中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:言葉( 53 )


2005年 06月 25日

四面楚歌

四面楚歌という成語は有名ですが故事の中の状況は私が想像していたものと違いました。

成語の意味は周りは敵ばかりと言う意味ですが、
楚国の敵が戦いの時に楚に囲まれて、周りに楚の歌ばかり聞こえて、ああ楚軍に囲まれているんだなと感じたのだと思ってました。

実際は項羽と劉邦でおなじみの項羽(楚)が劉邦(漢)に囲まれた際、
周りから楚の歌ばかり聞こえてくるので、
漢軍の中にも楚国出身の人がこんなにも多いのかと思い、負けを悟ったとのこと。
楚の歌を歌っていたのは漢軍でした。

ところで一つクイズを

 劉邦(漢の始祖)が喜び、劉備(三国志の蜀の始祖)が悲しむ宝石はなんでしょう?

このクイズは北京のお客さんが日本訪問された際に出された問題です。
ヒント、漢字一文字。

答えは下参照。

答え
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-25 00:27 | 言葉 | Comments(0)
2005年 06月 20日

Mandarin

英語で中国語の普通語のことをMandalin(マンダリン)といいます。
なんでだろうと思い聞いてみると満大人(mandaren)からきているとのこと。

清の時代は満州族が支配していたわけですが彼らは自らの言葉を捨て漢化し、
その官僚が喋る言葉を北京官話をいいます。
彼らは官僚として全国に派遣されこの北京官話を話したそうな。

そこで彼らの言語の名前を英語に訳す際、満大人=満州族の偉い人が話すことばがmandarinとなったらしい。

中国ではご存知のように各地で方言があり相互意思疎通が難しいですが
昔はこの北京官話が普通語のような役目を果たしたとのこと。

1936年西安事件が起こると軍閥張学良(東北)、国民党蒋介石(浙江)、共産党周恩来(江苏)らが一同に会したのですが皆で共通に通じる言葉がなく、宋美齢(蒋介石婦人)が英語で通訳したとのこと。(でもこの話、北京で授業中に先生に聞いたらありえないと一笑に付されました)

いずれにしろ以前の中国では各地の方言のギャップがひどかった。その意味で毛沢東が普通語を広めたことはホントに偉大な事跡だと思います。テレビと学校は全て普通語で若い人はほとんど喋れますからね。毛沢東は真の意味で中国を初めて統一したと思います。(語言大学でこの話をしたら先生に中国を初統一したのは秦の始皇帝です。と真顔で答えられました。知っとるちゅうに。)

でもオジサンは普通語だめですね。広州で広東人の老板が喋る言葉を聞いたときは、普通語とわからず自分の実力のなさにショックを受けました。広東なまりがすごい。

北京人の間にも広東人の普通語ヘタさを揶揄するこんな言葉があります。
天不怕,地不怕,就怕广东人说的普通话

天も恐れず、地獄も恐れず、ただただ広東人の喋る普通語が恐ろしい。

こんなのもあるそうです。
天不怕,地不怕,就怕日本人说的英语话
ショック..。

西安事件
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-20 21:26 | 言葉 | Comments(5)
2005年 06月 19日

小新

今日公園で娘が突然言いました。
「ねえパパ、おしりフリフリ~お元気?」ちゃんとおしりを振っています。
何かと思ったらクレヨンしんちゃんの台詞でした。
d0018375_1729522.jpg


クレヨンしんちゃんは中国でも大人気だそうです。
前に日本のアニメが大好きで日本語をはじめたという女性は
蜡笔小新(labixiaoxin)、机器猫,樱桃小丸子が好きだと。(クレヨンしんちゃん、ドラえもん、ちびまるこ)

でもクレヨンしんちゃんに出てくる下品な台詞はどうやって訳すのだろうか?と思い調べてみました。結局探せなかったのですが代わりに新之助と先生の面白い会話を見つけたので紹介します。
吉永老师:“小新,请用『左右为难』来造句”
小新:“我考试时左右为难”
吉永老师:“是题目不会答,让你左右为难?”
小新:“不,是左右同学答案不一样,让我左右为难”


拙訳
吉永先生:新之助くん、『左右为难』(板ばさみになる)を使って文を作ってください。
しんちゃん:オラはテストの時『左右为难』(板ばさみになる)なるぞ。
吉永先生:それは問題で答えではないですよ、君を『左右为难』(板ばさみになる)のかい?
しんちゃん:そうです。左右の友達の答えが同じじゃないからオラは『左右为难』(板ばさみになる)なるぞ。

また成語一個ゲットです。

この中国の脚本家なかなかやり手です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-19 17:23 | 言葉 | Comments(2)
2005年 06月 02日

雪中送炭

以前会社で扱っている製品を中国の顧客に相場より高い価格で販売したことがありました。
その時お客さんが言った言葉

「趁火打劫」 

火事場どろぼうの意。人が困った時に弱みに付け込むこと。

そういわれた私は気の聞いた言葉を返そうとしましたが浮かばず、
「そんなことはありません。当社も製造コスト上昇している中精一杯の価格です。」
とくそまじめに答えてしまいました。

今日やっといい言葉を見つけました。

「雪中送炭」

大雪の中で暖炉にくべる薪を送る。人が困った時にてを差し伸べる。

成語には成語で切り返す。こんな会話ができるようになったらいいんですが。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-02 22:38 | 言葉 | Comments(3)
2005年 05月 27日

家庭妇男

先日お客さんと食事をしていますと隣にキャリアウーマン風の女性がお一人で飲んでおり、女性の社会的地位の話になりました。彼女は公務員だそうですが役所が女性の地位が他の業界に比べて高いのではないかとおっしゃっていました。

一年くらい前、中国語の先生が中国での女性の地位は世界で最も高いといわれていました。
それを聞いた私は纏足や後宮の国でそんなことがありえるかと思いました。

しかし昨年末、北京語言大学で目にした読解の教科書内の文章に驚かされました。
広州で行われた調査曰く、
被调查的家庭中,有55%的家庭主要是由丈夫做家务,40%的家庭男女分担家务

訳:調査された家庭のうち55%は夫が主に家事をします。40%の家庭は男女が半分ずつ家事を分担します。


そんなバカなとおもいまして何度も読んでみましたが間違いありません。
その後もいろいろな人に聞きましたが
そんなもんでしょ。と特におどろきもしない。

大変ですね中国の男性は。

なんでも上海では男性がいつも料理を作るので
鍋釜その他料理道具が最近どんどん大型化しているとのこと。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-27 21:58 | 言葉 | Comments(0)
2005年 05月 26日

不修边幅

私が週一度通っている学校は東京に3箇所、上海に1箇所分校があり、大変繁盛している様子。
中国語のほかに韓国語も教えて生徒も先生もどんどん増えています。

そこで経営者のことが気になり先生にたずねて見ました。

老板(社長)は40才前の男性で大変やり手で人を見る力がある。眼光好。うんぬん。
「見たことありませんか?」

「ありません。」

「でもよく学校に来ていますよ。うちの学校は男性が少ないですからすぐわかると思いますよ。」

「まさかあの眼鏡をかけた髪の毛ぼさぼさの?」

「そうですあの不修边幅の人です。」 不修边幅:身なりを気にしない

まさにびっくり仰天です。大吃一惊。
いつも忙しそうにしている要領の悪い事務の兄ちゃんかと思っていました。
ホントに私は。眼光不好です。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-26 22:54 | 言葉 | Comments(4)
2005年 05月 24日

鱼死网破

本日、中国ドラマ「中国式離婚」全23話を見終わりました。

最初から最後までどろどろで暗ーいムードの漂う。きついお話でした。最後も全てが壊れるというメチャメチャブルーにさせてくれるドラマでした。

まさに鱼死网破。これはこのドラマの台詞に出てきた言葉で,
争いあうものが共倒れになること。
魚も死んで、魚とり網も破れるという意味。

このドラマのいいところは夫婦喧嘩の台詞の中にことわざや成語がバンバン出てくるところ。
とても勉強になりました。

たとえば浮気を追及する妻が言った
「铁证如山」
鉄のようにかたい証拠が山のようにあること。
こういわれるとこわいですね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-24 23:16 | 言葉 | Comments(7)
2005年 05月 22日

招兵买马

金曜日ある船会社の新人歓迎会にお邪魔しました。

会社の社長(中国出身)が個人的友人で参加させてもらいました。
もうひとり参加した友人(上海人)の渡英送別会をかねて
私の中国語の会話練習の機会をあたえてくれました。

今、日中間の貨物は増える一方で海運業はとても景気がいい。
この景気の波にのり、どんどん事業を拡大しています。
若さと勢いがあり、エネルギーを頂きました。
「招兵买马」の真っ最中だそうです。

招兵买马:旧时指组织或扩充武装力量。后比喻组织或扩充人力。


この日も3人の新人(みんな中国の方)が入り、大いに盛り上がっていました。
中国各地からこられた社員のみなさん日本語はぺらぺらで日本人社員ともとてもうまくいっているようでまさに日中友好。友好というより一緒に同じ船にのった仲間といった感じです。
こういう交流があれば反日、嫌中もおこりえないでしょう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-22 17:08 | 言葉 | Comments(2)
2005年 05月 05日

チャーシュー

今日は近所の喜多方ラーメンで子供2人と昼を食べました。
娘(5歳)は何故か喜多方ラーメンが大好き。私は別の中国料理選手権チャンピオンの店(今度またレポートします。)に行きたかったのですがおまけのお菓子とおもちゃに勝てませんでした。

ところでシューマイつながりでチャーシューの語源も知りたくなちゃったので紹介します。
漢字で書くと叉烧肉(chashaorou)またシューマイのシューと同じですね。
じゃあ チャー はというと叉环(chahuan)という鉤のついた串に肉をさして焼いたことからこの名が付いたそうです。(小学館日中辞典)

ちなみに叉子といえばフォークのことです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-05 13:41 | 言葉 | Comments(0)
2005年 05月 05日

焼売

早速軽井沢で買ってきた家庭中華に習いシュウマイ(焼売)を作りました。てゆうか作ってもらいました。何でも隠し味は砂糖だそうです。いけてました。

そもそもシュウマイはなんで焼売なのか?ちょっと調べてみました。
传说清光绪回族人马玉亮始创“烧麦”。初名“撮子包”,因感不雅,又因其边与将熟的麦穗相似,遂改名为“烧麦”。

拙訳:清の光绪時代の回族马玉亮さんがシュウマイをはじめました。初めは撮子包(撮はつまむこと)といいましたが優雅ではなかったため、その姿がまもなく実りを向かえる麦の穂と似ていたため焼麦と名が変わりました。

それから焼麦(xiaomai)が同じ音の焼売に変わったそうです。
ただ北京語xiaomai(シアオマイ)はシュウマイとちょっと違うと思ったら
広東語ではシウマイと言うそうです。

中国語は各地いろんな方言があり、日本に伝わって来た漢字も各地から各時代に伝わったもののミックスだそうです。詳しくは漢字と日本人参照。チョー面白い。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-05 08:01 | 言葉 | Comments(1)