中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 26日

歴史の街 北京でなにしてる?

北京に赴任している弟が旧正月休みで帰国しており久しぶりに会いました。

お土産はビールの王冠とDVD。

二つとも5歳の息子のためにおねがいしてました。

息子はビールの王冠を集めてます。
夏にハワイに行ったときに海岸沿いの公園で拾ったのが始まりで
ずっと集めています。
ところが最近は日本には家庭用にはビンビールがあまりない。
コンビニでは缶ですし、居酒屋では抜いてでてきます。

そこで中国でもらってきてくれと頼みました。
青島Tsingtaoビール

ちなみになぜ中国で青島ビールが有名なのかといいますと
チンタオのある山東はドイツの租借地だったからです。
その後日本が権益を握っちゃうのですが。
山東出兵とかいって。

DVDは
ジャッキー・チェンとジェット・リーが競演したアクション映画、

ドラゴン・キングダム プレミアム・エディション [DVD]

ジェネオン エンタテインメント



息子は最近アチョーがすきで
ハワイに行った飛行機では寝ずに三回みてました。

でもってDVDを買ってくれをせがまれるわけですが
中国のDVDの安さを知っている私としては日本でDVDなんて馬鹿らしくて買えません。
そこで中国盤を買ってきてもらいました。
もちろん中国語。
どうせアクションだけみてるんだからokでしょう。

でも今日観ながらつぶやいてました。
「オレ、日本で買ってきてほしかったなあ。ぜんぜんわかんない。」

そんなわけで弟とひさしぶりに会話をしたのですが
彼曰く、中国語はほとんどできないとのこと。

オリンピックの少しまえに赴任したので4,5ヶ月経過しますが
職場では英語と日本語で、しかも毎日晩くまで残業。
街にでるのは宿と職場の往復くらいだとのこと。
土日も会社にいくことがたびたびだといいます。

弟は某有名メーカーに勤めていますが
大企業につとめるとやっぱり滅私奉公会社優先になっちゃうのでしょうか?

せっかく激動の世紀に北京にいるわけですから
仕事なんかしなくてよいから歴史と文化をまなべと説教していまいました。
仕事は要領。自分でやるな、人にやらせる仕組み考えろといっときました。

故宮も万里の長城も颐和园も行ってないんだそうです。
行ったのは鳥の巣と王府井。

そりゃねえだろ。
オレと代わってくれよ。

まあでも過ぎたことはしょうがない。
これからまだ先は長いでしょうからいまから楽しんでください。

この休日中に「蒼穹の昴」を読んで気分をもりあげるようアドバイスしておきました。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

浅田 次郎 / 講談社



私はこれで中国が好きになりました。

読む前も中国になんどか仕事でいってましたが
空港と工場とレストランの行き来だけで殺伐としたイメージしかなかった。
しかも共産党のイメージも強かった。

でも浅田次郎を読んでぐうっと引き込まれていきました。
せっかく悠久の歴史の街にいるんですから楽しまないと。

3月にはゼロ歳の赤ちゃんと奥さんも北京に暮らしに加わるとのことなので
ますます大変ながら貴重な日々を楽しんでください。 

ついついひがみ混じりの苦言をいってしまいました。

私への冯小刚の年岁片 「集结号assembly」DVDたのしみに見させてもらいます。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-01-26 22:38 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)


<< 蒙古タンメン      4000年の最高傑作 >>