中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:時事( 151 )


2005年 05月 28日

チャイナリスク

ここの数年日本経済は中国の経済発展に支えられてきたと思いますが
中国は一党支配の国なので市場経済とは言いながらよく市場に逆らう政策を出してきて市場を戸惑わせます。

いまも国内の過熱経済を抑えるための引き締め政策を連発しています。
こういう局面になると市況商品である素材などの価格は急落します。

急落しますと中国はまだ契約概念が未熟なので契約が契約でなく、買い手はお金を払ってくれません。

たとえばブラジルから巨大な船で鋼材を運んで中国のお客に販売するとします。
仮に一隻3万トンだとすれば$600/トンだと20億円くらい。航海中に市況が暴落するとキャンセルされます。ただキャンセルされても船は向かっていますからどうしようもありません。20億がプカプカ浮いているのです。ただそのまま中国に行くと誰もお金をはらってくれない可能性があります。そんな鋼材が日本にダンピングされるなんてこともあります。

そこで日本で働く中国のかたに聞いてみました。
お宅は被害にあってませんか?
常在河边站,哪能不湿鞋

訳:川辺に常に立っているんだから、靴がぬれないわけはない。危険を承知で商売している以上、被害にあうこともある。

こう言うと損しててもクールですね。

ただどんな困難にぶつかってもも必ず解決策は見つかります。
车到山前必有路

越えられないとかもと思って近づいた山でもそこには必ず道が通っている。


P.S.
このことわざは語言大学の先生が教えてくれました。
曰く、
昔、トヨタがはじめて中国に輸出したときにCMでこのことわざをもじって
キャッチフレーズをつくったそうです。
车到山前必有路、有路必有丰田车

ぶつかった山は必ず道があり、道にはトヨタ車がかならずある。

いまトヨタは中国で出遅れていますがこのフレーズはみんな覚えているとのこと。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-28 22:21 | 時事 | Comments(0)
2005年 05月 19日

出張で福島県の三春に行ってきました。ここは滝桜がちょー有名。日経新聞のランキングでも一位になってました。ただ今はこんな感じで見ているひとはいませんでした。

ここ三春はなぜ三春というか?
梅、桃、桜がいっぺんに開花するため3つの春が同時に来るというので名付けられたとのこと。

中国で三といえば今は三个代表でしょう。(流れがすこし強引)
中国共产党要:

1. 始终代表中国先进社会生产力的发展要求;
2. 始终代表中国先进文化的前进方向;
3. 始终代表中国最广大人民的根本利益。


ということで江沢民が個人企業家(資本家)も共産党に入党できるように変えてしまった。

資本家が入ったら労働者独裁の共産社会はどうなっちゃうの?
最近は経済も資本主義と変わらないし(日本より資本主義っぽいかも)。
と北京の時の先生に疑問をぶつけると。

「共産主義社会は理想の社会であり、われわれ中国人はこの理想社会を実現することをあきらめてはいない。ただ一足飛びに実現できないため。資本主義の利点を取り入れ社会を豊かにしている発展段階にあるのだ。」

そういう言い方もありかな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-19 22:48 | 時事 | Comments(0)
2005年 05月 01日

干了一杯

d0018375_19435734.jpg

我的儿子喜欢啤酒。(一岁)。
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-01 19:43 | 時事 | Comments(0)
2005年 04月 28日

mixi

ソーシャルネットワークサービス mixiとやらで中国語ですきな言葉について語ろうというコーナーをつくってみました。参加してみて下さい。中国 成語 慣用句
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-28 06:52 | 時事 | Comments(0)
2005年 04月 27日

100アクセス トホホ..。

先輩の影響を受けてブログをはじめてみましたがここまで24日間でやっと100アクセス。
ちなみに先輩の主催するNY LOVES YOUというサイトは先週驚きの200万アクセスを達成してました。

こちらの上海駐在員の裏日記は1.5ヶ月で一万ヒット。しかもデモの写真で一日で5000ヒットを記録したとのこと。現場の迫力を感じます。

このブログは現在までのペース(4.2人/日)ですと200万ヒットまでなんと1304年かかってしまいます。千里の道も一歩からといいますが34世紀まで続けることはできません。

未来だと時間の感覚が沸きませんが過去にさかのぼってみると1304年前は西暦701年。
平城京(710年)もまだありません。

中国ですと唐の時代。
701年は李白の生まれた年でした。
李白の詩が21世紀の今も読み継がれていることを考えると勇気が湧いてきます。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-27 21:34 | 時事 | Comments(3)
2005年 04月 27日

サービス

今日会社のそばにできた中国の方が経営する上海創作料理とかいう店にいきました。

最近できたその店はとてもきれいでした。
ただサービスがちょっと...。

12:30以降に来店の客には食後にコーヒーをサービス。
ここまでは良かったのですが後輩が
「アイスコーヒーできますか?」と聞くと
「これサービスだよ。忙しくてアイスつくる時間ないよ」とのこと。

また出てきたホットも3人目のは半分くらいしか入っていない。
多分なくなっちゃったんでしょう。

まあラーメンとコーヒーっていうのもどうかとおもいますが。

今の急発展の中国の弱点を見る思いがしました。
上海の金ぴかビルも裏に入るとゴミがつんであったり、塗装がはげてたり。
要するにハードにソフトが追いついていない。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-27 20:51 | 時事 | Comments(0)
2005年 04月 20日

忙しい?

昨日上海からもう一人友人が来る予定でしたがビザの発給が遅れ間に合いませんでした。通常5日でできるが十日経っても出てません。領事館のひとは反日デモの際のペンキでも拭いているのでしょうか?
以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-20 15:00 | 時事 | Comments(0)
2005年 04月 17日

すれ違い

昨夜オバから電話があり、中国の暴動は仕事に影響はないか?近いうち出張などないか?と心配な様子。曰く、中国人の民族性には気をつけないといけない、なにしろ紅衛兵を生み出した民族だからヘタをすると公衆の面前でつるし上げに遭うわよ云々。

そんなバカな大げさすぎると諭しました。一部の物を知らない若年層がストレスのはけ口としてネット上で盛り上がっているだけだと。ただ政府がそれを政治的に利用しているだけだと。

一方私が通う会話教室の先生(中国人留学生)には北京の実家から電話があり、電車のなかなど公衆の面前では中国語を話してはいけないよ、危険だからと心配されたとのこと。

お互いテレビやネットなどだけで情報をとり一部だけをとらえ現状を実際以上のものとして誤解し、ますます溝が深まっていくような気がします。

ただメディアの発達していなかった当時はもっとひどかったのだろうと思います。
北京の語学学校の先生は河北省の実家に帰った際、ずっと田舎に暮らす祖母に、今外国人に中国語を教えていると話すと、彼女は日本人とは近づいてはならないと注意されたとのこと。おばあさんは日本人は全員今も軍服を着ていると信じているそうです。

いまはネットの世の中で規制の少ない日本では真実がつかみやすいですね。下記参照。
上海駐在員の裏日記
実際もすごいかも。
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-17 15:52 | 時事 | Comments(0)
2005年 04月 16日

50年

今日は約5ヶ月ぶりに近所の中国語講座に参加しました。12月から2月に北京に行っていたのと帰ってからは子供の世話などで行く暇がなく間があいてしまいました。

さすが中国関係は景気が良く、狭いボロビルの2階からとなりの立派なビルに引越しビルごと借りてました。

やはり最近のネタは反日デモネタ。
その中で出てきた話。先生いわく’日本は敗戦後50年軍隊を持ってはならないという取り決めが国連にある’とのこと。すくなくとも以前の中国ではそう教えられたとのこと。
ありえないと思いますが今度関係文書をくれるとのこと。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-16 20:48 | 時事 | Comments(0)
2005年 04月 15日

上海反日デモ

明日上海で反日デモを行うようネット上で呼びかけがあるらしく、会社にも旅行代理店から日本大使館が注意を喚起しているとの警告が入っていました。上海の中国人の友達に電話したところ上海市民の個人携帯に公安より、明日のデモに参加しないよう呼びかけるメールが入っているとのこと。公安はどうやってメールアドレスを知るのでしょうか?デモより興味ありますね。
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-15 22:55 | 時事 | Comments(0)