中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中国関連DVD、本( 122 )


2005年 07月 05日

炭鉱事故

電車の中で「人斬り剣奥義 津本陽」を読んでいました。

この小説は先日、中国出張時に中国歴30年の大先輩に頂いた本です。
「津本陽の若いころのチャンバラは最高やでえ」

その中に明治21年の三池炭鉱の話が出ていました。

2000人の労働者のうち、西南戦争などの国事犯としての囚人が7割で劣悪な環境下でただ同然で働かされ、会社は大もうけしていた。

炭鉱仕事は命がけで落盤とガス爆発で命を落とす。

落盤の前には坑道の柱の楔がパチパチと音をたて、割れてくる。柱も節のところから裂け折れる。
前兆があっても危険を覚悟で長時間作業させられた。

ガス爆発は、切羽坑道に入り込む時、天井際にカンテラを差し出したとたん、爆発が起こって前身火だるまになって死ぬ。
とのこと。

中国では最近炭鉱事故が多発して大問題になっています。
記事参照
d0018375_2239955.jpg

私は以前から思っていたのですが今の中国の大発展って、
日本の明治の大発展とすごく似ているんではないかと。
山田風太郎の明治物をよく読みますが当時の国全体がハチャメチャで汚職あり、強盗あり、環境破壊ありなんでもありでそれでいて生き生きとして勢いがある様子がそっくりだと思います。

日本もこうした発展過程があって今日があるんだと思うと感慨深いです。
戦後も炭鉱事故はたくさんありました。

中国人の経済学者が言っていましたが
イギリスが市場経済をはじめて400年、中国はわずか25年、様々な矛盾が生じて
当然であると。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-07-05 22:39 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 06月 29日

古本屋

今日は会社に有休をもらい、息子を病院へ連れて行き検査を受けました。
その帰り道、早稲田の古本屋街をとおりかかったので車をとめ、しばし散策。

息子(一歳半)を抱いたまま(息子爆睡→汗だくだく→腕しびれのなか)、一時間弱気の向くままに眺めてまわりました。
そこでゲットしたのがこの2冊。(¥500X2)

本と中国と日本人と
高島 俊男 / 筑摩書房
この人の本ははずれがない。知性を感じます。
こういう題名を見ると「部屋とYシャツと私」を思い出すのは私だけではないでしょう。
現代人の論語
呉 智英 / 文藝春秋
この偏屈なオジサンの本も結構すきです。論語の朗読やっているっていってたな。寺子屋復活とか言って。



私は暇さえあれば本屋に行きます。
(本屋に行くとトイレに行きたくなる派でもあります。)
どんどん買ってしまうので積読が多いです。
人の気持ちは移ろいやすく時が経つと興味がなくなり
読まないでブックオフへなんてことも。

歴史物、ミステリー、ノンフィクション、経済もの、経営ものジャンル問わずの乱読です。
でも最近中国語を勉強するようになって中国物に偏ってしまってだめです。
また通勤途中に中国語の本読んでるんでなかなか進まないため
読む本の数も以前から半減しています。

今日読み終わった本は故事成句でたどる楽しい中国史
井波 律子 / 岩波書店
楽しかった。晋や南北朝、宋の時代の人物はほとんどしらない人でした。もっと勉強しないと。
「馬鹿」も中国故事からきてるという説があるらしい。
秦の時代、傀儡皇帝に丞相が鹿を献上し「これは馬であるといった」
皇帝はこれは鹿だといって周囲のものに尋ねた。
すると周囲の人間は鹿だというものも馬だというものもあった。
丞相はこれを見て、鹿だと言ったものを抹殺したそうです。
そこから「鹿を指して馬と為す」との言葉がでたそうな。(P91)

私の俗っぽい目標。
会社社長として年頭のインタビューを求められた時に
中国故事に基づいて訓話すること。

でも政治家の人とかよく故事をもとに発言しますけど
ほんとに知っているのでしょうか?

そういえば宇野宗佑が愛人3万円事件による首相辞任会見で言ってました。
「明鏡止水」の心境なんて。(ちょっと古いですね)
この言葉はそれで覚えました。

以上

宇野宗佑
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-29 20:45 | 中国関連DVD、本 | Comments(1)
2005年 06月 17日

憤怒の河

中国北京などには「良子」という足裏マッサージの店が多いです。
なんで良子なんだと質問すると
中国歴30年の駐在員は言いました。
中野良子ちゃうの?」
誰それ?
「知らんの?中国で一番人気の日本人女優や」
(写真見てやっと見たことあるなって程度でした。)


なんでも彼女と高倉健の共演した映画「君よ憤怒の河を渉れ」が70年代に中国で大ブレークし
中野良子は清純派イメージで国民的大スターに上り詰めたとのこと。
主人公の真由美という名前と共に記憶され中高年には今も根強い人気があるとのこと。
それで今でも真由美という名の日本人はもてるらしい。

それにしてもこの西村寿行原作の映画
「君よ憤怒の河を渉れ」
題名がおどろおどろしいですね。中国では「追捕」っていうみたいですが。
d0018375_22305875.jpg

d0018375_9182149.jpg

建さんの目は凄い。
以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-17 22:33 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
2005年 06月 14日

三国志演義

d0018375_21314699.jpg


中国の文化を知るためには三国志(三国演义)を読まなくてはならないと買ってきました。

実はこれ学生用に平易に編集されています。
前に原書版を買っていたのですが古代の言葉でかかれていますのでちょっと難しすぎる。

そこで中国歴30年の方に小学生用でも充分難しいからそれにしなさいとアドバイスを頂きました。
ただ小学生用は絵がたくさん入っていてプライドが許さなかったためもっと難しいものを購入しました。

導入部を見てびっくり、原書とほとんど同じです。ただ三分の二くらいに短く編集されています。
大丈夫かしら?やっぱり忠告聞くべきだったか?でもトライしてみます。

はずかしながら私は日本語の三国志も吉川栄治も横山光輝(漫画)も読んでません。
読んだのは小学生のときに岩波少年文庫で読んだだけでほとんど覚えていません。

でも三国志ネタは中国語によく登場します。

说曹操,曹操到  : 噂をすれば影
事后诸葛亮    : 後講釈をする
三个臭皮匠,顶个诸葛亮 :三人集まれば文殊の知恵

そのほか劉備がこう言ったとか、関羽がああいったとかいろいろ出てきて
読んでない身にはつらいです。

そういえばこの間も石原都知事が泣いて马谡(ばしょく)を切るとか言ってましたよね。

以上 
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-14 22:03 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 06月 13日

CD

中国で仕入れてきました。
d0018375_22533888.jpg

Norah Jones
日曜の夜、北京后海の酒吧で友人と飲んでいたとき聞こえていた。
いい声だなと思いバーの兄ちゃんに誰の曲かと尋ねたところ
一枚自分で作成した彼女のCDをくれました。
中国語では
诺拉 琼斯(nuola qiongsi)ヌオラ チオンス。ちょっと違いますね。
d0018375_22541290.jpg

腾格尔 草原苍狼
中国のモンゴル歌手。草原に響き渡る歌声。
上海書城で10元。(130円)お買い得。
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-13 23:03 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 05月 25日

李白 出生の秘密

李白,他身上就有突厥人的血液,这从他两个子女的名字就可以得到证实。

(李白、彼には突厥人の血が流れている、彼の子女の名前から推測できる)


おなじみ狼图腾を読んでいましたら上記の文が目に飛び込んできました。
彼の息子の名前は颇黎(poli)というらしいのですが中国語では理解不能だとのこと。ただこの発音は突厥語の狼という意味だという。

あの詩仙李白がモンゴル草原を駆ける突厥だったとは。中国の包容力はすごい。

以上

突厥
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-25 23:05 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 05月 15日

祝第一位

d0018375_073643.jpg


日中通信社の聴く中国語を買いましたらベストセラー特集の中で
このブログでも何度か取り上げた今読んでいる狼本「狼图腾」が第一位になってました。

自分のことのように嬉しくもあり、自分だけのかわいこちゃんがみんなの物になっちゃったような寂しさもあります。ビみょー。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-15 00:07 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 05月 12日

狼葬

ブログを見ていたらチベット鳥葬のことが出ていました。
そこでこちらはモンゴルの狼葬について狼图腾より引用いたします。

草原上的狼是腾格里天上派下来的,所以狼会飞。
千百年来,草原牧民死后,都将尸体置于荒野的天葬场,让狼来处理,
一旦狼把人的尸体完全啃尽,天葬就完成了。
天葬的根据就是因为狼会飞,会飞腾格里那儿去,
把人的灵魂带上腾格里,像西藏的神鹰一样。

草原の狼は天のかなたから遣わされてきた。ゆえに狼は空を飛べる。
千年来、草原の遊牧民は死後、死体を荒野の天葬場に放置され、狼に処理させる。
狼が死体を完全に食べ尽くせば天葬は終わりである。
天葬という由来は狼は空を飛べることである。天国まで飛んでゆける。
人の魂を天国まで運んでゆく、チベットの神鷹と同じである。

自然との共生ですね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-05-12 22:53 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 04月 29日

中国式離婚

今DVDで中国式離婚とういうのを見てますが見終わったあとどっと疲れます。現代の急速に発展する中国において、夫婦の生活が変化しすれ違ってゆくのですが、奥さんの脾气がすごくて、見ていられない。女優の演技がリアルすぎてきついです。中国の俳優はみな養成学校を出ているので演技がうまい。

また主役陈道明のけだるい演技も抜群。この人、中国のドラマでは大スターどこかのチャンネルのドラマに必ず出ている。北京のいろんな人に薦められてドラマDVDを5セット買ってきましたがこのうち3つが結果として彼が主役でした。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-29 21:49 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2005年 04月 29日

狼图腾2

いま読んでいる狼本、 狼图腾(4/7日記参照)もやっと300ページに到達、半分が過ぎました。

主人公、陈阵は草原の掟に反して狼を飼い始めました。また別のモンゴル人も一緒に飼い始めていましたが彼は先日打ち殺してしまったそうです。なぜなら彼の子供が狼の子と戯れていた際、腹に噛み付かれたからです。

そこで出た話、

狼牙毒啊,狗牙还毒。

狼の牙は毒がある。犬の牙より毒がある。
なんじゃそれ?
次を読むと狂犬病の話でした。

狼は空を飛ぶ話や草原では死者を狼に食べさせて天国に連れて行ってもらう話など興味の尽きない本です。

ちなみに狂犬病は中国法定伝染病のなかでここ3年間でSARSを超えて一番多く感染者を出し、2004年は2600人が死亡しているそうです。また7年連続感染者増加中。(南方週末1/20)
以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-04-29 08:45 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)