中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 05日

放射性物質

昨日お客さんからこんな話を聞きました。

イタリアで中国製のステンレス鋼板から放射性物質が検出されて
大変なことになっていると。中国製ステンレス鋼材から放射性物質

この記事によるとスプーンなどには使われてないので
一般市民に影響はなかったとのこと。

でもこれは一般市民以外には影響があったことと
スプーンなどに使われる可能性もあったことを示しているわけで逆に怖い。

一回発見されたってことはほかにもあるはずです。

中国メーカーの名前は風説の流布になるといけませんので伏せますが
立派な国営企業。

メーカーは言い訳として、ロシア産のスクラップ原料に含まれいたとか
言っているらしいですがこれはかなり問題。

日本ではどこも原料段階で全て放射線汚染がないか厳重にチェックします。

放射性物質ってのはどんだけ怖いのかというと
以前台湾で放射線マンション事件ってのがあったとのこと。

台北のマンションの住民が次々と体調不良に悩まされ
調査したところ放射線が検出された。
原因を調べるとコンクリートの中の鉄筋に含まれていたらしい。

ああ恐ろしい。

それ以来台湾は鉄鋼を輸入するとき、放射線汚染がないという証明書を要求してます。

でちょっと頭をよぎったのが今回の四川地震。
原発や核兵器工場が打撃を受けたと報道があります。
四川省に多い核施設、大地震で無事だった?

まあ無傷ってことはないでしょうから
多少放射性物質が出たとします。

辺りには崩壊した建物から出た大量のスクラップ。
今は世界的な鉄不足。
当然鉄スクラップの争奪戦になります。

それが何処かに流れてゆきリサイクルされる。

そこから先を考えると怖いのでこの辺にしておきましょう。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-07-05 10:11 | 時事 | Comments(2)
Commented by 唸声 at 2008-07-05 13:13 x
状元さんへ

はじめまして、私もこの問題が気になりましたのでニュースにして見ました。

「唸声 イタリア 放射能」 でググッて下さい。URLを入れたらスパム判定されました。

四川のスクラップも中国国内で再利用されるのでしょう。「黒心鉄」としてニュースが先か犠牲者が先か???
Commented by zhuangyuan at 2008-07-05 14:28
唸声さま
ブログ拝見いたしました。写真があると迫力が違いますね。毒入りギョーザどころではないですね。


<< ジェネリックって大丈夫?      ドバイでばったり >>