<   2005年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 31日

古書の街

やっと東京に帰ってきました。
大阪で買ったもの。古本二冊。

阪急梅田の地下に古書の街なるものを発見しぶらぶらしながら買いました。

一つは「禅 鈴木大拙」。
「日本の弓道」で影響を受けちょっとかじってみようかと。

もう一つは「支那語雑誌 帝国書院」。
昭和18-19年発行の雑誌9冊分ですが当時中国に進出していた日本が生活する上で
支那語習得が必要になり発行されたらしい。

かなり幅広い地域で発行されていたようで読者からのお便りコーナーでは
日本だけでなく、満州、中国、台湾などの読者もたくさん登場しています。
なかには鮮満国境警備隊〇〇さんなんてのも見えます。

昭和18年3月号にはすごい写真が載ってました。
d0018375_21173047.jpg



松井石根大将と汪精衛(汪兆銘)国民政府主席(親日政府)です。
いまでは日中両国でタブーの二人のツーショットです。
(残念ながら写真のみでこれに関する話題は掲載されていませんでした。)
こんなのはありました。
「国民政府対英米宣戦布告 全文」(もちろん中国語)

こういう写真が一般の語学雑誌に掲載されるんですから当時の庶民にとって
中国通松井大将と親日汪兆銘は泥沼日中戦争の希望の星だったんでしょう。

ゆっくり読んでまた内容を報告します。

余談ですが松井大将は昭和23年12月23日没とありました。
極東軍事裁判でA級戦犯として絞首刑となりました。
つまり当時の皇太子(今の天皇)の誕生日に死刑執行されたのです。
ちなみに東京裁判の起訴は4月29日(昭和天皇の誕生日)に行われたそうです。
アメリカっていやらしいことしますね。

以上

松井石根
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-31 21:31 | 文化、歴史 | Comments(0)
2005年 07月 28日

マニュアル本

昨日大阪で先輩と食事をする前に時間があったので梅田駅の紀伊国屋書店で時間をつぶしました。

そこで買ってしまったのは〔三国志が面白いほどわかる本 中経出版〕。いわゆるマニュアル本です。

今回の旅行に〔学生用 三国志演義(中文)〕を持ってきたのですが何分古文で書かれているせいと背景知識がないせいでまったく進みません。

10ぺージもいかないのに早くも挫折か?
中国語を勉強するには三国志は基礎知識でmustだなのどと考え購入し、
彼らの使う言葉も勉強できれば今後会話もはずむだろうと思っていたのですが

こんどは古文を読んでも現代中国語会話では役に立たないな、現代小説に変えよう
などとこころの悪魔がささやきます。

そこで折衷案。
カンニングするためにマニュアルかってしまいました。邪道ですね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-28 14:11 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 07月 24日

休暇

今日から休暇で妻の実家大阪へ。

ちょっと怖いのはクーラーがないそうです。
今回孫たちが来るというのでクーラー設置を試みたが古い家でできなかったそうです。

大阪の夏はすごいらしいのでおそろしい。

クーラーのないところといえば
夏の上海で電力制限があったとき、
宝山製鉄所付近のお客さんのビルに行った時、
産業優先で冷房が使えませんでした。

もちろん向こうの方は半袖、ネクタイなしですが
こっちはスーツにネクタイ。汗だく。ホント間抜けでした。

ところで旅行といえば
道中で本を選ぶのが好きです。

今回選ばれたのは

「学生用 三国志演義」 (中国語)
「戦中派虫けら日記 山田風太郎」

落選して積読のままなのは
「宇宙誌 松井孝典」
「叛旗 小説 李自成」
「13階段 高野和明
「豊乳肥臀 莫言」(中国語)

でも一生懸命選んでもいつも読み終わりません。
以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-24 07:03 | 生活 | Comments(0)
2005年 07月 23日

日本の弓術

book batonで紹介しました「日本の弓術」を読み終わりました。
あるドイツ人が日本で弓術を習い、鍛錬し弓術の極意を感じ、その過程を
ドイツで講演しました。

曰く 弓術はスポーツでなく、精神的な経過であると。

的を狙うな撃とうとするな精神を統一し無となり宇宙と一体化せよ。
自然と矢は放たれ、的に吸い込まれてゆく。
そこで初めて我に気づく。

弓術は禅と武士道を基礎にしているとのこと。

武士道精神のもっとも純粋は象徴は朝日の光の中に散る桜の花びらである。
寂然として内心揺るぎもせず生から己を解き放つことができる。

うーん、私ピンチに立つと内心揺るぎっぱなしです。

このドイツ人(オイゲン・ヘリゲル)只者じゃない。
もっとすごいのは弓術の師匠との間を通訳した人がすごいとおもう。
外国語を極めるとはこういうことをいうのだと感じました。

翻訳者が語っていますが
弓道において百発百中は意味がない。

孔子の射は百発成功であったと。
孔子は弓に依って正しき心の把握に成功した。
その正しき心が天地に充満する有様に観者は神々しさに感激したそうです。

さすがここでも孔子の登場です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-23 22:18 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2005年 07月 22日

外来語

中国語で経済の本も読んでみようと思い
以前頂いた「怎样看日本经济」という本を読み始めました。

この内容は後日紹介するとして本の中に次の言葉がでてきました。

康采恩

どこの誰だ?と思いつつ読み進めると
なんとコンツェルンのことでした。kangcai’en。
まあ言われてみればそんな感じ。

ちなみにカルテル、トラストは卡特尔、托拉斯。

漢字は音訳に適しませんね。カタカナがいいね。

ただ最近の日本語も外来語を訳さずにそのままカタカナっていうのが
乱発されてます。

コンプライアンス、タスクフォース、アサインメント

なんだかわけわかりません。

ちなみにコンツェルンといえば日産コンツェルン。
日産コンツェルンといえば杉田かおる。
d0018375_2335047.jpg

それはどうでもいいんですが、
日産コンツェルンは戦前政府に依頼されて本社を満州に移転し
満州国籍のグループでした。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-22 23:04 | 言葉 | Comments(0)
2005年 07月 20日

外交術

本屋で桜井良子の本を眺めていましたら
毛沢東が外交の要諦として言った言葉が載ってました。

绵里藏针
棉絮里面藏着针。形容柔中有刚。也比喻外貌和善,内心刻毒。

綿の中に針を隠しておく。つまり柔らかなものの中に強靭なものを持つ。外観は温和であるが内心は毒々しい。


さすが毛沢東、百戦錬磨です。硬軟使い分けることができます。
それに引き換え最近の日中韓の政治家さんたちは小物ですね。
ぎゃーぎゃー騒ぐばっかりで。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-20 20:37 | 言葉 | Comments(1)
2005年 07月 18日

西康省 ロロ族 (記事数100個記念特別版)

先日また漫画を買ってしまいました。今度はbookoffで横山光輝「長征」なるものを見つけました。
1973年に最初に発刊されたもののリバイバルです。

またもや毛沢東率いる紅軍の話です。
蒋介石から逃れるため10万人の紅軍が1万2千キロを行軍し、最後に8千人が生き残るまでの
凄まじい戦いの話です。

そのクライマックスと言えるシーンに「大渡河」という大河を渡るところがあります。
この大河は西康省に位置しているとありました。

西康省?聞いたことない。どこだろう?
なんでも雲南省と四川省に接し、チベットにも接しているとのこと。

調べてみると1935年に始まり1955年に取り消された省でした。

この漫画によると当時ここを治めていた刘文辉は兵隊に給料を払わないため
兵隊は略奪を繰り返していたそうです。

そこで現地の少数民族との関係がかなり悪化しており、
特にロロ族地区は入ると活きて帰れないほどロロ族は漢民族を恨んでいたらしい。

历代统治阶级一贯实行民族压迫政策。因为相互歧视,纠纷、冲突时有发生,汉彝矛盾尖锐,所以彝族老百姓对官兵甚至对汉族怀有很大的戒备心理和敌对情绪。彝谚有:“石头不能做枕头,汉族不能做朋友”的说法。


訳:歴代の統治者は一貫して民族圧迫政策をとっており、相互に蔑視し、紛糾し衝突も起こった。漢族と彝族は矛盾が深刻で、彝族民衆は官兵や漢族に警戒心をもっており心理的に敵対感情をもっていた。彝族のことわざに次のようなものがある。「石ころは枕にできない、漢族は友達になれない」

ただ最短距離で大渡河を渡るためにはロロ族地区を通らなければならない。
そこで紅軍は通過を決断する。

結果としては共産党の民族平等方針(?)に意気投合したロロ族リーダーと同盟を結び
大渡河まで最短で到着できた。

ロロ族は中国では彝族(Yizu)といい少数民族の一つで現在776万人。
彝族人网というサイトを見てみると今年がその同盟の70周年にあたるそうです。

当時リーダーだった小叶丹は当時弱小だった共産党の政策に共感し今は弱小だが必ず戻ってくると信じ続け死ぬまで同盟旗を持ちつづけたとのこと。
朱德总司令署名的《中国工农红军布告》。布告称:“中国工农红军,解放弱小民族;一切夷汉平等,都是弟兄骨肉……

“只有共产党和红军讲民族平等,把我们彝人当人看。这样有信有义的军队一定会回来,万一我死了,你们一定要保护好这面旗帜,将来交给刘司令员。”


訳:朱徳総司令署名の中国工農紅軍布告によると中国工農紅軍は弱小民族を解放し、夷族と漢民族の一切を平等にし、皆骨肉を分けた兄弟であり・・・
共産党と紅軍だけが民族平等を主張し、我々彝族を人として扱った。このような義心のある軍隊は必ず帰ってくる。お前たちはこの旗を必ず保持し将来劉指令員にお渡しするんだ。



そして運命の大渡河に到着するのだがここは
その昔、太平天国軍も渡りきれずに滅亡した橋であった。
d0018375_21314356.jpg

蒋介石は言った。
‘我们体现了马克思的名言,世界历史上重要事件,可以说都出现两次,第一次是作为悲剧出现,第二次是作为喜剧出现’


訳:我々はマルクスの名言を体現した。すなわち世界歴史上の重要事件は全て二度出現する。
一度目は悲劇として出現し、二度目は喜劇として。
(二度目に失敗する毛沢東は喜劇だ)

可是历史并未重演。しかし歴史は繰り返さなかった。

お後がよろしいようで。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-18 21:32 | 文化、歴史 | Comments(0)
2005年 07月 17日

カルピス

FujiSankei Business i. 総合/「初恋の味」中国上陸 カルピスが本格参入へ(2005/7/1)

カルピスが中国に進出とのことで
水も買わなくちゃいけないからコスト高いなあなどと考えていると

そもそもカルピスはモンゴルが発祥だと解説がありびっくり。

創業者が日露戦争当時モンゴルで腹をこわし、遊牧民に乳酸菌飲料を飲ませてもらい治癒したそうです。それをもとに日本で開発したとのこと。
さすが草原の恵み。

モンゴルといえば私は行った事がありませんが
ある韓国人のお客さんに訪問時の食事について聞いたことがあります。
羊肉ばかりでとても臭みが強く、耐えられなかったと言ってました。

においって防ぐことができないので気になるひとはダメですね。
友人の台湾人ははじめてインドに行った時、
あまりの臭さに耐えられず、2週間の予定を繰り上げ一日で帰ったそうです。

私自身はけっこうどこでも平気。
インドは毎日マサーラでも全然ok。

以前ケニアに行ったとき、サファリツアーを離れ
草原のレストランに連れて行ってもらったことがあります。
そこで食べた牛肉はホントに臭かった。
というのものレストランというか食堂では肉は食べる直前に屠殺します。
冷凍庫がないので保存できないとのこと。

食事もすごかったけど
その食堂はジモティの店で現地の各民族の人が食事しており
みんな黒人ですが民族ごとに顔と体つきが全然ちがう。
まるでスターウォーズに出てくる酒場のような雰囲気でした。
正直ちょっと怖かった。
d0018375_8534985.jpg

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-17 08:54 | 時事 | Comments(2)
2005年 07月 16日

騎馬民族

ここ5ヶ月間かかてゆっくり読みすすめてきた狼图腾も残すところわずかとなりました。

最後の部分で作者は主人公を通じて、中国歴史の栄枯盛衰を語っています。
曰く、中国繁栄のキーワードは遊牧精神、狼性であると。
ヨーロッパなども狩猟民族が抑えてきたと。
d0018375_2128288.jpg

つまり狼性が強い民族が建国し、中原において豊富な農作物に囲まれ農耕民族化(漢化)するにつれて帝国が滅びてゆく。そして外から狼性を持った民族が入ってきて国を立てる。

秦は放牧地域からきた半農半牧民族。
隋、唐は皇后が遊牧民族。
元、清はいうに及ばず。

漢、宋、明も漢族であるが建国の皇帝は狼性を持ちあわせていた。

なかで清は繁栄時期が長いが彼らこの栄枯盛衰と狼性の連関に気づいていたらしく、

帝国を立てても
皇帝も騎馬で戦い、狩猟にでかけ、遊牧地域を保存した。
また遊牧民族とは婚姻を結ぶが漢族とはむすばない。
皇太子も競争させ優れた者をえらんだとのこと。

妙に納得させられちゃいました。

でもそこで疑問、
じゃあ日本はどうなっちゃうわけ?
結構繁栄してきたんじゃないの?

そこで急に思い出したののがずいぶん前に読んだ
江上波夫氏の日本人騎馬民族説

日本人は天皇家も含め大陸からやってきた騎馬民族だという説。
前古墳時代と後古墳時代をしらべるとその間に埋葬品などに連続性がなく
突然狩猟民族を象徴するものが多くなるとのこと。

日本にもの血が流れていたとは。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-16 21:40 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 07月 16日

藤子不二雄

先日amazonで漫画を購入しました。おそらく漫画を買うのは中学生以来はじめて。

その名も「劇画 毛沢東伝」

作者がすごい。藤子不二雄A。
d0018375_8451324.jpg


中国関係の古本を探していましたら昭和46年(私が1歳)発行のこの本に行き当たりました。
どうしても読んでみたいと思い探すと復刻版がおととし出てました。
劇画毛沢東伝
藤子 不二雄A / 実業之日本社

共産中国誕生の瞬間、天安門のシーンから始まります。

「中華人民共和国 今天 成立了!!」
「チョンホアレンミンコンホークオ チンテン チョンリーラ!!!」
このように振り仮名があります。

そこから毛沢東誕生に遡り、「長征」終了までを描いています。
内容は結構本格的。
ソ連のコミンテルンが国共合作を孫文にすすめる場面なども出てきます。

なんといっても驚くのは当時はこんなものまで漫画になるほど
毛沢東の中国が理想化されていたことです。
文革の真実もまだ知られていなかったし。

私が好きな、というか関心する毛沢東の人民戦争の戦術についても記載がありました。

“敌进我退,敌驻我搅,敌疲我打,敌退我追”

「敵が進めば我々は退き、駐屯すれば撹乱し、敵が疲れれば攻撃し、敵が退けば追撃する」
敵はたまらんですな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-16 08:46 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)