中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 31日

伝説の珍獣 パンダ

息子を連れて東映アニメーションギャラリーを観てきました。

「東映アニメーション半世紀の軌跡 アニメ古典8作アートの世界」というイベントを開催してました。
雨のせいか館内にお客は二人だけ。

日本発の長編アニメは中国の民話「白蛇伝」なんですって。

以前に中国語の課本で読み、はじめて知りましたが、
昔は日本でもメジャーなお話だったんですね。

解説員の方にこんな話をききました。

この白蛇伝にはパンダが登場するのですが
当時パンダは中国の伝説の珍獣としてしられてはいたが
誰も実物を見たことがなかったそうです。
この映画の公開は1958年です。

アニメですからキャラクターをつくらなければいけない。
どうしても写真がみつからない。
そこで最後に国立図書館でやっとこさ一枚見つけたそうです。

こうして作り上げたのがこのパンダ。
なんとも愛らしい。
白蛇伝を見る

パンダが上野動物園に来たのは1972年ですが
中国ではどの程度知られていたのか?

パンダの歴史

こちらによると
はじめて北京で飼育されたのが1955年とあります。
けっこう最近なんですね。

それを1957年にはソ連にあげちゃう。
パンダ外交の始まりです。

当時アニメをつくるにも相当時間がかかったでしょうから
1958年公開のアニメの構想するのに三年くらいかかってもおかしくはないですね。

ところでホントに日本に初めて来たのは
なんと則天武后の時代に天武天皇への贈り物としてきたという説があるそうです。

日本に最初にパンダを贈ったのは唐の則天武后

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-05-31 22:16 | 文化、歴史 | Comments(4)
Commented by えびりん at 2009-06-01 21:00 x
えー
えーーー
ええええーーーー!

天武天皇!?びっくりです。
船に乗せて連れてきて,陸路も大変だったでしょうね。
でも,熊を贈られても,飼育が大変だったでしょうね?

実は,中国の山奥にはパンダがわんさといる
・・・という話はホントなんでしょうか?
Commented by zhuangyuan at 2009-06-06 08:14
えびりん様 確かに飼育は大変そうです。あんななりして竹を食うなんて普通は思い当たりません。以前の記事にパンダいっぱいの写真を引用しました。どこからとってきたかは憶えてませんけど。http://zhuangyuan.exblog.jp/2848054/
Commented by お節介じいさん at 2009-06-07 03:58 x
「白蛇伝」ですか。なつかし~い! この映画、私が小学生の頃、母につれられて、映画館に観に行ったのを覚えています。当時、我が家にはテレビがなかったため、それに母が映画好きだったため、けっこう映画は観たほうです。あの当時は、白黒映画が主流で、カラー(総天然色)映画が少なかったので、初めて観るカラーのアニメーション画像の美しさに、子供ながらに目を見張ったものです。そう言えば、この映画に、すでにパンダが登場していたんですね。
ところで、パンダと言えば、タレントの黒柳徹子さんが大のパンダファンだそうです。彼女の持ち番組(徹子の部屋)の中で、パンダについて語っていたのを思い出しました。黒柳さんは、日中国交が回復するずっと以前に、すでにこの動物の愛らしさに注目していたそうです。
Commented by zhuangyuan at 2009-06-07 21:29
お節介じいさん様 「白蛇伝」をリアルタイムでご覧になっているとはびっくりです。当時のフィルムを会場でも流しておりましたが、ホント美しい優雅な映像でした。奥ゆかしさを感じました。さすが手作り。会場の開設のオバちゃんいわく、今のアニメはフィリピンで手作業して海底ケーブルをとおって日本に帰ってくるんですよ。


<< 子ども向け自虐史観      デジタル時代の語学学習 >>