2005年 06月 12日

リニア

上海で空港へ行くのに初めてリニアモーターカー(滋浮列車)に乗りました。
2時過ぎのフライト本来車で向かうはずでしたがお客さんと食事の席で、ゆっくり食事をするためリニアでいったらどうかとういう話になりました。

以前はしょっちゅう故障で休止していると聞いていたので実際に乗るまでは心配でした。
というのも車で50分くらいのところを10分くらいで行ってしまうのですが、いざぎりぎりまで飲んでいて行ったら休止なんてのはしゃれにならないなと思いつつ、12時40分に駅に到着。45分出発の列車に無事乗れました。時速430キロ。少しゆれますが快適。ほんとにあっという間につきました。こんなに速くなくてもいいじゃん。

ただこの技術ドイツのものですが肝心の技術を教えてくれないないらしく、いまはまだここだけ。
40キロ弱の距離を400キロ以上出して走っても意味がないわけで、長距離を走らなくてはなりません。
このリニアの線路を作るための工場もあるらしく、大量生産しないと全くペイしない状況とのこと。だから逆にリニアをこれからもっとたくさん作るという話もあります。新幹線まけるな。

d0018375_23545630.jpg
d0018375_235594.jpg

[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-12 00:06 | 時事 | Comments(1)
Commented by hider at 2005-06-12 10:07 x
 お帰りなさい。手荷物検査をとおって乗ってきたんですね。
 近々に延長されるらしいです。
 昨年は、上海にたびたび行きました。
 その時に乗ったのですが、磁浮で空港アクセスが良くなっても、出国審査で台無しでした。(いつもですが。)
 


<< 一落千丈      端午の節句 >>