中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 29日

人口大爆発

貝と羊の中国人
加藤 徹 / 新潮社
を読みました。その中の一章に「人口から見た中国史」というものがあり、王朝の栄枯盛衰を人口
の増減との関係で述べています。

 歴史的に国が栄えると人口が増え、時期に多くなりすぎた人口を養えなくなり、
王朝への不満が爆発し争乱になり、王朝が滅びる。そして新しい王朝のもとの平和な世に
だんだんまた人口が増えていく。こんなサイクルが何度も繰り返してきた。
でもわかっていながらこれを回避できた王朝はなかったとのこと。

 で今の共産党中国は人口爆発を抑えるためいわゆる一人っ子政策を採っています。
でもスタートが遅すぎた。実は1957年に早くも人口抑制の必要が唱えられたのですが
毛沢東が批判し、採用されませんでした。

 そして結局人口爆発。で遅まきながら1979年にやっと一人っ子政策開始。
1957年に6億5千万弱だったのが1979年には9億7千万人に!!

“错批一人误增三亿” 一人を批判して、三億増えちゃった!


なぜ毛沢東が批判したのか?
著者いわく、アメリカとの全面核戦争に人海戦術で対抗するために人口を増やしたかったと。

この批判された人は当時の北京大学学長、马寅初といいます。
私の持っている「中国の歴史に影響を与えた100事件」という中国語の本にも
このことが載ってます。

4000年の歴史の100事件の中の一つに数えられ
「批判马寅初」(馬寅初を批判する)という題になってます。
北京大学の方が編集なのでちょっと贔屓めかもしれません。

何故批判されたのかがり知りたくて読んでみましたがさっぱりわかりませんでした。
当時右派との闘争のなかで彼の提出した人口論は次の批判をされたとのこと。
①マルサス主義である。
②社会主義を否認している。
③6億の人口はまだ少ない。

これに対し馬さんは対抗して言ったそうです。
“有人说我是马尔萨斯人口论,我姓的是马克思的马,不是马尔萨斯的马!”

私の説をマルサス人口論だと言う人がいるが、私の姓「馬(マ)」は
馬克思(マルクス)のマで馬尔薩斯(マルサス)のマではないのだ!


おもしろい!

毛沢東は経済オンチですが歴史に詳しいですから
過去の王朝と人口との関係を知らないはずがないですから
学術的には正しいことはわかってたんでしょう。
でも右派を倒すため、アメリカに勝つために批判したんでしょう。

当時毛沢東は中国のすべてですから彼が批判したらすべて終わりです。
ある馬さんを批判した人は言ったそうです。

“毛主席的话一句顶一万句。即使过一千年以后也是对的”

毛主席の一言は一万の言葉より上を行くのだ!千年経っても主席は正しいのだ!


「拍屁」(おべっかを使う)、ここに極まれり。

お後がよろしいようで。

以上




 
[PR]

by zhuangyuan | 2006-10-29 17:38 | 中国関連DVD、本 | Comments(4)
2006年 10月 22日

やっと終わったHSK

本日HSKを受けてきました。
普段こうした試験を受ける際は当日は勉強せずゆったりと構えて本番に備えるのですが
今日は朝一時間ばかり漢字の穴埋め問題をやりました。

というのも昨日は試験前日追い上げ勉強をやるはずが
高校の恩師が亡くなったとの報を受け、通夜に参列しました。
私はサッカー部だったのですが恩師は20数年サッカー部の顧問を務めたこともあり
参列者はサッカー部OBが多くおりました。
最近は数年の年の差なんていうものはあまり気にしませんが
体育会系上下関係は一年の差が絶対であり、卒業して20年近くたっても
先輩は先輩で儒教的長幼の序が生きております。
40過ぎた叔父さんが喪服着て先輩に「チワッス!」とか言うのを見ると笑ってしまいます。

今朝は少し勉強したあとに子どもたちを連れ近所の高齢者センターのイベントに
行ってまいりました。先着300人にお菓子が配られけん玉メンコなど昔の遊びが楽しめます。
長幼の序の最高峰におられる方々が学生気分で屋台で焼きそばなどを売っており
ほほえましい姿が見れました。子どもたちは風船で剣や冠を作ってもらい大喜び。

文化活動なども種種さまざまなことをやっており充実しています。
さすが高齢者大国日本です。私の祖母のいこいの場で毎週卓球をやってるそうです。

ある張り紙が気になりました。
「ここにはAEDを設置しています。」
大きな字でいろんなところに貼ってあります。
なんか大事なものでよく使われるものなんでしょうけど見当がつきません。

看護婦である妻に聞いてみました。
心臓マッサージをする器械のことだそうです。
なんか現実に引き戻されました。
そんな多いのか?心臓止まる人が。
だいたいAEDなんてわけのわからぬ名前で呼ばず簡単な名前で呼べばいいのに
心臓蘇生機とか。でもこれだと生生しすぎる。

ちょっとHSKから話がそれすぎましたすみません。
午後からはHSK試験です。

前回、前々回は8級まであと一点、あと3点で7級。
今回はラストチャレンジで8級を目指してます。

二回とも聴力がだめで特に短文がだめでした。
よってこの一年ゆっくりではありますが短文リスニングばかり練習してきました。

で試験本番。
なんか学生っぽい若い人が増えたような気がします。
私の周りは同じ大学の仲間らしくたぶん学校の単位に必要なんでしょう。
だんだん人数も増えてるような気がする。
以前は一個おきの座席でしたが今回は隣にも人がいて狭い。熱気で暑い。

結果は?
短文は出来ました。
今まで最高の出来でした。
ただ勉強の成果なのか問題が簡単だったのかはわかりません。

ただ練習してこなかった長文がメタメタでした。
今までで最悪。短文の出来にほっとして集中力が切れました。
そこに開いている窓のからバイクの音が。(言い訳)

その他の部分は語法、閲読はok。
総合はイマイチ。
(今朝の最後のあがきの成果なし。積み重ねが足りない。でも弱点は認識してました。)

やっぱり勉強の量に比例するのです。
閲読は特に勉強してませんがこの一年中国語はほとんど毎日読んでましたから
読む能力はずいぶん上達したように感じました。
閲読は60分のところ35分で終わりました。余った時間でトイレに行きました。お恥ずかしい。
満点かもな?

で私の甘めの結果予想。

聴力:7級
語法:8級
閲読:8級
総合:7級

でやっぱり7級かな?前回とのあわせ技で8級くれないでしょうか。
いずれにしても結果は60日後。

物理的はたいした勉強をしてませんけど
心理的には気にしてましたのでやはり終わるとホットします。

だけど長文リスニングの嫌な後味が残っています…。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-10-22 21:03 | 学習 | Comments(12)
2006年 10月 15日

中国映画 「東京裁判」

先日、日本在住の中国人の方から中国出張のお土産をもらいました。
「状元さん、中国で面白いもの見つけましたので買ってきましたよ。
東京裁判の映画のDVDです。」
彼には先日、小林よしのりの「いわゆるA級戦犯」という本を上げたので
そのお返しみたいなものです。

「うわーいやな映画ですね。どうせ宣伝映画でしょ?ご覧になりました?」
「まだ見てません。でも盗版ですけど映りは良かったです。」

「昔の映画ですか?」
「今公開してすごく流行ってるみたいです。」

ということで昨夜その映画
「東京裁判」(东京审判)を家で鑑賞いたしました。

夜、HSKの聴力の模試を一回分やって、まだ体力が残っていましたので
DVDでも見ようかという気になりました。
昨夜は妻もこどもたちも皆して風邪をひいて早く寝てしまいましたので
ゆっくり鑑賞するチャンスでした。

DVDをセットしようとしたところ挿入口が開かない。
リモコンも見つからない。
なんかこの映画をみるなといっているような感じ。

やっとリモコンは見つかったのですが
結局挿入口は開かず断念しました。
一年半ぐらい前に買ったリージョンフリーの安物DVDプレーヤーでしたので
いつ壊れるだろうと心配してましたが、とうとうその日が来ました。

せっかく時間があったのにもったいないとおもい
今度はPCのDVDでトライしました。
PCはリージョンコードが日本用なのでだめだろうと思いつつトライすると
リージョンコードを変更することができました。
変更には限りがありますが、まあ語学勉強以外にはDVDなんてみないからまあいいでしょう。

19インチのモニターでしたから見栄えはok。
画面からちょっと離れて、妻のロイドチェアーに座り、スコッチの水割りを片手に
部屋を暗くしてムードを出して鑑賞しました。

で肝心の内容はといいますと、まあ想定の範囲内といったところでしょう。

9月に公開されたらしいのですが、
昨今の日中関係に楔を指す意味で作られた宣伝映画ですね。

東京裁判に唯一中国(中華民国)から判事として参加した梅汝璈が主人公です。
DVDの箱にこうあります。
中国人在国际舞台上第一次成功地用法律武器捍卫自己尊严的故事
(中国人が国際舞台において初めて成功裡に法律を武器として自己の尊厳を守った物語)


では何が自己の尊厳なのか?

まず主人公は判事の席次で主張します。
初めはアメリカ、イギリス、中国の順で決まっていたものを
中国を二番目に引きあげる。

中国がこの戦争の一番の被害者で日本を裁く権利をもっとも有しているのだと主張します。
これが第一の尊厳維持。

もうひとつは最後の場面。
戦犯を有罪にすることは決まっていた。
だが判事団は死刑を適用するかで紛糾していた。
そこで梅さんの登場。
死刑なしでは中国民衆は納得しない、日本軍国主義の亡霊を復活させないために
絶対に死刑にすべきだと判事たちを前に演説し
最後に6対5の僅差で死刑が決まるのです。

彼が法の正義を武器に死刑の流れを作ったと英雄視して終わりになります。
悪の権化東条を裁いたのはアメリカでなく、我々中国人なんだ!どうだまいったか!
といいたい感じです。

ほんと政治色の強いこの映画は最後にテロップで次の情報が流れます。

7人のA級戦犯は死刑にされたが
その他のA級戦犯、岸信介、児玉 誉士夫などは釈放された。
死刑になったA級戦犯も現在は靖国神社に合祀されている。


小泉さんとついでに安倍さんまでにらんでチクリとやるわけです。

中国の方がどういった反応をされるのか中国の映画館で見てみたいものです。

ところでこの映画の訴えるメッセージはすでに陳腐化したものの焼き押しにすぎないと
感じましたが、この映画をさらに安っぽいものにしているのは俳優たちの日本語の下手さ加減。

あまりにひどい。
有名な女優や俳優らしいのですがもっと練習してくれって感じです。
語学学習者としては怒りすら覚える。

まず発音もあいまいで、イントネーションもめちゃくちゃ。選ぶ言葉も適切でない。
この映画は中国語、英語、日本語が使われ、DVDでは中国語字幕でしたが
日本語部分は何いってんだかさっぱりわからないので画面ちかくでよく聞いたのですが
それでもちんぷんかんぷん。
それに裁判以外のドラマはチョー安っぽい。
戦争帰りの中国人嫌いの日本人青年や従軍慰安婦あがりの日本人女性なんかが
登場し、みんな日本語がたどたどしい。

即席で作った映画であることは一目瞭然です。
まあ有名俳優を使った分制作費は高くついたんでしょうけど。
F4とかいうアイドルグループの一人を配したりしてますので
ただのアイドル好きとかも見に行ったりしてまた日本のイメージがわるくなるんだろうなあ。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-10-15 09:11 | 中国関連DVD、本 | Comments(8)
2006年 10月 08日

見える統制 見えない統制

おとといの記事でも書きましたが中国には言論の自由がないといいます。
どこどこのサイトが閉鎖されたとか誰々編集長が解任されたとかいうニュースが
よく日本のメディアを騒がしています。

さぞかし中国大陸の方は自由な発想のない画一的な思想コントロールを受けているんだろうと
一般には思われています。
確かにそういう面もあるんでしょうが私が思うにそれがそうでもない。
なぜか?みんな中央がそうした思想コントロールをしていることを知っているから。
そもそも政府の言っていることなんか誰も真に受けない。
気にはしてケアはするけどその対策を考えるだけで素直に受けない。

私も中国と絡む前は、皆さんガチガチの思想なんだろうなと思ってましたが
結構自由になんでも議論していますし、歴史上のことについても見方はそれぞれ。
毛沢東の文革以来強烈な統制をやったんでしょうけど
こんなことは4000年の歴史上いくらでもあったことで皆さん生き方を知っています。
メディアのいってることなんて信じない。信じるのは家族と友達の話だけ。
これは民衆の知恵ですね。

もっと問題なのは日本のメディアです。
先日こんな本を読みました。
閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本
江藤 淳 / 文藝春秋

これは第二次世界大戦後GHQが日本において徹底的に行った言論統制について
検証したものです。資料の引用が多く論文を読んでいるようでなかなかつらいですが
内容は非常に興味深いです。著者(故人)が現在の日本のメディアに抱く違和感の
根源を米国に眠るGHQ関係の資料から解明しようとする執念を感じます。

アメリカ軍は戦争中から戦後の日本の思想統制=検閲について着々と準備をすすめ
戦後早速実施し安定期に入り、必要のなくなったあとも継続した。
そこで問題なのは公にせずに見えない形で検閲を行い統制をしたこと。
個人の手紙なども徹底的に開封し世論の状況を調査し新聞、ラジオなどを使って
宣伝を行った。

中でも特に力を入れたのが
「War guilt information program」
(戦争についての罪悪感を日本人に植えつけるための宣伝計画)

当時日本には大東亜戦争は自衛戦争であり
敗北したがこれは一時的な状況であり、国体は維持し将来の繁栄に向け臥薪嘗胆するという
気運があったそうです。
それをGHQは嫌い、その戦争を次のように定義します。
日本は狂信的な軍国主義者に乗っ取られ、その軍国主義者は共謀して何十年もまえから
世界侵略をたくらみ、日本国民を騙し、窮地に追いやり、そして世界でも悪逆非道を尽くしたと。
キーワードは超国家主義、残虐行為。

そしてそれを決定付けるために東京裁判も行われた。
東条英機は裁判の宣誓で主張しました。
自分は国民に対して指導者として敗北の責任は負う。
しかし大東亜戦争は国際法上認められた自衛戦争であると。

その時の国民は正々堂々と主張した東条氏に対し高く評価したとのこと。
しかしその世論に驚いたGHQはこのまま東条氏を絞首刑にすれば
殉国の志士になってしまうと恐れ、更に徹底的に宣伝、教育を行ったそうです。
詳しくは本書をご覧ください。

宣伝の一つの例を挙げると
日本が戦い敗北した戦争は「太平洋戦争」であるとされ、
「大東亜戦争」という言葉が徹底的に排除されメディアから消されたそうです。
大東亜戦争とういう響きがアジアの植民地からの解放という大義に結びつくからでしょう。

たしかに太平洋戦争といわれると大国アメリカに無謀に戦争をけしかけ
パールハーバーで騙しうちし、絶海の孤島で大勢の兵士を見殺しにしたあげく
なすすべなく敗退したという印象が強まりますね。
そういえば先日紹介したむかつく満州の本も「太平洋戦争研究会」とかいう
うさんくさい名前の会が編集していた。

そしてその片棒を担いだのが今も存在する新聞を中心とするメディアです。
当時の日本のマスコミは破壊されておらず敗戦後も存在していたため
GHQはそれをそのまま活用したのです。
記事はすべて事前検閲を受けてコントロールされました。

戦争が終わるとマスコミはそれまで礼賛していた指導部に対する姿勢を
一変させ、戦争批判を行いますが、一般的にこの現象は
戦時中の情報統制から解放された民主的なマスコミの自由な発言であるとされています。
しかし実際はGHQからさらに強い統制を受けていたのでした。
先日読んだ「われ巣鴨に出頭せず」という近衛文麿の伝記にもそんなマスコミが描かれています。
戦争中はもてはやされた近衛氏は戦後は急転直下卑怯者にされるのです。

そしてこの検閲を受けて改訂して発行するという行為がいつしか自己規制へとつながり
統制される側から統制する側への共犯意識となったとのこと。
挙句は優越感がでて愚民を導く宣教師感覚になっちゃったんでしょう。

これが今まで脈々と続いているんです。検閲はないですが自己規制が。
見えない統制は恐ろしいですよ。

「拒否できない日本」の著者関岡英之氏は現在も日本はアメリカの意のままであるし、マスコミはそれを報道しないと。
現在マスコミが靖国参拝などを批判するのはなにも国家主義台頭を懸念しているわけでなく
反対に愛国的気運が高まっていることを強調し(報道すればするほど注目される)
その実、亡国的対米追従外交を隠蔽しているとのこと。
郵政民営化などは米国に要求されていたことであるがこうした事実はあまり報道されない。
詳しくはyoutubeの関岡氏話をごらんあれ。

なんて新聞を批判しつつ私はその権化、朝日新聞をとっています。
ほんとは産経が好きなんですけど。
産経は折り込み広告が少ないらしくて許可がおりません。

朝日の社説の読者を完全に子ども扱いし小馬鹿にしたものいいが
逆に執筆者のそこの浅さを表しているようで面白いです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-10-08 21:59 | 文化、歴史 | Comments(6)
2006年 10月 06日

ネットでCCTV

最近、ネットでCCTVを見れるサイトに加入しました。
hitpops CCTV大富といいます。

CCTV大富とは中国の中央電視台(CCTV)を日本向けに編集し一日中流している放送局です。
基本的にはスカイパーフェクトTVで放送しています。
以前加入していましたが引越しを機にやめました。

一つにはマンションから一軒家に越した際にアンテナをつけるのがいやだと
妻が言うものでケーブルテレビに加入しました。
そこの会社のチャンネルには中国語チャンネルはありません。
たまに華流ドラマなどはやっていますがアイドル系にまったく興味がないので見てません。
中国ドラマの吹き替えなどもありますがこれも意味がない。

でスカパーにまた入り直したかったのですが
衛星受信のお皿アンテナがかっこ悪いとのことで許可が得られませんでした。

実は当時引っ越す前に加入していたチャンネルはCCTVでは
なく香港系の鳳凰卫视などを中心に放送する楽々チャイナというのに入ってました。

というのも近所の中華料理店で上海人店主にCCTVをいつも見ているよと話したところ
そんな中国政府の宣伝番組みても意味がない、真実を知るなら鳳凰卫视だと
いわれ、単純な私はすぐに切り替えてしました。

でもニュースはともかく他の番組は軽いものが多く期待はずれでした。
ニュースも海外ニュース(中国にとっての)は充実しているのですが
他は別にとりたてていうほどのことはない。
それだけ中国国内の人々は海外ニュースに飢えているのかな?

その鳳凰卫视も今は(私が加入していた時もすでに)大陸系に吸収されていたそうで
昔ほどの価値はないとのこと。
その証拠に北京大学の学生食堂でもこのチャンネルが流れてました。

私は北京にいたときには毎日CCTVばかり見ていましたが
これが結構面白い。対談番組や社会問題ドキュメンタリーなど興味深いものが多かった。
また視聴者参加番組で出てくる老百姓の皆さんの中国語なんて
ほんとに口語表現ばっかりで面白い。でも聞き取れない。
田舎の人の発言なんて字幕がでても全然聞き取れない。
でもこれも勉強。
まあ別に語学の勉強ですから政府の宣伝であろうとなかろうと問題はないし
宣伝を知るのもまたいとおかし。

そこでまた単純な私は次に加入するならやはりCCTVだと思っておりました。
でネットを検索していましたら見つけました。
アンテナつけなくて見る方法がありました。
ネット配信です。しかも安い。1050円/月。スカパーは3千何百円だった。

でもこれが加入は簡単なんですがなかなか見れなくて苦労しました。
まずブラウザのfirefoxでは見れない。
私はfirefoxなんですが何度も何度もやってもだめなんで
よく調べるとexplorerじゃなきゃだめでした。

でもまだ見れない。
最後に行き着いたのがウィルスソフト。
私はmacafeeを使ってますがこれのprivacy service ってのを解除しないと
動画が動き出しませんでいた。

なんかいやですよね。
最後に動画が動いたときその運営会社にprivacy serviceを解除しないでもいい
方法を教えてくれとメールしましたが返答なしでした。なんかいやな感じ。
privacy dataが流失なんてことはないですよねえ。

あともうひとつ不満。
動画画面が小さい。
せっかく19インチのモニターなのに意味がない。
画面を最大化すると画素数が小さいのでぼやけた画面になってしまします。

これはなんか規制があるのか
それともスカパーとの紳士協定があるのか
もしくはブロードバンドインフラの問題かよくわかりません。

でも入ったからには見るようにしましょう。
でも実際あまり見てません。hskのお勉強が終わったらにしましょう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-10-06 22:46 | 生活 | Comments(2)
2006年 10月 01日

レンジャーでいいのか?

本日は朝から息子と二人でウルトラマンの映画を見に行きました。
こんなウルトラマンだのライダーだのレンジャーだのとこんなのばかり見せてたら
アホになってしまうと思いつつも安易な道に走ってしまう。

先日も近くにある子ども図書館とやらに行くと
みんなでわらべ歌で遊びますから一緒にお父さんと坊ちゃんもいかがですか?
と誘われ参加する。
そこで動物の鳴き真似を子どもたちがするというものがあり
みんながネタ切れしたころについつい「怪獣!」とか口走ってしまいました。
するとその場を仕切っているおばあさまにしかられました。
高そうな服を着て、品があるが厳しそうな元幼稚園の先生だとのこと。

「お父さん現実にいる動物にしてください。
そうでないと子どもたちの想像力が発展しません。
レンジャーですとかウルトラマンを見てると子どもはすぐ好きになりますが
現実との区別がつかなくなりよくありません。
そういうのは子どもは好きなんですが、そういうのを与えるのは子どもに媚びてるだけなんですよ。!」
と皆様の前で静かに強く言われました。うーん怖い。

確かに私の子どものころは小学校まではテレビもなかったし
その後もろくに見せてもらったことはなかった。
友達の話についていけないのがつらかったですが今思えばよかったかと。

私もこどもが出来るまではこんなのが好きになったら困るなあなどと思っておりました。
一人目のときはよく絵本を買ってきたりしておりましたが
最近は中古ビデオ屋さんなどでレンジャー物などを買って与えてしまいます。

ほんと大好きなんですよね。
保育園でもレンジャーといえばうちの子みたいになっちゃってます。
私と公園に行っても棒を拾ってきていつも戦いごっこです。

いかんいかんと思いつつも今日も映画見て
その後ブックオフでレンジャービデオを買ってしまいました。

というのも私は古本屋好きで
子連れでもよくいきますが大抵なんか買ってしまう。
するとパパだけずるいという展開になり
なんか買わざる得なくなるなるべくためになるものと思い
図鑑などを買うのですがおかげで似たような図鑑が沢山になってしまいます。

ちなみに私が今日買ったのは

①「風の影」(カルロス・ルイス・サフォン 集英社文庫) 

最近出た本で書評で絶賛されてました。私が中国の次に好きなスペインのお話です。

②南京事件「証拠写真」を検証する(東中野修道 他 草思社)

南京事件の証拠とされる写真は全部信用できないという本。
前から読みたかった。でもこういう本は内容が重いのでこれまで買ってなかった。
でも昨日買って読んだ「写説 満州」(太平洋戦争研究会 ビジネス社)という本の解説が
一方的立場(いわゆる東京裁判史観)ばかりから成り立っていたので
それを中和するために買いました。

③甘粕大尉 (角田房子 ちくま文庫)

彼女の韓国もの何冊か読みました。
満州を牛耳った影の実力者甘粕正彦の評伝です。
なんか満州って気になってしまうんですよね。

ということで自分のだけでなく
子どもにもハリケンジャービデオ300円を買いました。

すると同じ棚に中国映画が。
買っちゃいました。

「鬼が来た(鬼子来了)」(姜文)カンヌ映画祭グランプリ

これは単なる反日映画とは違い非常に面白いと以前北京の先生に薦められました。
ただ方言がきついので語学の勉強にはならないよと。

妻に言われました。
ほんと中国好きね。どうしちゃったの?もしかして中国人?

ちなみにスーパー戦隊シリーズにも中国物があります。
その名も「五星戦隊ダイレンジャー」
wikipediaによるとこのレンジャーは企画段階では
「中華戦隊チャイナマン」という名前だったそうです。そのまんま。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2006-10-01 23:15 | 生活 | Comments(2)