カテゴリ:時事( 149 )


2009年 06月 14日

既得権益

農協の大罪 (宝島社新書)

山下一仁 / 宝島社



最近、農協の関連組織と触れる機会があり興味を持ちました。

戦後農政の歴史をなぞるだけでもかなりエキサイティングな読み物でした。
というかどうしようもないね。
この体制。

爆食中国のお隣で食料自給率が問題視されているなか
減反減反って。

こんな世界です。

戦後農地解放で地主は安値で土地を強制買収され
小作人に土地が分け与えられた。

こうして出来た多数の零細農家を守るために農政はあった。
それがいつも間にか巨大利権集団へ。

アメリカも農地改革を行う狙いとして
共産主義に対抗するための基盤として旧小作人を利用した。
それが自民党の票田へ。

といっても農産物に市場価格の変化はつきもの。
豊作もあれば不作もあるし価格は上下します。
そんな経済の法則を無視して、米価を安定させようとした。

減反プラス補助金。
米を作らなくてもお金もらえて
しかも作った米は高値で買い取ってもらえる。

補助金は農協系の金融機関へ振り込まれて
農協は巨大化。

利権集団化。
農業なんてやりたくない人だっておいしいからやめない。
サラリーマンやりながら農地はもっておく。
効率があがりません。
でもいいんです。
収入は他にありますから。

ついでに農地を転用したり、売ったりしたら大もうけ。
地主からただ同然でもらったのに。
本来は農業を守るために配分されたのに。

おいしい身分です。
農家、政治家、農林省。
いつのまにやら巨大利権。

農家といいながら兼業です。
65歳未満の方が営む専業農家はたった一割だそうです。

要するに農業をささえるために農政があるのではなく
一票を入れてくれる農業利権者のための農政になっている。
つまり食料自給率なんてお題目だけで
米価を上げるためなら水田だってほったらかし。

さらに問題はそれで農家がさらに潤えば目的が達せられるわけですが
米が高いからどんどん消費量が減ってゆく。
経済の原則です。

でも更に減反する。
完全に嵌ってます。

世界と日本経済30のデタラメ (幻冬舎新書)

東谷 暁 / 幻冬舎



こちらには減反政策によって水田ほったらかしで水資源が失われると書かれています。
日本は水が豊かだと思われていますが
輸入した食料(穀物、野菜など)を水に換算したら
日本の灌漑用水の総量を超えているとのこと。

食料をつくるためには水が必要であり
今輸入している食料を自給するといっても水が足りない。

水田を大切に。

いずれにしても政治ってのは無関心でいるとおそろしいことになりそうです。
かつて弱者のために必要であった政策が長期間続くことで
逆に利権となる。そして聞きざわりの良いお題目のもと絶対化される。
アンタッチャブルな世界へとかわる。
既得権益。
絶対性の呪縛。

日本ってそういうのが多いです。
ながいこと平和で権益が固定化してる。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-06-14 20:51 | 時事 | Comments(2)
2009年 05月 19日

中国人団体旅行事情

中国語教室に行きました。
中国人の先生は団体旅行で来日した友人とあってきたそうです。

団体旅行のオプショナルツアーで銀座コースに申し込んだ友達は
3500円も取られたと怒っていたそうです。

3500円も取るのだから銀座というのは大きなショッピングモールか何かで
きっと入場料が必要で、その費用も含まれているに違いないと思っていたそうです。

ところがただバスで銀座に連れてこられてて買い物しておしまい。
3500円。

騙されたあ!とご立腹だったそうです。

そのほかディズニーランドコース、お台場コースなんかもあったそうです。

どのコースもあまり行動は束縛されずに
最終日なんかは自由行動がゆるされているそうです。

観光ビザが基本的には団体にしかゆるされないのは
逃げちゃうひとがいるからです。
逃げちゃって日本で働いてたんまりかせぐ。

それが自由行動ってのはずいぶんとおおらかになったんだなあと思い
たずねてみました。

「最近は逃げる人いないんですか?」

「押金があるから大丈夫ですよ。」

保証金です。
中国出発まえに旅行団参加者は保証金を納める。
帰ったら返してもらう。
その額、なんと10万元。
140万円ですよ。

すごいそんな金額預けてたらそりゃ帰りますよね。
そもそもそんなカネのあるひとしかこれなくなっているんですね。
どうりで金回りがいいはずです。
カードでがんがん使いまくる。

ちなみに先生の友人は公安にコネがあり5万元で済ませてもらったとのこと。
さすが中国。

ちなみに以前に記事にしましたが
中国の団体旅行からはよく逃げるひとがいて
中国の旅行代理店は責任を追及されるとのこと。

そのため各国大使館を接待して
責任追及しない逃亡人数枠なんてものを設定してもらっていることもあるそうです。
こちらを参照のこと

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-05-19 21:46 | 時事 | Comments(0)
2009年 05月 11日

また地震? 四川から一年

四川汶川地震(写真がたくさん)から明日で一年ですが
先日、ラジオを聴いていましたら不吉な話題をしておりました。

GW前のことですが湖北省のあるところで
突然カエルが大量に移動しだしたとのこと。

朝起きると、路上に一万匹にもなるカエルが一方向に向かって行進していたとのこと。
動物には地震予知能力があることも知られていますので
ネット上ではかなり話題になったそうです。

出现上万只拇指大小的青蛙,且“整齐划一地向同一个方向迈进
当地居民恐该现象与地震活动有关,为此十分担心。

親指大のカエルが出現し、そろって一方向に向かって進んでいた。
現地の住民は地震活動と関連していることを恐れ、とても心配している。


動画もあります。

その後政府筋は火消しに回り、地震とはまったく関係がないと火消しに回っています。

このあたりはもともとカエルが多く、ここのところの雨で水かさがまし
溝の中にいたカエルが空気を吸いに外へでてきただけだという理由をつけています。

でも40年そこに住む住民がこんなものは初めてみたとかいっています。
我在这里住了四十多年了,这么多青蛙没看到过,今天是第一次看到。


実は去年の大地震のときも
後でわかったことですがたくさんの予兆があったのです。
いろいろな予兆写真
でもそれがみんな無視された。
北京五輪の前で対外的に悪い印象をだしたくなかったから。

そんな兆候のなかにカエルの大移動もあったんですから気になります。

なんて書きながらネットを見ていたら
5/5にも今度は四川で大移動があったようです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-05-11 22:09 | 時事 | Comments(0)
2009年 05月 07日

しごきの末に 

今日は韓国人のお客さんとランチ。

韓国企業は軍隊式で上司の命令にはYesしか許されないという話から
軍隊の話になりました。

お客さん自身は目が悪かったために入隊試験に落っこちたらしいのですが
自ら志願して特殊な部隊(身体が弱いひとのための)に入れてもらったとのこと。
彼にとってはいい思い出だと。

なんでわざわざ辛い思いをしにいくのか?
誰もが経験する共通体験としてもっていないと社会にでて疎外感を味わうからだと。

そんな部隊だから楽なんだろうとおもったら大間違い。
初日の夜に寝入った後、竹刀をもった先輩兵が大勢部屋に乱入してきて
めった打ちにされたそうです。
これが訓練の始まり。

ある日、髪が伸びていることを注意され
たるんでいるということで一週間ずっと山のなかで山小屋作りの労働させられたと。
全部手作業。

朝はトイレに行く暇もないし、歯も磨く時間もない。
点呼に間に合わないと全員ぶっ飛ばされる。

訓練中水も飲めないそうです。
蛇口が少ないのでのめるひとは限られている。
でも飲める時間はわずかしかない。

別のお客さんで軍事教官をやっていた方もいました。
彼に聞きました。

皆さんしごかれたかれた経験ばっかりいいますけど
やっぱり先輩になったらしごくんですよね?

それは仕方ありません。
軍紀を保つためには厳しくしないとだれてしまいます。
そうしないと北には勝てません。
まあそういわれてみればちょっと納得しちゃいます。

教官いわく
自分の一言で新米兵200人が大声で返事をして
即座に行動するのを見ていると自分も陶酔して我をうしなうと。

真夏の訓練が終わり
放水による水浴びの時間があるそうです。
その時、一言、「脱げ!」
200人の筋肉隆々の若者たちが一瞬で裸になる。
壮観でしょうね。

ランチの話に戻ります。

お客さんが言います。

「軍隊では訓練期間に死ぬ人も多いんですよ。」

しごきでですか? それとも事故死?

それももちろんありますが
先輩に逆らって殺されたり
逆に先輩を殺しちゃったりすることだってありますよ。
あまり表には出ませんけど。

以前にはこんなことあったそうです。
こちらは報道されたそうですが。

部隊では夜の敵の襲来に備えて歩哨が立つ。
その日の歩哨は新米兵二人。

恨み骨髄に達した一人が、まずもう一人の歩哨を射殺。
その後、皆が寝ている部屋に手榴弾を投げ込んで爆破。
さらに先輩兵の部屋にいき、銃を乱射。
この事件かな?

おそろしすぎます。

まあともかく日本には徴兵がなくてよかった。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-05-07 22:31 | 時事 | Comments(2)
2009年 04月 01日

中国の裏工場

中国貧困絶望工場 「世界の工場」のカラクリ

アレクサンドラ・ハーニー / 日経BP社


著者の講演を聞きにいってきました。

題名自体はもはや使い古された感があり
内容が想像できるようですが

著者のハーニーさんの略歴を見て俄然興味がわきました。
元フィナンシャル・タイムズ香港駐在なのですが
その前は日本に駐在していとのこと。

日本に駐在当時に広州本田に招かれて中国に行き
中国製造業のあまりの安さにびっくりして、香港駐在を願い出たとのこと。

そこでの調査の結果、中国の安さの秘訣は次の三点に集約されるといいます。

①労働者の権利や環境保護に関する法令を無視する。

②労働者自身が金欲しさに体を犠牲にして長時間働く。

③中国を製造基地としている外国企業からの厳しいコストダウン要求。

なんと中国の労働法そのものは労働者保護が厳しく定められているとのこと。
具体的には
週44時間労働、残業はマックス36時間
労働時間とは?中国

ただこれが守られていない。
この法律を実際に執行するのは地方政府なのですが
これが地元企業と結託して例外措置をとるらしいのです。

また昨今は欧米企業がCSRを厳しく言われ
中国での下請け工場に対しても法令順守を求めるようになった。

ただ法令をまもって労働者保護して環境に配慮して物をつくっていたら儲からない。
そこで脱法行為をするとのこと。

外国企業の査察の時には表の数字で報告し
実際は裏帳簿で経営する。
はなはだしきは表工場、裏工場の二工場体制で査察に臨むとのこと。
いろいろ考えますね、たくましい。

こんなことを中国にどんどん潜入して取材してくる著者はどんなひとなのか?
白人の若いお姉さんです。

ただ中国語ぺらぺら
ついでに日本語も。

実際講演は日本語で行われました。
うまい。

ちなみにこちらで
彼女の肉声が聞けます。
日本語、中国語、英語。
「中国の問題は、中国だけの問題ではない」

中国語もきれいな発音でした。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-04-01 21:30 | 時事 | Comments(0)
2009年 02月 26日

100年に一度?

先日、台湾に出張中のお客さんから電話がありました。

「台湾は経済は全然だめだよ~。でも前向きだよ。乾杯カンパーイってのも大復活だ!」

近頃はお客さんも洗練されてきて酒のまないとビジネスできないなんて風潮は
ずいぶんなくなったといいますが、この大不況のさなか俄然元気がでてきてカンパーイと
やっているそうです。

すると今度は台湾人の社長から電話がありました。
そこで聞いてみました。

「なんか最近みんな良く飲むらしいね?」

「そうだよ。 No businessだからな。
昨日もlunch timeからmidnightまで飲みっぱなしだぜ。」

台湾人は明るい。いつも前向きポジティブだから元気をもらえます。

そこいくと日本はペシミスティックでいけません。
この先どうなるんだ?
昨日も倒産、今日も倒産。
100年に一度の経済危機だ。
などなど。

そんな話を別の席でしていますと
いっしょに食事していた大先輩はいいました。

「状元くん、100年に一度の危機だなんて、バカいっちゃいけないよ。
オレが子どものころは大阪は空襲で焼け野原だった。

今は大阪城公園ゆうとるけど、あそこは砲兵工廠ゆうて兵器つくとった。
それが空襲で廃墟や。そこを毎日とおって学校いっとった。

あのころに比べたら何が危機やとおもうわ!」

確かに!

戦争からまだ100年もたっていないですよね。
あんときにくらべたら危機でもなんでもない。

中国だってそうですよね。
文革だってそんな昔じゃない。
何千万人死んだんですから。

今日あったベトナムのえらいさんも云っていた。

「わが社の第一工場は1959年に建設されたが
ベトナム戦争ですべてdestoryされた。」

これもかれらにとってはとんでもない危機です。

こんなのにくらべたら今の日本なんて幸福そのもの。

もっと気楽にいかなきゃいけませんね。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-02-26 22:02 | 時事 | Comments(0)
2009年 01月 11日

中国人大移動

今朝MXテレビという東京ローカル放送局で面白い番組を見ました。
西部邁ゼミナール ~戦後タブーをけっとばせ~
ゲストは中国スペシャリスト宮崎正弘氏。
「行き倒れる巨象・中国!大国の光と影」と題して放映されました。

あまりに面白かったので備忘録として書いておきます。
さすが中国取材歴100回以上というだけあって含蓄がある。

世界経済危機のあおりを受けて中国はどうなるのか?

去年のGDP成長11.8%から今年は4.5%に落ちるんだとか。
1%成長率が低くなるごとに500万人失業者がでるつまり7%減なら3500万人。
すごい。

そんなに出たら暴徒と化して日本に移民が押し寄せて来るのではとホストが聞くと
ほんとうに日本に来たい人がいるんだたったら来て貰ったらいいんです。

日本の若者よりずっとたくましいしやる気もある
若者を鍛えるためにもそのほうがいいと。

でもその前に軍隊が押さえにいくからそこまでいかないでしょうと。
どうやって抑えるかというと
太平天国のときみたいにやるといいます。
そのとき独立王国を樹立した太平天国を西大后はどうつぶしたか?
曽国藩に何をしてもいいからつぶして来いと命令し、
勝ったらあそこは全部お前にやるといったそうです。

それはそれはモチベーションの高い軍隊で何でもやりたい放題で
ついには滅亡させたそうです。そして5000万人の犠牲者がでたとか。
スケールがちがいますね。

歴史をみるとこんな人口の大移動なんてしょっちゅうあったといいます。

華僑を見てみなさいと世界中にちらばっている。
その華僑も大きく三つに分けられるそうです。

①南宋の末期に元との戦いに敗れた住民たち。
街を逃げ出し山のなかに独立地帯をつくった。
日本でいうところの平家の落ち武者部落みたいなものだと。
その時、海外に逃げたの多くいたそうです。

つまり客家です。

②アヘン戦争のあとにアメリカに苦力として連れて行かれた人々。
つまり奴隷みたいなものですね。

よってアメリカには広東系華僑が多いそうです。

この人たちがたくましくて経済的に成功していくわけです。
私も中米グアテマラにチャイナタウンがあってびっくりしました。

西部氏いわく

アメリカはこの中国苦力に相当ひどい扱いをしたと。
働くだけ働かせてお金払いたくなかったのでいっぱいまとめて爆破したなんてこともあったそうです。
こんな発言は視聴率のめっちゃひくいローカル放送だから許されるのでしょう。

南京事件を描いたアイリス・チャンはアメリカの中国苦力についても本を書いたそうです。
こちらはレイプオブ南京で絶賛されたのとは反対で酷評されて
鬱になって自殺したんだと宮崎氏。

③最後の一つはただお金を求めて世界中に向かってゆく華僑。
今はアフリカなんかにもいっぱいいます。

いまの中国の状況を歴史をふまえてダイナミックに解説してくれました。
あっというまの30分。

もっと歴史をしりたくなりました。
まずは客家と華僑かな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-11 20:06 | 時事 | Comments(0)
2009年 01月 10日

たのむぞ 中国!

今世界経済はお先真っ暗で日本経済も日に日に深刻さがましています。

鉄鋼の国内マーケットもガタガタの状態です。

でも何故だか中国のマーケットだけ急上昇しています。

なんでだろう?

中国のここ数年の成長も輸出の伸びがあってのことですから
いくら内需拡大っていったって急にはだめだし
世界経済の落ち込みをカバーするのは無理でしょって思いますが
不思議なことに市況が上昇しています。

先日中国人のトレーダーの方に理由を聞いてみました。

金融緩和でみんなお金を借りやすくなっているんだそうです。
それもただの緩和じゃない借りろ借りろと強制に近い感じだそうです。

日本は日銀が緩和したところで銀行は経済原則にのっとり
不景気の時代は少しでもリスクのある借り手には貸しません。
雨の日には傘をかさないというやつです。
結果金がまわらず、景気回復しない。

そこいくと中国は天下の共産党さまが政治主導でどんどん
銀行にかね出して、貸せ貸せとプレッシャーをかけるんだそうです。

社会主義自由経済とかいって随分資本主義っぽくなっていたのですが
この世界金融危機にあたっては強力な政治指導が復活しているそうです。

地方の役人たちも気合がはいっていて
地方の優良企業を訪問して、金はあるからどんどん使えと鼓舞しているそうです。

そんでもってみんな金がありますから市況があがる。
市況があがるとみんな売らないで買うばっかりになりますから更に市況があがる。

最終的に需要があるかないかなんて関係ないのです。
あがっている時は買い!

そんなことやってると銀行は後が大変なんじゃないの?
不良債券がたんまりたまって破綻なんてこともありえる?

冗談でこんなことを言われているとか。
政府は銀行はつぶれてもいいと思っていると。
なぜなら銀行が破綻して失業するのはみんな知識階級です。
知識人は食うに困っても暴動は起こしません。

共産党が一番怖いのは農民の暴動、
食えなければ不満が爆発!
暴動が暴動を呼び、全中国に波及するそして政府転覆。
これが一番恐ろしい。

4000年の歴史の中でなんども繰り返されてきました。
国民を食わせられなくなったら、どんな強い帝国も滅びたのです。
中国では歴史は非常に重要です。
なんども起こるのです。

実際今中国はなんとか8%成長を維持しようと「保八」を合言葉に
金融緩和や輸出促進、公共事業とどんどん政府は対策をくりだしてきます。

その背景には失業問題があります。
先日の記事(改革開放30年 最大の危機でも書きましたが
8%成長できないと大変なことになるのです。

いまも輸出向け加工工場なんかは倒産があいつぎ
農民工は春節をまえに故郷に続々と帰っています。

今はまだこれまでのたくわえを持っている。
それが田舎に帰って旧正月をゆっくりすごし
また都会に働きにでてくる。

その時仕事がない。
これがまずい。
食えない→暴徒へ。

こんなことが噂されています。
これをなんとか避けたい。
これが政府の目的。

先日の4兆元の国家プロジェクト発表もすごかったですが
足りなきゃ8兆元にしているといきまいているとか。

大丈夫かいな?と心配しつつ、期待もしています。
どこかの政府とちがって、やるといったらどんどん実行。
いろいろ考えてもしかたがない。
今が全てだ!って感じ。

なんだか頼もしくおもいます。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-10 22:12 | 時事 | Comments(2)
2008年 12月 27日

現代に蘇る鄭和 ソマリアへ

中国がソマリアに軍艦を派遣します。
海賊を取り締まるためです。

このニュースかなり盛り上がっています。
キャッチフレーズは15世纪以来最大海軍遠征

15世紀以来とは随分大げさですがこのニュースはいろんなことを意味して非常におもしろい。

まずは中国が世界に冠たる大国になったんだよってのを大きくアピールできる。
その象徴として鄭和がでてくる。
15世紀においては圧倒的に強かった。
鄭和の乗った巨大船を作る技術なんてどこにもなかった。
しかもそんなころにソマリアまでも行ってしまっているのです。

鄭和については前に書きましたのでこちらをどうぞ。
宦官英雄 鄭和

もうひとつは世界貿易によって今の中国が支えられているってこと。
貿易立国なのです。ソマリア治安が悪いとスエズ運河に向かえない。
喜望峰をまわって主力市場であるヨーロッパに向かうのはえらいコストアップです。
中国の競争力が運賃でそがれてしまう。


あとはアフリカということ。
石油の輸入に関して非常に重要な場所なのです。
中国の石油輸入はアフリカ依存度が高いのです。
以前こんな記事を書きました。
中国アフリカ外交 新殖民主義?

いま世界恐慌の影響で中国経済もひいひいですが
この10年で蓄えた力をアピールして国威高揚といきたいところでしょう。

アメリカに変わって世界を引っ張るんだという姿勢を見せたいのもあるでしょう。

でも私が思うのはそもそも
海賊対策に軍艦まで派遣する必要があるのでしょうか?

海賊っていったって武器は持っているでしょうが
そんな重装備ではないでしょうしそんな大げさではないのでは?

海賊に襲われた船の写真がありました。海盗登上中国“振华4”号货轮甲板

ロケット弾かついでますが短パンに裸足です。

こいつらに軍艦はちょっと。

でも被害は相当出ているようで
今年1-11月に1265隻の中国商船がこの海域を通ったそうですが
20%が襲撃にあったとのこと。
これはすごい。


実はわたしの仕事相手の船会社さんがオペレートする船も
被害にあいました。

ボートですーっと近づいてきて
ロープをひっかけてするするっと数人が上がってきて
手を上げろ!

闘えばいいじゃない?と問うと
その船はタンカーだったので火気厳禁。
闘った瞬間に両者ともドカン!

でもタンカーなんかにのぼってきて何とるんですか?
誘拐して身代金です。

あとから連絡が入り一億円以上請求されたそうです。
どうやって金を渡すのかは不明。
その後どうなったかも聞いておこう。

ともかく今の世界は海上輸送でなりたっていますから治安安定が基本です。
現代鄭和に頑張っていただかないといけません。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-12-27 16:14 | 時事 | Comments(0)
2008年 12月 14日

改革開放30年 最大の危機

今年は中国改革開放30周年。

対外開放のモデル地域である珠江デルタ地区は今、最大の危機を迎えています。

その現状を伝える興味深い記事がありました。

东莞阵痛:难过的“世界工厂”  東莞の陣痛 苦難の世界工場

何が起きているのか?

原材料涨30%、工人薪资涨40%、订单缩减30%……

原材料が30%上がって、人件費は40%上がって、注文は30%減った...


やっていけるわけがない。

それに環をかけて今度は金融危機。

贷款难收,到处求爹喊奶,像孙子一样收款

お金がなかなか借りられない。じいちゃん や ばあちゃんに頼み込む孫みたいにして借りてくる。


でももって倒産するわけです。

我是一个癌症病人,为三四百人的生存操心实在太苦太累,如今金融风暴之际,生意特别难做,整天面对众多供应商追偿,原材料供应又不及时,生产时断时续,我只能选择放弃。

私は癌を患っています。
300-400人の従業員の生活のために苦労を重ねてきましたが
金融危機にあたって、商売は最悪です。
一日中債権者に追いかけられて、
原材料も必要なときに入れてもらえないので
生産は止まったり動いたりです。
もうあきらめるしかなかった。


社長さんは悲痛の叫びをあげます。

ところが債権者は従業員はこんな社長を信じていない。
,他们认为这不过是一场借金融风暴之名行“金蝉脱壳”之实的走佬计划。

社長は金融危機に乗じて姿をくらまそうとしているだけだと思っているのです。


ものすごい相互不信が渦巻いています。

でもそんなこといったってつぶれるものはつぶれるし
逃げる社長はのこりの金もって逃げちゃいます。

そんなのが相次ぎ出稼ぎ労働者は故郷に帰っていきます。
帰郷する人があまりに多いので
電車の運賃が跳ね上がっているそうです。

这里除了宿舍就是工厂,连家都没有,这是个问题。
ここには宿舎と工場しかない。
一般住宅すらないのです。
これが問題なのです。



そして街ははゴーストタウンに。


この中国の躍進を支えた輸出が大きな打撃を受けた今
内需拡大で復活できるのでしょうか?

アメリカなきあと世界を救えるのは中国経済ぐらいですから
目が離せません。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-12-14 22:17 | 時事 | Comments(2)