2008年 12月 29日

古代漢字ワールド

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい

小山 鉄郎 / 共同通信社



白川静さんは漢字の大家として有名ですが
私は著作を一つも読んだことがありません。

以前から興味があり本屋で何度も手に取りましたが
ぺらぺらめくってみたところ、ちょっとお手上げ、つまり私のレベルじゃ面白さが
理解できないのではないかと。

そこでいい本を見つけました。
白川ワールドをみんなにわかりやすくイラスト入りで紹介してくれます。

古代世界では軍事や呪術、宗教が重きをしめていました。
それらが漢字の成立に大きく関わっており
今の意味からは想像できないけれども、それでいてつながりの痕跡が見られるという
知的好奇心をつつかれます。

これが漢字が新字体になってしまって本来の意味が読み取れなくなってしまうものも
多いそうでこれは白川さんかなり怒っていたといいます。

例えば「臭」という漢字

昔は「自」の下が「大」でなくて「犬」だった。

「自」というのは鼻を正面からみた形をあらわしており
それに嗅覚の敏感な「犬」がくっついて、「におい」の意味になり
「くさい」ってのにもつながったとのこと。

これが「大」になったらただ鼻が大きい間抜けな顔になってしまいます。

でそれを中国語の漢字で見てみるとしっかりしたの部分が「犬」なってます。
さすが本家本元!
簡体字はいろいろ批判もあるけれど
大事な一点はつけています。

ただ私のPCで簡体字を表そうとすると
変換候補が現れた時点では「犬」なんですが
変換キーを押すと何故だか「大」になってしまう。

もしかしてソフト作る人がこの差異に気づいていないのか?

「害」って漢字も三本に針がつきささっているのが重要で
旧体字や中国漢字では突き抜けています。

これもPCでは変換できない。

なんでだろう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-12-29 10:21 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)


<< 2009年はどうする?      現代に蘇る鄭和 ソマリアへ >>