中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:言葉( 52 )


2005年 09月 25日

外来語 ブンデスリーガ 

今朝6時に起き、寝ぼけ頭でHSKの長文ヒアリング模試をしました。

第2問めに次のような文章が出てきました。
寝ぼけてなくても多分全然わからなかったでしょう。

老牌劲旅 a拜仁慕尼黑队战胜了 b门兴格拉德巴赫队
这是曾经夺得过12次德国甲级联赛冠军的 a拜仁慕尼黑队
自9月7日1:0战胜 c凯泽斯劳滕队之后的七个星期内取得的第二场比赛的胜利。


訳:古豪の精鋭部隊aはbに勝利し、これはこれまでドイツ甲級リーグで12回優勝しているaにとって9月7日にcに1:0で勝利して以来の7週間で2回目の勝利となった。

サッカーの話で赤字は外来語固有名詞(チーム名)です。
それを除けばたいした内容ではありません。
がしかし私はヒアリング時に外来語が出てくると思考停止に陥ります。
固有名詞なんかは意識せずに聞き飛ばせばいいのでしょうが気になっちゃって文章として理解不能になります。

德国甲级联赛=ドイツブンデスリーガ(ドイツのサッカーリーグ)
a拜仁慕尼黑队(bairenmuniheidui)=バイエルンミュンヘンBayern München
c凯泽斯劳滕队(kaizexilaotengdui)=カイザースラウテルンKaiserslautern
b门兴格拉德巴赫队(menxinggeladebahedui)=メンヘングラッドバッハMönchengladbach

こういう題材をヒアリング問題に選ぶ問題作成者の性格を疑います。
できるわけないじゃん。

ちなみに私は小学三年生からサッカーをはじめ、子供が生まれるまではずっとやってました。
ブンデスリーガは小学生当時世界最高峰で憧れのまとでした。
ルンメニゲかっこよかった。
d0018375_1110883.jpg

昔は今ほどサッカーが注目されていなかったためスポーツニュースでも取り上げられず、
サッカー番組は12チャンネルのダイヤモンドサッカーだけ。
これが楽しみでした。派手な実況もなく淡々と語るアナウンサーが忘れられません。
顔が浮かぶけど名前が出てこない。
「サッカーを愛する皆さんこんばんは...。」

これは自慢ですが私は釜本引退試合に行き
試合後国立競技場の裏で張り込み、
ペレとオベラーツの足を触りました。
d0018375_1112513.jpg

その日の観衆の一人としてサッカーイレブンという雑誌に写真が載りました。(小さく)
懐かしい思い出でした。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-25 11:08 | 言葉 | Comments(7)
2005年 09月 18日

しつけ

先週もうすぐ2歳の子供がおたふくにかかりました。
右ほおが膨れ上がり、かなり痛そう。
まだしゃべれないので寝たまま「ィターイ」と繰り返すだけ。

こどももつらいですが問題だったのは薬を飲まないこと。
最初はジュースに混ぜて飲ませてましたが
そのうち味の変化に気づき、コップ中身を良く見て変色していると飲まなくなりました。
 
次にペットボトルの中に薬を注入し飲ませましたが気づかれまたダメ。
今度は缶ジュースに入れて飲ませたがこれも成功は一回だけ。
ヨーグルトもだめ。
最後には強行手段でスポイトに入れて口の中に強引に注入。
これには相手も怒りの反撃。
口に含むもののプーッを吐き出しこちらの服はびしょびしょ。

こちらも怒って言い含めて飲ませようとしても何せ言葉が通じてるんだかわからない。
しつけってホント大変です。

ところで中国では薬を飲むのを嫌がる子にこういうそうです。

关公刮骨疗毒,你药也吃不了吗?


関羽は骨を削いで毒を直したのにお前は薬も飲めないのか?

またもや三国志です。
関羽が毒矢に射られた時、毒が骨にまで浸透し
皮を剥いで骨を削いで毒を摘出した故事に由来します。

中国の子供もこんな子といわれたら怖いですね。

この薬飲まねえど骨削ぐど。

こうした言葉はほんとネイティブの語感がないと伝わらない。
たぶん、「うそついたら針千本のーます」くらいの感覚なんでしょう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-18 09:03 | 言葉 | Comments(0)
2005年 09月 15日

失敗

語学レッスン中、昔話になり
私が一度就職浪人したことがあるとの話になりました。

学生時にバブル崩壊後の経済の変化を読みきれず
就職活動を甘くみて失敗してしまったことを説明すると

先生は言いました。
大意失荆州


なにそれ?とたずねると。

三国演義を読んでるのに知らないの?
状況を甘く見て失敗することだとのこと。

家に帰り、谚语词典で確認してみました。
蜀汉大将关羽镇守荆州,由于轻视孙权,在攻打曹操时,
被孙权钻了空子,占领了荆州。
比喻疏忽大意就会招致失败。


蜀の大将関羽は荆州を守っていましたが孫権を甘く見て
曹操を攻めるとき、孫権に不在のすきを突かれて荆州を占領された。
物事をいいかげんに見て失敗にいたること。



こういう言葉に出会うと苦労して三国演義を読んでいる意義を感じます。

ただまた言われました。
10月のHSK試験までは三国演義を読むのを中断したほうが良いと。
古文に慣れてしまうと現代文の理解に悪い影響が出るからと。

試験のための勉強ばかりではつまらないと強がりをいうものの
確かにHSKを甘く見ていると
大意失荆州

になりかねません。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-15 22:41 | 言葉 | Comments(0)
2005年 09月 11日

韃靼

高島俊男氏の「本と中国と日本人と」を読んでいますがその中に
タルタルソースは韃靼(ダッタン)から来ているとありました。

韃靼(ダッタン)とは江戸時代に満州のことを指した言葉で
中国ではタタール人(モンゴル族の一部族)のことを指し
ヨーロッパでは元の時代には中国全体を指したとあります。

韃靼=タタールはロシアでも元の時代に征服された関係上かなり忌み嫌われている言葉です。
タタールのくびきといい征服されメチャメチャにされた時代を記憶しています。

その時のモンゴルの圧制は凄まじかったらしく800年後の20世紀にも
ソ連が共産革命後モンゴルも共産化するとその恨みを返し
歴史からチンギスハーンを抹殺しようとした。チンギスハーンの子孫を自称する貴族も大量に
処刑されたとのこと。田中宇モンゴルの希望と苦悩参照。

スターリンもクリミア半島のタタール人 をナチス協力者としてシベリアへ強制移住させたそうです。これも800年前の意趣返しだと。
歴史は恐ろしい。

ところでそのロシアも征服された関係でモンゴル族の血が混じったひとが
かなりいるらしく、ウクライナ人なんかはそんなロシアを馬鹿にして
「混血」と呼んでいると以前北京の友達が言ってました。

「ほらエリツィンもモンゴル人みたいでしょ。」
言われて見れば。
d0018375_20593259.gif
d0018375_210883.jpg

でも800年も遡ったらきりがない。

私の祖母はなんかインド人かギリシャ人みたいな顔でした。
祖母の兄弟姉妹と全然似てないしでかかった。
その祖母の父親はロシア貿易で儲けた貿易商だったらしい。
あやしい。私の父もシアヌーク殿下に似てるし。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-09-11 21:00 | 言葉 | Comments(0)
2005年 08月 16日

一衣帯水

8月15日戦後60周年にあたり小泉首相が談話を発表しました。

その中で中国韓国などと日本の間を一衣帯水の間と言っています。

はずかしながらこの言葉、初めて知りました。
この言葉は首相から出てきた言葉だと官僚が語ったと朝日新聞に出てました。
この年代には一般常識として備わっている言葉なんでしょうか。
実際こうした中国成語から来た言葉は以前の方がたくさん使っていたのでしょう。
山田風太郎が21歳の時の日記「戦中派虫けら日記」には牽強付会だとか一瀉千里だとか
普通に使ってました。インテリには違いないけど21歳ですよ。

この一衣帯水の意味をを調べてみると下記のとおり

一衣带水
yī yī dài shuǐ
一条衣带那样狭窄的水。指虽有江河湖海相隔,但距离不远,不足以成为交往的阻碍。

一条の帯びのように狭い水。川、湖、海に隔てられていても距離は近く、
行き交うのに障害とならないことを指す。


大した意味ではないですがただ「近い国」というより重みを感じますね。西尾幹二氏のブログ
小泉首相を言語少量意味希薄と言ってましたがわかる気がします。
(ちなみに私は小泉さん応援してます。)

先ほどの続きですが
私の持っている成語辞典で一衣帯水の例文として下記が記載されていました。

郭沫若 革命春秋 跨着东海
"那市川虽然属于千叶县,但和东京仅一衣带水之隔”
「市川は千葉県ですが東京とはわずか一衣帯水ほどの隔たりしかありません」

典拠の「革命春秋 日本海を股にかけて」 という大物郭沫若からのギャップがある例文で気が抜けました。

話は変わりますが小泉さんってほんとに侮れない人だなと思います。
というのは私は今年は首相は8月15日に参拝すると思い込んでいたのですが
行きませんでした。
そうかと思い当たりました。
国内で強権発動している時に対外でも強気で押し通したら
かなりの専制イメージがつきますから、それを回避したのでしょう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-08-16 21:16 | 言葉 | Comments(0)
2005年 07月 22日

外来語

中国語で経済の本も読んでみようと思い
以前頂いた「怎样看日本经济」という本を読み始めました。

この内容は後日紹介するとして本の中に次の言葉がでてきました。

康采恩

どこの誰だ?と思いつつ読み進めると
なんとコンツェルンのことでした。kangcai’en。
まあ言われてみればそんな感じ。

ちなみにカルテル、トラストは卡特尔、托拉斯。

漢字は音訳に適しませんね。カタカナがいいね。

ただ最近の日本語も外来語を訳さずにそのままカタカナっていうのが
乱発されてます。

コンプライアンス、タスクフォース、アサインメント

なんだかわけわかりません。

ちなみにコンツェルンといえば日産コンツェルン。
日産コンツェルンといえば杉田かおる。
d0018375_2335047.jpg

それはどうでもいいんですが、
日産コンツェルンは戦前政府に依頼されて本社を満州に移転し
満州国籍のグループでした。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-22 23:04 | 言葉 | Comments(0)
2005年 07月 20日

外交術

本屋で桜井良子の本を眺めていましたら
毛沢東が外交の要諦として言った言葉が載ってました。

绵里藏针
棉絮里面藏着针。形容柔中有刚。也比喻外貌和善,内心刻毒。

綿の中に針を隠しておく。つまり柔らかなものの中に強靭なものを持つ。外観は温和であるが内心は毒々しい。


さすが毛沢東、百戦錬磨です。硬軟使い分けることができます。
それに引き換え最近の日中韓の政治家さんたちは小物ですね。
ぎゃーぎゃー騒ぐばっかりで。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-20 20:37 | 言葉 | Comments(1)
2005年 07月 04日

鸿鹄之志

秦の時代の末期、世の中が圧制に苦しんでいる時、
一人の若者が炎天下、畑仕事をしていました。
彼は陳勝といい、後に陳勝・呉広の乱を起こし、秦滅亡のきっかけを作ります。

陈涉少时,尝与人

佣耕,辍耕之垄上,怅恨久之,日:“苟富贵,无相忘。”佣者笑而应

曰:“若为佣耕,何富贵也?”陈涉太息曰:“嗟乎,燕雀安知鸿鹄之志

哉!” 司马迁 史记

陳勝の若いころ、人々と一緒に雇われ農夫として畑を耕していました。高台で休憩しているときに、嘆きつつ言いました。「もし金持ちになっても、お互い忘れないようにしよう」それを聞いていた雇い主は言いました。「お前、雇われ農夫で土地もないくせに、何が金持ちだ!」陳勝はため息をつき言いました「燕雀いずくんぞ鸿鹄の志を知らんや(燕や雀のようなちっぽけな鳥に鴻<おおとり>の志がわかるわけねえだろ」


いい言葉ですよね。大志を抱くもの気持ちは凡人にはわからない。いつかやってやる!
会社に入りたてのころ、よくこんなことを思ってました。(この言葉は知りませんでしたけど)

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-04 22:25 | 言葉 | Comments(0)
2005年 07月 02日

外来語

ダメという意味で「ペケ」っていうのがありますが
これは中国語から来ているそうです。

「不可buke」からだとのこと。

「アンポンタン」は「王八蚕wangbadan」=混蚕(バカ!)からだそうです。

ちなみに八ヶ岳の「ヶ」は中国語の一个,两个の「个」です。
でも「个」って簡体字ですから解放以降に伝わってきたのでしょうか?

まあ日本語の漢字は元はと言えば中国から来たわけで別に不思議はないですけど。

ところで中国の漢字は読み方がほとんどは一つしかありませんが
日本語の漢字は音読み、訓読みがいくつもあるものがあります。
訓読みは和語ですが音読みは中国語の音が伝来したものです。

じゃあなぜ音が違うのか?
正解は入ってきた年代、場所が違うんです。

   呉音         漢音        唐宋音
頭 頭痛(ずつう)    頭髪(とうはつ) 饅頭(まんじゅう)

行 行列(ぎょうれつ) 行動(こうどう)  行灯(あんどん)

[紹文周 開眼 中国語]

時代時代と地方地方で音がまったくちがうんですね。
だから唐詩の朗読なんて普通語でやってもナンセンスかも。
語言大学の先生は唐の時代の音は現代の広東語に近いといってました。
普通語で読むと作者の意図した韻がわからないとのこと。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-02 17:12 | 言葉 | Comments(0)
2005年 06月 25日

四面楚歌

四面楚歌という成語は有名ですが故事の中の状況は私が想像していたものと違いました。

成語の意味は周りは敵ばかりと言う意味ですが、
楚国の敵が戦いの時に楚に囲まれて、周りに楚の歌ばかり聞こえて、ああ楚軍に囲まれているんだなと感じたのだと思ってました。

実際は項羽と劉邦でおなじみの項羽(楚)が劉邦(漢)に囲まれた際、
周りから楚の歌ばかり聞こえてくるので、
漢軍の中にも楚国出身の人がこんなにも多いのかと思い、負けを悟ったとのこと。
楚の歌を歌っていたのは漢軍でした。

ところで一つクイズを

 劉邦(漢の始祖)が喜び、劉備(三国志の蜀の始祖)が悲しむ宝石はなんでしょう?

このクイズは北京のお客さんが日本訪問された際に出された問題です。
ヒント、漢字一文字。

答えは下参照。

答え
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-25 00:27 | 言葉 | Comments(0)