2009年 03月 23日

若き日の毛沢東

昨日、毛沢東の話を書いていましたら
ずいぶん前に買った本を思い出し、引っ張りだして読んでみました。

中国はどこへ行くのか―毛沢東初期詞文集 (岩波現代文庫)

岩波書店



毛沢東の若いときの文章をまとめたものです。
1920年までのものですから共産党結党以前の毛沢東が20代のころです。

「はじめに」の部分に、昨日ちらっと触れました毛沢東の書斎のことが出てました。
ニクソンと会談したのは書斎だったんです。
ということは写真もあるはず。
d0018375_21484398.jpg

U.S.Diplomacy

昨日の記事でふれた文章で読書なんかやめろと言ったは1930年ですが
1920年ごろには形骸化した古典教育を批判しています。

民衆の大連合という文章が紹介されていますが
ここでは原文で見てみましょう。

诸君!我们是学生。我们好苦,教我们的先生们,待我们做仇寇,欺我们做奴隶,闭锁我们做囚犯。

諸君、我々は学生である。我々はなんと苦しいことか、教師たちは我々を敵とみて、
我々をいじめて奴隷として、閉じ込めて囚人とする。


我们的国文先生那么顽固。满嘴里“诗云”“子曰”,清底却是一字不通。他们不知道现今已到了二十世纪,还迫我们行“古礼”守“古法”,一大堆古典式死尸式的臭文章,迫着向我们脑子里灌。

国文の先生はなんとも頑固で、口を開けば、詩に云うだとか、子曰くだとか、言う割には
一字だって理解していない、
もう二十世紀だというのがわからないようで、古礼を行えだとか、古法を守れだとか迫り
死にかけたたような古臭い古典を、我々の脳みそに詰め込もうと迫る。


旧態依然とした保守思想を押し付ける様子がよくわかります。
だからこそ本を読むな
行動しろ!
となるわけです。

私の曽祖父は教育者をしていたのですが
明治の末期に学校の旧態依然とした教師と生徒の秩序や
素読を中心とした教条主義に反発して
生徒をつれて山に繰り出したりして自由な教育を打ち出しました。
そんなことで当時の教育界と対立し二度学校を追放になったとききました。

ちいさなころそんな逸話をわくわくしながら聞いていました。
よってなんだか毛沢東に親近感がわいてきました。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-03-23 22:18 | 中国関連DVD、本 | Comments(2)
Commented by minamihorie at 2009-04-01 17:16
キッシンジャーによる米中国交正常化、
あわてて、北京に飛んだ当時の田中角栄首相
アメリカにふりまわされるのは、いつの時代も同じですね。
田中角栄と、周恩来の乾杯のグラスの位置が話題になりました。
Commented by zhuangyuan at 2009-04-01 20:34
minamihorie様
確かに今もヒラリーが日本先だとか中国先だとかで一喜一憂してますね。ところで角栄と周恩来のグラスはどちらが上だったんでしょうか?


<< 中国の裏工場      読書人 毛沢東 >>