中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 05日

中国版タモリ

一年半ぶりに中国出張にいってきました。

北京がきれいでびっくりしました。
空も抜けるように青かった。
やればできるんですね。

昼夜昼夜とお客さんと食事。中華中華中華。
常に膨満感にさなまれて
お客さんと食事している最中もいつもトイレを気にしてる感じでした。

よせばいいのに朝食もビュッフェスタイルでしっかりとってしまう。
よっていまもちょっと腹下し気味。

北京でお客さんとドイツの樽ビールを飲みながら食事をしていますと
彼は日本語を勉強したことがあるといいます。

外語大学を出た彼は専攻が英語で第二外国語が日本語だったそうです。

「コンニチワ
オゲンキデスカ?
オカゲサマデゲンキデス。」

「太棒了! すごいですねえ!」

「トドナリチワ
トドジャオチチワ
イワイマデ?
イワイマデ」


「????」

まったく意味がわからない。
せっかく日本語を一生懸命話してくれているのにわからないのは申し訳ないので
もう一度いってもらう。

「トドナリチワ
トドジャオチチワ
イワイマデ?
イワイマデ」

やっぱり無理。

中国語で意味を教えてくださいと頼みますと
意味はないと言います。

でも日本語に聞こえるでしょ?って。

これは中国語なのですが日本語に聞こえるというお話なのだそうです。

「ト」 とか 「ワ」 とか 「デ」 とか日本語に特徴的な音が出てきます。

中国語の原文はこうです。

土豆 儿 哪里 去 挖 ?
tǔdòu ér nǎli qù wā ?

土豆 儿 郊区 去 挖
tǔdòu ér jiāoqū qù wā

一 挖 一 麻袋 ?
yī wā yī mádài ?

一 挖 一 麻袋
yī wā yī mádài ?
 

一応日本語訳を記します。意味はないですけど。

ジャガイモはどこで掘ったらいいの?
郊外で掘ったらいいよ
一回掘ったら一袋くらい取れる?
取れるよ


ちょっと変だけど日本語に聞こえないことはない。

私の受けはいまいちでしたが
その場にいた中国人は大爆笑!

別のとこでも披露したらこれも大爆笑!
日本語ってこんな風に聞こえてるんですね。

といっても
ここでこれを読んだだけでは
いまいちぴんとこないでしょうから
ネットで動画を探してみました。

こちらをどうぞ
10分すぎたあたりからご覧ください。

吉祥送给您

いかがでしたか?
中国のタモリは?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-07-05 08:58 | 言葉 | Comments(0)


<< 複雑なウイグル問題      熊の思い出 >>