2008年 06月 21日

「私の紅衛兵時代」

私の紅衛兵時代―ある映画監督の青春 (講談社現代新書)
陳 凱歌 / / 講談社
を読みました。「さらば、わが愛」の監督です。

知音夢裡尋で紹介されています。

私が最近始めた読書ブログに掲載しましたので
ご興味ある方はこちらを是非。文革って

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2008-06-21 09:02 | 中国関連DVD、本 | Comments(3)
Commented by Shira at 2008-06-29 20:42 x
状元さん、すばらしい本を紹介していただいてありがとうございます。今日近所のコメダコーヒーに隠遁して読んできました。陳凱歌はすばらしい文筆家でもあるのですね。

Wild Swan は(原文が英語ゆえ)世界的に話題になりましたが、この本も同じだけの注目を集めてしかるべきと思います。

※ 「北京烈列」は刊行と同時に読みましたが、良い本でした。
Commented by zhuangyuan at 2008-06-29 22:59
shiraさま
この本に出会ったのはshiraさまが知音夢裡尋をご紹介いただいたからです。こちらこそありがとうございます。陳凱歌の文章も素晴らしいのでしょうけど翻訳者の実力も相当なものだと感じました。
Commented by Shira at 2008-06-30 12:36 x
あ、すみません。
「北京烈列」は刊行時じゃなくて、もっとずっと後で読んでます。思い違いでした。

※ 翻訳者の刈間 文俊さん、ただ者ではないですね。訳者あとがきも読ませるものでした。


<< 沸騰都市 ドバイを駆け抜けて      中国GDPはウソ? >>