中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:文化、歴史( 187 )


2005年 05月 08日

唐詩

李白と杜甫
高島 俊男 / 講談社


今この本を読んでますが唐詩を読んでいると(というより唐詩の解説書を読んでいると)中国の悠久の歴史を感じます。

以前中国語をはじめた当初はまったく興味がありませんでした。なぜなら現代語と文法が全く違うし作られた当時は発音も違うため、勉強の足しにならないと勝手に思ったからです。

ただそれは大間違い。
唐詩だけでなく詩は中国語習得に欠かせない要素で、新聞、雑誌の文章中や会話の中にも頻繁に出てきます。

私が興味を持ったのは北京にいるときに先生に「学生唐宋名詩読本」という中学生用の解説書をもらってからです。平易な中国語で解説してありすぐに入っていけました。

なかでも次の詩は歴史を感じました。

出塞 王昌龄

秦时明月汉时关,
万里长征人未还。
但使龙城飞将在,
不教胡马度阴山。



解説書の意訳部分を訳しますと

私が見ているこの明月は秦朝の戦士も見ていた明月であり
私が守っているこの辺境の関所は漢朝の戦士が守っていた関所である。
秦漢の時代よりこの地は戦争が絶えず、
私が出征してきたこの地は我が家から万里の遠きにあり
戦争が終わらないばかりに帰郷することもできない。
ああ漢朝の龍城の飛将軍、李広将軍はいまだ健在であれば
胡人の兵馬に陰山を越えて南進させることなど無いのだろう。

唐の時代の辺境の兵士が自国を憂い、秦漢の英雄を渇望している。

西暦700年くらいの人が紀元前200年くらいのことを詩に読み、それを2005年の現在鑑賞している。これってロマンがありますよね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-08 21:15 | 文化、歴史 | Comments(0)
2005年 05月 07日

少数民族

昨日初めて習った先生は吉林省出身の朝鮮族(人口192万人)。ただし母方は漢族。

彼女は中学校までは民族学校に通っていたとのこと。
民族学校では基本的に朝鮮語で授業が行われ、小学校2年生から漢語をならうとのこと。
ただし一日一時間の授業しかなかったため一般漢族に比べ国語能力が劣るらしい。

特に古文がだめだとのこと。漢族の学校では小学校一年生から古文の授業がはじまり、
故事成語や唐詩宋詩などを叩き込まれます。よって一般の中国人は会話の中にポンポン古文知識を要する言葉を繰り出していきます。

彼女は読み書きでは問題ないが会話に自然と古文を出すことができないとのこと。
普通の会話は全く問題ないので普段は少数民族であることは意識されないが自分としてはかなり言語能力の差を感じているそうです。

こうした状況は政府も認識しており、大学の全国共通試験では少数民族優遇として20点加点されるとのこと。

中国は子供でも意味はわからずも詩の暗誦などができます。
この部分は30歳過ぎで中国語をはじめた自分には到底到達できない部分ですね。

以前再見という映画を見ていたら里親を探す子がが自分が利口であることをアピールするため詩の暗誦をしていました。
(この映画かなりなけます。私は飛行機の中で座席のモニターでもいて一人で泣いてしまい恥ずかしかったです)


以上

朝鮮族の歴史
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-07 06:30 | 文化、歴史 | Comments(0)
2005年 05月 04日

プリキュア

d0018375_18191765.jpg

豊島園でふたりはプリキュアショーを見ました。

ふたりはプリキュア マックスハート
中国語に訳すとしたらどうする?

两个人是 普利丘阿 最大级心脏

她们的老一套台词是这样,
黑暗世界的下人们赶快回家去吧!!
(闇の世界の僕たちとっととお家へ帰んなさい!!)
このせりふが保育園で流行っているらしく
意味もわからず真似する娘が言うのを初めて聞いたときは
pinyinのヒアリングを試されているようで听不懂でした。

yaminosekainosimobetachi....。


用手机照相机的照片真不行,拍不了远景,我决定买数码照相。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-04 18:19 | 文化、歴史 | Comments(0)
2005年 04月 23日

愛国

昨日広州からきた社長さんとランチしました。

自然と反日デモの話になりました。
曰く広州、広東は政治色が全くなく政治に興味もないとのこと。
じゃあ先日の広州、深圳のデモはいったい何なのかときくと、
北京からの学生が主導しているとのこと。また深圳には広東人はいないとのこと。

また昔から北京、上海、広州のひとの国への思いは次のようにいうらしい。
北京愛国、上海出国、広州売国。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-23 18:34 | 文化、歴史 | Comments(0)
2005年 04月 20日

茶杯

d0018375_1447137.jpg

昨日2ヶ月ぶりに来日した兄弟(xiongdi)にお土産で杯子をもらいました。以前からマイ杯子が欲しかったので嬉しいです。最近毎日中国茶を飲んでます。いまは鉄観音、その前は四川の竹葉青。
以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-20 14:47 | 文化、歴史 | Comments(3)
2005年 04月 09日

福の字の剪纸。

北京で買いました。買うつもりがなく眺めていたらセールストークに惹かれました。
曰く

鸡代表吉。羊代表祥。西瓜,石榴代表多子多福。佛手代表美满幸福。
桃子代表长寿。牡丹花代表富贵。梅花代表和和美美的意思。

以上


d0018375_12314678.jpg

[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-09 12:31 | 文化、歴史 | Comments(0)
2005年 04月 06日

紅酒

今日は二日酔いでかなりグロッキー。昨晩火鍋を食べながら绍兴酒をがぶ飲みしてしまい2次会で撃沈。

中国の酒といえば白酒と紹興酒が有名ですが、俗に紅酒と呼ばれます。私は白酒の方が好きです。においがきつく最初戸惑いますがなれると癖になります。アルコール度が高くすぐに酔いますが二日酔いしません。

なんでも白酒は最初に作られたとき薬として作られたため体に良いとのこと。それに対しワインなど洋酒はテイストや香り、色などをよりよくまた飲みやすくするために改良が加えられてきたため体によくないものもあり、頭痛などを引き起こすらしい。
中国でかなり飲まされ撃沈したことも数度ありますが白酒は不思議と二日目はOK。

白酒は人気があり五粮液などのブランド品は偽物が横行し、ある方は中国で買うとほとんど偽物なので日本で買いだめして帰るといってました。

また店も薄めたりするケースもありレストランでは客の前で開栓します。またケースが缶のこともあります。注ぎ口は外から水などが入れられない構造になっています。
でも最初から偽物だったらわかりません。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-06 21:29 | 文化、歴史 | Comments(0)