中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 11日

不法滞在

Sankei Web 産経朝刊 来日中国人の失踪急増 1-5月、44人 ビザ拡大控え対策急務(06/11 05:00)今日上海からの帰りの飛行機でこの記事を眼にし、北京で語学学校の先生に教えてもらった話を思い出しました。

彼女は以前北京の旅行会社でツアコンをしていました。彼女がはじめて日本に団体旅行を連れてきたときに起こったことです。ツアーはディズニーランドに行くため成田でバスに乗り込みました。点呼したところ早くも40台半ばの男性が2人消えたそうです。現地警察でも探してくれましたが結局見つからなかった。

帰国後2-3ヶ月たったころ彼女は公安に呼び出されました。そのときの二人が日本から強制送還されてきたとのこと。彼ら曰く、自分たちは団体からはぐれてしまい、旅行代理店が探してくれなかったと訴えていると。しかし公安の尋問の結果、日本にくれば稼ぎのいい仕事が見つかると思い逃げたと供述したとのこと。日本語が全くできない二人は日本に来さえすれば簡単に仕事が見つかると思っていたが全く見つからず(あたりまえ)最後に警察に駆け込み、旅行代理店に置いていかれたと訴えでたとのこと。

中国では団体旅行から失踪することが多いらしく、旅行が開放されているヨーロッパで特に問題となっているらしい。驚いたことにヨーロッパ各国では失踪者が出てもとがめだてしない人数の枠をもっているとのこと。たとえば1000人旅行したら3人まではokなど。
春節のころには旅行代理店は各国大使館員を接待しこの枠の拡大をお願いしているらしい。
ほんまかいな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-11 23:21 | 時事 | Comments(0)


<< 端午の節句      出張 >>