<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

中国 貿易摩擦

私が北京にいたころよく読んだ新聞があります。
南方周末といいます。2元。
社会問題にするどく切り込む面白い新聞です。
元新聞記者の語学教師に推薦されました。

新聞といっても週刊で毎週木曜に発行されます。
読むのが遅い自分にはちょうど良かった。

6月に中国に行ったとき買ってきて、全く読まずデスクに置きっぱなしになって
いたものを読んでみました。

その中に中国の紡績業を取り巻く問題を扱ったものがありました。
中国紡績業は世界を席巻しています。
日本ではカネボウが凋落しているのと対象的です。

その中国紡績業もその急速な発展が世界の紡績業に打撃を与え
アメリカ、ヨーロッパはセーフガードなどの制限措置を取り始めています。
ちょうど6月に中国にいたときイケメン薄熙来商务部长がEU代表とEUの輸入制限について
妥結しました。
(その記事が読みたくて買ったのにいまごろ読んでいるのは問題ありです。)

中国紡績業の発展の礎は賃金の安さと優秀な労働力。
記事曰く

无论是浙江还是山东,一个共同的优势是中国1900万综合素质较高而价格相对低廉的产业工人。目前他们劳动的工资是0.69美元每小时,而在欧美,这个数字是6-7美元。尽管在印度,劳动力的工资是0.57-0.59美元,孟加拉、柬埔寨等东南亚国家甚至更低,但一位曾经在那些地方设过厂的人士告诉记者,文化背景与传统习惯的不相同给工厂带来了很大麻烦,比如孟加拉工人一到斋日就不工作,非洲国家许多工人则是即使给加班费也不愿意加班。

浙江でも山東でも共通して優勢であるのは中国の1900万人の総合的に比較して素質が高く、コストが安い産業労働者である。目下のところ彼らの平均賃金は時給69セント。しかし欧米では6-7ドルである。インドは57-58セントでありバングラディッシュやカンボジアは更に安いが、そこで工場を営んだことのある人は記者に言った。「文化背景や伝統的習慣の相違が工場に大きなトラブルをもたらした。バングラ労働者は安息日はあたら家内しアフリカでは残業代を払っても残業したがらない。」

 (でもこんな問題がある。)

在杭州近郊新华工业园一家工厂里,莫总经理指着一件全棉的男T恤告诉记者,在宁波港装上船时的价格是 27元,而在英国,这种绣着一只仰躺鸟儿的“死鸟”牌T恤售价大约合160多元。如果标上POLO等名气更响的牌子,成本顶多高个十几二十元,但售价则可能高达五六百元。至今为止,中国纺织行业的利润率为3%-5%,服装行业则为5%-8%。

一个业界的共识是,在纺织品产业链条中,中国只是赚取了10%左右的加工费,90%以上的利润是掌握在国外品牌商、渠道商和零售商手中。


杭州近郊の新華工業園の工場で莫総経理が綿のTシャツを指して記者に言った。
「このTシャツの寧波で船に積んだときの価格は27元。しかしイギリスでこのような死んだ鳥マークをつけるだけで販売価格が160元強になる。もしもっと有名なポロのマークならコストも十数元から20元高くなるが販売価格は5-600元になる可能性がある。いまのところ中国紡績業の利益率は3-5%でアパレルは5-8%だ」

業界の共通認識として、紡績業のサプライチェーンのなかで中国はわずか10%程度の加工費を稼ぎ90%の利潤は外国ブランドやブローカー、小売商の手に落ちる。


外国ブランドが中国で製造して輸出して挙句には相手国から貿易制限される。
なんか理不尽ですね。

日本のいつか来た道です。
一般的にいって、日本はうまく高付加価値化に成功したように思われてますが
その期間には多大な犠牲が出ています。
義理の祖父は大きな染色工場を営んでいたそうですが輸入品流入に勝てず倒産したそうです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-30 22:33 | 時事 | Comments(0)
2005年 09月 27日

社会格差 日本 中国 さらに奥

以前中国人実習生の話を書き、頂いたコメントを呼んでいましたら15年前私が大学生だったころのことを思い出しました。

時はバブル絶頂期、学生でもアルバイトは容易に見つかりかなり稼ぎのいいもの沢山ありました。
私はあまり学校に行かずバイトでお金を貯めて休みには海外貧乏旅行に出かけていました。

当時は円高と激安チケット、バブル景気によりバックパッカーにとって非常にいい時期でした。

数あるバイト経験の中に冷却塔清掃というのがありました。
ビルの屋上の冷却塔を掃除するもので汚くなりますがあまりきつくはなく
賃金がいいものでした。(日給一万円)でも後からかなり体に悪いと聞きました。

そこで働いていた方の中に中国人留学生が3人いました。
給料は僕らといっしょです。
上海の方二人、杭州の方一人。
彼らは明るくて日本語もとてもうまく、随分仲良くさせてもらいました。

彼らのうちのリーダー格が当時40歳の背の高いSさん。
彼は上海交通大学卒業後、国の機関で港湾土木の技術者をしていた。
その後日本に留学してバイトしていました。

当時私は中国について知識はありませんでしたが
超優良大学を卒業しても外国で苦労しなければならない身と
休みに海外旅行に行く自分のギャップに違和感を感じました。

さすがに頭のいいSさんは言いました。
「zhuangyuanちゃん、今は日本の経済はすごい好景気だよ。
zhuangyuanちゃんの生きている間に一回あるかないかのチャンスだよ。
だから株買いなさい。」

当時株なんかはヤクザなギャンブラーのするものと考えていた僕はびっくりしました。
彼は昼休みになると日経新聞を読み、公衆電話で証券会社に電話して売買してました。

彼は自分の経歴にプライドがあるのかこんなことも言いました。
「zhuangyuanちゃん、こんなバイトやっちゃダメだよ。頭悪くなっちゃうよ。」

そしてよく日本人従業員の人たちと口ゲンカしていました。
日本人は「中国人は働かない」と悪口をいい、
彼らはこの仕事自体をバカにしていました。
お互いにお互いをさげすみ嫌な感じでした。

たしかにSさんはサボリ上手でした。
でも私はいっしょにサボらせてもらってラッキーでした。

またある時は大きなビルの清掃の際、別の会社と合同で仕事をしたことがありました。
その別の会社にはやはり中国の方が何人かいました。

その時Sさんは言いました。
「zhuangyuanちゃん、あいつら見ちゃだめだよ。あれは中国の田舎から
密入国してきたやつらだから。」

同じ国の仲間に対してもそんなことを言うのかとびっくりしました。

日本と中国と更にその地方とのギャップ。
自らの経歴へのプライドと現在の自分とのギャップ。
また職業自体とそこで働く人へのさげすみ。

いろんな複雑な思いを抱えつつ全部それを口で表すSさん。
これも日中の文化の差なのかと思った覚えがあります。

日本だとそのように思っている人がいてもあまり口には出さない。

中国では結構ストレートに表現します。
北京にいるとき感じました。

北京大学の先生がいいました。
「北京で掃除している人は北京人ではありません。」
「レストランの服務員も北京人ではありません。」
「都是外地人(みんな外から来た人=田舎物)」

10月号の雑誌「聴く中国語」にもこんなネット小説が紹介されていました。

人力車の運転手になりたいと言う息子を翻意させようと
父親が息子と一緒に人力車に乗り、運転手をこき使う話。
結論としては職業を差別し、こき使うような人はお金があっても下等な人間だというオチです。

こういう話も日本ではありえないでしょう。
実際はどうかは別にして社会一般的に職業に貴賎はないことになっています。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-27 22:47 | 時事 | Comments(7)
2005年 09月 25日

外来語 ブンデスリーガ 

今朝6時に起き、寝ぼけ頭でHSKの長文ヒアリング模試をしました。

第2問めに次のような文章が出てきました。
寝ぼけてなくても多分全然わからなかったでしょう。

老牌劲旅 a拜仁慕尼黑队战胜了 b门兴格拉德巴赫队
这是曾经夺得过12次德国甲级联赛冠军的 a拜仁慕尼黑队
自9月7日1:0战胜 c凯泽斯劳滕队之后的七个星期内取得的第二场比赛的胜利。


訳:古豪の精鋭部隊aはbに勝利し、これはこれまでドイツ甲級リーグで12回優勝しているaにとって9月7日にcに1:0で勝利して以来の7週間で2回目の勝利となった。

サッカーの話で赤字は外来語固有名詞(チーム名)です。
それを除けばたいした内容ではありません。
がしかし私はヒアリング時に外来語が出てくると思考停止に陥ります。
固有名詞なんかは意識せずに聞き飛ばせばいいのでしょうが気になっちゃって文章として理解不能になります。

德国甲级联赛=ドイツブンデスリーガ(ドイツのサッカーリーグ)
a拜仁慕尼黑队(bairenmuniheidui)=バイエルンミュンヘンBayern München
c凯泽斯劳滕队(kaizexilaotengdui)=カイザースラウテルンKaiserslautern
b门兴格拉德巴赫队(menxinggeladebahedui)=メンヘングラッドバッハMönchengladbach

こういう題材をヒアリング問題に選ぶ問題作成者の性格を疑います。
できるわけないじゃん。

ちなみに私は小学三年生からサッカーをはじめ、子供が生まれるまではずっとやってました。
ブンデスリーガは小学生当時世界最高峰で憧れのまとでした。
ルンメニゲかっこよかった。
d0018375_1110883.jpg

昔は今ほどサッカーが注目されていなかったためスポーツニュースでも取り上げられず、
サッカー番組は12チャンネルのダイヤモンドサッカーだけ。
これが楽しみでした。派手な実況もなく淡々と語るアナウンサーが忘れられません。
顔が浮かぶけど名前が出てこない。
「サッカーを愛する皆さんこんばんは...。」

これは自慢ですが私は釜本引退試合に行き
試合後国立競技場の裏で張り込み、
ペレとオベラーツの足を触りました。
d0018375_1112513.jpg

その日の観衆の一人としてサッカーイレブンという雑誌に写真が載りました。(小さく)
懐かしい思い出でした。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-25 11:08 | 言葉 | Comments(7)
2005年 09月 23日

「本と中国と日本人と」

今週「本と中国と日本人と」(高島俊男 ちくま文庫)を読み終わりました。
ブログをやっていると便利でこの本をいつ買ったかわかります。6/30です。
2ヶ月もほおっておいてしまいました。

私の悪い癖は積読(つんどく)で気になる本をすぐ買ってしまい、読むペースを大きく
上回り積み上がってしまいます。

今週も吉川英治「三国志」全8巻、有田芳生「私の家は山の向こう テレサテン10年目の真実」、ケン・ブランチャード「ザ・ビジョン」、伊藤純、伊藤真共著「宋姉妹」とガンガン買ってしまいました。どれもすぐ読みたいですが読めるわけがない。

でもホントはすぐ読まないと興味がうせることが多い。
先週買ったビジネス本「2分以内で仕事はしなさい」(吉越浩一郎=天使のブラのトリンプ社長)にもこう書いてありました。この題名ではすぐ読まないわけにはいきません。
仕事は発生したときが一番面白い。先延ばしにすると次第に興味が薄れ細かい内容を忘れる。
そして主体的な仕事がやらなくてはならない仕事になると。

本も同じ。すぐに読まないとどうして興味があったのか忘れるし、本棚にあると早く読まなきゃと
プレッシャーになる。

さて本題の「本と中国と日本人と」ですがこれはすごく面白かった。
中国に関する本を新旧織り交ぜて批評した本です。
この方の本ははずれがなく興味が尽きない。
それに文章がうまい。
分野をとわず67冊の中国関連本が紹介されてありますが著者の筆にかかると
どれも読みたくなってしまいます。それになんだか自分で全部読んだ気がして
博学になった気がします。

もっと紹介を続けたいのですが昼寝からさめた1歳半の息子が
バカ泣きをしておりこれ以上無視できないのでとりあえず筆をおきます。

ともかくおすすめです。
---------------
さっきの続きをちょっと。

この67冊の紹介は雑誌に連載された120冊分から選ばれたとのことですが
博学の学者が生涯読んだ本から120冊を選んで更に厳選したものを
軽くかじれるわけです。私のような、しったかぶり中国通にはぴったり。

とにかく幅がひろい。
詩、戦争、ミステリー、文学、グルメ、地理、どれも骨太。

ちなみに私が読んだことがあったのは
たったの一冊でした。
「どくろ杯」金子光晴。
昭和初期の魔都上海での詩人の自伝です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-23 16:39 | 中国関連DVD、本 | Comments(9)
2005年 09月 21日

政治教育

HSKテキストをぼちぼち進めていますが今日下記のような問題にあたりました。

54 中国政府a一再声明,b祖国c统一,我们不承诺d放弃使用武力。
                 为了

为了をabcdのどの場所に入れるかという問題。
答えはbでそんなに難しい問題ではないですが
こういう文章を問題にする意図はなんなんでしょうか?

訳:中国政府は祖国統一の為に武力を行使することを放棄しない。

こんなのもありました。
100 中华民族的 拯救陷于 之中的祖国,他们坐牢房,抛头颅, 出了自己的青春,洒下了满腔的热血。

a 优良 可以 极大困难 抛
b 优异 从而 困难重重 抛弃
c 优秀 为了 水深火热 献
d 出色 以 重重包围 贡献


穴埋め問題でa-dで適当な組み合わせを選ぶ問題。
正解はc。

訳:中華民族の優秀な男女は塗炭の苦しみの中から祖国を救い出すため
牢獄に入り、命を投げ打ち、自らの青春を捧げ、あふれる熱血を流す。

なんだこりゃ。
こんな文章出てきたらテストに集中できませんよ。
でも先生は言いました。この文章小学校の教科書で慣れ親しんだ文章だと。

抛头颅(paotoulu)なんて言葉初めて知りましたがいつもバカな
MS PINYINGも一発変換しました。よく使うんですね。
(抛头颅=頭骸骨を投げる=命を捨てる)

以上



以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-21 23:13 | 学習 | Comments(2)
2005年 09月 18日

日中カラオケ

昨夜、日中カラオケ大会決勝大会を見に行きました。
語学学校の先生が予選を勝ち抜き決勝に進出したというので行ってきました。

5歳の娘を誘いましたが
「大人の歌きらい。中国語わかんないもん。」と二言でふられ結局一人で鑑賞。

日中あわせて27組が出場し日本人は中国の歌、中国人は日本人の歌を歌います。
なかなか規模も大きくて、ゲストも多彩でした。

一番の大物ゲストは元内閣総理大臣、羽田孜。
もちろんショーエネスーツ。この人クールビズの時代も変わりません。
d0018375_13543530.jpg

「総理大臣はともかく草の根交流で日中友好を築いて行きましょう。」と挨拶。
ちゃんと民主党の代表選挙行ったんだろうか?

カラオケ大会は「我的麦克风」(私のマイクロフォン)を唄った若者が優勝。
メチャメチャうまかった。唄った瞬間こいつが優勝だとわかりました。
この歌ラップで何を唄っているのかさっぱりわかりませんでしたが
かっこよかった。

第2部は中華圏アイドルのショー。
ゲストはアンブローズ・シュー(许绍洋)。
この人、半年前まで名前も知りませんでした。

近所の公園で子供と遊んでいるとき
保育園の友達のお母さんと私が中国語を勉強しているとの話になり、
アンブローズ・シューのファンだとの話を聞きました。
そこで初めて名前を聞き、そのころ買った雑誌「聴く中国語」に
インタビューが載っていてちょっと詳しくなりました。

d0018375_14155556.jpg

シュー君はなかなかの好青年。日本に20回くらい来てる日本通だとのこと。

このショーは客が日本人と中国人なので通訳が大変。
日本語の時は中国語で通訳し、中国語の時は日本語に通訳。
しかもシューちゃんがたまに日本語使うのでゴチャゴチャになってました。
通訳はタイミングも難しい。
しかも固有名詞はどう訳せばいいのか?

「现在拍电视剧叫“老鼠爱大米”」
真面目風のお姉さんはとつとつと訳しました。
「ただいまドラマの「ネズミはお米が大好きです」を撮っています。」
日本語にすると間抜けです。

続いてシューちゃんのおとぼけギャグ。

「你演什么角色?」(どんな役をしてるんですか?)
「大米」(お米です)

すぐに次の話題が続き、通訳姉さんは訳すタイミングを失いました。
後から訳されてもつまらないですけど。

通訳姉さんはさておき
結構すごいのは歌迷(ファン)の皆さん。
舞台の正面の最前列部分はペンライトとを持ったファンクラブのお姉さま方に
占められていました。

“想不想听歌?”
シューちゃんが聞きます。
“想”
間髪入れずにみんなで一声。
おーこのお姉さま方、中国がができるんだと関心しました。

“会唱吗?”唄えますか?
キャーッ

今度は通じていないのか答え方がわからないのか?
“会唱吗?”
“会唱”
こんどはまばらで自信なさげ。

唄い始めるとシューちゃんはいいました。
“听不到你们唱”歌が聞こえないよ♪

やっぱり大声で歌うほどは歌詞を覚えてないみたい。

日中を通じてアイドルのショーを見るのは中学生以来。
面白い体験でした。

がんばれ華流。韓流に負けるな。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-18 14:46 | 生活 | Comments(12)
2005年 09月 18日

しつけ

先週もうすぐ2歳の子供がおたふくにかかりました。
右ほおが膨れ上がり、かなり痛そう。
まだしゃべれないので寝たまま「ィターイ」と繰り返すだけ。

こどももつらいですが問題だったのは薬を飲まないこと。
最初はジュースに混ぜて飲ませてましたが
そのうち味の変化に気づき、コップ中身を良く見て変色していると飲まなくなりました。
 
次にペットボトルの中に薬を注入し飲ませましたが気づかれまたダメ。
今度は缶ジュースに入れて飲ませたがこれも成功は一回だけ。
ヨーグルトもだめ。
最後には強行手段でスポイトに入れて口の中に強引に注入。
これには相手も怒りの反撃。
口に含むもののプーッを吐き出しこちらの服はびしょびしょ。

こちらも怒って言い含めて飲ませようとしても何せ言葉が通じてるんだかわからない。
しつけってホント大変です。

ところで中国では薬を飲むのを嫌がる子にこういうそうです。

关公刮骨疗毒,你药也吃不了吗?


関羽は骨を削いで毒を直したのにお前は薬も飲めないのか?

またもや三国志です。
関羽が毒矢に射られた時、毒が骨にまで浸透し
皮を剥いで骨を削いで毒を摘出した故事に由来します。

中国の子供もこんな子といわれたら怖いですね。

この薬飲まねえど骨削ぐど。

こうした言葉はほんとネイティブの語感がないと伝わらない。
たぶん、「うそついたら針千本のーます」くらいの感覚なんでしょう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-18 09:03 | 言葉 | Comments(0)
2005年 09月 15日

失敗

語学レッスン中、昔話になり
私が一度就職浪人したことがあるとの話になりました。

学生時にバブル崩壊後の経済の変化を読みきれず
就職活動を甘くみて失敗してしまったことを説明すると

先生は言いました。
大意失荆州


なにそれ?とたずねると。

三国演義を読んでるのに知らないの?
状況を甘く見て失敗することだとのこと。

家に帰り、谚语词典で確認してみました。
蜀汉大将关羽镇守荆州,由于轻视孙权,在攻打曹操时,
被孙权钻了空子,占领了荆州。
比喻疏忽大意就会招致失败。


蜀の大将関羽は荆州を守っていましたが孫権を甘く見て
曹操を攻めるとき、孫権に不在のすきを突かれて荆州を占領された。
物事をいいかげんに見て失敗にいたること。



こういう言葉に出会うと苦労して三国演義を読んでいる意義を感じます。

ただまた言われました。
10月のHSK試験までは三国演義を読むのを中断したほうが良いと。
古文に慣れてしまうと現代文の理解に悪い影響が出るからと。

試験のための勉強ばかりではつまらないと強がりをいうものの
確かにHSKを甘く見ていると
大意失荆州

になりかねません。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-15 22:41 | 言葉 | Comments(0)
2005年 09月 13日

楽しみ?修行?

夏休みに大阪に行った時(7月末)に読み始めた三国演義(中文古文)をいまだに読んでいます。というかまだ序盤戦で本日現在312ページ中59ページ目です。
いまだに諸葛孔明が登場してません。

通勤途中に電車で読んでますが一日2-3ページしか進まない。
実質電車にいるのは40分弱。

古文はさすがに手ごわいです。現代文の狼图腾の時は一日5-6ページ進んだのに。
手ごわい理由は下記のとおり。

①現代語と使用している字が違う。でも日本の漢字の意味とちかい。
②今使わない漢字がある。

更に古文と関係ないですが

③ストーリー展開が早い。
④登場人物が多すぎる。
⑤しかも同じ姓が多い。(刘,张,马,李などなど)
⑥こいつらが敵と味方入り乱れている。
⑦その上、よく裏切る。(ホント大人は読んじゃダメっていうのが良くわかる)
老不读《三国》

ほんと読んでるうちに誰と誰が味方か敵かさっぱりわからなくなる。
劉備だけは裏切られるだけ。ほんとどの辺が英雄なんだかわからない。

この読書、楽しみというより義務感にかられた修行に近い。
じゃあ何で読んでるの?
中国語を学ぶ以上三国志くらい知らないといけませんから。

でもこの間中国語の先生(留学生)にショックなことを言われました。

私がちょっと誇らしげに
「俺は古文で三国志を読んでいる」といったら

「あなたは言葉の研究をしてるのか?
まったく意味がない。時間の無駄だ。
HSKの試験問題をやったほうがよい。」とむちゃくちゃ言われました。

やっぱ女は男のロマンがわかっていない。と強がり君と

ううっ実際勉強に役立っているかはわからない。結構つらいし。
他の本にしようかな。
と弱虫ちゃんが交差します。

でもやっぱり中国を知るためにと修行を続けています。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-13 21:41 | 学習 | Comments(0)
2005年 09月 11日

韃靼

高島俊男氏の「本と中国と日本人と」を読んでいますがその中に
タルタルソースは韃靼(ダッタン)から来ているとありました。

韃靼(ダッタン)とは江戸時代に満州のことを指した言葉で
中国ではタタール人(モンゴル族の一部族)のことを指し
ヨーロッパでは元の時代には中国全体を指したとあります。

韃靼=タタールはロシアでも元の時代に征服された関係上かなり忌み嫌われている言葉です。
タタールのくびきといい征服されメチャメチャにされた時代を記憶しています。

その時のモンゴルの圧制は凄まじかったらしく800年後の20世紀にも
ソ連が共産革命後モンゴルも共産化するとその恨みを返し
歴史からチンギスハーンを抹殺しようとした。チンギスハーンの子孫を自称する貴族も大量に
処刑されたとのこと。田中宇モンゴルの希望と苦悩参照。

スターリンもクリミア半島のタタール人 をナチス協力者としてシベリアへ強制移住させたそうです。これも800年前の意趣返しだと。
歴史は恐ろしい。

ところでそのロシアも征服された関係でモンゴル族の血が混じったひとが
かなりいるらしく、ウクライナ人なんかはそんなロシアを馬鹿にして
「混血」と呼んでいると以前北京の友達が言ってました。

「ほらエリツィンもモンゴル人みたいでしょ。」
言われて見れば。
d0018375_20593259.gif
d0018375_210883.jpg

でも800年も遡ったらきりがない。

私の祖母はなんかインド人かギリシャ人みたいな顔でした。
祖母の兄弟姉妹と全然似てないしでかかった。
その祖母の父親はロシア貿易で儲けた貿易商だったらしい。
あやしい。私の父もシアヌーク殿下に似てるし。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-11 21:00 | 言葉 | Comments(0)