2008年 10月 10日

金融危機で中国はどうなる?

毎日毎日株が下がり続け
もうなんかあきらめの境地です。

株は塩漬けでも
100年に一度の金融危機をちょっとは把握しておかなければなりません。
ということで
世界金融危機(金子勝)というブックレットを読みました。

アメリカがボロボロなのはわかるのですが
中国はどうなのよ?
と気になるところをちゃんと書いてくれています。

中国の保有する米国機構債券(ファニーメイやフレディマックを含む
agency bond)は3760億ドルに達しており、海外投資家保有総額の61.4%に上る。

中略

中国が保有している1兆8088億ドルの外貨準備金のうち、
少なくとも5000億ドルは住宅関連証券であり、...


これは中国の「新民週刊」という雑誌の記事を典拠としています。
原文を見つけましたのでどうぞ。说破“双美”惊煞人

房利美(FannieMae)と房地美(FreddieMac) 二つ合わせて“双美”。
うまい!

要するにアメリカで暴落している債券の最大の被害者は中国政府だということです。
しかもサブプライム危機以降30%も残高が増えているとのこと。

これは中国政府が暴落を防ぐために買い支えていたといえます。
でもその支えも実らず
更なる大暴落。これは中国経済に与える影響も計り知れないほどのものでしょう。

この記事はこう結ばれています。
中国金融机构在国际市场出师不利,如果算是交学费的话,这个价格是不是贵得有些离谱?

中国の金融機構が国際マーケットに打って出たのはいいが
いきなり大失敗、もしこれを授業料というのであれが
ちょっと高すぎて度を越していやしませんか?


授業料っていうか
詐欺でしょこれは。

アメリカって怖いですね。

リーマンつぶしてロシアをやっつけて
今度は中国ですか?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-10-10 22:34 | 時事 | Comments(0)


<< 王貞治と中国      ベトナムは今? >>