中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中国関連DVD、本( 121 )


2008年 12月 29日

古代漢字ワールド

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい

小山 鉄郎 / 共同通信社



白川静さんは漢字の大家として有名ですが
私は著作を一つも読んだことがありません。

以前から興味があり本屋で何度も手に取りましたが
ぺらぺらめくってみたところ、ちょっとお手上げ、つまり私のレベルじゃ面白さが
理解できないのではないかと。

そこでいい本を見つけました。
白川ワールドをみんなにわかりやすくイラスト入りで紹介してくれます。

古代世界では軍事や呪術、宗教が重きをしめていました。
それらが漢字の成立に大きく関わっており
今の意味からは想像できないけれども、それでいてつながりの痕跡が見られるという
知的好奇心をつつかれます。

これが漢字が新字体になってしまって本来の意味が読み取れなくなってしまうものも
多いそうでこれは白川さんかなり怒っていたといいます。

例えば「臭」という漢字

昔は「自」の下が「大」でなくて「犬」だった。

「自」というのは鼻を正面からみた形をあらわしており
それに嗅覚の敏感な「犬」がくっついて、「におい」の意味になり
「くさい」ってのにもつながったとのこと。

これが「大」になったらただ鼻が大きい間抜けな顔になってしまいます。

でそれを中国語の漢字で見てみるとしっかりしたの部分が「犬」なってます。
さすが本家本元!
簡体字はいろいろ批判もあるけれど
大事な一点はつけています。

ただ私のPCで簡体字を表そうとすると
変換候補が現れた時点では「犬」なんですが
変換キーを押すと何故だか「大」になってしまう。

もしかしてソフト作る人がこの差異に気づいていないのか?

「害」って漢字も三本に針がつきささっているのが重要で
旧体字や中国漢字では突き抜けています。

これもPCでは変換できない。

なんでだろう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-12-29 10:21 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2008年 09月 20日

聖火は燃え続ける 心の中で

今日は娘のバレエ教室が休みで
一ヶ月ぶりに中国語教室に行きました。

少し遅れて教室に入ると
はじめてお会いする先生が朗読していまして
皆さんが听写(ディクテーション)しています。

“ shènghuǒ ya , nǐkàn jiàn le ma ?
nǐ zài wǒ xīnzhōng ránshāo ;
shènghuǒ ya , nǐ tīngjiàn le ma ?
wǒ zài wéi/wèi nǐ gēchàng . ”

“ 圣火 呀 , 你看 见 了 吗 ?
你 在 我 心中 燃烧 ;
圣火 呀 , 你 听见 了 吗 ?
我 在 为 你 歌唱 。 ”


漢字で書いてしまうと簡単ですが
何の話かわからずにいきなりやってみるとかなりてこずりました。
聖火 shènghuǒ が 生活shēnghuóに聞こえてまして
なんのことやら。

パラリンピックの閉会式の模様でした。

先生から語句の説明があり
もう一度、全文を通して聞きますと
さあっと鳥肌がたって感動してしまいました。

抜粋します。


“ 鸟 巢 ” 内 的 灯光 熄灭 , 聚光灯 投向 “ 鸟 巢 ” 草坪 中央 的 小 舞台 ,
可爱 的 小 女孩 站 在 上面 , 用 手语 与 熊熊 燃烧 的 圣火 进行 着 对话 。
小 女孩 用 手语 说 : “ 圣火 呀 , 你看 见 了 吗 ? 你 在 我 心中 燃烧
; 圣火 呀 , 你 听见 了 吗 ? 我 在 为 你 歌唱 。 ”
小 女孩 的 手语 内容 , 出 现在 体育场 巨大 的 电视 显示 屏 上 。
小 女孩 一 遍 遍 传递 着 依依不舍 的 信息 。
在 小 女孩 反复 的 倾诉 中 ,
“ 鸟 巢 ” 顶端 主 火炬 塔 上 熊熊 燃烧 的 北京 残奥会 圣火 缓缓 熄灭 。

鳥の巣の明かりが消え、芝生の中央舞台がスポットライトに浮かび上がると
可愛い少女が立ち、力強く燃えている聖火に対し、手話で話しかけます。

少女は手話で語りかけます。
「聖火さん、見えていますか?
あなたは私の心の中で燃えていますよ。

聖火さん、聞こえますか?
私はあなたのため歌っていますよ。

手話の内容は競技場のスクリーンに映し出されます。
少女は別れがたい気持ちを伝え続けます、

少女が何度も語りかけるうちに
鳥の巣の聖火台に燃えさかるパラリンピックの聖火はだんだんと消えてゆきます。


彼女は汪伊美といいます。
10歳の彼女は生後4ヶ月で高熱により聴力を失ったそうです。
母親は仕事をやめ娘に手話や読唇術を教えたとのこと。

そして彼女は中国残疾人艺术团(障害者芸術団)に入団し
最年少団員として活躍しているとのこと。
彼らの演目千手観音はご覧になったかたも多いかもしれません。
d0018375_2228162.jpg

すごすぎる。

私はパラリンピックはまったく見ませんでしたが
閉幕したあとに意義を知った。
健常者より優れているのです。
失った部分、もともと授からなかった能力がある
一方、持てる能力を最大限発揮できているのです。
能力を超えて発揮できるのです。

彼女の演義はまさに芸術です。

動画を見つけましたので見てみてください。
揭秘残奥会闭幕式上的白衣女孩汪伊美

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-09-20 22:36 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2008年 09月 18日

アニメで文化侵略?

中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす (NB Online book)
遠藤 誉 / / 日経BP社

中国30年の大先輩から著者の名前を教えてもらい読んでみました。

読書ブログのほうにアップしました。

是非もうワンクリックお願いします。

「クレヨンしんちゃん 」で反革命?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-09-18 22:33 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2008年 08月 03日

祝 北京転勤

といっても私ではなくて弟です。

彼は明日から北京駐在。うらやましい。

でもって中国フリークの先輩として

中国語がしゃべれるフォトリーダーが選んだオススメ中国本をアップしました。

もうひとつのブログをご覧ください。

中国を知り日本を知るためのオススメ中国本 ベスト7


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-08-03 22:14 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2008年 06月 21日

「私の紅衛兵時代」

私の紅衛兵時代―ある映画監督の青春 (講談社現代新書)
陳 凱歌 / / 講談社
を読みました。「さらば、わが愛」の監督です。

知音夢裡尋で紹介されています。

私が最近始めた読書ブログに掲載しましたので
ご興味ある方はこちらを是非。文革って

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-06-21 09:02 | 中国関連DVD、本 | Comments(3)
2008年 06月 07日

朝鮮戦争 中国洗脳テクニック

影響力の武器[第二版]
ロバート・B・チャルディーニ / / 誠信書房

すごい本です。

心理的に強力な影響力を及ぼす方法がたくさん載っていて実証されてます。

その一つに「コミットメントと一貫性」というのがあります。

ほとんどの人は自分の行為を一貫したものにしたいという欲求がある。
さらに自分の意見を言ったり書いたりするとするとそれに合致した行動をとる。

この事例として朝鮮戦争時に中国共産党が米軍捕虜にもちいたテクニックがあげられています。

ちょー簡単に要約します。

まず捕虜に反アメリカ的、親共産主義的意見を書くよう求めます。

捕虜は立場がよわいので
なにか書かなきゃまずいと思って些細なことを書きます。
「まいっか簡単なことなら。」

これがちいさな第一歩。(でも共産党にとっては大きな第一歩)

じゃあなんで君はアメリカが駄目だと思うわけ?
と徐々に本質に迫ります。

「いやそれは、これこれこういうわけで.....。」

で結構長く書いたところで署名を求めます。

次にたくさんの捕虜をあつめて、その文章を読み上げさせます。

こんどはそれをラジオで発表します。

その捕虜は別に強制されて書いたわけではないことを知っているので
自分が協力者であることを肯定しさらに自己イメージを作り上げていく。

はい一丁あがり。

こんな感じでほとんどの捕虜が共産党の協力者になったとさ。

おお怖い。

共産党はどこでそんなテクニックを覚えたんでしょうかね?

中国古来から伝統のものなんでしょうか?
それとソ連に鍛えられたか?

でも第二次大戦時にこうしたテクを用いていたのは間違いありません。
以前見た映画
蟻の兵隊では山西に置き去りにされた旧日本陸軍が解放以後に捕虜となり
大量に自己懺悔文を書かされています。

そういえば私の学生時代も
学生運動やってるお兄さんたちを軽薄な学生が馬鹿にすると
地下室に連れていかれて自己反省文100枚書かされるという話を聞いたことがあります。

現代心理学の成果も知ってる人は昔から実践してたんですね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-06-07 09:51 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2008年 05月 31日

妖艶 ラスト、コーション

ちょっと話題が古いですが映画「ラスト、コーション」を鑑賞しました。

ベネチア映画祭で金獅子賞をゲットし
その濃密なベッドシーンが奥様方で話題沸騰だと週刊誌の中吊り広告にも載っていました。

私自身まったく興味がなく、観るつもりもありませんでした。

先日中国語教室でこの映画の監督、李安の話題になり
先生がDVDを持参しており、貸してくれました。

実はそれでも観る気が起きずに
あまり長く借りるのも申し訳ないので観ないで返そうかなとおもっておりました。

すると今度は別の中国語教室の先生と小説の話になり
彼女は张爱玲のファンだといいます。
そして次の週、张爱玲の短編小説、「色戒」をPCでダウンロードして持ってきてくれました。

これがラスト、コーションの原作なのです。
なんでこういうカタカナの題名にするんですかね?
意味が全然わからなくなる。漢字でいいでしょ。

ともかくこれも何かの縁だと思いまず小説を読んでみました。
短編なのでA4 17枚におさまるくらいの量です。
普通は映画から見るんでしょうけど
中国語学習者の意地としてまずは字だけを追ってみます。

むずかしい。
短編小説を楽しむ文学的素養のなさ、プラス語彙力不足から
3回読んでやっとなんとなくつかめたほどです。

場面は戦時中の上海。
汪兆銘政権(親日)の特務機関の男を暗殺すべく
愛国青年たちが美人計を仕掛ける。
その女性は男と関係するうちに心まで嵌ってしまう。

ストーリー背景は知っているものの
想像力を働かせないとパッと理解できない。
章立ても変わらないまま突然舞台が飛んだり、回想シーンが出てくる。
面食らって後戻り。

中国語の小説を読むときの難点はストーリーに入っていくよりも
言語表現に意識がいってしまい、こんな成語いいなあとか、こんな表現があったのかなど
文章自体に興味がいって、その間は小説から抜け出てしまう。

そんなわけで小説だけだと難しいので中途半端な理解のまま映画にトライ。

映画監督ってすごいと思いました。
ごく短い小説を忠実に表現しつつ、プラス想像力で156分の大作を作り上げる。

理解できていなかった断片を埋め合わせてくれました。
しかも詳細に。
小説の雰囲気が画面と見事に一致している。
汤唯さんが新人とは思えない見事な演技力。
美しい。艶かしい。苦悩を抱える陰鬱な表情が痛々しい。

でその肝心なベッドシーンはというと...。

私は家族が寝静まったリビングで一人静かに画面に釘づけ、

100分経過
130分経過
156分だからあと少しで終わり

最後にどんなすごい場面がやって来るのか?

と期待していますと
なんと、テロップが流れて映画が終わってしまいました。

ベッドシーンは全面カットされていました。

うーなんというこのもやもや感。

カットなら156分鐘とか書くな!しかも繁体字で。

まあしょうがないね盗版だから。
大陸の人はわざわざ香港まで行ってノーカット版を見たそうです。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-05-31 17:48 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2008年 04月 13日

現代に生きる論語 

現代人の論語
呉 智英 / 文藝春秋

この偏屈おじさんの本を久しぶりに読みました。
随分前に買いましたがずっと積読でした。

昨日孔子とドラッカー―ハートフル・マネジメント
一条 真也 / / 三五館
という変わった名前の本を読みまして読んでみたくなりました。

ここで得た雑学を一つ。

英語で儒教をConfucianismといいます。
この言葉は北京滞在中にアメリカ人が使っていたので知っていました。
その語源を知りすっきりしました。

Confuciousとは孔夫子=kongfuziの音訳だそうです。
mandarin=満大人=mandaren以来の発見です。

それはともかく論語ってのは格好いい。
一度知ったかぶって使ってみたいものです。
そのためにもちゃんと意味を捉えておきたいです。

爲政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之、
政を為すに徳を以てせば、譬えば北辰の其の所に居て、衆星の之に共うがごとし。

道之以政、齊之以刑、民免而無恥
之を道くに政を以てし、之を斉うるに刑を以てすれば、民免れて恥ずること無し。


つまり徳をもって政治をせよ、刑をもってすれば、民は免れる方法ばかり考える。

これを読んで先日読んだ
ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する
スティーヴン・レヴィット / / 東洋経済新報社
の一つのエピソードを思い出しました。

ある保育園で子どものお迎え時間に遅刻する親が増えていた。
それを解決すべく経済学者が呼ばれアドバイスした。

そして罰金制度を開始した。
結果は?
遅刻する親がさらに増えちゃった。

つまり道徳的インセンティブが経済的インセンティブに置き換えられたために起こったとのこと。

つまり徳をもってなすべきところを刑をもってなしちゃった結果です。
経済学者でなくて論語に頼ればよかった。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-04-13 23:23 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2008年 04月 12日

水滸伝は誰が書いた?

水滸伝の世界 (ちくま文庫)
高島 俊男 / / 筑摩書房

水滸伝は中国人はほとんど読んでるし、中国学習者としては必読だとは思いつつ
三国志と同様に岩波少年文庫で中学校か小学校のときに読んだだけです。

ただその世界は触れてみたいので読んでみました。
高島さんは中国オタクで細かいとこまでこだわって研究してますので
これを読んだだけでなんか何でも知ってるつもりになっちゃいます。

水滸伝と一口にいってもいろいろあるそうで
時代時代で編集が加えられて長いもの短いものいろんなバージョンがあるそうです。
しかも文体も部分部分で異なっているそうです。

ただ小説としての全体の出来は歴史上の小説で郡を抜いているそうです。
その点では三国志演義なんて問題にならないそうです。

三国志演義は原書で読もうとしてチャレンジしましたが
淡白な記述でなかなか進みませんで途中で断念しました。
なんか断念した理由が今見つかったような気がします。

ではこの傑作を誰が書いたのかというといまいちはっきりせず
歴史的にずっと論争が続いているそうです。
一般には施耐庵といわれていますがこの人の来歴はまったく知られていないそうです。

著者が取る説によると施耐庵は実在せずに水滸伝を執筆したのは
当時の文士グループが共同作業でこれにあたったとのこと。
民間伝承の物語の多くを集めて一つの物語に編集して生き生きとした文章であらわしたと。

いずれにせよずっと昔のことで資料も限られますから断定なんてできません。

ちょっと話がそれますが古代の歴史ってのは書物をひもといて検証して
真実をもとめてゆくのでしょうけど、いまから500年後に今の世の中を振り返ったら
資料がありすぎて逆に混沌としちゃうでしょうね。デジタル媒体でブログなんてもので
個人個人が好き放題に書きまくってますから何がホントだかさっぱりわからない。
それに検証する資料が膨大すぎていけません。デジタルは劣化しないし。

それはさておき
施耐庵ですが私の持っている本「影响中国历史进程的100位名人」という本には
施耐庵が選ばれています。もちろん個人として。
そこではいろんな論争があるが書いたのは彼に間違いないとしています。
まあ100人に入れているわけですからグループだなんて書けませんが。

作者が誰であれ水滸伝が中国ずっと大人気で
影響を与え続けたことは確かですのでやはり読んでみなくてはならないと思います。

全部はきついから有名な部分を選んで原文で行きたいものです。
文章の躍動感はなかなか翻訳できるものではありませんから。
中文学習者としてまず文化の基本をおさえておかないと。

昨日食事をした韓国のかたは日本に来るにあたり山岡荘八 徳川家康26巻を
読破したそうです。しかも2回読んだそうです。ただし韓国語で。

素晴らしい。尊敬できます。趣味は剣道だそうです。
状元さんの趣味は何ですか?
と問われ
中国語です。と答えました。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-04-12 22:17 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2008年 04月 10日

アイルランドと朝鮮

最近英語教室も行っていますが個人レッスンなので
いろんな講師と話ができて楽しいものですが
自分がヨーロッパのことについてはほとんど知識がないことをあらためて認識します。

ある先生はスコットランドから来ていますが
よくアイルランドの話をします。またアイルランドクイズなんてのも宿題でくれたりして
妖精がいるだとか、自国には400万人しかいないのにアメリカにはアイリッシュ系が
4000万人いるだとか面白いことを教えてくれます。

なぜアイルランドが好きか問うと。
同じ民族だからとのこと。
いまやアングロサクソンのイングランドに併合されていますが
彼らはケルト人だそうです。

アイルランドというと
なんか田舎でイギリス人に馬鹿にされているイメージと
北アイルランド解放機構のテロイメージ、それとギネスビールくらいしか知りませんでした。

私がオーストラリアにいたときの大学寮の寮長はアイルランド人で
すごく温かいいつも笑ってるいい人でしたがいつも回りの学生からからかわれていました。
そして彼の英語は訛っててまったく聞き取れませんでした。

ということで読んでみました。
アイルランド歴史紀行
高橋 哲雄 / / 筑摩書房

いろんな魅力のある国です。いってみたくなりました。
もっと知りたくなります。
美しく平和な田舎の村って感じ。純朴。

日本でも昔愛着を感じていた時期もあったらしいのです。
要はイギリスにいいようにやられていることでの愛着、明治の日本はイギリスにいいように
されそうになっていた。

またもうひとつは朝鮮との関係。
朝鮮統治をするにあたりイギリスに統治されたアイルランドを研究したとのこと。
調査の結果は異民族の支配・同化は不可能だというものだったとか。

著者の別の本ではイギリスのアイルランド人は在日朝鮮人と同じ立場だとのお話もあるとのとで
ビートルズも在日朝鮮人の立場だったと。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-04-10 22:27 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)