中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 26日

100年に一度?

先日、台湾に出張中のお客さんから電話がありました。

「台湾は経済は全然だめだよ~。でも前向きだよ。乾杯カンパーイってのも大復活だ!」

近頃はお客さんも洗練されてきて酒のまないとビジネスできないなんて風潮は
ずいぶんなくなったといいますが、この大不況のさなか俄然元気がでてきてカンパーイと
やっているそうです。

すると今度は台湾人の社長から電話がありました。
そこで聞いてみました。

「なんか最近みんな良く飲むらしいね?」

「そうだよ。 No businessだからな。
昨日もlunch timeからmidnightまで飲みっぱなしだぜ。」

台湾人は明るい。いつも前向きポジティブだから元気をもらえます。

そこいくと日本はペシミスティックでいけません。
この先どうなるんだ?
昨日も倒産、今日も倒産。
100年に一度の経済危機だ。
などなど。

そんな話を別の席でしていますと
いっしょに食事していた大先輩はいいました。

「状元くん、100年に一度の危機だなんて、バカいっちゃいけないよ。
オレが子どものころは大阪は空襲で焼け野原だった。

今は大阪城公園ゆうとるけど、あそこは砲兵工廠ゆうて兵器つくとった。
それが空襲で廃墟や。そこを毎日とおって学校いっとった。

あのころに比べたら何が危機やとおもうわ!」

確かに!

戦争からまだ100年もたっていないですよね。
あんときにくらべたら危機でもなんでもない。

中国だってそうですよね。
文革だってそんな昔じゃない。
何千万人死んだんですから。

今日あったベトナムのえらいさんも云っていた。

「わが社の第一工場は1959年に建設されたが
ベトナム戦争ですべてdestoryされた。」

これもかれらにとってはとんでもない危機です。

こんなのにくらべたら今の日本なんて幸福そのもの。

もっと気楽にいかなきゃいけませんね。


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-02-26 22:02 | 時事 | Comments(0)


<< 拳法修行      春の訪れ >>