中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:時事( 150 )


2014年 11月 08日

北京の空気は今週だけキレイ

昨日台湾からお客さんがあり、中国の鉄鋼生産が話題にのぼりました。

今世界の鉄鋼価格は大きく下落してるんですが
原因はみんなわかってる。
中国の作り過ぎ。

世界生産の半分を中国だけでつくっちゃう。
でもって世界の鉄鋼人はいつも中国の生産量を気にしてる。
しかも毎週毎週チェックしてる。

その生産量が今、急に減少してるんです。

なんで?

APECが北京で開催されているからです。

といっても普通はわからない。
どうつながるのか?

大気汚染の関係です。
鉄鋼生産をガンガンやって空気汚してる。
環境なんてコストかかりますから配慮しません。
60年代の日本並みでしょう。

でも国際会議が開かれてみんなが北京に集まって
空気汚いなんて評判になったらメンツ丸つぶれ。

それで生産停止しろってなことになるわけです。

《措施》规定,APEC会议期间,一类重点控制区域内(北京周边100公里范围内)除火力发电企业减少排放污染物30%以外,钢铁、焦化等涉气企业全部停产
措置は下記規定している。APEC会議期間、第一重点管理区域内(北京周辺100キロ範囲内)において電力をのぞく全企業が廃棄物30%削減する以外に、鉄鋼やコークスなど空気を汚す企業はすべて停止とする。

期間中だけ止めても意味ないだろというのは目的を理解してない人の台詞。
メンツだけが問題ですからね。

お客さんはついこの間、北京近くの鉄鋼集積地、河北省唐山訪問したそうです。

どんなに空気がひどいか写真を見せてくれました。
もやもやです。

それでも12日間止めてすぐ戻しちゃう。

「どうせ鉄鋼余ってるんだから減産継続する可能性があるのでは?」
と聞いてみると
「それはないね。だって止めたら大量の人が失業して社会不安になるからね。
ただでさえ、昨今の鉄鋼不況で唐山市では一日一社倒産しているなんて話もでてるよ。」

失業と環境どっちが大事?

環境はこっちにも降り掛かってきますからどうにかしてもらいたいな。
在中国アメリカ大使は環境汚染が理由で帰国しちゃったって話もあるそうです。


空気だけじゃなくって水も大変なことになってるって。
お客さんいわく

ヒラリークリントンは訪中時に中国の水を使いたくないので
シャワーのための水までコンテナで運んできたという。

ほんまかいな。

以上



[PR]

by zhuangyuan | 2014-11-08 18:25 | 時事 | Comments(0)
2014年 11月 03日

リアル ウルフ・オブ・ウォールストリート


シカゴのステーキハウスで初めてあった彼は
中肉中背、赤髪にソバカス、分厚い金縁眼鏡。
転職してきて間もないという。

「ミスター状元はゴルフお好きですか?」

これは私にとっていつも答えづらい質問。
だって聞いてくる人は好きに決まってる。

「あんまり上手じゃありません。お好きなんですよね?」
「ハンデは今は7。よくやるんですがスコアが悪いと気分悪くなるから最近は回数減らしてます。」
「どのぐらいやられるんですか?」
「昔は週4回くらい。今は月4回かな。」

はぁ?週4!?

そして彼は語りだした。
d0018375_08382240.jpg
彼はシカゴ商品取引所でTrading floorに立っていた。
個人の立場でコーンや大豆先物取引していたという。
2000人が大声を張り上げて売買していたんだと。
彼はScreamingという表現を使った。
迫力が伝わってくる。

儲かったなあ。
そのうち債券にも進出し稼ぎまくったという。

朝、取引所に行き、数時間でめちゃ儲ける。
するとその日の商売はもうおしまいにして仲間たちとゴルフに出かける。
それが週4回。
すごい世界。

「デカプリオの映画の世界ですね?」
「半分あたってるね」

ウォールストリートじゃなくてウルフ・オブ・マーカンタイルになるね。
ここで気づく
シカゴ・ブルズのブルはブルマーケットのブルか?
そうなるとシカゴ・ベアズ応援するひとに気が知れない。

ブル=上げ相場
ベア=下げ相場 

彼は儲かるとのめり込んで行き米国債だけでなくドイツ債の取引するようになったといいます。

「そうなるともう遊ぶ暇ないね、一日20時間はトレードしてた
でも子供ができてやめたんだ。もっと別のことに時間を使わなきゃって思ってね。」

「でもそんな生活でよく結婚相手が見つかったね?」
「あはは、ゴルフ場で見つけたんだよ!」
そりゃあいい。

こんなトレーダーと話ができるのもめったにないので
株の儲け方の秘訣をきいてみた。

すると彼は株はやらないとの答え。
「一日8時間ウォッチできるならやるけど、それができない今はやらない。
スペキュレーションが多すぎるんだ。その波が見えないと勝てないよ。
勝てるのはプロだけ。」

どおりで私は勝てないわけだ。

以上






[PR]

by zhuangyuan | 2014-11-03 08:48 | 時事 | Comments(0)
2014年 08月 09日

オランウータンをこっそりペットにする奴ら

先日、ボルネオ旅行に行きました。
目的の一つがオランウータンを観ること。

サンダカンに到着して、まず立ち寄ったのがセピロク・オラウータン・リハビリテーションセンター。
群れや親とはぐれてしまったオランウータンをリハビリし、森に返して上げるための施設です。
オランウータンは絶滅危惧種ですので少しでも個体を守らなくてはいけません。

プランテーションによる森林伐採で住むところを失い個体数が激減しています。
オランウータンは森を動きまわり、餌をとり、他の群れと交配し子孫を増やしてきました。
それが伐採によって分断され孤立し数を減らしてきました。

でも親とはぐれちゃうってのはどういう状況なんでしょうか?

現地にいらした動物博士に聞いていみました。

「密猟ですね。」
「密猟っておっしゃいますが密猟してどうするんですか?動物園に売るんですか?」
「動物園には売れません。絶滅危惧種ですから厳しく管理されています。個人がペットとして買うんです。
台湾なんかが多いんですよ。お金持ちには色んな趣味の人がいます。」
「???!!」
ペットとして飼われているのは見つけ出して、助け出し
セピロクで野生に返すこともあるといいます。

まさかペットとは!
オランウータン飼うってすごいな。
まあよく考えたらマイケル・ジャクソンもチンパンジー飼ってたな。

Performing orangutans have always been extremely popular in South East Asia, and the similarities between infant orangutans and human babies have always made them popular household pets. In the 1980’s and 1990’s, the illegal trade was focused mainly in the affluent country of Taiwan, where demand for orangutan pets was high, and to where an estimated 1,000 orangutans were illegally imported between 1985 and 1990 (WWF)
The Illegal Trade in Orangutans
東南アジアではパフォーマンスするオランウータンがメチャ人気があります。
オランウータンと人間の赤ちゃんがそっくりなので家でペットとして飼われます。
80年代、90年代にはリッチな国、台湾での違法取引が注目されました。台湾ではオランウータンの需要が多く
1985−1990までで1000匹が違法に輸入されました。

台湾の金持ちの間ではオランウータンがステータスシンボルだそうです。

台湾的宠物市场约计走私进口了近千只的红毛猩猩婴儿。不过,因为在自然状况下,新生的红毛猩猩会随时紧紧地抱在母亲胸前,(中略)就必须先除去它的母亲和另外2到3只共同活动的成年或半成年的红毛猩猩。另外,因为这是犯法的走私行为,这些动物往往都被成堆地塞在很小的盒子中,在长时间缺食、缺水和四肢缺乏伸展空间的情形下,3/4左右的个体在运送途中就因为饥饿、脱水或相互攻击、撕咬而死亡,真正到达台湾宠物爱好者手中的个体可能还不到200只。
宰杀保育类野生动物
台湾ペット市場で千匹近くのオランウータンの赤ちゃんを密輸した。しかし、自然の中ではオランウータンの新生児は母親の胸に抱かれれています。(中略)よって母親や一緒の群れの2,3匹の大人を取り除く。密輸は違法あので動物たちは小さな箱に閉じ込められ、長い間食事も水もなく、手足をのばす空間もなく、輸送途中で3/4が飢餓や脱水、お互いお争いで死亡する、実際台湾のペット愛好家に届くのは200匹にも満たない。
とんでもねえ話です。

さらにいろいろ見てみると更にとんでもないことがたくさん。
密猟者は殺した母親の頭蓋骨を土産物屋で売るそうです。
いまだに食用でオランウータンをハンティングケースもあるそうです。

ただでさえプランテーションで彼らの生活を破壊しちゃってるんだからやめようぜこういうの。

以上




[PR]

by zhuangyuan | 2014-08-09 22:13 | 時事 | Comments(0)
2012年 04月 01日

ニセ札天国

先日、中国駐在のお客さんがいらっしゃいました。

なんでも同僚が偽札使用でつかまったといいます。

店に買い物行った際、お札を差し出すと、受け取れないと拒否された。
どうやら偽札らしい。

そこで次に別の紙幣を出す。
それもだめ。
次もだめ。

すると店員はさすがにやばいと思ったらしく
警察に通報。
駆けつけた警官に御用となったとのこと。

偽札を発見したらすくに通報しなきゃいけないらしいのですが
めんどくさいから普段は連絡しない。
ただ何も言わずに返すだけ。
でも何枚も出されちゃしょうがない。

そのまま署に連行され一晩ぶち込まれたと。
この方も日本人駐在員だと。

日本人でよかった。
一応外国人ですから、事情を話せば許される。
これが現地人だったら一晩じゃすまないでしょう。

どうやらその方、タクシーか別の店でニセ札を何枚もつかまされたらしい。
素人には区別がつきませんから使ってしまったわけです。
それが店の人にはわかっちゃうってとこが凄い。
慣れてる証拠です。

実は以前、私も偽札をつかまされたことがあります。
50元札。
空港で買い物したら返された。

偽札って良く見るとやっぱ違うんですよね。
それに紙質も違う。
本物はそれなりにコストかけて丹精こめて作りこまれてる。

私の場合、どっかでおつりに入れられたらしい。
でも悔しいので、駄目だとわかりつつも別の都市で使っちゃいました。

そのことを話すと、いっしょに食事をしてた方がいいます。
「そんな珍しいもの使っちゃ駄目だよ。記念にとっておかないと。貴重だぞ。」

すると中国からのお客さんが言います。

「中国ではそんなに珍しくもないんですよ。
私は紙幣全種類の偽札あつめて持ってますよ。」

100元、50元、20元、10元、5元。

これにはさすがに驚いた。
ここまで日常に入り込んでいるとは!

日本だったら偽札なんていったら重犯罪。
中国でも法律上はそうなのかもしれませんが。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-04-01 21:17 | 時事 | Comments(2)
2012年 03月 18日

労働者が湧いてくる

先日、インドネシアに行ってきました。

インドネシアは資源もあるし、人口も多いし、次の成長センターとして大いに期待されています。
資源が価格が高いので金回りがよく、中間層が育っていて個人消費も成長のエンジンになってるそうです。

人件費はあがっていますが、労働力はまだまだいくらでも湧いて出てくるなんて言ってます。

潜在失業者は6000万人なんてすごい数字もでてきました。
安い賃金でいくらでも雇える。拡張拡張また拡張。
だから工場だって省力化なんて考えない。

ちょっと驚いたのは人員配置。
従業員500人の会社にきくと、警備員が40人もいるという。
24時間体制で工場の周りを警備しているそうです。

なんのため?
工場の備品や原材料が盗まれちゃうから。
時には従業員もぐるになって備品を運び出すなんてことも。

警備員40人じゃあ多すぎですから
ドーベルマンなんかで代替できないのかと聞いてみた。
「番犬はだめ。毒入りのえさをまかれて終わり。」とリアルな回答。

鉄条網に高圧電流とガードマン。
貧富の格差があると治安の維持が大変です。

工場では鉄くずが出ますが
こちらはガッチリ利権に抑えられていて
インドネシア全土でマドゥラ島出身のマドゥラ人とかいうのが牛耳っているそうです。

ほかのルートで処理しようとした場合
圧力団体のように彼がうじゃうじゃやってきて示威行為で脅されるそうです。

港なんかにもその一味がいて
梱包用の鉄バンドなんかも千切ってもってってしまうとか。
安全なんて二の次です。

無法や不法やいろんな矛盾もひっくるめてネシア経済はどんどん勢いをましてる。

でもなんか魅力あるんですよね。
なんでもありの勢いが。

縮小均衡、現状維持、既得権益、前例主義
どこぞの国のさえない現状よりずっといい。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2012-03-18 20:23 | 時事 | Comments(0)
2011年 12月 18日

中国の金持ちは三蔵法師?

先進国の経済はどこもがけっぷちですのでこころでそろそろ中国にがんばってもらって
世界経済を救ってくれないかなあ。

金融引き締めやめて資金供給増やせば一発でOKなんじゃないの?
といった話をお客さんにきいてみました。

そんな簡単じゃないですよ、中国の不動産バブル崩壊はかなり深刻ですよ。って

中小企業の社長の夜逃げは頻発してるし
銀行がかね貸してくれないから闇金も氾濫してる。

今まで不動産で大もうけしてた人たちが暴落によって金返せない。
悪循環のスパイラル。

自動車販売店でこんなこともあったと。
自動車は前金で売ることもあるそうですが
その前金を集めた資金で不動産投資にまわしちゃったところがあったと。
儲かってればぜんぜん問題ないけれど、下がりだしたらさあ大変。
お客のお金をつかいこみ。
気づいた客がディーラーに殺到し暴動になったとさ。

不動産を買う人たちも基本転売目的。
借金していくつも買っちゃう。
不動産業者だってあくどい奴がいて
同じ物件を二重、三重に売っちゃってドロン。

買っちゃったほうだって値下がりした挙句にダブルブッキングされてたとなったら
借金だけ残って物件はなしで、さあ大変。

そんなときは建築途上の物件に居座って先行占有者として居ついちゃうんですって。
なんか漫画の世界。

最近は出張もなく現地動静がわからないのでどんなもんだか一冊読んでみた。

【中国版】サブプライム・ローンの恐怖 (幻冬舎新書)

石 平 / 幻冬舎



なんかちょっとやばそうね、中国経済。
資金供給も簡単じゃないみたい。
やっぱりインフレが怖い。
全国で暴動が起きる。

中国の暴動って歴史的にみてほんとに国家が転覆する。
それをみんながリアリティを持って感じてる。

天安門事件で暴れてた学生たちだって本当に天下取れると思ってた奴が何人もいたらしいし。

この本でも面白いねたが載っていた。

今の中国一般民衆たちは「水滸伝」ばりに暴政に対していたるところで暴動起こしてるって。

それだけでなく各階層が中国四大奇書を地で言っていると。

四大奇書とは

西遊記
三国演技
紅楼夢
水滸伝

「西遊記」はお金持ちたち。
三蔵が孫悟空たちを連れて天竺に経典を探しに行くみたいに、
お金もって海外に移住してしまってるって。

「三国演技」をやってるのは
地方政府と幹部たち。
来年は政権移譲の年ですから権謀術数がうごめいていることでしょう。

「紅楼夢」は高級幹部たち。
美女をはべらして酒池肉林の世界を満喫している。

そして最後に一般民衆。
そんな為政者たちの暴政に耐えかねて
いつの日かも天下を夢見て、梁山泊へ。

中国ってなんでもありそうだから迫力ありますね。

毛沢東だって長征の間、三国演義と水滸伝ばっかり読んでて天下とったんです。
長征っていうと聞こえがいいけど、実際は敗走して逃げ回ってたわけで
そんな劣勢から天下をとってしまうのです。

なんかのきっかけで流れが変わると一気にすべてが変わっちゃう。
これが中国。

こないだ読んだ「孫文」だってはじめはただの外国かぶれで
蜂起だって何回も何回も失敗してた。
でも歴史の流れにうまく乗ると一気に大総統。

経済成長を謳歌している今だって
ありえるかも。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-12-18 21:59 | 時事 | Comments(0)
2011年 10月 16日

鹿が増えすぎて

最近、台風被害で大きな土砂災害が相次いでいますが
この一因として鹿の異常繁殖があるといいます。

鹿が木を食い、朽ちさせ、地盤がゆるむ。
大雨、土砂崩れ。

今年の夏に知床に行きましたがそこでも鹿の繁殖が話題になっていました。
野生の鹿を見れるのは嬉しいのですが
ガイドさんの話を聞いていますと困りものだと。

まず木の皮を食う。
木が朽ちる。

草や木の実を食べる。
他の小動物の餌がなくなる。
小動物がいなくなる。

近年知床五湖付近では鹿の繁殖のかたわら40種類もの小動物が姿を消したと。
つまり餌を求めて鹿のいないところへいっちゃった。

ここで更に困るのは熊の餌もなくなちゃったこと。
熊は雑食です。
なんかサケを食べてるイメージがありますが
森ではドングリだとかキノコを食べてるそうです。

そんなものが少なくなって今年は都市へも餌を探しにでてきます。

食物連鎖ってのは一度崩れると修復がむずかしい。

そこで対策はというとオオカミを放そうかなんて冗談みたいな話もあるとか。

そもそも鹿が繁殖した遠因はオオカミが絶滅したこともあるそうです。

北海道のエゾオオカミが明治期に本土から開拓民が入ると激減し絶滅したといいます。
開拓民がエゾジカを取りまくり餌がへったのもありますが
森が切り開かれ町が出来て、移動が妨げられたことも大きいそうです。

森を駆け巡って餌を求めることができない。
また町で隔てられた森では小さいグループごとに分断され
グループ内での多様性が失われてゆき、疫病などが入ると免疫がない場合すぐに
グループごと死んでしまう。

アイヌだけが住んでいた時代はよかった。
人間の営みの生態系のバランスの中で摂理を理解しながら暮らしていた。

オオカミも神(カムイ)とあがめられていました。
クマもサケもふくろうも皆、神(カムイ)。
自然から与えられるものも、恐れも、人間が関与する節度をして
神の見えざる手にゆだねてる。

それを開拓民が踏みにじる。
このブログでも何度もご紹介した中国小説「狼图腾」の世界です。
モンゴルの草原でも同じことが起こりました。

神なるオオカミ・上

姜 戎 / 講談社



知床で読んだ小説でもアイヌと開拓民の軋轢を描いています。

静かな大地

池澤 夏樹 / 朝日新聞社



文明に惑わされた現代人はエゴのたかまりとなり
万物が営む生態系を破壊してしまう。
節度を知らない。



知床は世界自然遺産に登録されています。
ゆえに自然保護には厳しい規制があります。
生態系保存のために外来種をいれないし、自然物も持ち出せない。

小2の息子が抜け殻を拾おうとしましたが
それも禁じられました。

観光と保全のバランスが難しい。
生態系の保存を人間が恣意的に行うってのは
ちょっとおこがましいんじゃないのかな?

アイヌのように人間も自然の一部として溶け込むってのが正解なのでしょう。

でもそれをするには人間は増えすぎたのでしょう。
鹿以上に。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-10-16 22:10 | 時事 | Comments(2)
2011年 09月 04日

中国ももうすぐデフレ?

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

藻谷 浩介 / 角川書店(角川グループパブリッシング)



日本は何で長いことデフレなんだろうか?
デフレデフレと騒ぎだしてずいぶんたつのに一向に直らない。
なんで?
日銀が金刷らないから?
円高だから?
競争力を失った?
ノンノン。

著者によるとそれは簡単な理屈。
生産年齢人口が減っているから。

人口動態で経済マクロの流れはほとんど説明できると。
高度成長、バブル、失われた20年。

つまり働いて消費する人が減って
働かないで金を使わない人が増えた。

でもって世間では内需拡大のために
外国人労働者を入れろだとか
日本を出てゆけだとかいろいろ言われます。

でもそんなのも意味がないといいます。
外国人入れるったって半端な数では効果がないくらい高齢化が進むから。

日本を出て他の市場を求めたってその市場もあと数年で
人口ボーナス期を過ぎて人口オーナス期(生産年齢人口がそれ以外より少ない)に入ってゆく。

じゃあどうすりゃいいのってのは本を読んでもらうとして
私が改めてびっくりしたのは中国の人口動態。

一人っ子政策ですから少子化が進むってのはわかりますが
どのくらい?

00年の統計で数字を挙げてくれています。

10-14歳の子供は1億2500万人。
それに対し
0-4歳児は6900万人。

差し引き6000万人近く。
恐ろしい減少ぶり。
経済発展→少子化に一人っ子政策が追い討ちをかける。

この世代が親になり子供を生む段になると更に劇的に減少することが予想できると。
00年統計だから2020年ころにはそういう段階を迎えるのです。

今朝の朝日新聞グローブに似たような数字が載ってます。
2010年の人口センサスの数字。

0-14歳は前回調査より6.3%減少。
生産人口年齢は2013年から減少予測。
2020年以降に急速に減少する。

既に兆候が現れていると。
それは労働力不足。
それが原因で賃金が毎年上昇。
世界不況の08,09年を除けば年10%以上上昇しているといいます。

中国は労働者であふれてるってイメージでしたが
以前からデータでは今の状況が予想できたらしい。
03年データで余剰労働力1億人といわれていたが
実はそのほとんどが40歳以上であったと。
つまり若者は不足していたと。

日本経済が不況ながらもなんとか立っているのは
輸出企業による外需取り込みによるとことが大きいですが
その一番の柱である中国も今後こころもとないとなると
やっぱエコでいくしかないのかな。
経済成長を求めない。
江戸の日本にもどるしかないのでしょうか。

一方中国の金持ちはそんな自国の状況はすっかりお見通しで
稼げるうちにせっせと蓄財して海外送金してんだろうなあ?
将来の移住に備えて。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-09-04 22:41 | 時事 | Comments(0)
2011年 08月 21日

中国新幹線やっぱりすごい

先日、右派中国通、宮崎正弘氏の講演を聞いてきました。
氏の情報力には恐れ入ります。
すべて現地でとってくる。

題して「日本は大丈夫」 補遺 中国大暴走

ただしお題とは反対に中国大暴走ってのが主題になってました。
日本はそれに比べりゃ大丈夫だそうです。

旬な話としての新幹線ネタが面白かったので備忘録として書いときます。

新幹線事故は起こるべくして起こったと。
ちょっといそいで作りすぎですって。
技術も各国のものをツギハギで統一性がない。

ほかにも危ないとこがいっぱいあるそうです。
まず土木工事がいい加減で拙速。

基礎はおろそかにして100m以上の高架橋をさっさと建ててしまうとか。
トンネルも多くてこわいんですって。
鉄道というと軍にとっても重要なので勝手につくれないそうで
そこには軍が関与するそうです。

台湾海峡に面した福建省部分は軍事上の理由でトンネルばっかりだと。
全体の40%はトンネルなんですって。
基礎のおろそかなトンネルなんておそろしい。

すでに8300kmも伸びてるそうですが
そんなに走るためには当然運転士が必要です。

その教育が間に合っていない。
というか本来は間に合わないはずなのに強引に間に合わせてしまってる。

つまり教育不足。
日本の新幹線の運転をするためには2年間研修を受けるそうですが
中国新幹線はなんと10日間で研修終了。Wow!オレもできる?

でも走る線路はまっすぐなものばかりで案外運転は容易かもなんていってました。
実際はまっすぐなとこでぶつかっちゃったんですが。

線路はできて運転もされてるけど駅舎はぜんぜん未完成だと。
しかもほとんどが新駅で市の中心から遠くはなれてなんも無いところばかり。

そのせいで乗車率は20%程度しかなかったと。
その後本数へらしても30%しかないそうです。

じゃあいったい何のためにそんなにいそいで作ってるのか?
一つは共産党90周年に間に合わせる。
間に合った。
でも事故った。

いくら党のメンツのためといっても乗客が乗らないものをつくってどうすんの?
だれのため?

そうです鉄道省のためです。
つくればつくるほど賄賂がとれる。
こりゃおいしい。

賄賂の相場はきまっているそうです。
予算の20%。
半端な金額ではありません。

でも本当なんでしょうね。
でなかったら幹部が2000億円蓄財できませんよね。
利権王国「鉄道省」にメス 汚職容疑で6人取り調べ

さっさとつくって蓄財して
その金を外国に流して国外逃亡しないと。
スイスに金があったり、アメリカに豪邸があったり。
でもあんまりがめつくていつまでも国内にいるとつかまっちゃいます。
権力の移り変わりは速いですからね。
一発の事故でも変わっちゃう。

いやあ中国はスケールがでかい。
こんなことが新幹線にとどまらずいろんな分野で起こってるんですって。
発電所、銀行不正融資、資源開発などなど。
為替や株だっていろいろあるんでしょうねえ。

いくら急速に発展しても心が休まりませんね。

胡錦濤の唱える和諧社会はまだまだのようです。
まあ現実が違うからスローガンがあるわけですけど。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-08-21 22:15 | 時事 | Comments(2)
2011年 05月 14日

中国原発事情  安全第一?

今年の夏も中国では電力ショートがおこりそうだといいます。
今年は2004年にならぶ大規模なものだと。

中国も電力不足、日系企業で停電 石炭高騰、生産に支障の恐れ

毎度のことなのでさして驚きませんが
ちょっとうがった見方をすると、
中国の原子力村が裏で動いているなんてこともあるかも。

福島では大変な事故が起きているけど
経済発展を支えるためにはやっぱり原子力発電は必要ですよ。
ってなことを理解させるために電力不足をアピールすることも。

そんな折、今日の中国語教室では中国の原子力発電に関する雑誌記事を取り上げてくれました。

凤凰周刊 「中国核电站倒春寒」(中国原発に春のあらし)

現在中国では原子力発電比率はまだ低く3-5%程度だとのことですが
いままさに原発をどんどん建設中なわけです。

この記事によると現在稼動中商業用原発は6基だけ。
ただこの第12次5ヵ年計画にあたって2015年までに40基建設することになっているそうです。
2020年までには60基を超え世界第二位になる目標だと。

雑誌の地図とはちがいますが参考のため原発立地地図をリンクします。
中国核电站分布图


そんななかこんな心配が。
“如果我们对于快速扩展没有足够的认识,将危及工程质量和核电设施安全运行”

もし急速な発展に十分な認識が足りない場合
工事の品質や原発の安全な稼動に危険が及ぶ


まさにそれが心配ですよね。
急速に道路や橋をつくって、穴があいたり、崩れたり。
こんなのはそこだけで済みますけど。
原発はちょっと。

それゆえ新しい安全基準を作るだとか
安全査定のし直しだとか
建設スピードを調整するだとか
もっともな意見が出てきています。

“积极发展”的方针,有可能被“安全第一”所取代

積極発展の方針が安全第一に取って代わられるかも。

要は安全第一ではないってことね。

ともかく安全に行こうよって声が上がっているのです。

しかーし、やっぱり中国にも原子力村的な声も大きいのであります。

雑誌では核安全専門家の発言を紹介しています。

「第12次五ヵ年計画の原発発展計画を見直す必要はない」

理由は二つ。

1. 核电“十二五”规划经过了严密的科学论证,不是草率决定的,也不是某几个人拍脑袋的结果

第12次五ヵ年計画の原発計画は厳正なる科学論証を経たものであり
いい加減に決めたものでも、数人が思いつきで立てたものではない。

2.中国不同于能源需求不那么迫切的欧美国家,由于经济快速发展,
核能是目前中国能够弥补能源缺口的最有效办法。

中国はエネルギー問題がそれほど逼迫してない欧米国家とは異なり
経済が急速発展しているのであるから原子力は中国のエネルギー不足を
補う最も有効な手段である。



なんかどっかで聞いたことのなるような文句です。

もちろん経済発展は重要ですが
少しくらい遅れたって、安全第一でいきましょう。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2011-05-14 22:42 | 時事 | Comments(0)