回に耐えればいいだけですから。

昨今の中国製の薬で死んじゃったり、ドッグフードなんかで愛犬が死んだり
するようなことはないわけですから。

こんなものもありました。
中国の一流ホテルで歯ブラシを使ったとき磨くと口に違和感を感じました。
歯ブラシの毛が抜けるんです。
吐き出してまた磨こうとしてもポロポロポロポロ。
一日の暴飲暴食を寝る前にリフレッシュするはずがいつまでも抜けた毛の感覚が残る嫌なものでした。

中国のメーカーと付き合う場合は製品製造技術力やコストも大事ですが
一番大事なのは不良品管理を徹底することですね。
私も以前中国でもらった100円ライターでエライ目に合いました。不良品→危機一髪

あとは不正を見抜く体制をとること。
インチキ品を混ぜられたら終わりです。

私も買い物する時つい安さに目が行き買ってすぐこわれるなんて経験がありますが
先日は日本製の自転車の空気入れを買って重宝しております。

いつもは自転車屋さんで自動空気入れ機なんかで入れていたのですが
たまたまサッカーボールに空気を入れなくてはならないときに
空気入れを買いに行きました。

安い1000円以下の価格をイメージしてたのですが
その雑貨屋のは3000円。ちょっと高すぎだと文句をいうと
これはいまどき珍しい日本製で耐久性抜群で抜群だと売り込んできました。
店のおやじさんも自分の家で使っていて10年使っていると。

なんだかそれを試してみたくなったので買ってみました。
気分の問題かも知れませんがこれが使い心地最高。
滑らかなストロークと安定感。マジで10年使えそう。
でも900円のが三年で壊れて買い換えたらそっちのほうが安いかも。
でも気持ちがいいですよ。いいもの使うと。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-26 22:01 | 時事 | Comments(2)
2007年 05月 24日

風水で金がたまる

先日ドバイのイタリアンレストランで初めて会ったお客さんと財布の話になりました。
何でも前日財布をなくしたがその日何も取られず帰ってきたとのこと。
外国ではありえないことです。

「状元さんの持ってる財布は長財布ですか?折り曲げタイプですか?」

私は折り曲げタイプです。
以前長財布も短期間つかったことがありますが
長財布はお尻のポケットに入りきらないから不便です。
普段は財布を内ポケットに入れてますが食事のときなど上着を脱ぐ際は
お尻のポケットに入れます。

「それが何か?」

「それではお金がたまりませんね。」

まあ財布の形のせいかはわかりませんがお金がたまらないのは事実なので
聞いてみると
なんでも折り曲げタイプの財布はお札にとって居心地が悪いそうです。
窮屈に曲げられて逃げ出したい気分になるそうです。

一方長財布のほうはしゃきっとして居心地がよく
仲間がどんどん集まってくるそうです。

さらにお札はなるべく新札をそろえ
向きも同じに入れるべし。
余計なレシートなんかはすぐに捨てお金にとって快適な空間をつくるべし。
するとあらまあ不思議がっぽがっぽ。うっしっし。
そして3年経ったら新しい財布を買いなさいと。

その観点からゆくと私は最悪。
折り曲げタイプ。
5年くらい前に購入。
しかも韓国で買った黒いビトンのイミテーション(A級)。結構丈夫でパリッとしてます。
中には期限切れのサービス券、レシート、クリーニング屋の預り証、中国語教室のスタンプカードなどなど。
種種雑多なものがごちゃごちゃ。

居心地わるいだろうなあ、お金ちゃん。ごめんなさい。
長財布買ってあげるからね。お友達連れてきてよ。

これは風水から来るらしいのですが
これを教えてくれた方もはじめは全く信じていなかったとのことですが
昨年お父上を亡くされその後不運続きであったところ
妹さんが風水師に頼み家を診断してもらい改善し、運気の流れを良くしたところ
あら不思議運気が上向き、その後開店した小料理店も大繁盛でフワーッとお金が集まったとのこと。

あやかりたいあやかりたい。
でシンガポールで本屋に寄った際レジの脇にあった2007年の風水カレンダーを買っちゃいました。
残念なことに中国語版でなく英語版でした。

帰国後その風水カレンダーをみながら出張日程を振り返ると
バングラで飛行機で死ぬかと思ったあの日の欄には
飛行機に乗るなマークが書いてあるではありませんか。

風水侮れず。

よし長財布買うぞー。

と思いつつ一ヶ月が過ぎました。きっとこのまま忘れちゃうんだろうなあ。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-24 22:11 | 文化、歴史 | Comments(4)
2007年 05月 20日

南蛮

中華思想では中華を取り巻く周りはみんな野蛮人で四夷と呼びました。

今読んでる「世界史のなかの満洲帝国」にその説明がありました。

東夷、西戎、北狄、南蛮。

夷は低いという意味でデルタ地帯で農耕と漁撈をいとなむ人々。
戎は羊毛の意味で西方の遊牧民。
狄は交易の意味で森林に住む狩猟民。
蛮は人の意味で焼畑農民を指すんですって。
そしてそれらに囲まれた城壁の中の都市に住むのが中華の人々とのこと。

というと日本を東夷というのは合っているような気がします。農耕と漁撈ですから。
でもその日本の武士のトップが征夷大将軍ってのはなんか変。
東夷が征夷って誰を撃つのか。日本の朝廷も中華になっちゃったんでしょうか。

四夷の中で日本語で一番なじみがあるのは南蛮かもしれません。
ポルトガル人は南蛮人と呼ばれます。

先日お客さんと食事をしていますと、その南蛮が話題になりました。
うまいと紹介してもらった蕎麦屋が期待はずれであったと言うと
「かも南蛮」食べなきゃだめだよと。

ところで「かも南蛮」の南蛮の意味をしってるかと聞かれました。
ポルトガル人が食べるような変なものって意味ですかねえ?

お客さんが答えて曰く
その南蛮はナンバンでなく本当はナンバなんだ。
大阪の難波。

カモ難波。じゃあどうして難波なのか。
難波とはネギのことで、昔難波はネギの一大産地だったそうで
大阪ではネギのことをナンバともいうらしい。

カモ難波がいつの間にカモ南蛮に転じてしまったらしい。
確かにネギはいってるなあ、鳥南蛮もカモ南蛮も。

そしてこの組み合わせも
「鴨が葱しょってくる」なんて諺にもなっちゃってるぐらいメジャーになったわけです。
でもその南蛮が葱だったなんて全く知りませんでした。

カモネギだなんていうのもカモナンだって言っていいのかも。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-20 22:53 | 言葉 | Comments(5)
2007年 05月 17日

渤海で日中合作

渤海湾で大型油田発見なんてニュースがありました。
資源の巨大な消費国にとっては世紀のニュースかも。

その昔、日本と中国でいっしょに渤海湾で石油開発しましょうというプロジェクトがあったそうです。

渤海というと昔、中学校だか高校のとき歴史の教科書に唐の時代の中国大陸の地図がでていてそこに渤海国という大きな国があり気になっていました。

この渤海国、当時の日本との関係もよろしく、何度もお互いに使節を交換していたそうです。
意外にこれからの日中友好にも重要な地域になるかもしれません。

いまでも討論番組なんかで尖閣諸島の問題が取り上げられると
渤海湾形式なんて話が時々出てきます。
要は中国の領域内で日本の技術力を持ってして石油を掘りましょうということ。

先日その日中石油開発プロジェクトの実際の現場で働いた人にお話を聞く機会がありました。
現場というのは実際に海洋上で石油の掘削をするためのオフショアプラットフォームです。
d0018375_22111392.jpg

海洋構造物で働くなんてのはちょっと想像できない世界です。
仕事はともかく寝泊りもそこでするそうです。
たまにヘリコプターが迎えに来て陸地にもどれるらしいのですが
基本的には何十人もの人たちとそこに暮らし移動できない。
近くに数本同じようなオイルリグがあったそうですが、そこに移動するのもヘリ。

しかも外気温はマイナス20度まで下がるそうで海に落ちたら一瞬で凍死するとのこと。
よって皆外に出るときはドライのウエットスーツを着込むそうです。

そこで彼がしていたのは中国語の通訳。
大学で勉強し中国専門家として入社したもののまさかいきなりこんなところで勤務するとは
とおどろいたそうです。

当然ながら技術専門用語なんてわからなかったそうですが
日本から行ったのは彼以外技術者らしく常に技術の話題ばかりで往生したと。
しかも日本の技術者も東北出身の方ばかりで日本語すら聞き取れなかったとのこと。
その東北なまりの技術者の指導を中国人の作業者に伝える大変な仕事です。

二年間そんなハード現場ではたらいたそうです。
ところでそのプロジェクトは今どうなったんですか?と問うと。
近年の一連の行革において清算されましたと。

公団設立以来、その供給資金によって作られた石油開発会社は実に293社にのぼり、そのうち200社が平成11年度までに既に解散済みか解散準備中。中でも目を引くのは、中国での石油開発を手掛ける「日中石油開発」が、1、900億円もの負債を抱え解散を決議、東京地裁に特別清算を申請した一件である。不確実な開発案件に資金を投入した結果、これだけの巨額な税金が文字通り海の藻屑と消えたにもわらず誰一人その責任を問われていない。当の「日中石油開発」社長は、石油公団が70%出資する「秋田石油備蓄」に天下りし、また当時の経営陣にはきっちりと役員報酬が支払われている。石油公団

悲しい結末です。苦しいおもいの末がこんなことなんて。

でもこういう現場の地に着いた日中交流が友好へ続く道なんでしょう。
ただうがった見かたをしますと
この日本技術者の努力が日本では水の泡と消えたのですが
今回の中国サイドの油田発見へとつながり、
大きな果実は中国だけのものになっちゃっうんじゃないのと懸念いたします。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-17 22:35 | 時事 | Comments(2)
2007年 05月 12日

パナマ帽の男

昨日は出張先で外人を連れて打ち合わせでした。

朝ホテルに迎えに行ったのですが
初対面でしたのでちゃんと会えるか不安でした。

ロビーに着くとソファーには白人が一人と東洋人が二人。
目指す相手は西洋人なので白人をよくみるといかにもそれっぽくない。

パナマ帽を目深にかぶりサングラスをかけ
ダークスーツで足を組み英字新聞を大きく広げるガタイのよい銀色の短髪。
なんか南国の植民地を闊歩する英国人みたいな感じ。
年齢は50代後半かな。
d0018375_23291579.jpg

おおキザなおっさんだなあ。奴ではないだろう。
フロントで確認するとたった今チェックアウトしたばかりだとのこと。
ということはあいつかよ。

恐る恐る声をかけるとそのとおりでした。
かなり手強そうです。一日彼の通訳をしなきゃならないと思うと気が重くなりました。

打ち合わせの始まるころ上着を脱ぐと中には太い真っ赤なサスペンダーをしてました。
なんというかっこ。日本的センスではできない。

正午ごろ彼はある書類を要求しました。
それを探すのは時間がかかるので
とりあえず昼食にしようと声をかけると
俺は昼飯は食わない。このまま会議をつづけようといいます。
しょうがないので書類をとりにいってもらうよう私が依頼し
担当者が席をたったすぐ後に彼はいいました。
「さあ飯にしよう!」

なんだこいつは!
まあ年は私の父の世代ですのでここは穏便にと
食事に向かいました。

工場の食堂は外人が好みそうなものはないので
事前に外人用スペシャルランチを用意しておきました。
すると彼はうどんがよかったと言い出します。
もしうどんがいいなら手配しますよというと
席についてスペシャルランチを食べだしました。

昼食中は彼の自慢話を拝聴。
なんでも最近東京にマンションを買ったらしい。それも現金で買ったと。
でもお国にも家があるらしく
そのメインルームは東京のマンションのすべての部屋をたしたものより大きいのだと。
その家の庭にはジャングルがあるらしくマンゴーやパイナップル、グレープフルーツがなり
窓の大きい部屋でジャングルをみながらグレープフルーツの実をくりぬいて飲む
ウォッカは最高だぜ状元くん!

リッチですねえ。
まあな昔はリッチだったよ。今は引退したも同然だからな。あっはっは。

なんて話をしながら午後の部に突入。
午後もハラハラしながらなんとか予定の仕事を終えました。
結果は思いのほか良いものでした。
そして飛行機の予約をしてあげてタクシーを呼んでグッドバイ。

ああやっと終わったと思うと安心して、どおっと疲れがこみ上げてまいりました。

会議室にもどると、なんとまあ彼が忘れ物をしていました。
まじかよ。また話さなきゃなんない。
と携帯に電話をかけてその旨を伝えると
その返事より先に、
状元君、君ドライバーにタクシーチケット渡してないだろ!
おかげで自分で払ったじゃないか!terrible!

この一言でさらにつかれ倍増。後味の悪いものになりました。

やっぱお金持ちはこうでなきゃいけないいですね。
無駄な金は一切使わない。
払わせるものはきちっと払わせる。

俺もいつかジャングルでカクテル飲むぞー!

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-12 23:29 | 生活 | Comments(1)
2007年 05月 07日

白衣の天使 ナイチンゲール

先日子供たちを連れて近所の図書館に行きました。
昔から図書館が好きでよく行ったのですが最近は落ち着いて本を読めることなんてありません。

あれ読めこれ読めとせがまれるし、ほおっておくと走り出して大声を出して遊びだす。
挙句は二人で喧嘩を始めます。周りの人に迷惑にならぬかと気まずい思いで声を上げずに
怒りますが効き目はほとんどありません。まさに尴尬な気分です。

で娘のほうは近頃PCの検索で本を探す方法を覚え楽しんでいます。
その日はいつもいく図書館とは別なところへ行ったせいでやり方がわかりません。
私が弟のほうに絵本を読んでやっていると
本を探してくれとせがみます。

自分でできないなら直接本を探しなさいといいますが
なんども言います。
結局折れて何を探したいか尋ねると
「ナイチンゲール」の本といいます。

これはいい選択だと思い探してやる気になりました。
というのも私の妻は看護婦なので
娘もナイチンゲールが好きで小さなころから読み聞かせの本でもお気に入りでした。

検索が面倒なので直接伝記コーナーに行き探しましたが見つからず
結局検索機へ向かいます。
これがローマ字で打てないタイプで直接かな文字を入力したのですが
なかなかうまく字が見つからずに苦労しました。

ナイチンゲールの本はいくつかありましたが
ほとんど貸し出し中で一つだけ絵本が残っていました。

探し当てて絵本を手に取るとなんかすごい違和感。
なんかこの本違うだろ。

というのも表紙にはどう見ても昔の中国人に見えるひげのおじさんが描かれていました。
どうみても白衣の天使には見えない。
中を見てもどうやら中国のお話です。
で作者をみるとなんと童話作家のアンデルセン。

ナイチンゲールのそもそもの意味は「夜鳴きウグイス」のことらしく、
このお話は中国の皇帝の飼っていた鳥のお話でした。
学のない私はアンデルセンにそんな童話があるのをしりませんでした。

結局その本は借りずに帰ったのですが
どうにも
気になっちゃいまして調べてみました。

あらすじはこんな感じです。
本の表紙はこんなのナイチンゲール

中国皇帝が世にもきれいな泣き声をするウグイスを手にいれますが
その後、宝石をちりばめた機械仕掛けのウグイスの鳴き声が気に入り、
本物のウグイスに飽きて放します。
今度は機械ウグイスが壊れてしまい皇帝は病に倒れます。
死ぬ間際もう一度あのウグイスの声が聞きたいと皇帝がいうと
その心優しいウグイスが戻ってきて声を聞かせてあげる。
すると皇帝の病も治ってしまう。チャンチャン。めでたしめでたし。

なにが教訓なのか私にはわかりません。
わがままな皇帝は最後までいい目をみます。

19世紀のヨーロッパ人アンデルセンにとって中国は未知の国でしょうけど
皇帝が一人で君臨してるというイメージはあったんでしょうね。

でもアヘン戦争が1840年ですから意外と中国は身近な存在だったのかも。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2007-05-07 23:04 | 生活 | Comments(9)